ーー奥会津を風をよむーー川柳、俳句もどきのブログーー

【警告】ブログ内に掲載されているのすべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています

③、南会津郡の田島エリアに社会復帰促進センター(塀のない民間刑務所)を誘致に関する請願【内閣府】【法務省】所信表明 3

2017-07-12 02:51:58 | 南会津町

③、南会津郡の田島エリアに社会復帰促進センター(塀のない民間刑務所)を誘致に関する請願【内閣府】【法務省】所信表明3
南会津郡の田島エリアに社会復帰促進センター(塀のない民間刑務所)を誘致に関する請願
抜群の経済効果!南会津郡の活性化!
例 山口県美祢市に日本初のPFI方式による民営刑務所『美祢社会復促進センター』の開所式が行われた。
鉄格子や高いコンクリート塀を設けず、「無線タグを使った遠隔監視」...
などの最先端技術で管理するハイテク刑務所である。受刑者数がここ10年で5倍に増え、
ほとんどの刑務所で定員オーバーという現状の中、ついに法務省が、戦前から続く国による刑務所運営の一部を
、民間に委託するという決断を下したのだ。民間企業が「最新鋭のシステム」で受刑者の管理を行い、
「感情をコントロールし再犯を防ぐ新しいプログラム」などで矯正教育に挑むという民営刑務所。
フランスやアメリカの民営刑務所の例と比較しながら、新しいシステムの課題と可能性を探る。

官民協働による刑務所の整備・運営事業 法務省:http://www.moj.go.jp/kyousei1/kyousei_pfi_index.html

加古川 民間刑務所  栃木 民間刑務所  山口 民間刑務所   民間刑務所 特徴

南会津郡の田島エリアに民間刑務所【塀のない刑務所】を誘致に関する請願

1、 請願の趣旨
  PFI方式の刑務所運営
美祢社会復帰促進センター2006年(平成18年)の構造改革特別区域法施行令の改正により、
構造改革特区の指定を受けた地域へのPFI手法による刑務所の設置が可能となった。
この方式により設置されたのが2007年(平成19年)4月に供用開始の美祢社会復帰促進センター(山口県美祢市)である。
この施設は刑務官と民間職員が協働して運営する混合運営施設であり、刑罰権の行使にかかわる業務は刑務官、
その他の業務(施設の維持・管理、食事の提供など)に関しては社会復帰サポート美祢株式会社が担当する。
この施設では、PFI事業期間中(20年間)においては、武器や手錠等の特殊な物品を除いた施設など
ほとんどの設備・物品の所有者は民間事業者のものであり、しばしば、刑務所の「民営化」、「
民営刑務所」と言われるが、処遇の最終決定権はあくまで「官」にあり、一部民間委託にすぎない。
もっとも、どのような形であれ日本における刑務所改革の一つの動きとして注目されていることに違いはない。

2、 抜群の経済効果ある。

3、 若者の雇用抜群である。

4、 南会津町の土地の再利用がある。

5、 総務省統計局は今後10年間で犯罪者(刑に服す者)が約10万人と予想。

 

ご注意:すべての文章の無断転載、転用を禁止します。
    すべての文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。
     Copyright 2005?2017,2018.
         All rights reserved. Never reproduce or replicate without written permission.

来年、平成30年4月 南会津町町長選挙あります
大橋清隆が出馬予定です。
大橋清隆が下記のホームページ参考にしてください。
●南会津町永田集落のホームページ...
http://www.eclat.cc/home/okuaizuibento/


●南会津町栗生沢・水無集落のホームページ
http://www.eclat.cc/home/okuaizuhakubutu/

●南会津町荒海各集落のホームページ
http://www.eclat.cc/home/net-works/

 
--Wed Design Works 奥会津--

Welcome to the 奥会津・南会津の浪漫の旅web site
●  ーー公式ホームページーー奥会津の風と空のホームページーー

http://www.eclat.cc/home/tajimayoitoko/

 

 

『福島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ⑫、新 林 業 シ ス テ ... | トップ | ②、バイオマス発電所ーー (... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

南会津町」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。