Saoの猫日和

猫とジュリーが好き、野球は阪神タイガース。
   ガーデニングとレトロ建築巡りが趣味です。

②大悪名(大阪初日)

2017年05月11日 00時29分11秒 | ライブ・公演・舞台

帰ってきました、やっと頭の中の興奮が整理されつつあります。

思ったほど蒸し暑くもなく、肌寒いくらいだった大阪。この茶屋町のドラマシアターに、もう何年通っただろうか。ジュリーとの音楽劇の想い出を、ほぼ毎年積み重ねてきましたが、14日の日曜日でもう来ることもなくなるのだろうか・・・ 淋しさを感じながら地下の劇場へと向かいました。

J友さんと出会い、チケットを受け取ってやれやれと一安心。台本も無事に買えました。女性たちで満員の熱気の漂うドラマシティー、座席は8列の右側でした。ネタバレしてます、気になる方はスルーして下さい。



オープニングは、大勢の出演者たちが、一同に会して歌声を響かせます。

シスターにヤンキーに任侠に子供に大人・・・出演者の着ているものが

てんでバラバラで、まるで統一性がない。

その無国籍な雰囲気には、ここはどこ?彼らは何者?

いったい、これから何が始まるのか?全く見当もつきません。

でも華やかに明るく 歌い踊る大勢の出演者たちの姿を見ていると

気持がワクワク高揚してきて・・

これから始まるのはカーニバル、それも飛びっきり楽しい物に違いない!

そう思いました(^-^)


ジュリーが登場、網代笠を脱いだら・・・ 潔いほどに綺麗に

ツルリと 何にも有りませんでした。

前からそれだけは噂に聞いていたので、それほどのショックもなく

意外に似合っていましたよ。

その姿は悟りを開いた枯れた、任侠の元八尾の朝吉か?

つくづくとファンになってから50年。昔から色々と様々な髪形の

ジュリーを見てきたもんだなぁ~若く美しかったジュリーの昔を

脳内で振りかえろうとしたら・・


そんな昔の私の感傷をすっかり、きれいさっぱり消し去ってしまったのが

ジュリーの心に響く歌声でした。

なんとその歌詞のひと言、言葉が心の奥深くにまで沁み込んでくるのか。

19歳のジュリーの甘い声と美貌が、一瞬にして小学生の私の心を

掴んでしまってから半世紀。

またしても、来年は70歳になるというジュリーの甘く響く声に

囚われてしまいました。

その魔法の声が私を優しく包み込む。

この世界のどこにも これ以上私の心を掴む声はない。

私はこの人の声に一生囚われ続けると、改めて確信しました。

ジュリーの声は年齢を越え 衰えを知らない魅惑の声です。

 

共演者の皆さんも、見所が満載の素晴らしさでした。

あの豪華な共演者を、夫々にいかそうとすれば総花的なことになって

お芝居が散漫になりはしないか?という危惧もあったのですが

そこを踏みとどまり、出演者の見せ場を作ったのはマキノさん。

加納さんの女形はさすがで、劇中劇まで見せて貰えて得した気分です。


大好きな土居裕子さんの、玉をころがすような美声はやはり素晴らしく

ほんとう聞き惚れてしまいます。

正直言って、一緒に歌う南野ちゃんは歌声でツライわね・・ 

と思ったんですが、やはりトップアイドルは違う!

お芝居で、その存在感を見せてくれました。


いしのようこさんは「べっぴんさん」では、厳しいお姑役でした。

あの年齢でもう姑役?と、見ていた私はけっこうショックでした。

ところが姑から一転 セクシー美女役でスタイルの良さを見せつけ

着物姿で朝吉と語り合ったりと、これまた活躍でした。

女優さんて、色々な顔があるんやな~と思いました。


私的には東風満智子さんが去年は舞台で「ガラスの仮面」の水木さん

再放送の「平清盛」では怪しい白塗りの女官だったのに、今夜はバーの店員と

全く違う役どころで、そのどれも似あっていたので感心しました。


 

それにしても絶体絶命!今度こそもうアカン

そう思ったわ

ということで、今夜はこの辺で

朝吉さんの歌声を心に刻み込んで眠りにつきます。

明日はお仕事、朝が早いの。

おやすみなさい(-_-)zzz


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ①大悪名(大阪初日) | トップ | 「大悪名」大阪・2日目 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たな)
2017-05-11 23:05:01
ジュリーやせてるようですね。何かあったかしら?太ってると、心筋梗塞とかでてもおかしくない年齢だから良かったです。ジュリー、頑張ったのですね。打ち上げで、食べ過ぎないよーに。
今晩は (sao)
2017-05-12 00:44:20
>たなさん、今晩は♪席がジュリーから近くなかったので、痩せたかどうかよくわかりませんでした。
でも、枯れた雰囲気の中にも隠せぬ色気が素敵でしたよ(^^) この先も長く歌い続けるために、ジュリーさまは健康に留意されているのだと思います。

コメントを投稿

ライブ・公演・舞台」カテゴリの最新記事