ジェイアールバステック0403(新東名SL18号)

今年になってから高速バス(便所付)の更新を実施していませんでした。
年の始りは消防系のイベント・訓練も多いので更新内容も偏りがちになってしまいました。さて、今回はジェイアールバステックの車両を取り上げます(カテゴリーは都合上、ジェイアールバス関東HD車としている)。

本来の目的はGD車で運行されるであろう「北陸道昼特急名古屋1号」を確認するために訪れましたが、近い時間帯に東名線にジェイアールバステック運行便があるとのことなので撮影してみました。

ジェイアールバステックの名古屋便担当本数は多く充てられているという印象がありましたが、現在は一往復だけなんですね。個人的に初代ガーラで尚且つ、ジェイアールバステック塗装は好きな車両のひとつなので撮影してみましたが、長距離運転手時代によく見ていたわりに、ウェブログへのまともな掲載は初めてとなります。人の記憶・印象なんてそんなもんかな。

コンパクトデジカメでしたが、シャッタースピードを設定できる機種でしたのでLED表示が途切れないように調整しながら撮影。基本的に私の撮影スタイルはシャッタースピード(SS)よりも絞り値(F)を優先しながら撮影するので、シャッタースピードを調整しながら、結果を探りながらの撮影は新鮮です。結果1/50秒で途切れることなく写せました。コンパクトデジカメでも撮影の調整ができて楽しいですね(まぁ調整できる機能が備わったものをわざわざ選んで購入しているのだがな)。

好きだというわりにはあまり真剣に撮影していなかったフィンタイプのトピー製アルミホイール。全体を撮影するより、部分的に切り取った方がフィンを強調できて好きですなー。しかしながら、このフィン形状が斜めになったタイプのアルミホイールに関して正確な商品名を得ようと、インターネットで検索しても詳細が出てこないですね。マニアさんの記載した商品名ではいまいち納得できないのです。

アルミホイールの拡大撮影は乗降口付近縁石から不自然な格好で接近しないと撮影できなので、そのうち警備担当から制止されそうな感じもしますねぇ。ちょっと注意が必要かもしれません。また撮影する際には前後輪の向きをそろえましょう。覚えておきます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 第63回文化財...   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。