永田町カフェ7

日本が世界のリーダーとなるために、邪悪なるものを批判し、「地球的正義」を探求してゆきます。強く美しく豊かな日本であれ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

(再送)税金のムダ使いをあばく!→日中友好協会の幹部→丹羽宇一郎。松本龍(ーー;)

2017-10-21 10:39:38 | 指定なし


人気ブログランキングへ ←よろしかったら クリックお願い致します。

本日は、「政治と金」のお話です。(2016年10月11日の記事を再送します。)

国民からあずかっているお金を無駄に使う政治家は政治家といわず政治屋でしょう。

外国人留学生の75%は中国人、韓国人だそうですが、

年間230億円も外国人留学生に奨学金や生活費を無償で提供しています。

しかも、中国も韓国もバリバリの反日教育をしている国です。

 

ところが 日本国内の大学奨学生たちは、借りたお金を返す仕組みになってます。

おかしくないでしょうか?

日本の国益よりも 中国と朝鮮半島に有利に政治運営し

あげくのはてには、ねつ造の歴史問題で さらに賠償金を血税からしはらってきました。

そして中国政府や韓国、北朝鮮政府とかかわった日本の政治家たちは

それを商売にして政治運営をしています。許せません!


本日は、親中派、親北朝鮮や親韓国派の政治家たちと結託している

財務省や総務省などの官僚さんたちの

天下り法人の中でも、日本国内の中国人受け入れ団体を特集します。

日本には、4500もの天下り法人があります。

 その天下り団体を支えている「お金」

→総額12兆円は、国民の「血税」です。

 血税に白アリがたかる構図を、一部紹介しましょう。

 

天下り法人のなかでも、「中国を支援する団体」にしぼります。

では、日本には、どれくらい「中国系」の天下り団体があるのでしょうか。

 外務省の「外郭団体」を見てゆきましょう。

 「外郭団体」とは、日本において、

官公庁の組織の外にありながら、その官公庁から出資、補助金をうけるなどして、

補完業務をおこなう団体のことです。日本国民の税金を食い荒らしている団体です

 

【外務省所管特例民法法人(外務省からお金をもらってる所)】

亜細亜友の会    東南アジア文化友好協会    自由アジア協会

アジア調査会    日中友好会館         アジア政経学会

寧波旅日同郷会   広東同郷会          日中協会

 日本中国友好協会 (全国に350か所あり)  

【外務省所管独立行政法人(外務省からお金をもらってる所)】 (埋蔵金もらってる所)

以上、インターネットでもご覧になれます。

中でも注目したいのは、(;一_一)

 

【日中友好協会】と【日中友好議員連盟】です。

日中友好協会は、日本全国に350か所もあります。

2016年 現在の組織図です。(インターネットで検索できます)

≪日中友好協会≫ 

(会長)丹羽宇一郎(元駐 中国大使、前伊藤忠商事会長)

(副会長) 酒井哲夫(元 福井市長)

(副会長) 松本龍 (元衆議院議員 民進党議員)

           (部落解放運動家)

     (2011年の東北復興期には暴言はきまくり)

     (仙台の被災地で暴言、マスコミを恫喝)

         (松本氏の嫁の姉は、暴力団組長の妻)

 

(名誉顧問)村山富市 (元首相、社民党)

           (村山談話で有名に)

(名誉顧問)今井敬  (経団連名誉会長)

  他   幹部24名 

    (↑ 幹部には、スパイ機関の孔子学院の講師もいます)

 

≪日中友好議員連盟≫は、国会で影響力の大きい超党派組織

会長  高村正彦(自民)  

副会長 林芳正(自民) 

    近藤昭一(民進) ほか、

    自民、民進(蓮舫)、公明、共産党、など、346人が参加。

ここまでは、あくまでも外務省から、お金をもらってる団体ですが、

他、各省庁からお金をもらってる天下り団体は、多数あります。

すべて、書ききれなくて非常に残念です。

こうして見ても、日本人の血税が、いかに中国政府や日本に来てる中国人や

親中派や媚中派に使われているかということがわかると思います。

 

ほかにも、以前から安倍首相は、中国人留学生300万人受け入れを決定し、

月額20万円の奨学金を支払い、さらに、生活費まで留学生に支払っているのです。

すべて、日本人の血税を使っています。 (?_?)(;一_一)どういうこと!?

日本国民の青年たちで 優秀な学生が 苦労してお金を自腹でだして

外国留学したり、勉学に励んでいるのに、よりによって

中国で 反日教育を受けてきた中国人青年たちを優遇するって

どこか脳が機能不全におちいっているのでしょうか?

 日本の政治家は、この日本をどうするつもりなんでしょう(◎_◎;)

 まさしく「日本解放第二期工作要網」どうりに、されていると言って間違いないでしょう。

この「日本解放第二期工作要綱」というものは、

GHQが日本に仕掛けた 「ウォーギルトインフォメーションプログラム」の中国版のようなものです。

この「工作要綱」の中国政府の最終目標は、天皇を処刑するつもりです。

中国は、2020年までに 日本を属国にしようと画策しています。

日中友好協会の会長が あの丹羽宇一郎ということは

この団体が 中国のスパイ・工作員団体だといっても過言ではないでしょう。

丹羽宇一郎は、中国大使だったときに、

新潟に中国領事館や名古屋領事館を作らせようとしたり、

尖閣の島を 日本政府が 島の持ち主からかったときに

「日本はバカなことをした」とか

「日本は中国の属国になったほうがよい」といいはなった 売国奴です。

日中友好協会は、北は北海道から九州まで

日本全国に 350か所もあって、日本人の血税を使って運営しています。

しかも、この職員たちに退職金も支払うわけですからね。

 

国会で話あわれる「一般会計」とは別に

官僚たちの埋蔵金「特別会計」は 国民には わからないよう隠されてます。

「特別会計」の予算が毎年350兆円も計上されて売国奴的な仕事をしているわけなのです。


スパイや工作員たちのような人間が、日本国民の税金を無駄遣いするから 

財政赤字になるのです。

財政赤字をつくっているのは、こういう「大きな政府」だからです。

「小さな政府」にして 無駄遣いしないようにしていかなくてはいけません。

小さな政府にしようと考えているのが幸福実現党です。

 

親中派の左翼政治家や官僚たちは、仕事を辞めていただくか、

あるいは、外患誘致罪で逮捕するしかありません。

日本の国益を無視する 左翼政党は日本にはいりません。

日本を愛し、日本の文化を守り、日本の美しい自然と日本国民の命をまもれる

政党こそ必要なのです。

幸福実現党から国会議員が 誕生することを心より祈っています。(^_^)/~

 

 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年金問題を政治のテーマにす... | トップ | 国家繁栄の条件(大川隆法講... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

指定なし」カテゴリの最新記事