長崎めぐみ教会 tearoom 2

日本イエス・キリスト教団 長崎めぐみ教会から、楽しいお知らせ、牧師のつぶやき、日記、メッセージなどお楽しみください!

2017-07-14 16:58:56 | ひつじかい日記(2)



あの時から

毎日見ていた空が 変わった
涙を流し友が 友が祈ってくれたあの頃
恐る恐る開いた マタイの福音書

あの時から空が変わった
空が私を見つめるようになった



かりんの実「空」より
詩 星野富弘




🌸


羊飼い日記

017年7月14日(金)

ステキなCDを頂いた。



星野富弘さんの詩に、小柳永子さんと東 亜以子さんが曲をつけて
歌ったもので、
詩集が、そのままCDになったようだ。

水曜日に頂いて、
早速木曜日カーステレオにダウンロードしたところ、
あまりのさわやかさに、
心が弾んだ。

🎶
たち止まっていいんだよ
ふり返っていいんだよ
そこに美しいものを見たのなら
すわりこんでずうっと
見ていていいんだよ

と、語りかけるように、
可愛い声で歌が流れる



毎日見ていた空が 変わった

の、曲で、思わず、私は長崎の空を見た



信号が赤になる度に空を見てしまった。
そして、私もまた、
あの時から、


空が私を見つめるようになった

ことに気がついた。


苦しい時の一歩は 心細いけれど
その一歩のところに 新しい世界が広がっている

知らない街の夕暮れ 寂しかったけれど
私と一緒に 歩いて下さった人がいた



いつだったか きみたちが 空をとんでゆくのを見たよ
風に吹かれて ただひとつのものを持って
旅する姿がうれしくてならなかったよ
人間だってどうしても必要なものはただひとつ
私も余分なものを捨てれば 空がとべるような気がしたよ


🌸

生きていると
色んな出会いが待っている、
ステキなCD、
うた、本、人、、、

一瞬こころが空いろに輝く
背後で、
出会わせてくださった
神さまの大きな笑顔が漂う、

ステキなCDりがとうございました。

V(*^_^*)V

生きててよかった、
と、思える一瞬でした。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 曇りのち、雨、、 | トップ | 人生の保証書 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL