趣味の電脳

WEBサイトの作り方、PCの周辺機器、タブレットの活用等について

防水対応のスマホ

2017-07-16 23:40:43 | スマホ

 知人が、最近防水仕様のスマホ=富士通arrows M04を購入しましたが、なぜかというと、防水でない機種=Huawei G620s、Freetel Priori4を相次いで水没事故で故障させてしまったために、今後、これを防ぐために購入したそうです。お値段は、34800円ですから税込みで37584円です。特筆すべき抜きん出た性能は、やはり30分間お風呂などに水没させても故障しないし、ハンドソープで洗えることです。基本性能は、OSがAndroid™ 7.1.1で最新版ですし、メインカメラ:1,310万画素インカメラ: 500万画素で標準以上、ワンセグ、お財布携帯標準装備で素晴らしいです。ところが、CPUが平凡で、Qualcomm Snapdragon 410 MSM8916 クアッドコア 1.2GHz、メインメモリとストレージにしても2GB / 16GB、バッテリー容量2,580mAhという性能で、価格の割には少し低性能かな?という感じです。

 とは云っても、まあ、やはり、スマホを使う場面は人それぞれ千差万別であり、仕事内容によっては汗だくになることが多い人や、炊事場、プールサイド、池や河川、水路の付近等で作業をすることが多い仕事の場合は、防水対応が必須でしょう。

 私の場合、水没させた経験はスマホの場合は未だ無いのですが、ガラケーを使っていた5年前ぐらいまでは4回ぐらい水没させていました。プールに2回落下、便器に1回落下、衣服のポケットに携帯電話を入れたまま不注意で洗濯機に入れてしまった場合1回でした。ですから、これに懲りて必ずひも付きにして、首から吊るして胸のポケットに入れるようにしています。そうすると、それ以来、一度も水没させる事はなくなりました。

 まあ、そういうわけで、経費節減の折から、自分の場合はさほど高性能でもないスマホに防水処理のために何万円もお金をかけるのが勿体無いので、格安スマホですが、自分でいろいろと工夫して、水没事故を招かないように、気をつけています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Priori3用電池の充電器YIBO Y... | トップ | 自宅サーバー構築のためのXAM... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スマホ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。