薙空間

悪魔城とかメタルマックスとかロマサガやってる薙さんが綴る日記。ゲームばっかやってます。時々運動もします。きつねかわいい。

リメイクFF3(DS・PSP)ジョブ解説

2013-02-28 03:05:54 | ゲームいろいろ
・すっぴん
たまねぎ剣士に代わり、最初のジョブとして登場。
序盤の一通りの装備と、レベル1の白黒魔法を使えるが、
上位の武器はほとんど装備できず、能力も低め。
ただし熟練度の上がりが他のジョブよりも良く、
祭壇の洞窟でちょっと頑張れば、序盤の敵はほとんど蹂躙できるくらいになる。
でも風のクリスタルからジョブを受け取ったら、
早めにそちらに切り替えた方が後々楽になる。
マスターアイテムは腕防具のスターグローブ。
全ての能力が大幅に上がり、戦力が大きく底上げされる。

・戦士
FC版では前半戦でしか役に立たないジョブだったが、
リメイク版では強力な剣や斧が装備できるようになり、
後半戦でも戦えるようになった。
力、素早さ、体力がバランス良く高く、
攻守にわたって良い働きを見せてくれる。
アビリティは与ダメージと被ダメージが増える「ふみこむ」。
強力な一撃を加えることが出来るが、
使い方を誤ると一撃死する場合もある諸刃の剣。
被ダメージが増えるのは行動後なので、
素早さが落ちる斧とは非常に相性がよい。
マスターアイテムは巨人の斧。
極めて攻撃力が高く、力も激増するリーサルウェポンだが、
価値のない大地属性があるため、後半の敵に
与ダメージが半減されるという悲しみを背負っている。

・モンク
武器から棍が全て削除されたため、空手家と同じく爪を武器にするように。
リメイク版ではレベルではなく熟練度に攻撃力が依存するため、
序盤に無理矢理熟練度を上げきると、
最後まで凶悪な火力を余すことなく発揮してくれる。
ただし防具はFC版同様貧弱で、紙っぷりも余すことなく発揮。
中盤以降はナイトやバイキングと組ませて運用したいが、
敵の攻撃に反撃する「かまえる」があるため、
それを使いたい人にとっては何かと悩ましい。
風のクリスタルのジョブでは体力が最も高いため、
序盤から積極的にHPを伸ばすつもりなら、
レベルアップの時にジョブチェンジしておくとちょっとお得。
マスターアイテムは腕防具の修羅の小手。
守備力が高く、力も爆発的に増加するが、
同じ部位に強力な属性耐性を持つ守りの指輪があるため、
どちらを選ぶかが悩みどころ。

・白魔道士
FC版とあまり変更がないが、
低レベル帯の魔法が多く使えるようになっている。
そのため、ケアルやケアルラを使う分には白魔道士の方が有利。
終盤まで上位の導師が登場しないのも相変わらずなので、
相変わらず回復役として後半まで出番がある。
マスターアイテムは体防具の天使のローブ。
精神が激増し、白魔法の効果が大きく上昇するほか、
守備力も非常に高い。

・黒魔道士
こちらもFC版とあまり変更がないが、
同じく低レベル帯の魔法が多く使える。
が、攻撃魔法は威力が高いのでまだ良いが、
リメイク版では状態異常魔法の成功率が極端に落ちており、
それらの行動はまったく意味がないため、
黒魔道士ならではの行動の選択肢が減っている。
熟練度を上げれば、弱点を持つボス相手の攻撃役として良いが…
マスターアイテムはリリスロッド。
知性が激増し、使うとデスの効果がある。
デスはアテに出来ないが、黒魔法の威力が上がる点では有益。

・赤魔道士
FC版では前半までしか使えなかったが、
リメイク版ではレベル5の魔法が使えるようになり、
装備できる武器などもたくさん増えている。
ケアルダ、レイズを使えるようになったのは非常に大きく、
エクスカリバーが装備できるため、攻撃でも回復役でも活躍が期待できる。
さらに、魔法を使うジョブでは数少ない、後半の盾を装備可能なジョブのため、
魔法メインで戦うときは盾二刀流で守りを固めるなんて真似も。
もう器用貧乏とは呼ばせない。
マスターアイテムはレッドジャケット…ではなくクリムゾンベスト。
全ての能力が底上げされ、使い勝手に磨きがかかる。

・シーフ
FC版では火のクリスタルのジョブだったが、
風のクリスタルのジョブに変更になった。
全てのジョブの中で最も素早さが高く、
装備できるナイフも素早さを上げる効果がある物が多いため、
攻撃回数が多く、ナイフ自体も強力な物が増えたため攻撃力は高い。
ただし、FC版同様防御面は紙。気が付くとあっさり死んでたりする。
アビリティなどはFC版と一緒だが、細かい点で調整が加えられていて、
特に「ぬすむ」は強力な攻撃アイテムや武器を盗むことが可能になった。
中でもオーディーンから盗めるグングニルは、
竜騎士最強の武器なので入手しておきたい。
マスターアイテムはグラディウス。
攻撃力が高く、素早さが激増する強力なナイフ。

・狩人
白魔法が削除され、FF5から「みだれうち」が追加。
リメイク版では弓矢の他に、一部の投擲武器も装備可能になった。
弓矢は両手にそれぞれ装備するため、数値状の攻撃力は低いが、
ダメージ計算式が通常と異なるため、ダメージは結構高い。
メデューサの矢がFC版ほど強くはないが、
代わりに眠りの矢がそこそこ使い勝手がよいので、
それを主軸に使っていくのが望ましい。
守備性能は全ジョブ中最低。最強の体防具が黒装束って酷い。
「みだれうち」はランダムターゲットで四回連続攻撃するが、
一発の威力は熟練度によって決まり、
一定以上じゃないと総ダメージは通常攻撃に劣る。
大ダメージを期待するには熟練度上げが必須。
マスターアイテムはアルテミスの弓。
攻撃力に関係する力と素早さが上昇し、さらに火力が増す。

・ナイト
FC版から大きくモデルチェンジされたジョブ。
なんというか、年相応っぽい見た目ではある。
「かばう」は相変わらずだが、白魔法がちょっとだけ使えたり、
防御の代わりに「まもる」が装備されていたりする。
FC版では戦士の上位互換だったが、
リメイク版では攻撃より守備を重視したジョブに調整されている。
力と体力がかなり高いが、素早さは低く、
後半までは攻撃回数の面で他の物理ジョブに見劣りする。
が、装備は全ジョブの中でも特に充実しており、
最終的には武器の攻撃力と防具で押していけるようになる。
防御の代わりの「まもる」は、魔法含めた攻撃のダメージを軽減する。
軽減率は熟練度に依存し、最終的にはかなりダメージを減らすことが出来る。
マスターアイテムはセイブザクイーン。
体力と精神が上昇する強力な剣。レフィア以外でも装備できます。

・学者
ハイン戦のみに起用されるジョブ…だったのもFC版。
リメイク版では装備の性能が向上し、
攻撃、回復アイテムの効果が二倍になる「アイテムの知識」で
活躍が期待できる強力なジョブ。でも金食い虫。
「しらべる」で相手の弱点を探る機能も健在。
熟練度が極めて上がりやすいため、火力増強が楽で、
そこに相手の弱点を突いた攻撃アイテムを投げると、
魔人すら凌駕する大ダメージを平気で叩き出したりする。
白黒魔法もレベル3まで使用可能だが、
こっちはあまり出番がないかも知れない。
守備関係の能力は全体的に貧弱。
特に体力が非常に低く、レベルアップ時のHP上昇が最低なので、
HPに拘るのなら学者でレベルアップするのは避けるべき。
マスターアイテムは全ての本。
非常に攻撃力が高く、知性と精神が上昇する。
攻撃力が高い本ってどんなのなんだろう…知識の本はともかく。

・風水師
「ちけい」の効果が調整され、
無属性ダメージか即死効果のある地形が必ず出るようになった。
発動する地形はランダムだが、
ダメージの方は敵の防御力などに関係なく、
一定量のダメージを叩き出すことが可能で使いやすい。
即死の方は成功率が低い場合が多くて使いにくい。
出る地形は場所によって決まっているが、
場合によってはまともに機能してくれない場合もある。
ステータスは平均的だが、装備の性能はそこそこ良く、
時期によっては前衛に立って戦うことも可能。
マスターアイテムは祝福のベル。
素早さ、知性、精神が上昇することで、ちけいの威力も底上げされる。

・竜騎士
FC版と違い、アムルでサンダースピアが買えるので、
ジョブ入手後から戦闘に立つことが可能になった。
戦士系のジョブでは力と素早さが高め。
装備できる槍の数が増え、いずれも高性能。
中でもオーディーンから入手できるグングニルがずば抜けて高性能で、
禁断の武器以上の性能を持っているため、
入手できれば竜騎士の戦力底上げに貢献してくれる。
アビリティの「ジャンプ」は、使用すると上空に高く飛び、
次のターンに降下して敵を攻撃する。
熟練度によってダメージに倍率がかかり、
風属性が弱点の敵にはさらに倍のダメージを与える。
極まるとアーリマンすら一撃で撃墜…
マスターアイテムは魔神の槍。
グングニル以上の攻撃力を持ち、力が激増する。
両手にこれらを持つと、本当に手が付けられなくなる。

・バイキング
FC版では地味なジョブ筆頭だったが、
リメイク版では防御能力の高さが光るジョブに。
力が非常に高いが素早さが低く、攻撃回数が少ないため、
攻撃役としては力不足感が否めない。
が、防具は盾含めで全ジョブの中でも特に優秀で、
「ちょうはつ」で相手の攻撃を引きつけ、
盾二刀流で攻撃を受けることで、非常に頑丈な壁役になる。
能動的に運用するのには慣れがいるが、
使いこなせると途端に化けるジョブの筆頭と言えるだろう。
マスターアイテムはマイティハンマー。
体力が激増し、攻撃力も高いが、
盾を持った方が都合が良いのを考えると、うーん、微妙…?

・魔剣士
FC版では暗黒剣と負の力を持った装備以外何も装備できなかったが、
リメイク版では一通りの剣や防具も装備できるように。
ただし暗黒剣は忍者も装備できるため、
魔剣士の専売特許というわけでもなくなった。
竜騎士とは対照的に、力と体力が高めで、素早さが低め。
分裂モンスターに特効+分裂させない特性を持つ暗黒剣の存在で、
暗黒の洞窟を正面から突破するには欠かせない。
(でも正面から以外でも突破する方法は結構あったりします)
アビリティの「あんこく」は、FF4のセシルと同様に
HPを消費して敵全体を攻撃する。
時期によっては一撃で敵を一掃可能だったりと使い勝手はよい。
マスターアイテムは天叢雲。
素早さが激増する暗黒剣。これもそうだが、
禁断の武器であるマサムネも素早さが上がるため、
魔剣士の弱点を補ってくれて都合がよい。

・幻術師
基本的な性能はFC版と同様。
レベル8までの白黒召喚を使用可能だが、
状態異常魔法が使い物にならないリメイク版では、
ほとんどの白召喚がハズレ扱いになっており、
どちらが召喚されるかも選べないので、使い勝手は悪い。
同じ白黒召喚なら賢者も使用可能なので、
あえて幻術師を選ぶ意味は…
マスターアイテムはロイヤルクラウン。
知性と精神が上昇する頭防具だが、
頭防具にはリボンがあるのでお察し下さい。

・吟遊詩人
FC版から大きく性能が変更された。
「おどかす」「おうえん」なんてなかった。
能力は平凡で、通常攻撃はまったく期待できないが、
「うたう」は装備している竪琴によって効果が変わり、
いずれも強力な効果を発揮するのでとても便利。
破滅の歌は割合ダメージで、後半のボスには
平気で最大値の9999ダメージを叩き出すため、
攻撃役としても期待できる。
何をしていてもプラスの効果が期待できるため、
とりあえず適当に歌わせておいても何かと役に立つ。
マスターアイテムはバラードクラウン。
体力と精神が上がり、防御面が上昇するが、
頭防具にはリボンがあるので(ry

・空手家
水のクリスタルから土のクリスタルのジョブに変更。
このため、中盤のHP増強が難儀に。
力、体力が全ジョブ中最高で、素早さも高い。
素手の攻撃力はモンクと同様に熟練度に依存するため、
ジョブ入手後から頑張れば一気に攻撃力を上げることも。
極まった空手家の素手の一撃で崩れ去らないものはほとんどいない。
相変わらず防御面は貧弱。クムクムのファイガ一発で死ぬ場合も。
アビリティの「ためる」は、力をためて次のターン攻撃力を倍にする。
重ねがけも可能だが、三回溜めると自爆し、HPが半分になる点に注意。
また、FC版と違って、溜めている最中は守備力が0にならない。
マスターアイテムはマスター道着。まんまですね。
空手家の防具で最も守備が高く、素早さと精神も上がる。
火力と魔防を増強できるので使い勝手はよい。

・導師
FC版と同じく、白魔法のスペシャリスト。
ねこみみフードも健在だが、被ってくれるのはアルクゥとレフィアだけ。
レベル5以降の魔法を多く使うことが出来、精神も全ジョブ中最高。
後半のボス戦は、ケアルガを連続して使う場面が多いため、
導師が一人いるだけでも安定感が格段に違う。
緊急時のアレイズに助けられる人も多いだろう。
マスターアイテムはホーリーワンド。
精神が激増するのも良いが、
なにより戦闘中に使用するとケアルガの効果があるのが嬉しい。
全体がけが出来ないとは言え、この回復量を使い放題なのは大きい。

・魔人
FC版と同じく黒魔法のエキスパート。
かぼちゃパンツも健在、こっちは全員着用している。
知性が学者と並んで全ジョブ中最高だが、
肝心の黒魔法の威力が、戦士系ジョブの通常攻撃に
大きく劣っているという現実が、ジョブを入手できる時期にやってくる。
状態異常魔法もまったく当てにならないため、
お世辞にも使い勝手はよいとは言えない。
マスターアイテムはミレニアムロッド。
知性と精神が上昇し、使うとブリザガの効果がある。
ブリザガを撃ち放題なのは便利と言えば便利だが…

・魔界幻士
FC版と違って賢者が合体召喚を使えないため、
合体召喚が唯一使用できるジョブになった。
レフィアのドレス姿は必見。
合体召喚の威力は凄まじいが、
敵の数が全体的に少ないリメイク版では全体攻撃のうまみが少なく、
発動するのも遅いので使い勝手はちょっと悪い。
また、魔界幻士は合体召喚以外の魔法が使えないので、
戦闘でやれることが少ないのも難点。
炎の棒などを使って攻撃も可能だが、
そこまでするくらいなら他のジョブを使うか…?
マスターアイテムは精霊の腕輪。
防御力が非常に高く、知性、精神も上昇。
また、マスクデータとして数多くの属性攻撃を半減する効果も。
守りの指輪の上位互換とも言える強力な腕防具。
召喚を使えるジョブはダテじゃないと言うことか。

・賢者
FC版では封印されたジョブだったが、
リメイク版では土のクリスタルのジョブに変更。
同時に性能に手が加えられ、FC版よりかなり弱体化した。
合体召喚を除く全ての魔法を使用可能だが、
使用できる回数が少なめなので息切れが早い。
ステータスも知性と精神は高いが、力と素早さは最低。
ただ、素早さの低さを生かし、
敵の攻撃を受けた後のアフターケア役をやらせるのは有効。
使い勝手は悪くなったが、他のジョブにはない
確実な出番が出来たのがFC版との大きな違いだろうか。
マスターアイテムは賢者の杖。
全ての能力が上昇するが、素早さを低く維持するのを考えると、
あまり恩恵がない装備と言えるかも…

・忍者
賢者と同様、FC版では封印されたジョブだったが、
リメイク版では土のクリスタルのジョブに変更。
こちらもFC版と比べると性能が大きく変わっている。
シーフをより攻撃に特化したような性能で、
暗黒剣や投擲、ナイフなど強力な武器を装備可能で、
力と素早さがどちらも高いため、攻撃力は非常に高い。
反面、防具は貧弱なので、一撃をもらうとごっそり減る。
FC版での最大の特徴だった手裏剣装備は、
アビリティ「なげる」に引き継がれ、
手裏剣だけでなく、攻撃力を持つ武器ならなんでも投げることが可能。
当然、投げたアイテムはなくなってしまう。
間違ってもラグナロクなんか投げたりしないように。
後列からなげるを多用すれば、防具の弱さも克服できるので、
通常攻撃と上手く使い分けたい。
マスターアイテムは村正。
素早さが上昇し、他の能力も少し上がる暗黒剣。
ちょっと怪しげな赤い刀身に魅力がある。

・たまねぎ剣士
FC版の初期ジョブだったが、リメイク版では隠しジョブ扱い。
DS版ではなんでこれ、通信しないと手に入らない仕様にしたんですか。
(PSP版では改善されているそうです)
全ての能力が極めて低いが、レベル93から急激に能力が上がり、
レベル99で全ての能力が99になる。
また、レベル8までの白黒魔法を全て使用可能で、
装備も各ジョブ専用の装備以外はほぼ全て装備可能。
FC版と同じく、ドラゴン系が落とす専用装備
「オニオンシリーズ」はリメイク版でも健在。
ドラゴン系だけが出るダンジョンがあるとは言え、揃えるのは困難だが、
レベル99フル装備になってしまえばもはや地上に敵はいない。
(たぶん集めてる過程でLV99にはなってるでしょうけど)
マスターアイテムはオニオンソード…ではなくオニオンブレード。
攻撃力はオニオンソードに劣るが、
各種状態異常を発生させる追加効果がある。
…まあ、これを手に入れられる頃には、
状態異常が出る前に相手が細切れになってるでしょうけど。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アシュラベンケイ | トップ | 2月27日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ゲームいろいろ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事