趣味の電脳

WEBサイトの作り方、PCの周辺機器、タブレットの活用等について

Priori3用電池の充電器YIBO YUAM届く

2017-07-12 23:28:27 | スマホ

 本日の午後、9月2日にamazonを通じて中国の某社に注文していた標記の充電器2個が自宅に配送されました。10日間かかりましたが、無事到着しました。この充電器は、汎用性があり、あらゆる携帯電話のバッテリーが充電できます。自分はPriori3のUSB充電口がごく最近になって破損したので、やむなくこういった充電器を購入する事になりました。充電するのにどれぐらいの時間がかかるのか?測定しました。すると、10%~85%充電までに要する時間は3時間半程度であり、若干長いような感じですが、確実に充電できました。100ボルト~240ボルトのコンセント対応で、スライド式の電源端子がプラス極とマイナス極、そして両端子がぐらつかないように支えるために電極の無いプラスチックの端子が別途装備されていました。

 安価で1個あたり370円となっていて、この手の充電器は私の調べた範囲では他社製品で大体2000円前後の製品がamazonでも販売されていますから、非常にコスパが良いです。が、この充電器には、安いので説明書きらしきものは付属していません。よって、正しい使い方は自分で判断しないといけないです。ためしに左が+で右が-だろうと思ったので、これで接続すると青ランプがつきましたから、このままコンセントに差し込んで大丈夫=OKということだろうという判断をしました。もし、バッテリー容量が0%ならば、ランプがつきませんから、青信号でgoなのか、それとも赤信号で逆差しは駄目なのか?判断できないところでした。

  

 まあ、このあたりが不安で、よく確かめもせずに逆差しをした結果、火災や感電につながることがあるんじゃないか?と疑うのであるならば、手持ちのスマホ以外のデジカメとか古い携帯電話のバッテリーで充電された状態にあるものを接続して、+ーの極性を確認したほうがいいと思います。或いは、極性を自動認識して逆差しOKの製品を購入するべきです。くれぐれも、そういった肝心なことを未確認のまま、この製品に関するネット上のレビュー記事(逆差しOKで充電できた?)を鵜呑みにして、逆差しをしては駄目だと思います。

 常識的に考えて、こういった極端に安価な充電器の購入と使用については、あまり過剰な期待をしない方がいいと思いました。すなわち、①取説がないので電気器具に関する基本的な安全確認を毎度する必要があること、且つ、②メーカーの1年間保証がついておらないこと、また、③出力電流が弱いので満充電までの時間が多くかかること、④作りが華奢で接点が容易に移動してしまうし、充電器を挟む為のバネが強すぎるので、ガムテープ等で接点の部分と押さえの部分の2箇所を厳重に固定しないといけません(写真)・・・等々から、誰でも気軽に即充電できるとは限りません。常に細心の注意と熟練が必要であり、操作の難易度の高い器具といってもいいでしょう。

ですから、使っているうちに、ちょとした不注意でも故障して充電できなくなる可能性があり、これはそういった自己責任の部分が多い製品なんだといった認識をしておくべきでしょう。充電が始まると、ピンク色に輝き、満充電になると青く光るようにセンサーがついていますので、過充電になる事は無い安全な器具だと考えられます。バッテリーを外してからPRIORI3に装着すると、100%充電できていました。

 ですから、逆に言えば、より以上の対価に見合わないような、耐久性とか性能についての過剰な期待をしないかぎりは、 価格の割にかなり優秀な充電器であると思いました。ただし、自分の不注意によるところの早期の故障のことも考慮して、私は2台購入しました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クロームのシークレットモー... | トップ | 防水対応のスマホ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スマホ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。