きんりん(永山南公園)便り

永山南公園の風景や活動・イベントのお知らせ

樹林地作業(5/11)

2017-05-19 22:48:58 | 活動
5/11(木)は前日に比べて10度近く気温が上がり、27~28度の真夏日!
参加メンバーはやや少なめの5人でしたが、5月第1回目の樹林地作業を行いました。

今回も樹林地内の草花報告がいっぱいです!!


【午前中】
○ごみ拾い
○園路の落ち葉掃き
○草花用名札づくり(組立て)
○チェーンソーの手入れ
○剪定
○植物観察~保護状況確認

【午後】
○草花用名札づくり(下地色塗り)と設置
○植え込み(ツツジ、レンギョウなど)内のシノダケ、ネズミモチなどの幼木除去
○剪定



◆草花用名札づくり
ここのところの懸案作業であった名札づくりを行いました。
名札の組み立て~下地色塗り~草花名書き、今回は10数ヶ所に設置しました。













◆チェーンソーの手入れ
樹林地作業で欠かせないチェーンソー。
今回はチェーン交換にトライしました…が、残念ながら長さが合わず断念。





◆ごみ拾い
本日のごみ。気温が上がってきて、飲料缶が多くなってくる時期です。


◆植物観察
イチヤクソウ
今年もお花畑状態!
 


オオバノトンボソウ
昨年は蕾が付きながら、その後腐ったようになってしまいましたが、今年はどうでしょうか。


フタリシズカ
フタリシズカは茎の先の白い花が2本ありますが、本数によってヒトリシズカ、サンニンシヅカというのもあるそうです。樹林地内で見られるのは、今のところフタリシズカだけです。


キンラン
今年もたくさん!




ウメガサソウ
 


ムラサキサギゴケ
小さい花ですが、紫、白、黄色い斑点がとても目立ちます。(下の写真は4/13)




ウマノスズクサ(の可能性あり)
樹林地内では、初登場。
名前の由来の一つに、葉が馬の顔の形に似ていて…というのがあるそうですが、「どうみても馬面には見えない」とスタッフの言。
それにしても、わかりにくい状態なのによく見つけましたね!と。ただし、まだウマノスズクサと断定はできないそうです。




ミズキ
枝先に密集して小さな花をつけています。
和名の由来は、樹液が多くて春先に枝を折ると水が滴り落ちることからきているという説もあるようです。
いやいや、枝を折ってはいけません…。






ご一緒に汗を流したり、植物を観察したり、木でおもちゃを作って楽しんだりしてみませんか。
関心のある方は是非ご連絡ください。仲間大募集中です!!
(作業は原則、第2、第4木曜日)

==== 5月、6月の樹林地作業予定 ===========
 
◆ 5月24日(木)10:30~15:00 (12:00~13:00は昼休み)
◆ 6月 8日(木)   〃
◆ 6月22日(木)   〃

*いずれも鉄塔北側の平地に集合
*長袖長ズボン、軍手、帽子、汗ふきタオル、水分補給品をお忘れなく!
======================================


**********************
■きりんの会事務局
 TEL:042-373-6822 FAX:042-338-2020
 (連絡担当:松原)





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 樹林地作業(4/13、27)その2 | トップ | 樹林地作業(6/8) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。