Saoの猫日和

猫とジュリーが好き、野球は阪神タイガース。
   ガーデニングとレトロ建築巡りが趣味です。

ショーケン充実

2018年02月15日 22時30分01秒 | タイガース・GS

J友さんからです、ディスクガレージ 社長のインタビュー記事→渋谷公会堂物語 〜渋公には伝説という魔物が棲んでいる〜 序章-後編- 語り手:(株)ディスクガレージ 中西健夫 社長さんは京都生まれ、ちょうど私と同世代の方。ジュリーを見てきた世代だからこそ、ソーゴーの後に引き受けてくれたんだと思いました。渋谷公会堂の杮落しは、ジュリー様に是非!


このところ、せっせと当ブログに登場のショーケンですが、今日の朝日夕刊にショーケンの記事がありました。PYGの事も書いてあります、井上さんに頼まれたから入ったそうです。

 ショーケンは50周年記念アルバムを出し、ツアーのライブDVDを出しているのに ジュリーはないの? ジュリーの今年の新曲は出ないの?古稀には是非、ツアーのDVDに CD化されていないライブアルバムのCD化をお願いします( ̄人 ̄)

スノードロップ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

我が道①

2018年02月01日 21時41分54秒 | タイガース・GS

J友さんから、サリーの連載「我が道」がスポニチ東京販売のツイッターで見られると 教えて貰いました。

https://mobile.twitter.com/sponichi_hanbai/status/958897145314078720/photo/1

山崎豊子の「不毛地帯」は毎週楽しみにして見たし、大変感動した素晴らしいドラマでした。主人公のシベリア抑留から、ロッキード事件をモデルにした話でしたが、サリー出てたっけ?そこはもう忘れてる。悪役だったかしら?調べてみたら、主人公と対立する副社長の役だったと出て、そういえば!と段々 役柄を思い出しました。主人公を真っ向から否定する憎たらしい役だったわ(笑) ついでにロッキード事件はたまたま起こったので、モデルというわけではなかったそうです。あ、そう・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日を生きよう

2018年01月15日 23時59分38秒 | タイガース・GS

2017年の振り返りは まだ番外編があるのですが、明日から大阪フェス2連チャンで忙しいので次にします


エコケーンさんのブログのコメント欄で、ショーケンが10月の東京フォーラムに来ていたと知りました。ジュリーと逢ったのかしら?!ちょっとフンコーしてしまいました。やっぱり気になります、ショーケンは。

そしてテンプターズの「今日を生きよう」

「エメラルドの伝説」、「純愛」とテンプターズで大好きだった曲はあるけれど「今日を生きよう」も良かった(^-^) デビュー曲のB面とは知らずに歌っていました、しかもカバーだったのね、初耳です。A面の「忘れえぬ君」よりずっと好きで印象に残っています。シャラ〜ララララ・・ショーケンのちょっとハスキーな声が、当時17歳とは思えぬ色気があって、上手いとか下手とかそういうのは全く関係ないと思う、この人だけの持つ個性と雰囲気が際立っています。ジュリーとショーケン、持ち味が全然違っていて誰もジュリーになれないし、誰もショーケンにはなれないと思う二人です。

ジュリーと同じく50周年。タイガースよりも1年は後に出てきたと思っていたけどね。 ショーケン、デビュー50周年に充実感「元気に歌をうたってる」 DVDが出るそうです。ジュリーは出ないのに💦


「ハッピー昭和クラブ」さんの所でお正月の隠し芸の事がテーマに上がっていて、ジュリーさまの隠し芸のお姿も小さいですが載っています。⇒「新春かくし芸大会」を見ていた時代 

お正月の三が日は新聞のTV欄にチェックを入れて、どこにも行かずにTVに出まくっているジュリーを求めてTV三昧、一日に6〜7本は出演していました。TVのリモコンはいつ頃できたんだろう?ジュリーの出る番組にチャンネルを変えるので、TVの前に貼り付いていました。それくらい歌謡番組が多かったという事です。

ナベプロのタレントがいっぱい出ていた番組で、今年は何をするのかな?と毎年の年始の楽しみでした。(百恵ちゃんや和田アキ子さんのいるホリプロのタレントは出ていません)ジュリーはソロで売れてからは もちろん西軍の主役級で、今年は何をやるのかな?と楽しみでした。ナベプロを離れてからも隠し芸には出ていましたが、いつまで出ていたのかな。90年代には出なくなったのかも。お正月の隠し芸の番組自体が無くなってから もう数年たちました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

サリー♪ HAPPY BIRTHDAY

2018年01月09日 23時28分31秒 | タイガース・GS

本日は私の親友の幼馴染のお誕生日ですが、サリーと同じ日だったのね、ちょうど10年違いでサリーは1947年産まれでした(^-^) 私にはやっぱり一徳さんじゃなくて、この先もずーっとサリー☆彡 サリーの為に今年もザ・タイガースの面々は集まったのでしょうね。

古い友人のJ友さんからいただいた記事で、切り取ってあるので年代が不明です。おそらく1967〜8年頃。 

      

最近よく流れる、書類をムシャムシャ食べる全保連のCMのサリーがおかしくって〜(笑) とぼけた顔の裏に、なにやら腹黒い えたいのしれないものを感じないでもないですけど(笑) サリーはとぼけた雰囲気して、ほんまに怪優です。しかし全保連て何?と調べてみました。

※家賃保証システムで賃貸に安心をプラス。お部屋を借りる方にもっと借りやすさを、 お部屋を貸す方にもっと安心を。全保連株式会社は入居者さまと不動産会社様、 オーナーさまのスムーズな賃貸ライフを実現します

 


BS12で「寺内貫太郎一家」が始まって、見たいけど裏番組も面白い。あちこちチャンネルを切り替えっぱなしで 肝心のきん婆ちゃんのジュリ~♪は見逃した その裏番組、私はチラっと歌声を聴いただけなんだけど、今日の「林修の今でしょ講座」でタイガースの「僕のマリー」の歌声が聴こえて来て 何?何?何だったの?

後からJ友さんに伺ったところによると、〈昭和から今を学ぶ〉でGSブームの話しになってタイガースの曲が流れたのに映った映像はオックスだった。

番組を製作している人が もうGSを知らないんだろな・・ GSの王者ザ・タイガースは知っていても「GS=失神」だと思っているんじゃないだろか?失神がGSが世の中に叩かれた一因でもあるんだけど、オックスの曲はロマンチックで好き、とっても良かったのよ。ストーンズのテルミーを歌うと失神、倒れるの 酸欠かな失神は演出との噂もあります。 お蔭でGS全体がキワモノ扱いされるのは、ほんとに残念です。 



今日の「わろてんか」関東大震災で被伺った災したキースが大阪に帰ってきて「何も変わらへんな、東京はあれだけ大変なことがあったのに、大阪は電気が煌々とついて・・」と第一声。このキースの言葉は、私が阪神淡路で経験した実感がそのままで シナリオを書いた人はよくわかっているなと、この台詞に感心しました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

見ました「ザ・ワイルドワンズ 熱狂GS"想い出の渚"」

2017年12月13日 08時25分20秒 | タイガース・GS

火曜日の「5時に夢中」で、コメンテーターの岩下さんが「モノマネができますか?」とふられて「できます、結城ちほさん(今は樹木希林さん)のモノまねです。といって「ジュリ~!!」と叫んでいましたが、あれがモノマネ・・

 


久しぶりのカテゴリーは「GS(グループサウンズ)」。GS世代のわたくし、BS11の「あのスターに逢いたい ザ・ワイルドワンズ 熱狂GS"想い出の渚"」を視ました。

GSは当時はウルさい、不良と、GSの音楽が理解できない大人たちに、散々非難され排除排斥されたものでした。しかし番組を見て、ワイルド・ワンズのメンバーを当時不良とそしる大人がいたら変!そう思うほど、今も昔も好青年揃いのワイルド・ワンズです。2014年にチャッピーが亡くなり、加瀬さんも・・・ 

今は3人のW・ワンズ。(いっつも思うんですが、鳥塚さんはサンダーバードの運転手パーカーにソックリ!わかるかな?わかんねぇだろな・・

①全てはザ・ビートルズから始まった。加瀬さんが、武道館でビートルズを見たいがためにブルージンズを脱退した。(裕也さんは見たらダメなはずなのに しっかり見たそうです)

新たにメンバーを探して ワイルド・ワンズを結成した。加山さんがバンドの名付け親です。加瀬さんはニュートラルな人で、メンバーを緊張させない人だった。ジュリーら京都から出てきたタイガースには僕らにはない緊張感があった、空気感が違ったと語るメンバー。(※明るく仲の良いワイルドワンズだからこそ、ジュリーもタイガースのメンバーと一緒にいないで W・ワンズの楽屋に入り浸っていたのかも)

デビュー当時の懐かしい蔵出し映像の数々。「W・ワンズは明るくてスマート」というナレーションに、夫々のGSの持ち味の違いを感じました。 ※タイガースは王子様、貴公子。テンプターズは不良っぽくてヤンチャなイメージがあります。ブルコメはムード歌謡のおじさん達。スパイダースは、ミリタリールック・・

1967年2月にザ・タイガースがデビュー。年末にはザ・テンプターズもデビュー、今年はショーケンも50周年で活動しています。私はテンプターズは翌68年のデビューと思っていたので、ジュリーと一緒?と違和感があったわ。

③大物作詞家に突っ込まれたデビュー曲。19歳の鳥塚さんが作詞の「想い出の渚」の「君を見つけたこの渚に」のフレーズは、岩谷時子さんに言わせると「人とは巡り会うもので、見つけたという歌詞は、まるで物を見つけたみたいで、私には書けない詞。」

④メンバーが語るヒットの理由 「想い出の渚」がヒットしたのは素人っぽさ、親近感、コスチュームも私服のようでアマチュアバンドのような親しみやすさがあったからかも。アイビー・ファッションでもリードしていた。

⑤解散の真実 時代が変わりデビュー5年目で解散。過激なGSが出て来て失神とか、GSは不良という社会の空気感を感じた。ジュリーもショーケンも凄かったが、フォー・リーブスが出てきてファン

層が変わったと感じた。新しいバンドの台頭、過激なGS、時代の流れを感じて解散した。解散コンサートの加瀬さんの挨拶で「メンバーの父兄に対してすまなかった。プロに引っ張り込んで途中で投げ出すことになって、すまなかった」父兄に謝るなんて そんな発想をする人はいない。謝る事なんかないのに。いい人だった。

加瀬さんはその後、ジュリーのプロデューサーとしても活躍した。

2006年のデビュー40周年で、武道館で念願のコンサートをした。(ジュリーがゲスト出演。コンサート映像が流れ、この時5列目のセンターで見ました。もう11年も前になりました。)

⑥加瀬邦彦が伝えたかったこと 「たのしもうよ!」

自分たちが楽しまないと お客さんを楽しませることができない。

⑦半世紀たった今も メンバーは加瀬さんが残した「ケネディハウス」で月に一回、今もライブを続けている。それがあるからお客さんの前で元気でいようと思う。

加瀬さんが残したメッセージの数々が心に迫ります。

「どんな仕事でも正面から 真面目にやらないとダメ」

「大きなステージに立つのも 小さな会場で演奏するのも同じ」

正直に言うと、歌声が時おり微妙に音程がずれていたりするんですが、その素人っぽさ いつまでもアマチュアのような。だからこそ今も若々しさを失わないW・ワンズのメンバーの皆さんは、ほんとに笑顔の好青年の言葉がピッタリでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイガースのCM

2017年09月21日 23時21分47秒 | タイガース・GS

昨日は安室なみえさんの電撃引退に驚きました。

引退の事をインタビューされている20代の若い女性ファンが、安室さんの『ブレない生き方がいい、私の神です!』と高らかに宣言していました。安室さんの生き方ってどんなんか全く知りませんが、まるでジュリーに対するファンの言葉と変わりがなくて、ブレない生き方はやはり世代を超えて尊敬される。安室さんのライブは、MCも殆どなく 歌いっぱなしなんだそうです。

引退の理由は何なのか知らないけど、まだ40歳の若さでさっさと引退されたら ファンは寂しいなぁ、やっぱり。 友人は、また戻ってくるで・・と言っていましたが(笑) どうかな?


超プチジュリーです。NHK「日本人のお名前」で、悪虫(わるむし)さんのお名前の方が、菅原に名前を改名しなかった理由を語る時にタイガースの曲が流れました。GSの舞台の仕事の時に菅原さんに苛められたから だそうです。


ベビーチョコのCMを見た覚えがないとEKOさんからコメントを頂きましたが、実は私も放送当時に見た記憶が有りません・・(-_-;) ベビーチョコのCMは随分後になってから、GS特集のTVで見たの。ママ~!なんてジュリーが手足をバタバタさせてたなんてね~!

東日本のmikoさんが『ベビーチョコのCM覚えています。あまり回数はなかったと思います。ジュリー1人なので他のCMの間にあったのでは・・?』とコメント下さいました。西日本の方は見たことが無いと言われる方が多いので、西日本では放送回数が少なかったのかもしれないと思いました。(もちろん、西日本でも見たと言われる方も有ります)それに、私の住んでいたのは田舎なので、NHK以外の民放TVのチャンネルも少なかったのよ。

タイガースのCMで印象的なフレーズはやっぱり、チョッコレイト チョコレイト チョコレイトは明治~♪  デ~ラ 君が好きデ~ラ🎵 も好きだったな~!ジュリーの幼さの残る声が甘えたように甘ったるくて、まだお子ちゃまだった小学生の心も鷲づかみ!

チョコバーのCMも好きでした。バーバー チョコバーバー🎵 サリーの低音ボイスの歌い出しが、ジュリーの声よりも印象的なCM 痛快丸かじりです(^-^)

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ジャガーズ「君に会いたい」

2017年08月22日 21時53分13秒 | タイガース・GS

今日の「ひよっこ」

売れない漫画家コンビが二人で歌う、「若さゆえ~ 悩み~ 若さゆえ~ 苦しみ~♪」GS世代なら知っているザ・ジャガーズ「君に会いたい」

もっとも、あまりに久し振りに突然聞いたもんで曲名がすぐに思いだせなかったですよ。なんでタイガースを取り上げてくれないの~!と不満でしたが、話の流れから言うと「若さゆえ~」を「バカさゆえ~」と言い換えたかったのね(笑) →こちら

ボーカルの岡本信さんが、とてもハンサムでね~ でも、2009年に亡くなってしまいました。ジャガーズはすでに3人もの方が亡くなっています。皆さん、あんまり早すぎる・・ 

ジャガーズは、タイガースよりもデビューはすこし後の1967年6月。

1994年、神戸のラジオ関西で、毎週グループサウンズを取り上げる番組がありました。GSブームから、すでに30年近くもたっていましたが、私は楽しみに毎週聴いていました。

(ちょっと記憶は、曖昧になっているけれど)ジャガーズがゲストの回で、岡本信さん(多分)が、GS時代の想い出やGSグループの印象を聴かれて『沢田研二さんはその頃からオーラが凄くて、とても近寄れない感じがした。』と、しみじみと語っていました。

私はその時は、ジャガーズとタイガースは同じころにデビューしたと思い込んでいたので、まだ若いジュリーが ジャガーズからはそれほど、近寄れない遠い存在だったのかと ちょっと意外に思いました。ジャガーズの方が数カ月だけ後輩だったのね・・

この楽しみに毎週聴いていたGS番組は、翌年1月に突然終わりました。なんでかというと、翌1995年1月に阪神淡路大震災が起こり、神戸市にあったラジオ関西は被災して放送自体ができなくなり、番組も終わってしまったのです。震災では い~っぱい残念なでき事がありましたが、この番組終了も私には残念なひとつでしたよ~


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ジュリーvsショーケン

2017年08月09日 23時19分03秒 | タイガース・GS

楽しみにブログを読ませていただいている、エコケーンさんから8月3日の「ジュリー・ショーケン・・・マチャキではない」に、コメントをいただき、記事を追加、修正、加筆しました。→http://blog.goo.ne.jp/nagatasatoko/e/b9579ab74366885cf2c6873d53cf7bc6

 

エコケーンさんのブログ→FNSうたの夏祭り、 あの頃のショーケンに戻って欲しい、フジTVの三つの違うだろうぉぉぉぉぉ!

気になっていた、5月のショーケンのライブの様子もエコケーンさんのブログで読ませていただきました。勉強になります。かつてPYGでジュリーとツインボーカルでもあったショーケンですが、今のジュリーとは全く違う道を歩いているようです。良くも悪くも気になる方ではあります、ショーケンは・・5月のショーケンライブYOUTUBE

今夜は目がショボショボ・・・昔貼った画像で、お茶を濁します

「近代映画」


 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ショーケントレイン(ジュリー・ショーケン・・・マチャアキ、ではない )

2017年08月04日 01時41分09秒 | タイガース・GS

2日の岐阜県長良川のライブですが、大阪から二日続けてにも拘らず、ジュリーはお元気だったと伺いました。客席からの声かけもあったそうですが、最後はジジーでした!でしめたそうです(^o^) 


同じく2日のFNSうたの夏まつり、ジュリーが大阪のMCでショーケンが50周年でTVに 出ると話していたので、今まで「FNSうたの夏まつり」を見たことはありませんが、ショーケンを目当てに見ました。新聞のラテ欄にはトップに萩原健一と書いてあり、ショーケンが今年の目玉なのね。別にブログに上げる気はなかったの、その時点では。でも訂正せねば、と思う気になる箇所がありました。

番組が始まって、待っても待っても、なかなか出てこないショーケン・・・もう11時過ぎてるよ。え、トリなんですか? さすがショーケン、特別扱いの厚遇です。

ショーケンと一緒に、お祝いのゲストに大きなお祝いの花束を持って、小堺一幾さんが登場。なんの関係があんの?そんなに仲がいいの?と思いましたが、司会の渡部健さん、森高千里さんでは ほぼGSの知識はなさそうだし、ショーケンの相手には とうてい力不足だからかな? 

「憧れてた~」という小堺さん。ショーケンはいかにもロッカー、カッコイイです。

日劇ウエスタンカーニバルの映像が流れて、ザ・タイガースが!

沢田研二、当時18歳とテロップがありますが、左でタンバリンを叩いているシローの姿があるので、1969年以降の映像です。正しくはジュリーは20歳を過ぎています。

ジュリ~♪

テンプターズは、これがデビュー曲

おそらくテンプターズの映像が残っているものが少ないのかも?

よりによって、眼帯をしているショーケンの映像しかないの? テンプターズがレコード店でのキャンペーン映像でした。左目は眼帯をしています。

今の二人

司会が「小堺さんが萩原さんのファンになられたのはいつ?」との問いに、ここからが小堺さんの問題の発言です。

小堺「あの頃はGSは、ジュリー・ショーケン・マチャアキです」👈ここ大いに間違ってますから。

アイドル人気はジュリー・ショーケン・チャッピー」の3人もしくは「ジュリー・ショーケン」の二人の名前がGSの双璧として並び称されていました。

 小堺さんは、この場にはいないマチャアキさんに忖度したんでしょうか。チャッピーはもう亡くなってますし。とにかく、とうの昔の話だからと言って真実を曲げないでくださいね。アイドル人気は下の画像の「ジュリー・ショーケン・チャッピー」です。

司会が「ショーケンに惹かれたのは?」との問いに小堺さんが
「やっぱりジュリーは中性的な感じなんですけど、萩原さんは男の子って感じ、不良っぽい、不良だったんだ、かっこよかったんです」

(追記)ショーケンはGS時代の感想を聴かれて「忘れました」と嘘かホントか・・?ということで、若い時はやっぱりカッコイイ ショーケン。

披露するのは「ショーケントレイン」作曲が速水さん。ショーケンはギターもって、ステージをウロウロ徘徊していました。殆ど弾いてはいないんじゃないのかな

声は思った以上に出ていませんでした。歌うというよりも、語っているような・・。カッコいいといえば、カッコイイとは思います。人それぞれの好みかも。大阪の高級ライブハウスのビルボードで5月にライブがあって、興味はありましたが料金が高くて(ジュリーの倍くらい)諦めました。この出ていない声で何曲も聴かされるのは・・ 正直に言って疲れそうな気がしました。

※(追加)

ショーケン トレイン(歌詞)

ドンジャントレインがこれから走るよ
(ポリコに追われた野郎が唄うよ)
悲しい思い出かなぐり捨てて
キチ○イ野郎が都会にゃウヨウヨ
男たちよ躊躇わずお乗り

好きな女連れ早くお乗りよ
疲れた心癒してやるぜ
(お経のかわりにロックを唄うぜ)
愛だ恋だはもう飽きたろう
ドンジャントレイン(ショーケントレイン)に終点はないよ

※ショーケンが何を歌っているのか、よくわかっていませんでしたが、歌詞を変えて歌っていたそうです。反社会的な放送禁止用語が入っている歌詞を、そのままTVでは流せるはずありませんがな・・ 

 


 







蛇足ですが、昔の若い小堺さんの画像が流れ、それを見た小堺さんが「時の流れは残酷ですね」そのカッコイイフレーズは2001年のTV復帰したジュリーが、若い時の自分の映像を見て 照れたように静かに小さな声で「時の流れは残酷ですね・・」と全く同じ台詞・・ ジュリーはどういう思いでそう語ったのか。  ※「若さは残酷ですね」が正しいそうです

昔は綺麗だったけど今は歳をとった女優などに向けてよく使われる、珍しくもないフレーズですけど、「残酷」やっぱりそれは美男美女の上に流れた時に対して使う言葉だわ・・・今の小堺さんに時の流れの残酷さを感じる人います? 丸顔の若い小堺さんの顔は歯並びが悪くその辺の普通の男の子で、今の姿の方が余程大物の風格があります。日頃から小堺さんには好感を持ってますし、おそらく小堺さんも昔の自分の画像に照れたんだと思いますけど、ジュリーと全く同じセリフを吐いたんで、思わず言いたくなっちゃった  ほんとに蛇足でございました。m(__)m 

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

サリーインタビュー「第4コーナー」

2017年07月28日 23時55分42秒 | タイガース・GS

※追記 きみさんから、ジュリーの京都のお宅を訪れた想い出をいただいています。コメント欄をどうぞ。

 


今日はジュリーは青森県の五所川原、明日は秋田の東北シリーズです。青森はいかがだったのでしょうか?? もう2週間も近くたってしまったNHKホール前の事や、京都ロームシアター前の事など、ブログに書きたいことはい~っぱいあるんだけれど、有りすぎて整理ができていない。時間のある時にチビチビと

今朝の「あさいち」は米倉涼子さんがゲストです。あの方にコメントを頂いています、と紹介されるから きっとサリーかな?と思ったら、やっぱりサリーでした。水谷豊さんの時もそうだったけれど、サリーが名脇役としていかにリスペクトされているのか、信頼され頼られているのかを感じます。

朝 仕事場であって、僕が「おはよう」って言いながら、ちょっと踊ったりする。派手にワーってやって照れくさいからごまかすけど、人にやさしい(米倉さんが)思いやりがある、みんなの事をいつも考えている。憧れ 華やかな部分とかいろんな魅力は、それが役とピタっとあった時は圧倒的なものになる。

僕も70代に入って もう第4コーナーを回った感じ、この人に出会えて良かったな、出会ってなかったら つまらない俳優人生がこの人のお蔭で楽しくなっている。我々世代が楽しいなって感じをあの人が与えてくれている・・(と感動させて)これくらい褒めとけばいいですかね?

と、落すサリーですが米倉さん、涙ぐんでいました。「芝居の事も、人間としての事も教えてくれる、大好きです」

サリーの「第4コーナーを回った感じ」はジュリーも感じているのだろうか? コーナーはいつまであるの?と気になりました。

 


アサイチの前の「ひよっこ」で大女優を演じて居る菅野さん、どうしても前の朝ドラ「べっぴんさん」で関西弁の下手なナレーションをやっていたなぁ という、イメージが全然抜けないの! 連続で朝ドラに出るなんて、視聴者には違和感がありありです。しかし、なにやら新展開になりそうで楽しみです。

今日はGSを(ガソリンスタンド)と言っていたけど、GSブームについてはたったあれだけ?物足りません・・

※追記 今朝の「ひよっこ」まさか・・と思っていたら、そのまさかでした~ なんだか、お手軽な展開 キオクソーシツなんて、まるで昔の少女漫画のノリですな



そしてJ友さんから48年前の想い出を呟いて下さいました。「ひよっこ」が現在1967年くらいなんで、48年前は1969年。当時は中学生だったそうです。あの当時は同じような事をした少女たちが多かったのでは?少女時代の今では笑える懐かしい思い出ですね、有難うございます。

友人と二人で大阪からタイガースの実家巡りをしに京都へ向かいました(その頃ファンクラブに入会してので実家の住所は載っていたと思います)
まず一番はもちろんジュリー家ですがバス停から近いのですぐわかりました😆その頃のお家は平屋か二階建てだったような?
何せ古い~記憶です。門扉をキッチリ閉めて「ファンの皆様へ 御近所のご迷惑になりますのでご遠慮下さい」
というような意味のお言葉が書かれた紙が貼られていました。

そうやなぁーと納得して次にピーの家に行きました。そしたらお父様が出てこられ、日曜日やったら写真とか色々見せてあげるけど今日は平日やから御免なと言われ失礼しました。この両親御さんの対応は今のジュリーとピーに何とはなしに似ていませんかね😅

で次にタローの家が分からなくて出会ったお巡りさんに聞いたら交番へ連れて行かれました!その頃沢山の家出少女が京都でうろうろしていたそうで、私達も家出人に見られ交番で高校入学前で春休みだとか住所等色々聴かれ、お説教後解放されましたー😰疲れてしまい自宅に戻りました。
古い懐かしい思い出です。


ジュリーのお宅だけでなく、ピーにタローのお宅にも行こうとされたのですね~ ファンが訪ねてきたら、親御さんは写真を見せて下さったと聞いていましたが、人気とともに対応できないほどファンが押し寄せたのでしょうね。おまわりさんも家出少女のお説教に忙しかったんじゃないのかしら?(笑)

私は京都のお宅には行ったことがないのですが、まだ残ってはいるけれど もう崩落し始めている岸の里の明月荘には行きました。ファニーズがいた頃とあまり変わっていないのではないかと思える、静かな住宅街。やっぱり、ちょっとでも残っていないのかと、ジュリーの痕跡を確かめてみたいと思うのですよ・・


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加