地道に養生。

養生とは、技術ではない。何の変哲もなく、ただ生きていく。そんな生き方そのものだと思う。

グルンではなくて、シュパッ。

2016-12-28 13:01:50 | 養生
 腰を入れる、というのはよく聞く言い回しだ。
 だが、そもそも腰を入れるとはどういう動きなのか?

 力を発したい方向に向かって進むという意味か?
 それもあるとは思う。
 重心の並進運動は、力の発生源として有効だからだ。

 だがそれ以上に、並進運動を回転運動に変化させ、中心軸の鋭いスピンから、脊柱の滑らかな捻りを生み出すことが重要だ。

 この時の回転は、キレ重視なのでなるべく慣性モーメントを小さくしたい。
 だから腰は回すというよりも、文字通り切り返す感覚になる。
 これが腰を入れるということ、そして左右二柱+中心軸の動きの核心だと思う。

 だから例えば、「回れ右」というより「切り返せ右」って感じで…どうかな?
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クランクから後退。 | トップ | 地面は友達? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

養生」カテゴリの最新記事