名古屋北部青年ユニオン  2012/8/13~

職場のお困りごと、相談しませんか?
私たちは、共に学び行動する労働組合です。
ひとりじゃない、一緒に生きよう!

正月三が日に仕事ある」会社員は約3割

2016-12-31 | 労働ニュース
世間的一般ではゆっくり休む期間だが、4人に1人は働いている様子。考えてみれば、年賀状を配る郵便局や交通機関の運行、コンビニなどは元日も稼働しているし、病院や警察、消防といった緊急時に備える職種の人たちも勤務しているはず。ちなみに、調査会社マクロミルが20~60代7500人を対象に行った調査によると、年末年始休暇が短い業種トップは「宿泊業・飲食業」2.1日で、「医療・福祉業」「運輸・郵便業」の3.2日がこれに続く。年末年始休みがガッツリある会社員からみれば、「年末年始に2、3日の休みだけなんて!」と発狂しそうな少なさだ。

一方で業務上の事情ではないけれど、自主的に仕事をする予定の人はいるのだろうか。年末に改めて“ブラック企業”という言葉がフィーチャーされることになったが、意外と多かったりして…?・・・・続きはこちら
ジャンル:
職場
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 電通、過少申告常態化か…残業... | トップ | 労基法違反事件の送致を受け... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

労働ニュース」カテゴリの最新記事