Saoの猫日和

猫とジュリーが好き、野球は阪神タイガース。
   ガーデニングとレトロ建築巡りが趣味です。

「大悪名」大阪・千秋楽

2017年05月14日 22時23分19秒 | ライブ・公演・舞台

昨日「パリの哀愁」を見ながら、二郎の声は朝吉さんと同じ声だ~ と、その至極当たり前の事を 特別な事のように思いながら見ていました。そして行ってきました「大悪名」大阪千秋楽。 

さんごさん作、祝50周年・祝大阪千秋楽 

年に一度は通った梅田茶屋町のこの劇場、音楽劇を見にもう来ることはないのね。そう思ったら、少し寂しくなりましたが、大阪千秋楽の今日は出演者と観客が一体になった、熱い熱い舞台になりました。

今日は忘れずに双眼鏡を持っていき、朝吉さんを8列左端から眺めてきました。確かに!スッキリしていました痩せたね。朝吉さん、坊主頭の僧侶姿がすっかり板につき 昔からずーーっと仏に仕える 世俗を離れた僧侶だったんじゃないのか? かつての血の気の多い侠客だった八尾の朝吉の姿を忘れ去ってしまいそう、と思うほどの自然なお姿でした。

前回の席は今回とちょうど反対側の右端で、今日の左側の席からは前回気がつかなかったものが見えました。出番ではない時に、舞台の奥で芝居を見守り、出を待つ朝吉さんの姿がチラっと見えた時がありました。ああいう出を待つ役者の心境はどうなんだろう?観客の様子も見ているのだろうか?そんな事を思いました。ある場面で、ずっと目を閉じて眠っている漠然さんの白い顔には見とれました。昔からジュリーの眠る顔って素敵だね

舞台では最初のジュリーのソロ曲の歌声の心に沁みる素晴らしさで、もうすっかり「大悪名」の舞台に入り込まされてしまいます。コンサートで聴く、ジュリーのヒット曲やアルバム曲はもちろんいいけれど、お芝居の中で聴く曲というのはその場面に即したその時だけのものだから、本当に捨てがたい素晴らしさがあります。

そして、今回一番感じたのが朝吉=漠然和尚の人間としての優しさ 愛する人たちを自分を捨てても命がけで護ろうとするその器の大きさ。そこに朝吉=漠然和尚の人情味あふれる姿を見て、心を撃たれました。あなたは誰よりも優しくて大きい!その姿、全てを優しく包み込む歌声が観客の心を掴まえて離さないのでした。

それから、あとになりましたcobaさん。cobaさんの音楽無くして「大悪名」の舞台は有り得ない。あの、心にギュゥ~~ン♪と切り込んでくるような、哀愁と力強さの両方を持ち合わせた、アコーディオンの色っぽい極上の音色と言ったら・・・cabaさんのアコ-ディオンの音色はなんとセクシーなんでしょう。アコーディオンの哀愁を帯びた音が波のようにうねり、そして煌めく その音色が登場人物達の心情を際立たせている気がしました。

艶やかな音色の色っぽさと、ジュリーの歌声には、ただ呆けたようにその世界に浸るのみでした。


アンコールで晴れやかな顔の出演者たちが舞台上に一堂に会し、その中心でジュリーがフルコーラスで長~い河内音頭を唄いました。野田さんが涙ぐんでいたように見えましたが、気のせいかしら?大阪の地で唄う最後の河内音頭に、私達もエンヤコラセーと合いの手を入れて、千秋楽を惜しみました。本当に感動的な大阪の千秋楽になりましたが、このシーンは忘れられないジュリーとの思い出の一場面として、私の中に残ることでしょう。 

 

朝吉さんは、出身の大阪から出て今後は関東地方を廻ります。きっと朝吉さんの大きな愛と、芸達者な出演者達の演技が、各地の舞台を最上のものにするに違いない! これからご覧になる方は どうぞお楽しみにね~!

さらば、シアター・ドラマシティ

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ①パリの哀愁 | トップ | 演劇キック »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
羨ましい (古希)
2017-05-15 10:22:24


よかったですね。

大阪も無事に千秋楽終えて

阪神タイガースも勝ち!

本日は
江夏豊様の誕生日!
69歳
おめでとうございます。

沢田研二様と同じ



大阪千秋楽💕 (satsuki)
2017-05-15 12:46:22
こんにちはsaoさん。
河内音頭〜聞きたかったです。
やはり楽日は違うんですね。
私もドアにへばりついてでも見たかったです。😓
東京千秋楽を申し込みましたが
もちろんハズレました。
なので振替日のチケットが昨日届きました。二回見たとてまた直ぐに忘れてしまう私です。
あの素晴らしい全てをDVDには出来ないのですね。
お坊さま姿のプロマイドも是非にマルベル堂で売って貰いたいですが…
こちらはDVDより可能性は低いですね。😂
🙇 (satsuki)
2017-05-15 12:57:18
saoさんゴメンなさい
変な書き方になりました。
私は大阪は12日しか行ってなくて
何だか14日の河内音頭を聞かずに
会場を後にしたように思えますよね。
14日の舞台を会場の何処でも良いから見たかったと言いたかったのです。
文書力のなさ。
反省です。😭
もしかしたら (古希)
2017-05-15 13:16:45


河内音頭

東京芸術劇場でも
やるかな?


楽しみ(。-∀-)



感謝 (chacha)
2017-05-15 16:38:01
全く同感です。ありがとうございます
大阪楽日、河内音頭も最高でした
コンサートとは違う、音楽劇、朝吉さんも
もう見れないかもと思うと、、
東京も行きたーい
大悪名 (sao)
2017-05-15 19:27:12
>古稀さん、江夏さんはジュリーと同い年の69歳でしたか。コメント有難うございます♪
きっと芸術劇場の千秋楽なら「河内音頭」が聞けるのではないでしょうか。
千秋楽に行けないとしても、きっとご覧になったら満足すると思います(^-^)
大悪名 (sao)
2017-05-15 19:41:23
>satsukiさん、大丈夫です。ちゃんとsatsukiさんのお気持ちは伝わっています。
私も千秋楽はハズレました(T_T) 残念です。あの感動をDVDにして、漠然さんの素晴らしい歌声を永久保存できたらいいのに!
マルベル堂が漠然和尚のプロマイドを売り出したとしたら・・ 買いに行きます!(笑)
大悪名 (sao)
2017-05-15 19:48:30
>chachaさんも、昨日の千秋楽をご覧になりましたか(^-^)
コンサートとはまた違う、ジュリーの歌声が格別の素晴らしさでした。ヒット曲以外の曲が聴けるのが、音楽劇の良さでした。
もう終わりなのかと思うと、感慨が深いですね。
Unknown (ふうか)
2017-05-16 22:17:31
ジュリー、痩せたのですね。コンサートの時も、どーか痩せてますよーに
Unknown (sao)
2017-05-17 00:54:11
>ふうかさん、ジュリーはスッキリ素敵でしたよ!
このままで、一座の皆さんと美味しく食べ過ぎないでいただきたいです(^-^)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む