趣味の電脳

WEBサイトの作り方、PCの周辺機器、タブレットの活用等について

クロームのシークレットモードでGPSスマホ探索

2017-07-12 00:11:05 | スマホ

 最近というかちょっと以前から良くある事なのですが、家人の帰りがカンジャニ8やABCのコンサートなどで、夜かなり遅くて12時を越えるような場合などは、自分は心配性なので、妻や娘の所持するスマホのGPS機能を使って安否確認のために位置探索をすることがありました。が、そのときは、Androidデバイスマネージャーを使って、パソコンのIEを使ってhttps://google.com/android/findとURLを打ち込んで、それから、Gメールアドレスとパスワードを打ち込めば、自動的に位置探索ができていました。ところが、それは、自分が家で留守番をしている場合であって、もし自分も夜遅くまで飲み会で出かけていたような場合には、スマホから確認することになります。

 そこで、ちょっとこまったことがありました。自分のスマホのブラウザがクロームを使っていて、しかもそれがメールアドレスに紐付けされている場合は、https://google.com/android/findとURLを打ち込んでも、それは自分のスマホのGPS位置探索を行うことになってしまいました。押しても引いても、家人のスマホの探索が出来なかったわけであります。そこで、困ってしまって、他のブラウザ=puffinをインストールして家人のGメールのアドレスとパスワードを打ち込んで位置探索をしようとしました。ところが、puffinでは何故か本人確認が出来ないというクレームが付いて、グーグル二段階認証の罠に嵌ってしまいました。そんな厳重なセキュリティー設定は、自分も家人も一切していなかったにも関わらず・・・。どういうことかというと、家人のスマホにSMSが届いて暗証番号を家人から自分に教えてもらわない事には、位置探索ができないということだったのです。設定もしておらないのに、要らない余計なお世話をGoogleはするものです。しかし、わざわざそんなややこしいことをしてまで、位置探索している暇はないです。妻や娘にLINEでやり取りして、「いま、何処にいるの?」と連絡すれば済むことですから、そのときは結局LINEで連絡をやりとりました。

 あとから、この件について、いろいろと試行錯誤して研究していると、どうやらこの疑問は、クロームのシークレットモードとやらを起動すれば、解決することが分かりました。このモードは、クロームの起動画面の右上に3つの点があるので、そこを押すと下図が表示されますから、その2番目の「新しいシークレットタブ」をタッチしたらいいということです。

 そのシークレットタブを開いてから、https://google.com/android/findとURLを打ち込み、家人のスマホのGメールのアドレスとパスワードを入力すると、見事にGPSで探索した家人のグーグルマップ上の位置が表示されました。ただし、上記URLはブックマークに入れておかないと、また初めからURLを打ち込まないといけませんので、必ず☆マークでブックマークの設定をしておきます。

この位置探索の方法は、毎度メルアドとパスワードを打ち込まないと出来ませんが、要するに慣れれば結構実用的に使えます。auなどのキャリアでも「安心ナビ」などのアプリで有料で毎月300円支払って契約すれば、こういった機能を使えるのですが、格安スマホでは無料で何度でも確認できるので、たいへん重宝します。

 以上は、あくまでも、私の個人的な用途でのGPS機能の活用例であり、そういう使い方は如何に夫婦・親子兄弟関係でも過干渉というかお互いの了解がないとプライバシーの侵害になりかねないのでやりたくない・・・という向きもあろうかとは思います。しかしながら、世の中は団塊の世代の未曾有の超高齢化社会へとつき進みつつあり、地域での子どもの安全対策の必要性も増してきていることから、やはり安否確認のために、こういったスマホのGPS機能は、使わない手は無く、かなりお勧めの需要の多いアイテムになっていくのではないかな?・・・と推測される今日この頃でございます。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 格安スマホでLINEや050のIP電... | トップ | Priori3用電池の充電器YIBO Y... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。