ーー奥会津を風をよむーー川柳、俳句もどきのブログーー

【警告】ブログ内に掲載されているのすべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています

 奥会津の歴史   日本史の謎 田代山〔徳川埋蔵金伝説〕

2016-12-28 05:10:00 | 会津鉄道のひとり旅

日本史の謎 田代山〔徳川埋蔵金伝説〕


南会津町舘岩は熨斗戸村にはなぜか〔徳川埋蔵金伝説〕が多い。
沼田街道
桧枝岐村ーーー日光ーーー江戸
桧枝岐村から日光へは日本一高い峠が通っています【引馬峠】

日光の手前に【田代山】にあります。
【田代山】は財閥系の山、財産です。
尾瀬は東京電力の財産です。

小栗 忠順と岩崎 弥太郎の関係 日本史の謎
小栗 忠順は、江戸時代末期の幕臣、勘定奉行、江戸町奉行、外国奉行。
通称は又一。安政6年、従五位下豊後守に叙任。文久3年、上野介に遷任され
、以後小栗上野介と称される。
三河小栗氏第12代当主で、父方の祖父は同じく勘定奉行を務めた中川忠英。
生年月日: 1827年:生まれ: 江戸
死没: 1868年5月27日

岩崎 弥太郎は、日本の実業家。三菱財閥の創業者で初代総帥。
明治の動乱期に政商として巨利を得た最も有名な人物である。
諱は敏、雅号は東山。別名を土佐屋善兵衛。彌太郎とも書く。
生年月日: 1835年1月9日:生まれ: 高知県 安芸市
死没: 1885年2月7日, 東京都

画像は:【田代山】

 

 

『福島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奥会津の歴史 江戸時代の【... | トップ | 会津鉄道のひとり旅    ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。