永田町カフェ7

日本が世界のリーダーとなるために、邪悪なるものを批判し、「地球的正義」を探求してゆきます。強く美しく豊かな日本であれ!

鳴霞(めいか)氏の著書より→「人民解放軍」が次々に日本に移民している!

2017-07-31 08:46:51 | 日記


人気ブログランキングへ   ←よろしかったら、クリックのご協力をお願い致します。

中国政府が人口侵略しかけています。警戒を高めなくてはいけません。

そんな時に、安倍首相が、2020年までに外国人観光客を4000万人受け入れることを決めたというのですから驚きですね。

中国政府の日本乗っ取り計画をあとおしするかのような安倍首相。

日本をウイグルやチベットや内モンゴル自治区のようにしたいのですかね。

中国人の正体をもっと知っておく必要があるでしょう。

元警察官で、中国人犯罪担当だった坂東忠信氏が毎週、中国でおきている暴動をブログで紹介しています。

(※坂東忠信氏のブログ☞怒り爆発の温州人に手加減なし 

中国人民の暴動 ⇩写真付)

http://ameblo.jp/japangard/entry-11835998300.html?frm_src=thumb_module

暴力や破壊行動になれている中国人。

多数の中国人が日本国内の町や村に、移住するということは、日本人では、見たことも聞いたこともないような残虐な暴動がおきてくるということです。

そして、外国人参政権を与えて、人権侵害救済法案が可決されたら、合法的に日本は中国に乗っ取られるのです。

日本人が犠牲になっても、日本政府は責任をとらないでしょう。

朝日新聞がねつ造した「従軍慰安婦」「南京事件」や、河野談話を継承するといっている政府なのですから。

中国や韓国の国益になることをさっさか決めるが、日本の国益をそこなうことは、責任をとらず、 30年も 70年も、見て見ぬふりです。

マルクス思想で、反日の人間が権力をもつと、中国や北朝鮮のような恐怖政治がはじまります。

断じて、反日国からの移民を受け入れてはいけないのです。

では、本日は鳴霞(めいか)氏の著書「日本掠奪(りゃくだつ)」を紹介します。

(196ページよりの引用です)

【 退役軍人を日本に送り込む人民解放軍 】

退役軍人の不満や失業率の増加を打開する作戦として、中国共産党は日本に

観光客として退役軍人を送り込みその中から、毎週500人ずつを日本に移住させている。

中共国防部長の梁光烈が「軍隊の境外での戦闘を推進する」と語った通りの作戦が進められているのだ。

退役軍人が「研修生」として、どんどん日本に送り込まれていることの意味を

日本政府はどこまで危機感を持って理解しているのだろうか。

人口侵略、プロパガンダ、愛人戦術など中共の軍事力によらない日本攻撃はますますエスカレートしている。

すでに述べたが、梁光烈も

「人民解放軍が日本侵略しなくても日本に移住している中国人だけで戦える」と

笑っているほどなのだ。

(ここからは217ページよりの引用)

また中国が軍のための予算を増やし続けているという問題では

空母やステルス機の配備などのような正面からの戦闘装備にばかり目がいきがちであるが恐ろしいのは、それだけではない

スパイやサイバー攻撃など、いわば側面からの侵略・諜報工作など、あらゆる手段を使っての戦略に本腰を入れているのだ。

これに対する日本の対応は残念ながら無策といってよいのが実態なのである。

大げさに聞こえるかもしれないが、最終的に中国は

日本や台湾を侵略するにとどまらず、アメリカと最終核戦争を起こしてまでも

世界覇権を握ることを考えている。これは、けっしてフィクションの世界の話ではない

軍の中では、あたりまえのように語られていることなのだ。

実際に、人民解放軍幹部の発言を聞けば明らかなのである。

平和ボケの日本人には、信じられないだろうが

軍事力で世界の覇権を握り中国が世界を支配することこそが軍幹部の本音なのである。

(引用ここまで)

外国人犯罪で、一番多いのが中国人です。二番目に多いのが韓国人。

しかも、通称名という「日本人の名前」をつかってます。

中国の人民解放軍は、ナチスもおそれる残虐な拷問や、虐殺を繰り返してきた殺人鬼たちです。

そういう、退役軍人を日本に移民させてよいのでしょうか。YOUTUBEで中国の暴動を映像をみればよくわかることですが、

中国人は、普通の人民であっても、暴動になると焼き尽くし、奪いつくし、殺しつくすのです。それは、男性だけにかぎりません。こうした特徴は、朝鮮半島の人々にもあてはまります。

日本の民主党(現、民進党)は、工作員政党ですから、中国人のビサ緩和をしました。

2012年、中国で「尖閣国有化反対デモ」があって、日本企業が暴動で破壊されたにも、かかわらず日本から中国に460億円のODAを払ったのです。

しかも、同じ時に、民主党は、「人権侵害救済法案」という日本人の言論の自由と人権を奪う法案を可決しようと、していました。

尖閣諸島への対応も、海保任せ。武装漁船の中国の船には、武器が隠されています。

本来なら、日本の自衛隊が、中国の領海侵犯した船を撃沈しなくてはいけないのです。

鳴霞氏のいわれるように「日本政府は、中国の日本領土略奪戦略にたいして、無策のまま」です。

同時に、中国人の移民を禁止し、外国人労働者や研修生受け入れにおいては

反日国の人間は、受け入れ拒否すべきです。

中国人の観光ビサ緩和をやめ日本の土地を中国人や、中国の企業に売らないようにしましょう。

中国には、国防動員法があって、日本にいる中国人も、中国政府の命令があればただちに民兵になって、日本人を虐殺したり、撲殺したり、略奪したりします。

中国人は、身分を隠して土地をかったりしています。

日本人名義を借りたり、ほかの外国資本のダミー会社をつくって、土地を買い漁っています。河添恵子氏などYOUTUBEで、詳しいお話をしています。

選挙で、反日左翼の親中派の政治家を選ばないようにしたいですね。

憲法改正しましょう!! 消費税増税反対!!

経済力を強めることは、国防強化に匹敵するのです。抑止力になります。

原発を再稼働して、景気回復!!ですね。

中国や韓国や北朝鮮の政治家や財閥とのしがらみのない政治家が

でてこなくてはいけません。

幸福実現党は、日本の発展繁栄の智慧とアイデアをもっています。

日本国民の生命と安全と財産を守れるのは幸福実現党です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第二、第三の「通州事件(つ... | トップ | 鳴霞(めいか)氏の著書より→中... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。