地道に養生。

養生とは、技術ではない。何の変哲もなく、ただ生きていく。そんな生き方そのものだと思う。

効率良く勝つのが弱点。

2017-01-03 13:54:28 | 仕事
 機械によるマッサージは、プログラムされたパターンを繰り返すだけだから、最初は良くてもすぐに飽きてしまう。

 が、それもひょっとしたら開発費次第ではどうなるか分からないとも思う。
 例えば施術プログラムの選択を、最先端の人工知能にやらせたらどうなるか?ということだ。

 もっともそれも現時点では夢物語だろう。
 今のところ人工知能は、囲碁でプロ碁士に勝つほどに進歩しているが、それで人間を超えたとはいえない。
 今の人工知能は勝負に勝つ工夫は出来るが、面白い勝負は出来ない。
 なぜなら人工知能の仕事は、あくまでも用意されたデータから最適解を選ぶことだからだ。

 断っておくが、ここでいう面白い勝負とは、エンタメの味付けをした台本のある勝負という意味ではない。
 そういう筋書きなら、今の人工知能でも書けるだろう。

 そうではない真剣勝負で人工知能が面白い勝負を出来るとは考えづらい。
 実際、人工知能とプロ碁士の対局で、「思いもよらない手を打ってきた」という評は聞いても「面白い対局だった」という評は聞いたことがない。
 仮に面白いと感じる人がいたとしても少数派だろう。

 もしも人工知能が、囲碁や将棋の真剣勝負で「面白い勝負」が出来るようになったとして、それが人間の体の状態を診ながら、万単位の施術パターンを繰り出すようなマッサージの機械が出来たら、ひょっとしたら人間のマッサージ師に匹敵するかもしれない。

 でもどう考えても、そんなことに開発費をつぎ込もうなんて人がいるわけがない。
 だからやっぱり機械のマッサージには期待出来ないと思う。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 正確さが仇に。 | トップ | それは東洋医術的なのか? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

仕事」カテゴリの最新記事