Saoの猫日和

猫とジュリーが好き、野球は阪神タイガース。
   ガーデニングとレトロ建築巡りが趣味です。

五所川原ふるさと交流圏民センターオルテンシア

2017年07月30日 01時47分32秒 | ライブ・公演・舞台

金曜日の青森五所川原の会館は、実に長い会館名ですね、オルテンシアはあじさいだそうです。座席は1109席http://www.city.goshogawara.lg.jp/kyouiku/bunka/ortensia-top.html 

五所川原と言うと、やっぱり吉幾三さんかな。 自宅からは遠かったそうですが青森のJ友さんが行かれたそうです。席はなんと一列目!ご感想をいただきました、有難うございます。1列目ならではの贅沢な不自由さもあったようです(^-^) 
記憶をたどって書いているので、正確さに欠けますが・・との事です。


 

 一列目、依知川さん側。

想像通り、スクリーンは前、横過ぎて、写真を拡大し過ぎるとぼやけてくるでしょ、
そんな状態で、初日NHKホール(3階依知川サイド)でのように画面に引き込まれなかったし、
最後の「ありがとう」or「あいしてる」かも確認出来なかった、残念。
空席が多いのではと不安でしたが、後ろの方まで埋まっていたようですが、6列くらいまでが立っていたようです。
前方の席は地元というより、澤会の人が占めていたようで、ジュリーが動くたびに、舞台のジュリーを見つめる視線は乙女そのもの(そういう私も)。そんなFANをジュリーは見続けてきたのだろうなと

五所川原ははじめてですよね、もう見ることもないかもしれないということでいらっしゃた方も
MCはそのためか、あまりはっきとはFANに対しての言葉はなかったのではないかしら。


左隣の方は神奈川から仲間と参加、右は大阪からお仲間と。左側には若い?30から40代男性でのりのりでした
ただ、最後「いくつかの場面」の時、足を組んで座り、ペットボトルの水?を堂々と飲んでいたのが気にかかりました。
幸いなことにジュリーは目を閉じて歌っていたと思うので、中央寄りの席だったけれども気付かなかったのではないかしら。そうそう、いくつかの・・・・のイントロの箇所で中央真ん中あたりだと思いますが、手拍子をしている人が、
ドキッとしましたが、歌い始めると止んだのでホットしました。一瞬たぶん歌詞忘れ?バックの演奏のみが
でも何ごともなかったかのように続けて歌ってらした(いつものように高音は苦しそうでした)。
途中携帯の着信音も
同じ方向から2~3度、男性の掛け声あり、ドキリと。

声はざらつきもなく、良く出ていました。

やはり前列だと細かい顔の表情・指の動き、がはっきり確認出来、今更ながら、ジュリーの表現者としての素晴らしさに中抜けの期間が悔やまれました。
今回は細切れではありましたが、端に来るたびに勘違い光線を受けてました。
こんな事は最近にしては、初めて。
あまりに依知川さん側だったので、時々依知川さんと視線を交わし?
(ベースのパートがない曲の時、エアーで……)
タイキさんともよく視線が合いました(ジュリーだといいのに…と思いつつ…)


「君をのせて」はソロになってレコードを初めて聴いたとき、音にうるさいレコード屋さんが、一人になって不安だという気持ちが声に現れているねと言っていたのを思い出しました。
「コバルトの季節」は夏、謹慎が解け、つま恋の合宿の時お披露目。加瀬さんを思い出しました。
グアムはこの年?「思いきり気障な人生」ここで大野さん、作曲していたと思います。

他の方はどんな印象をもったかしら、
「ヤマトより愛をこめて」キーボードの音が気になった。  
「時の過ゆくままに」 もう少しシンプルな音色で聴きたかった(ギター、キーボードの音が耳につき過ぎて歌に没頭できなかった)
「永遠に」席のせいか、エレキの音がぐギュウーンをいう感じでやはりじっくり聴けなかった。
「いくつかの場面」 同様   
   
自分が20代後半から30代の頃、TV局の力のある人達も独立したりして、ジュリーに対して失礼な物言いをされたり
和田アキコさんが歌唱賞を取った時、舞台へ引っ張って行こうとした時など、TV局の人にシッシッ着いて行くなと
さんのされたと。ブルーコメッツの井上さんには明星で歌は下手とはっきり言われた。
ここだけの話でした、ブログなんかに書かないようにと、足元を見たときアッコさんの足の方が大きかったとも。アッコさんが、レコ大の歌唱賞を取る前は、楽屋で絶対にジュリーがとるとアッコさんは話していたそうです。

謹慎中にTVを見ていて、カメラ目線を研究(私達は何度か聞いているけれど)
若い人は自分なんかより興味の対象は他のミュージシャン。
還暦過ぎて、見てくれではなく、中身で、努力する姿を!
飲んだら楽しいけど、アル中ではない、毎日飲まなくてもOK!
生きてください、共に朽ちていきましょう。


終了時間は21時15分は過ぎていたと思います。
Julieの歌うI've Been Loving You Too Longも聴いてみたいと思いました。

 ※追記、ジュリーはパソコンもスマホもしないと言っていたそうです。



J友さん、詳しく有難うございます。私も一部ですが、音が気になった個所が・・・1列目だと余計にそう強く感じるのかもしれませんね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゆりの木会館 | トップ | ボリス・ヴィアン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はな)
2017-07-30 17:34:37
セトリもたぶん、ジュリー担当。スクリーンの映像もジュリー担当。皆に喜んでもらえるようにと、ジュリー手作りのコンサートです。うれしいな。来年も沢山の会場で、コンサートが開かれると、いいですね。
Unknown (sao)
2017-07-30 20:43:38
>はなさん、セトリはジュリー自身が決めていると思いますが、スクリーンもそうですから、おっしゃるとうりジュリーの手作りLIVEですね♪
来年の古希は、さらにもっと多くの会場で開かれるかも!?期待したいですね(^-^)

コメントを投稿

ライブ・公演・舞台」カテゴリの最新記事