変形性股関節症とともに歩んだ半世紀・・山こえ谷こえ楽しく生きましょう!

変形性股関節症と言われて、はや60年!手術3回経歴をもち、今だしつこく元気に健康になろうといろんなことをやってます。

人の体の防衛本能・・・

2017-08-10 14:09:12 | 日記
2年前に松山の出張教室で、ある患者さんが深圧の施術を受けてホテルから出たら元にかえっていたと言われました。

広島の患者さんは、何回行けば、すぐにもどらなくなるのですか、と聞かれました。

高松教室では、痛いのが嫌いで、「強く押さないで!!」と施術中に先生へ言われる患者さんがいらっしゃいました。

2年間、その原因が知りたくていろいろ勉強をしました。

結論は、人間本来の防御反応のようです。

強く揉む、押される、叩かれる、と人間の本能が身を守る為に体を硬直するようです。

頭ではリラックスしようと思っても、本能は別ものみたいです。

ましては、今から痛みを感じるのでは、という恐いという恐怖感、体を強く押して痛みを感じる嫌な事は自然に体が硬直すようになっているそうです。

今年1月に人工股関節手術を受けた高松の方は、生まれてからマッサージを受けた事のない人でした。

深圧は普通のマッサージとちがい固まった部位を垂直に押す手技です。

固まった奥の深層筋肉を緩めるためにかなりの力でします。(40~50キロかけるそうです)
その方は当初、歯をくいしばり手をグーにして受けてました。

自然に体は受け付けなかったのでしょう。(2年後は楽に施術を受けられるようになったと聞きます。でも足の長さはどんどん短くなっていきました。)

高松教室の方々の中には、スポーツをしないで生きてきた筋肉質でない方には、痛みも感じないという方が多かったです。

スポーツをした方や筋肉が固い方は痛みを感じる方が多いですね。

それでも私を含めて、治った方は沢山おられます。

だから、松本先生の言う、あう方とあわない方がおられのです。・・・続く
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長谷ほぐし教室のテキストを... | トップ | 変形性股関節症におけるいろ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。