長崎 山人

このブログは、長崎の山の会「グループ 山人」の山行レポートです。
あなたも私たちと一緒に山の世界を広げませんか!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

9/2(日)祖母山黒金谷沢登り

2012年09月03日 | 日記
【日  程】9/2・前夜発夜行日帰り

【天  候】晴れ/曇り

【登った沢】祖母山・黒金谷

【メンバー】たま、あきひろ、かめ、よん、ひぼ、マリ、mimimama、Jimny


今回私たちが登った「黒金谷」は、厳しい渓相を見せる祖母山の谷の中にあって、
初心者クラスでも楽しめる沢だと思います。
沢初心者が多い私たち「山人」にとってはちょうどいいレベルだったのではないかと思います。

前日私たち先発隊4人のメンバーは午前中に長崎を出発。
途中買出しをして「原尻の滝」を見物後、予約していた「ほしこがinn尾平」のバンガローへ。
お風呂にも入って、夕食も食べ終わって、一息ついたころ後発隊4人が到着。


「原尻の滝」撮影ひぼちゃん



「ほしこがinn尾平」

明日の天候はいまいちとの予想でしたが、晴れることを願って就寝した。

9/2・朝・・・・

今回は、初心者が多いことと人数が8人ということで、黒金谷の見所である200mのナメ滝を見て
引き返そうというつもりだったので、川上渓谷の下流のほうから入渓。
いつもより水量は多いようだ。





「アキギリ谷」を左に見て、「ウルシワ谷」との二股に出る。
二股を左に取るとすぐに「三枚谷」が左から出会う。

このあたりから、川上渓谷のハイライトシーンが続く。












水と遊びながら、水と格闘しながら遡行は続く。

途中「キレンゲショウマ」を見つけた。
四国の山で会って以来だ。



「黒金谷」との出会いに到着。
ここまで思ったよりいいペースで来ていたのでまだ時間は早い。
黒金登山道まで詰め上がることにする。

最初の滝は、ハーケンなどを準備していなかったので右から巻いた。
が、表土が落ちて剥がれていたので思ったより悪かった。

黒金谷は10年以上ぶりの2度目だが、あの頃は滝を見れば登っていたので、
多分直登したのだろう。
難しそうな滝ではなかったが滝壺もないし落ちれば大変だ。

さて、ここからが「黒金谷」の一番の売り、200mのナメ滝だ。
メンバーが歓声を上げる。





ナメを過ぎ、二股となった地点で大休憩とした。

この先、前回は藪漕ぎで苦労した記憶があったので、できるだけ谷筋で詰め上がりたい。
しかし、谷は傾斜を増し石が積み重なりこのまま詰めるのは困難のようだ。

高度計の表示が1200mを超えたあたりでmimimamaが先頭で右手のスズタケの藪に突っ込む。
傾斜はきつかったが藪を漕ぐこと20分ほどで登山道に出た。
登山道に出た地点で1300mだった。

詰めの判断は大正解と言ったところか。。。。

遡行の余韻を楽しみながら黒金登山道を下った。

                         レポート:Jimny
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8/25(土)多良・小河内谷左... | トップ | 10/7~10/8・九重へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かめ)
2012-09-03 13:47:40
下りの残り300mで痛めた右ヒザが思ったより酷いです。 赤木沢までには完治出来るように2週間は仕事手抜きです(+ +)
Unknown (Jimny)
2012-09-04 15:04:46
かめちゃん、大丈夫かい?

やっぱ、減量せんといけんかな?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。