長唄三味線/杵屋徳桜の「お稽古のツボ」

三味線の音色にのせて、日々感じること、
昭和から平成ひとケタ時代の街かどでの
想い出話などを紡いでいきます。

さても粋〈すい〉な品物め♪(申歳スペシャル)

2016年09月19日 19時20分09秒 | お知らせ
 表題半ばではございますが、来る22日演奏会のご案内をば申し上げます。
 小田急線・成城学園駅下車徒歩4分、成城ホールに於きまして、
 世田谷邦楽研究会主催、世田谷区教育委員会共催、
 世田谷区民文化祭【第4回 日本の調べ】12時半開演でございます。
 小唄、長唄、笛、囃子、新内など17番を上演いたします。
 入場無料にて、どなたさまもご観覧いただけます。

 17番中、朗読 箏・三絃曲「さると かにの おはなし」(杵屋徳衛作)を勤めます。

 続きまして徳桜社中は三時ごろ(申の刻!)
 「外記猿」をお囃子の、福原道子先生、福原百之助先生ご社中の皆さまとご一緒させていただきます。

 ♪罷り出でたる それがしは ずんと気軽な 風雅もの



 ♪不老門の御前(みまえ)を見れば 黄金の花が 咲きや乱るる



 ♪皐月五月雨 苗代水に 裾や袂を濡らして…植えい植えい早乙女



 ♪猿に烏帽子を着せ参らせて…一の幣立て 二の幣立て 猿は山王まさる目出度き目出度き



 千穐や万歳と、俵を重ねめんめんに、たのしうなるこそ、めでたけれ。

 みなさま、秋のお彼岸の中日を、日本の調べでお愉しみくださいませ。
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 教養と娯楽のはざまで…3 | トップ | 一億総グレ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お知らせ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL