太田敏光の名古屋市議会ウオッチング

市民の目線で、名古屋市議会をみた感想やようすを発信していきます。みなさんも議会に関心を持ちましょう。

名古屋市への要望

2017-06-18 | 日記
名古屋城を戦後復興のシンボルに

藤井克彦。西浦愛子。本多引司

コンクリート40年寿命説のうそ
広報なごやには、耐震改修案が示されていません。
最初から天守木造化はエエぞと市民をだます目的だからです
それどころか市長は耐震改修をして40年の寿命であり、40
年後は木造で復元しないといけないと耐震改修案を否定して
いますが、テレビ塔、名大豊田講堂は永久保存をうたって
文化財の指定を受けています。
ほかにも戦後復興のコンクリート天守がかずおおくありますが
文化庁は木造で復元せよと言ってません。
小田原と同様に耐震改修をおこなう予定です。
市の耐震改修案には29億円しかありませんが、維持費を含め
ライフサイクルコストの比較をしてこそ、市民は改修案か
木造案をか選択できるというものです。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公社対策特別委員会 | トップ | 議会運営委員会 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。