永田町カフェ7

日本が世界のリーダーとなるために、邪悪なるものを批判し、「地球的正義」を探求してゆきます。強く美しく豊かな日本であれ!

日本が北朝鮮から馬鹿にされる理由その① 謝罪外交と嘘の歴史継承。

2017-03-06 22:07:27 | 日記


人気ブログランキングへ  ←よろしかったらクリックをお願いいたします。

 君子は危うきに近寄らず。反省する気のない嘘つきや嫉妬深い人間や

傲慢で、ずる賢い人間につきあっていると、自分の心も汚染されて

ろくでもない人生になってしまうということですね。

自分の天命や使命をまっとうすることに専念して

自分の大切な人生の時間を無駄遣いせずに、多くの人々の幸福のために

生きてゆきたいものです。

さて、「日本に強制連行された」とか言っている嘘つき国がお隣にあります。

日本はGHQ(アメリカ占領軍)の占領下で、本当の歴史を封印されてしまいました。

それをいいことに、朝鮮人や韓国人や中国人が好き放題に嘘をつきまくってきたのです。

正しい歴史を知っておきましょう。

「日本人が知らない 二つのアメリカの世界戦略」深田匠 著

(52ページよりの引用です)

戦前の出稼ぎのために元々日本に移住していた朝鮮人は約700万人である。

戦時中にさらに約100万人増えたが、この100万人のうちの70万人は

自ら日本本土へ職を求めて渡った者と出産による自然増加で、

残り30万人は企業の募集に応じて契約して自らの意思で日本に移った労働者である。

軍事徴用(ぐんじちょうよう)は、

1939年まず日本本土からはじまり

朝鮮半島での徴用は本土より5年おくれての

1944年からわずか7か月だけであり、

しかも日本人同様に給与は支払われていた。

朝鮮人強制連行とは、朴慶植(朝鮮総連系朝鮮大学教員)という

北朝鮮対日世論工作員の書いた一冊の本から始まった完全なデマでしかない

ホラ話なのだ。

そもそも同じ日本国内であった朝鮮半島(※)から

内地への移動を「強制連行」だの「拉致」だのと言うことがおかしいのであって、

大阪の住民が東京へ移住することと何も変わらないことだ。

※(日韓合邦)=(日韓併合)

日本は朝鮮半島を1910年~1945年まで35年間統治していた。

つまり、1910年から1945年まで朝鮮半島は日本だった。

当時の朝鮮半島は日本国内と同じ。

沖縄から日本本州への移動。北海道から日本本州。四国から日本本州。と同じ意味。

 

満州から272万人もの日本人を銃を突きつけてシベリアへ連行し

37万4千余名(シーボルト説)を死に至らしめた

ソ連の行為こそが「強制連行」なのであって、

単なる国内の移住を責めるのは理不尽な言いがかりであり、

それに謝罪するのはもはや阿保(アホ)の見本でしかない。

さらに、「従軍慰安婦の強制連行」なるものも、

昭和58年に共産党員の吉田清治

(昭和22年4月に共産党候補として下関市議会選挙に出馬し落選)

という作話師の書いた『私の戦争犯罪』という一冊の本から始まった完全な虚偽である。

おそらく吉田は、ソ連か中国共産党の意を受けた日本共産党の指示でデタラメな

「戦争犯罪」をねつ造したのであろう。

この本が事実無根であることは、平成4年3月の済州島の現地調査で立証されている。

しかし、日本の左翼による自虐史観プロパガンダと河野洋平の謝罪談話など

政府や外務省の謝罪外交のせいで、それらが事実であるかのよに喧伝されてしまった。

それを巧妙に利用しているのが北朝鮮と朝鮮総連、

そして辛淑玉(しんすご)や姜尚中(かんさんじゅ)などの在日の

対日世論プロパガンダ工作員すなわち「敵性外国人」である。

 

辛淑玉(しんすご)は、自著で、「日本ってストーカーみたい。

日本は仲良くしたいという強迫観念があるんです。こっちは仲良くしたく

ないのに、それを押し付けてくる」と述べているが、反日プロパガンダ工作員が日本と

仲良くしたいはずがないのは当然だ。

これらの勢力が唱える反日プロパガンダには、歴史的真実は一切検証されておらず、

日本を貶め(おとしめ)糾弾(きゅうだん)することだけがその目的なのだ。

……………………………省略………………

強制連行なるものがすべからくねつ造であると同時に、

終戦後には日本に残留するか韓国・北朝鮮へ帰国するかの選択も自由であった。

GHQは、日本国内の朝鮮人を帰国させるための無料船便を往復させ

日本政府に対して「朝鮮人全員の帰国を達成せよ」と命じている。

しかし、「日本に残った方が経済的に得だ」と考えて、かたくなに出国を

拒んだものが多かったために、日本政府は仕方なく、「特別永住者制度」を

もうけたのである。

終戦時に約200万人の朝鮮人が日本本土に存在していたが、

そのうちの140万人は帰国し、自らの意思で残留したものが

約60万人である。

国内の韓国・朝鮮籍の人間は被害者ぶったスタンスをとることが多いが

彼らは例外なく自らの意志で日本に残留した者とその子や孫なのだ。

この「特別永住者制度」は在日朝鮮・韓国人が日本への帰化を拒んで

祖国を別にもちながら、日本国内の参政権や公務員登用を要求するという、

国家溶解の根因となっているため、日本は早刻この制度を廃止して

帰化か出国を求めるべきである。

北朝鮮がカネを要求する口実が「植民地支配の償い」というものなので

その実状について、為政者は正しい歴史認識を持っておく必要がある。

日韓合邦当時、日本は日本人へ大幅増税し本土から全額持ち出しで、

朝鮮半島への大々的な開発とインフラ整備を行った。

さらに日本本土と朝鮮半島との経済格差を配慮して、

朝鮮半島での所得税率は本土の50%であり、酒税などのもろもろの

税率も本土の15%~50%と、格段に優遇されていた。

つまり、自発的に朝鮮に「搾取」されたわけであり、

これは「逆植民地支配」とでも呼ぶべき、人類史上唯一のケースである。

この期間の朝鮮半島のGDP(国内総生産)の成長率は、年平均4%、

これは当時世界で最高水準であった。

もし、弾圧や搾取をしていたらこんな経済成長率にまるものか。

1995年8月1日の米ロサンゼルス・タイムズ紙は

「戦後50年日本特集」と題する記事の中で、日韓合邦について

「他の国の植民地と比較して、日本人はもっとも人道的な統治を行った」

と総括している。

そしてこれらの「他の国」が旧植民地国に対して謝罪し賠償した例は

世界に一例もない。ましてや日本のように一方的に恩恵を施しながら

賠償を求められる国など、欧米白人諸国から見れば憐笑の対象でしかない。

朝鮮半島は、日韓合邦前は、シナの袁世凱総統から「万国中、最貧弱国」と

言われたほどの荒廃した後進国であった。

そこへ日本は鉄道や道路、空港や港湾、ダムや上下水道、発電所

近代工業化、農業技術、医療技術、近代的学校教育……。

そのほか数かぎりない恩恵を施していった。

(引用はここまでです)

つまり日本は、戦後になっても、このアホ丸出しの施しを

北朝鮮と韓国に しつづけているわけですね。

その施しの仕方は世界から笑いものにされるような施しの仕方で

「嘘の歴史」をつき付けられて、謝罪外交し( ̄д ̄)

莫大なお金を差し出しつづけるという 馬鹿丸出し外交です。

日本のお馬鹿ぶりが世界中にしれわったていることでしょう。

だから国連でもなめられて、お金だけ支払わされて、

常任理事国にもなれないのです。

戦後70年たっても、いまだに「敵国条項」のなかに日本がいます。

国連にまじめに莫大な大金をしらはっているのにですよ。

支払えない韓国のほうがえばっているわけです。

まじめに国連の分担金も支払わない反日国の方が得しているのですよ。

ずる賢い人種を相手にするとろくでもないことに

ひきづり込まれてしまうわけです。警戒しなくてはいけませんね。

あなたの近くに北朝鮮や韓国のように

自分ではろくに動かないで、他人の仕事の成果を横取りする人間はいませんかね。

あんまりお人よしになっているとバカみたいですよ。

他人のお金をあてにして、お金を巻き上げることしか考えずに

しかもお金をうばった相手に「謝れ」「頭を下げろ」とか、

「おまえの仕事は、俺様の成果にするんだからもっと働け」と言い続けて

盗んだ成果を自分の成果にして 出世と権力を手にいれる悪魔のような

人間がいるのですからね。

悪魔か餓鬼のような人間は、同じようなことを考えるわけですね。

自分の人生を大切にして、自分の願望を実現し

多くの人々の幸福のために生きてゆきたいものです。

今回紹介のお話の続きはまた 次回のブログで書きます。

 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「東京が核攻撃を受けたとき... | トップ | 北朝鮮と韓国から日本がなめ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。