Saoの猫日和

猫とジュリーが好き、野球は阪神タイガース。
   ガーデニングとレトロ建築巡りが趣味です。

年齢的にはギリギリ

2017年03月06日 20時20分04秒 | JULIE

KEIKOさんより、コメント欄に↓ 有難うございます(^^)

THE YELLOW MONKEYのツアーパンフレットを購入したら、
鋤田正義氏とロビンの対談が!ジュリーについて語っていました
(デヴィッド・ボウイの話題から脱ぐという流れに!そしてジュリーへ♪)
『水の皮膚』撮影時のお話や、ヌードについて当時ジュリーが
「年齢的にはギリギリ」って、話されたとかetc...。
ロビンは小学生の頃、ジュリーに影響を受けたそうです♪

THE YELLOW MONKEY 2016ツアーパンフ

KEIKOさん、お知らせを有難うとうざいます♪  ロビンとは、イエモンの吉井さん。きっと吉井さんもジュリーみたいに、なんで「ロビン」と呼ばれるの?と嫌になるほど聴かれているんだろうか?→吉井のロビンはアメリカのメタル・バンド、RATT(ラット)のギタリスト、ロビン・クロスビーに似ていたことが愛称の由来となっている。

「年齢的にはギリギリ」あの時ジュリーは31歳くらいでした。(^-^)やっぱり30歳がひとつの節目なんでしょうか。       

最近は男性ヌードは珍しくないですが(高橋一生さんがananで脱いでたね)あの当時はやっぱり衝撃的だったのかなぁ?と、もはや30年以上も前なんで遠い目・・・ 多分、あの時の私はまだ若いから ジュリーがヌード!なんて、初めはオロオロしてたんじゃなかろうか? 当時の日記に書いていると思う。

「水の皮膚」が発売されて、書店の入り口に何冊も積み上げられていたのを、当然のようにすぐ買いました。だってファンだから。ジュリーが脱ぐ、とか脱がないとかじゃなく、記録としてファンだから買うの。(だからそれほど見てない)

男性が女性アイドルの写真集を買う「眼」とは違って、私は「水の皮膚」でジュリーの「男」を感じていたわけじゃない。ジュリーの水着姿は大好き 体を最小限を覆う布に、滑らかに水を弾く白い肌が綺麗だから。水着も、まとわりつく水も、一糸まとわぬ裸でさえも それは若いジュリーの体を最高に見せる衣装にすぎない。「水の皮膚」のジュリーの表情は自然でいながら妖艶で、だけど若いジュリーの体に雄の匂いは感じられなかった。 感じたいとも思っていない。ただ、綺麗だと思う。綺麗な物が好きなのです。 

海の中から現れた人魚♂、それとも

遭難した難破船から逃れ出た、遠い国の王子様みたいだと思う

 


        

              桜草が次々に咲いてきました。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤマト2202新聞 | トップ | 許されない愛 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
【水の皮膚】欲しいー! (haru)
2017-03-07 00:51:07
saoさん、こんばんは。
時々皆様がUPしてくださる写真を拝見しているくらいで、
現物は見たことないんです(T_T)
もう一度本屋さんで平積みしてくださいー!

”性”を超越していて、男っぽくもあり女っぽくもある。不思議な写真集ですね。

遭難した王子様(遠い国の)。ぴったりです(^-^)
水の皮膚 (sao)
2017-03-07 07:40:46
>haruさん、おはようございます☆彡
”性”を超越していて・・・
ジュリーはどんなセクシーなポーズでも、男ではない。でも
女とも思えない。とずっとそう思っていました。
ほんとに超越しています、だからずっーと不思議なミステリアスな存在で
そんなジュリーをわかりたい、見届けるいたいと私は思い続けています(^-^)

Unknown (KEIKO)
2017-03-07 08:45:06
Saoさん😄
おはようございます♩明日から雪になりそうです💦
恥ずかしながらロビンの名前の由来を、Saoさんの記事で知った私...!
ジュリーは31歳でしたか!まだまだ若い年齢ですよね!?
Saoさんの文章とharuさんのコメントを読んで「あっ!そうそう!それ❤」と思いました。
“雄の匂いは感じられない”“”性”を超越していて、男っぽくもあり女っぽくもある。遭難した王子様(遠い国の)。”
デヴィッド・ボウイも中性的と形容されることが多いのですが、ヌードになっても生々しさを感じません。『地球に落ちて来た男』のイメージが強いのか(?)ボウイも遠い星からきた異界の王子様という感じです。
先日、東京で開催中のボウイの大回顧展『デヴィッド・ボウイ イズ』を見てきました。(2回目です😄)
ボウイも素敵です。ジュリーとボウイの写真は、ボウイ関連の記事でよく見ます♩
ロビン (sao)
2017-03-07 18:30:18
>KEIKOさん、今晩は~♪吉井さんのロビンの由来をご存じなかったとは意外でした。
私は真っ先に気になり、ロビンフッドやロビンソンクルーソーや、
レインボー戦隊ロビンでは無さそう?
と思い調べてみましたが、ロビンって呼び名はカッコイイですね(^-^)
ボウイの大回顧展は先日の新聞でも報じられて、2013年から始まったとあり
生前からの計画の回顧展だったのだと知りました。
ボウイはまだまだ生きている予定だったんでしょうね。
まさに異界から地球にやってきたボウイ、今も亡くなったのが信じられません・・

コメントを投稿

JULIE」カテゴリの最新記事