名古屋北部青年ユニオン  2012/8/13~

職場のお困りごと、相談しませんか?
私たちは、共に学び行動する労働組合です。
ひとりじゃない、一緒に生きよう!

過去に協会でも発覚 J常務“ハレンチ行為”は氷山の一角か

2017-06-28 | 労働ニュース
日本サッカー協会(JFA)にしても、Jリーグにしても「セクハラおやじが横行するような不適切な職場なの?」と言われても反論できないだろう。27日、Jリーグ村井チェアマンが「中西大介常務理事(51)によるパワハラとセクハラが認められ、辞任の申し出を受理した」と発表した。

「勤務時間中に(J女性職員に対して)高頻度で電話をかけたり、映画や美術館に誘って不快感を持たれた」(村井氏)

 中西氏といえば、Jリーグが17年から英パフォーム社「ダ・ゾーン」と10年・2100億円の巨額放映権を結んだ際の中心人物。大商いを取り仕切って増上慢になってしまったのだろう。「オレが莫大なカネをJリーグにもたらした」と吹聴するようになり、「部下や関連会社の職員にエラソーな物言いをして・・・・続きはこちら
ジャンル:
職場
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 建設現場で死亡事故相次ぐ ... | トップ | 春闘 中小企業で賃上げの動き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。