FF11日記

FF11のプレイ日記
一番下まで送り「記事一覧」をクリック 
右端の青文字「古い順」をクリックしてお読みください

「スクエニ恨み節 2」

2015年04月23日 | 日記
堂々巡りになってしまうので、スクエニ最終章に関する恨み節は前節をご覧
ください。(思わず長々とうらみつらみを書いてしまいましたので・・・)

※ 「限界1が越せなくて メインの流浪10ヶ月
   リアルに影響望まぬと 真っ赤なウソの注意書き
   意地でも守るマイペース ■エニ恨み節」

おかしな順番になってしまいましたが、今回の恨み節は2005年4月時点でのsouzou
の気持ちで、上のようなサチコメを書いて、限界1の漂流生活をしていました。

「リアルに影響望まぬと真っ赤なウソの注意書き」
のくだりは、ゲームを立ち上げる時に、
「あなたの本当の生活に支障が出ることを私達は望みません云々」という注意書き
が出て しばらく消えないことを指しています。
今はゲームバランスが調整されて、ソロでも少人数パーティでも楽しんで限界1
にトライできますが、当時はまったく無理で、
「ド下手なゲームバランス状態にしかゲームを作れないくせに、しかもそのため
に、こちらはリアルに影響が出ている」のに、何を偉そうに
「あなたの本当の生活に支障が出る・・・・」などと言う寝言をぬけぬけと言う
のか ? と勝手に腹を立てていたというわけです。

限界1漂流でのシーフはソロですぐに目標のレベル15になり、念願のトレハンを
ゲツトできた為、この頃は黒魔導士でふらついていました。

髭リンクシェルの副団長alfredさんに「おっ! 黒上げか?」と聞かれたので、
「メインの赤は限界1で10ヶ月止まったまま」と言い、
「こうなったら、限界1が越せない記録を作るつもり」とヤケ気味に言った為、
「そんなこと自慢にならない」と叱られてしまいました。

結局は、すでに書いたように、これから更に半年後の2005年9月18日に macoさん
からリンクシェルに誘って貰い、翌月にはリンクシェルの人達
vittorioさん、rozunさん、Lasaさん、apostlosさん、cathさん等が
「souzouさん限界1行くよー」と軽やかに動いてくれて、あっという間にアイテム
が揃ってしまいました。

しかし、人生とは (ゲーム人生?) 不思議なもので、この4月から9月の間に、
souzouはクェストを楽しんでいたmoriyさんと同じクエストで出会い、二人で
ウィンダスクェストを次々と続けているうちに、音楽の趣味が合うことが分かり、
話がはずんでリアルでも親しくなり、ゲーム進行も、戦士と白魔導士での二人
パーティーが中心になってしまっていました。
せっかく限界1が越せた時は、毎日二人パーティーで、結局メインの
赤魔導士がレベル75にたどり着き、最終的に99になれたのは、2013年2月1日と
丸々10年かかったことになります。

しかし振り返って考えると、リフレシュパーティーの後、もし限界1を楽に越せて
いたなら、souzouはレベル上げパーティーが楽しくて、
(リフレシュ1・2・3のページをご覧ください)
冒険者の道を一筋に突っ走っていた可能性が非常に強いのです。

限界1のつまづきのおかげで、やるここといえばクェストと後はひたすら合成一
筋で、合成各ジャンルのスキルが一気に進みました。
現在、各合成の倉庫キャラ達は錬金・鍛冶・骨・皮・木工・裁縫・調理の順に
スキル100を越え、「高級職人」の認定を受けています。
ゲームを開始した時に目標にした合成の最高ランクは師範でしたが、現在はその
上に「高級職人」が出来たので、「当初目標だった大商人」である最高位を目指
したのです。
彫金だけがレベル80台の「皆伝」ですが、遠からず高級職人になれるでしょう。
最終章となれば、ギルの使い道もないので、全財産を彫金スキル上げにぶち込め
ます。
あっ! 全財産と言っても、億を持つ人が多い職人達の中で、souzouは数千万ギル
程度しかありませんが・・・

こうして後から思うと、「Banboo先輩1・2」に書いたとおり
「戦闘は馬鹿な脳筋共に任せて、(乞必見Banboo先輩1) 合成という大商人になる
という道もある。 これなら時間は自由でヴァナを楽しめる」
と説得されて始めたFF11でしたが、限界1のつまづきのおかげで、結果的には最初
目指したとおりの商人一筋の旅をしたようにも思えます。
そう考えれば、
「若き日に夢見た人生を見事に実現した有名人のサクセスストーリー」っぽい
感じで、振り返れば幸せなヴァナ人生だったような気もしてきます。

今回書いた「moriyさんとの出会い」や「リンクシェルの人達」「限界1・2突破」
などはブログでそれそれの項目を、何回かに分けて詳しく書くつもりでいた内容
ですが、最終章ということで事実だけ書き並べる結果になってしまいました。
少しく残念ですが、止むをえません。
特に「出会い」での彼女の音楽に関するひと言にはしびれました。
たとえば
「俺シューマンだめなんだよね」
「当然よ、あの人精神を病んだ人だもの」とか
「ワグナー聞けない、モーツァルト大好き」には
「ワグナー好きな人自己顕示欲強い人多いよね、私もモーツァルトの方が好き」
「マーラーは突然別の世界に落とされるような気がする」には
「あの鬼火のような変調が魅力らしいわね」
等と今までもやもやした音楽の世界がひと言でクリアーになり、話がすすむほど
彼女を好きになって行く経過を記すつもりでした。

残念といえば、ウィンドーズ版開示直後からこのゲームを続けてきて、
落ち込んだ時や休みたくなった時、その都度読んでは助けられ、もったいなくて
丹念に保存した「FF11一寸いい話」も、10年を経て膨大な量になり、予定稿して
いたのですが、これらもご紹介することができず、まことに残念です。
スクエニさんのFF11てこ入れ・永続」という方針変更を待つことにしましょう。
若い人達に新ゲームを勧誘することも大事ですが、今は休んでいるFF11世代の
人達に復帰を促すほうが運営上の効率はよいはずです。
ど下手なゲームバランスを「絆」という言い訳にも似た表現で隠退に追い込んで
しまった人達に、この完成されたFF11を是非見せてあげてほしいものです。
FF11の熟成したシステム・プログラムをこのまま乱造される新ゲーム群に埋もら
せてしまうのですか? 儲け主義アイテム課金オンリーの粗製乱造ゲーム群にです。

【 スクエニ担当者の皆さん FF11の損益収支を単独で考えないでくださいね
 FF11の終わり方は、FF14をプレイしている人達、これから新ゲームを楽しむ人達の
 道しるべ にもなっていくのです。
 老犬介護ではありませんが、「FF11とゲーム人生を共にした先輩方が満足して終わる
 姿を見せる こと」が、続くゲームをする人達の安心感になっていくのですよ。
 すでにFF11は日本のオンラインゲームの金字塔になってしまっていることを決して
 忘れないでください。
 しつこいようだけど、ひんがしの国 行かせてね m(_ _)m 】

そうそうショックな出来事を一つ。
何でも教えてくれて、souzouがこのゲームを続けて来れた大恩人のBanboo先輩が、
「アカハック」という被害に会い、ゲームから引退してしまったのです。
連絡をして、ハック前の状態に戻してもらうことはできましたが、復旧するまでに
大層な時間がかかったとのこと。
常々オンラインゲームは「乙姫様の玉手箱」と言っていた先輩なので、
(その心は「リフレシュ2」の回をごらんください)
「元に戻ったのにどうしてゲーム続けないんですか?」
 と聞いた時に返してきた答えが、怖い怖い言葉でした。
「オンラインゲームは気づいたらもう終りなんだよ」

要するに、ゲームをやらなくても、日々は確実に生きられるということに気づき、
「なぜあんなに夢中になっていたのだろう?」
 と我に返ったようになったら、もう戻れないと言う事らしいのです。
気づいた理由は、スクエニが被害前の状態に戻す作業をしている間、オーディオ趣味
もある先輩が、1セットで百万円以上もする超高級スピーカーにグレードアップした為、
音楽三昧の日々を送ってしまっていたからとのこと。

先輩の居ないヴァナは心の中に穴が開いたようです。
そこに追い討ちをかけるような、今回のスクエニの最終章発表です。
souzouが受けたダメの大きさをご賢察ください。

さていよいよブログ最後の言葉を記す時がきたようです。
この最後の言葉に関してのみ、souzouに迷いは全くありません。
そうです。
大好きな「ヴァナ滞在記」の別れの言葉しか考えられないからです。

   長く綴った日記の終わりに、ありったけの感謝を贈っておく。
   ありがとう、ヴァナディール。
   ほかに言葉を思いつかない。

----------------------------------------------------------------------------
編集後記
最終話の方から読み始めた方のため、第一話「ヴァナディール」の回に記載した
当ブログのお願い事項を、どちらから読んでも良いように、こちらにも書き込んで
おくことにしました。 m(_ _)m

☆《記事にも書いたように、Windows版開始を待って始めた初期組にもかかわらず、
 最後尾をトロトロとついて行く進行なので、知らない場所も多く、間違いも
  たくさん あると思います。
   お気づきの点があれば、メール(nagasawa_m@mail.goo.ne.jp)
  でご指摘していただければ感謝です。よろしくm(_ _)m》

☆≪次に、このブログでは、組んでいただいたキャラ名をそのまま掲げています。
「名前を出してもらっては困る」という方は上記メルアドに℡いただければ
 アルファベット一文字に訂正いたします。
 キャラ名をそのままアップする理由は、本文の「野良パーティー2」をご覧
 ください。≫

☆《また、記事にsouzouが長くこのゲームを続けることが出来た恩人(?)、恩文(?)
  とも言える、
  永田さんの「ヴァナディール滞在記」と
  ネットの「FF11一寸いい話」
  を多数紹介するつもりなので、オリジナル作品とは言い難く、よって当日記
  での広告は拒否ります。  なにとぞ、ご安心の程を》  
 
☆もうひと言。その「FF11一寸良い話」についてですが、当時アップされた原文
 のままではありません。
 ネットから保存用の「秀丸エディター」に転記する時、「てにおは」や
 話し言葉のための「」など、多少読みやすく改造して保存したからです。
 そもそもこの保存転記は、souzouがヴァナに疲れた時読み返したくて取って
 おいたたものなので、人様の眼に触れることは想定しておりませんでした。
 改造の件 原作者には深くお詫び申し上げます。
 更にネットには題名がないため、内容を推察した題でアップさせていただき
 ました。原作者の意図に合わないと感じられるかもしれません。
 あわせてお詫び申し上げます。       
コメント
この記事をはてなブックマークに追加