Saoの猫日和

猫とジュリーが好き、野球は阪神タイガース。
   ガーデニングとレトロ建築巡りが趣味です。

②ロームシアター京都(50周年記念LIVE)

2017年07月23日 19時12分42秒 | ライブ・公演・舞台

一列目センターという、まさに神席中の神席!でご覧になった、どんぐりさんに感動のコメントを頂きました(^-^) 神席ならではの、贅沢な悩みもお有りだったようです どうも有難うございます

やはり神席というだけあって、最高で夢のような時間を過ごせました。少し残念だったのがスクリーンが近すぎて後ろに下がれず、全体を見にくかった(贅沢、罰当たりです)
久しぶりに眼が開いてるジュリーを見られました。節のない細い白い指。若かりし頃のジュリーをあの席で見ていたら気絶するかもですね、でも今の大人で頑固で丸くなったジュリーはとても魅力的です。
マイク不調?なんか何も気になりませんでした。残念ですが前で見ていても靴を何度もこすりつけるようにしていた理由がわかりませんでしたね。ジュリーのペットボトルミストを私の左右の人達と手に受けました。大満足😆でした!

 


※MC、簡単に、決して正確では有りません。

ようこそ、沢田会館へ!50周年ライブに駆け付けて下さって有難うございます。お兄さん おおきに!おばあちゃん おおきに! これもひとへに・・・私の努力の賜物、皆さんのご支援のお蔭と心よりお礼を申し上げます。来年の1月までライブをやります。今日からは「京都沢田会館」という名前に・・ あかんやろ!そんな金出せへん。今日は長いよ!覚悟してください。最後までごゆっくり・・



有難う!有難うね!フオ~~ 暑おす 暑おす アツオスよりも厚揚げが好き 何のこっちゃ! 時はあまりにも早く過ぎ行く・・ 50年は早かったのか、短かったのか・・長いで、誰が想像した?69になっても歌っているなんて。例えば、内田裕也みたいに売れないでずっとやる。言うたらあかんで、私は何もゆーてませんよ。

タイガースはたった4年間、その後約半年間くらいPYGがあって、この時に色んなことを学んだ。タイガースのあの熱狂は何だったんだろう。ナベプロからはソロになれソロになれと言われて、ヘタやのに・・皆がヘタや言うてるやん。業界の人達がソロになると言っているのが聴こえる、それで意地を張る、何でやらなあかんの。どうせ売れへん・・と思たら売れたがな。

その後、井上さん達と一緒でないとイヤ。PYGから売れるまで、とても短かった。その期間にすごく勉強した、タイガースの4年間のお陰で 何も怖くないと思う。続きは後ほど・・

「LOVE LOVE LOVE」入れて24曲。プラス 冒頭の「あなたに今夜はワインをふりかけ」ご存知の無い歌ばかりでしょ。50年間やるという事は、売れ続けたわけではない。せいぜい半分・・ さらに続きます。



あと10曲で50曲、ソロになって売れる気は殆どなかった。何でか売れた、理屈がわからない。人気が出ても大人からは、ハン!どこがえーの、聞こえよがしに言われ、足を引っかけてくる。二回も喧嘩した。TV見て何でこの人が売れるかわからん、AKBなんか皆同じ顔しとるがな、いや皆違うがな、兄弟でも違う、夫々が違う・・

 


アンコール

50周年やから 何かせなあかんな。映像を片っ端から見て、出ているのは親戚の子達、僕は後半だけ。私らしくないことも・・ 7000円から8000円に値上げして、ちょっとはお金がかかってるんや。ワイルドワンズの皆さんには殆ど出ませんと、お断りを入れてあります。面白かったわ

50年は生きて歌い続けていたら叶う。顧みれば紆余曲折、谷あり 谷あり 谷あり・・・の 事の方が多かった。自分で色んな事を考えて、色んな人にこうした方がいいよといわれ、それをこなすのが自分と思っていた。タイガースの頃は面白くて面白くて・・僕ら子供でした。こっちと言われればついてゆく、それが続かなくて、世の中甘くないと思い知らされた事もあった。業界の人がこうしたらいいと言われた事を殆どしなかったら、今に至った。じっとしていると、勝手に世の中と合う時が出てくる、それは年齢。

僕は40過ぎてから60まで七転八倒したわけ。独立して自分が働かないと 社員に給料が払えないという事になって、何しようTVや。ところがTVという所はおそろしい、売れている人は平気で出てゆく、売れていない人が出てゆく場所じゃない、この僕がゆーてる。何回か出て行った、どうも違う。今度出る時には売れてから出て行こう。再び売れることはわあからへん。それなら好きな事をしよと思い、色んなことを思い起こした、いろんな人に会ったこと、言われた話、耳にした事、目にした風景、全てが自分の今、これからを支えていくんだろうと思ったのは60歳過ぎて、ついこの間・・・    (続く)


 


 

※2001年にTVに出て行ったのは、早い話が社員に給料が払えなかったのか・・  これはジュリーの言葉の綾かもしれないけれど、正直に言って50歳を過ぎたジュリー、ライブの観客数も頭打ちに見えた。90年代、いまや伝説のACTは、コアな一部のファンしか見ていない舞台です。

現状打開に打つ手はTV復帰しかなかったのはわかります。ファンとしては90年代に全くTV界から姿を消したジュリーがTVに出てくれるのは とても嬉しかった・・・だって、ライブとアクトしかジュリーにあえなかったんだもん。テンションは下がりますよ。ジュリーもだけど、ファンも気持は暗かった 「暗黒時代」と言わせていただきます。

先日の朝ドラ「オードリー」の麻生センセイは、まずジュリーのTV復帰の最初の布石だったのだ。誰もが好感が持てる、とてもいい役でした。その後に出まくった番組がバラエティ番組で、くっだらない番組もありました。2000年には歌番組は姿を消し、ジュリーの出る場所も限られていたのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ①ロームシアター京都「50周年... | トップ | ③ロームシアター京都「50周年... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (なかむら)
2017-07-23 23:50:17
こんばんは~
昨日はお疲れ様でした!
あわただしいご挨拶で失礼しました。
ジュリー素敵でしたね~♡
ワンコーラスとはいえ、50曲は迫力ありました。
初めて生で聴く曲もあり、感激でした(T_T)
Unknown (sao)
2017-07-24 00:35:27
>中村さん、こちらこそお会い出来て良かったです(^-^) 声をかけて下さって有難うございます。
遠方からいらっしゃた妹さんは、岡山も楽しまれたでしょうか?長年歌っていない曲もあり、懐かしく楽しいライブになりましたね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む