永田町カフェ7

日本が世界のリーダーとなるために、邪悪なるものを批判し、「地球的正義」を探求してゆきます。強く美しく豊かな日本であれ!

黄文雄氏の著書より→中国人留学生の80%がスパイ! スパイ防止法制定を急げ!

2017-07-31 08:55:00 | 日記

  ←よろしかったら、クリックのご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ

黄文雄氏の著書 「中国人の8割は愚か(おろか)!」の紹介です。

(74ページよりの引用です。↓ここから)

【中国人は国家に対して一言の本音も言えない】

中国人には、外にたいする傲岸不遜(ごうがんふそん)な中華思想ともう一つ、

内には常に当局から監視されているという恐怖感がある。

それは日常生活の隅々(すみずみ)にいたるまで行き届いていて、

中国人の言動を大きく支配している「目に見えぬクビキ」だ。

※クビキ→自由を奪うという意

***

日本人学者は、中国を好んでイデオロギーから語るものが多い。

それは、中国人のもっとも根源的な性格を知らないことからきている。***

中国人は、利害関係や恨みのためには父子や夫婦間でも殺し合いを始めるまで激しくいがみ合うが

イデオロギーの相違などはあくまでも建前のことであり本音ではどうでもいいことなのだ。

 

中国は、社会主義国だからと、そこに敬意を表さずにいられない日本の言論人は

今も少なくないがまったくの的外れである。

中国は今も昔も変わらず、ずっと専制君主制でやってきている。

中華人民共和国の初代皇帝は毛沢東(もうたくとう)二代皇帝は小平(とうしょうへい)だった。

いまの胡錦濤(こきんとう)は第4代皇帝である。(※第五代皇帝は、習近平)***

彼らのメンタリティは話せばわかるはずの同じ地球人ではないので,

台湾では中国人を異星人とみなしている人が多い。

 

米CIAの報告では、

中国人の留学生の80パーセントが

スパイ行為を義務づけられ、

学者に至っては、中国政府の各情報機構の工作誘導を

拒否することはほとんど考えられない仕組みになっている。

スパイ行為を拒否すれば敵対宣言とみなされるからだ。

中国政府からの嫌疑をさけるためには逆に過激な愛国行動を

とらざるをえない事情もあるだろう。

そこがまた、中国人の本音と建前を読み分ける難しさの一つでもある。

(引用ここまで)

世界各地にある孔子学院がスパイ施設であると言われています。日本にも孔子学院があります。

孔子学院でなくても、中国人留学生は日本にたくさんきています。

スパイ行為を目的に来ているのですから、注意しましょう。

日本人の様子を、中国政府に報告しているのでしょう。

日本人がどれほど情報にだまされやすいかを報告していることでしょう。

NHKやテレ朝やTBSの情報工作がどのような影響を与えているか、中国政府に報告しているのが中国人の留学生や技能研修生たちです。

中国人の留学生にサイバーテロや、組織犯罪のオレオレ詐欺をされたりしています。

日本語を読めない中国人が”自動車免許”を取ってます。中国人たちが、試験に合格するように、組織的にカンニングできる仕組みをつくり、字が読めない中国人がバスの運転手となり、日本人が交通事故に巻き込まれる事件もありました。

 

日本政府は、スパイの中国人留学生に、奨学金や生活費まで払ってます。

反日の中国です。

日本の悪口を世界中にばらまいている中国です。

日本政府が中国人に奨学金を出す意味など、まったくありません。

ところで、毎年20万人づつ移民を受け入れると言ってます。

日本政府は、どこまでアホなんでしょうか。

 中国政府による日本人弾圧はすでに始まっています。

日本国内の話ばかりでなく、中国国内にいる日本人が人質にとられないように

早急に日本にひきあげさせたほうがよいのではないでしょうか。

北朝鮮の拉致と同じように日本人を返してほしかったらお金を出せと恫喝されないように、警戒したいですね。

スパイ防止法を早急につくらなくてはいけません!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鳴霞氏の著書→「日本掠奪」あ... | トップ | 北海道が「中国の自治区」に... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。