Saoの猫日和

猫とジュリーが好き、野球は阪神タイガース。
   ガーデニングとレトロ建築巡りが趣味です。

風にそよぐ葦

2017年06月14日 23時01分41秒 | JULIE

先日のロックパイロットのブログをご覧になった「はまはなさん」からコメントをいただきました。有難うございます。

ロックパイロットのファンでした。
ロックパイロットはザ・タイガースの弟分で、
デビュー曲はジュリーが作曲、
2曲目の「風にそよぐ葦」もジュリーの曲、
後の日生リサイタルでジュリーも歌ってます。

田園コロシアムや武道館の前座で演奏しました。
ロックパイロットのファンの集いに、ジュリーが私服で
ステージに立たれた事もあります。懐かしい思い出です。


はまはなさん、コメントを有難うございます。「風にそよぐ葦」!もちろん知っています。1971年12月24日の日生劇場リサイタルの収録曲ですが、

ロックパイロットの第二弾のシングル曲もジュリーの作曲だったんですね。

ロックパイロットの71年発売の2シングル 錚々たるメンバーの作品で、ナベプロのロックパイロットへの、期待の大きさがわかろうというもの・・ でもすいません、第一弾がジュリー作曲と知っていた私ですが(マスコミでけっこう取り上げられていた)第二弾の作曲もジュリーとは知りませんでした。おそらく、第二弾はデビューほどの話題にはなっていなのでは・・?(間違っていたらご免なさい)

主要なGSが殆ど解散していた1971年、新しくデビューするGSを歓迎するムードは もう薄かったのでは?と思います。あれほどの熱狂はどこへやら、すっかりブームは去っていました。かくいう私も、この頃はGSへの興味はだいぶん醒めて、PYGにはそれほど期待は持っていませんでした。「花・太陽・雨」は暗かったし 

「中抜け無し!50年間ジュリー一筋!」はウソです。ジュリーがPYGを結成した71年の1年間は、私は他に興味が移っていました。ちょうど中学生の思春期だったし。 ジュリーがソロになってから、やっぱりジュリーは一番素敵と見直して戻ったんです。

それはともかくジュリーの歌う「風にそよぐ葦」は、サビの『風にそよぐ葦の 悲しみに似て~♪』のところしか、今は思い浮かばなくて ロックパイロットのEP版のジャケットは、まるでジュリーかと見まごうほど。しかも、B面ですね。A面は知らないなぁ

どんな曲だったかな?と検索したら、ロックパイロットの歌うものがYOUTUBEにあがっていました。

 ジュリーの歌うものとは、かなり違うような・・・全体的に生硬な感じ、まだメンバーが若いせいか幼い感じも受けました。新人ですもんね、ファンの方許して。

久しぶりにジュリー版を聴いてみました。ファンの方すいません。m(__)m やっぱり歌の表現力が違う。デビュー当時からのジュリーの歌声とは格段の飛躍が見えます。ジュリーはもっと甘くなめらかな色気のある声で、思いを込めたゆっくりした歌声は、まだ23歳にしてすでに余裕を感じさせます。まさに細い葦の葉が風にそよぎながらも、また元に戻る。繊細さの中に強さを秘めて、PYGからソロ歌手へと これからの進む道をしっかり見据えているようです。ジュリーの生き方を見るようなZUZUの歌詞に、23歳のジュリーの決意を感じました。

『風にそよぐ葦』
いきてるかぎりは  どんなときも
やさしくはげしい  よのうきしずみ 

きたかぜがふけば  それもいいさ
いつかはれわたる  そらをまつだけ 

ながいたびのできごとは  あなただけにおもいでをくれる
かぜにそよぐあしの  かなしみににて

日生劇場のMCで、この曲を歌う前にジュリーが『若い作曲家がいて これからが期待できます』と、冗談交じりのように、そう自分の事を話しているのが、今は微笑ましく思いました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« madameHのバラ色の人生 | トップ | 「大悪名」東京芸術劇場 プ... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
月旅行 (古希)
2017-06-15 02:20:01


ヒットしたんですよ

月旅行と言うタイトル

YouTubeでみてね。

夜分にすみません。

キー坊はお亡くなりに
なりました。
ケントは不明のまま

日本青年館で
コンサートみました。
前列です。
最後になってしまった。

コメント失礼しました。

いろいろと
コメントしまして
ご迷惑おかけしました。

ジュリーと阪神
応援します。

お元気で(* ̄∇ ̄*)

ありがとうございました。


おはようございます (sao)
2017-06-15 06:16:36
>古稀さん、コメントどうも有難うございます♪
「月旅行」というタイトルの作品があったのですね。ヒットしたのは全然知りませんでした。
ロックパイロットにも色々な事があったんでしょうね。YOUTUBEで見てみます。
有難うございました。
大悪名〜みてきた (古希)
2017-06-15 21:35:35


伊藤銀次様
白井良明様
サリー、タロー
来てました。
関係者の席に

私は2階前列
当日券です。

よかった
感動で泣きました。

ジュリーの歌は絶品


大悪名〜みてきた (sao)
2017-06-15 22:59:41
>古稀さん、私も本日 芸術劇場で「大悪名」を見てきました(^-^)劇場ですれ違ったかもしれませんね。
ジュリーは登場の着流し姿がシュッとして、と~っても素敵でした!
サリーとタローは、割と近くの席にいたのでわざとらしく、前を通って眺めてきました。cobaさんには、帰りにご挨拶できました。
私は最後の「大悪名」でしたが、ほんとに楽しくて、これが最後なのかと思うと淋しいです。
風にそよぐ葦 (はまはな)
2017-06-16 12:52:17
Saoさん、ありがとうございます。

ロックパイロットの「風にそよぐ葦」聞いて頂いたのですね🎵
ジュリーの「風にそよぐ葦」は、アレンジが違います。

嬉しい事に、2014年にファーストアルバム・2017年にセカンドアルバムがCD化されました。

ファーストアルバムには、ザ・タイガースのカバー曲も入ってます。

私も久しぶりに聞いてみます。

ロックパイロットの事、取り上げて頂き、感謝申し上げます。ありがとうございました。
風にそよぐ葦 (sao)
2017-06-16 23:09:29
>はまはなさん、こちらこそコメントを有難うございました。お陰様でこの歳にして、新しく知ることが増えました(^-^)
ロックパイロットの若さを感じるYOUTUBEを聴かせていただきました。正直な感想、どうもすいません。
ジュリー版では、23歳のジュリーの歌唱の素晴らしさ、表現力に改めて気づかされました。
この先のジュリーの活躍を十分に予感させる、磨かれた歌声だと思います。
はまはなさん、またご存知の事がおありでしたら、どうぞ教えて下さいね✨

こんばんは (古希)
2017-06-17 19:04:43


ロックパイロット
シングル
ひとりぼっちの出発
(デビュー曲)
ゆりになった少年



風にそよぐ葦
悪い季節


月旅行
青春の祈り


レマンのほとり
おんぼろ車でぶっとばせ!

(* ̄∇ ̄*)


月旅行はオススメ!




こんばんは (sao)
2017-06-17 21:28:44
>古稀さん、コメント有難うございます。
ロックパイロットはシングルを沢山出していたのですね。おすすめの月旅行は検索してみます(^-^)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む