変形性股関節症とともに歩んだ半世紀・・山こえ谷こえ楽しく生きましょう!

変形性股関節症と言われて、はや60年!手術3回経歴をもち、今だしつこく元気に健康になろうといろんなことをやってます。

事故で股関節手術をされた方へ

2017-05-12 14:01:05 | 日記
当分、気分転換で旅行三昧でした。!(^^)!また追々話します。

私の友人が3ヵ月前 自転車で転んで、股関節の付け根(骨頭)を折り救急車で運ばれたそうです。
救急車で運ばれた事態、ショックなのにすぐに手術にならずベットで1週間寝たままだったようです。
もともと健康な方で股関節症とは無縁の方なので、股関節を手術することが自分の頭に
受けいれることできなかったようです。


まだ50代でお若いので手術は、人工股関節にはせず骨折処理方法だったそうです。

術後、足の長さがかわり足の曲がりがよく曲がらず、仕事復帰を断念しようかと悩んでいた時に私を思い出したようです。

自然形体療法 「爽快」の春日先生のところが家から30分で行ける位置なので紹介しましたところ、昨日受けてこられました。


その夜、お風呂のふちにとどかなかった術後の足が左右揃ってとどいたそうです。

とても感激され、希望がもてたようで前向きな御礼状メールがきました。

この方は自然形体療法の指導者トップの春日先生にみてもらえたことだけでもラッキーですね!


突然の事故で股関節を折られた方の術後の調子が悪くなった方の話をよく聞きます。

術後の不自由さは、健康だった方には本当に悩みになる方が多いようです。

骨折事故にあった方は心の衝撃が大きいようです。

違う友人の友人で同じ体験者Bさんは夕方、倒れた場所に誰も通らなかったので、落ちてた携帯まではっていき、ご主人に助けを求めたと聞きました。

救急車を待つ不安、ピーポピーポ鳴らしてくる救急車に運ばれる間、病院で手術を待つ日々で心はめげてしまい、
家族がお見舞いに来られた時は泣き暮らした日々だったと聞きます。

私の友人もきっと突然の事で、絶望して暗くなっていたのだと思います。
病院のリハビリにも進展がみれず、将来に希望が見えなくなったのでしょう。

ちょうど、無理なく通える自然形体療法 爽快があったので、1週間に1度通ってみる気になってくれました。

1回目に足の長さが揃うなんて、元気がでますね!!!良かった良かった(*^_^*)
病は気からと言います。まずは治す元気がでないとね!頑張れ頑張れ!(^^)!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長谷ほぐし教室お休みの連絡 | トップ | 「ひよっこ」私の大好き名シーン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。