長崎めぐみ教会 tearoom 2

日本イエス・キリスト教団 長崎めぐみ教会から、楽しいお知らせ、牧師のつぶやき、日記、メッセージなどお楽しみください!

聞いてください~

2017-04-23 22:18:25 | ひつじかい日記(2)




2017年4月23日(日)

今日私は小倉教会のご奉仕で、
昨日から一泊どまりででかけました。

「駅付近の宿をとってください」
との敬愛なK牧師からのご用命で、
インターネットを駆使して、
私は2900円で目立つ建物の宿をゲットして、
我ながら、ヤッタ! V^0^V
と、思っていました。

夕刻、
まだ、何とか、建物が見分けられる頃、
小倉に着き、
駅の案内の人にお聞きしたとおりの道筋を歩いて、
結構のっぽで目立つそのホテルに行き着きしました。

けれど、
PCで見た雰囲気とは少し違っていて、
その時もチョット、不安が走りましたが、
「まあいいか」
とフロントで手続きをしました。

受付カードを渡すと、
「3900円前払いです」
と言われ、
「え、2900では、」
と、思ったのですが、
言いたいところを抑えて、
「もしかして、私が間違って覚えていたかもしれない。
ああ、ぱそこんのデーターをコピーしたものを持ってくるべきだった!」
「まあ、3900でも、そんなに高いわけではないのだから、」
と、自分に言い聞かせ、
言われるまま、3900円をお支払いしました。
でも、心がチョット納得が言っていなかった、というのが正直なところです。


お部屋に入って、
これまた、チョット、ガックリ、
こんなこというと、失礼かもしれませんが、
旅好きの私が今まで泊まった宿のワースト3に入りそうな感じだったのです。
でも、
思いなおし、
かぎはチャンとかかるのだし、
ベッドのシーツは綺麗だし、
バスもトイレも1人がピッタリ入れるのだから、
イイじゃない、と。

ともかく眠ってしまえば、
すぐ、朝だから。

K牧師から、
挨拶のお電話を頂き、
「そこの宿はチョット、あまりよくないかもしれませんが、」
と言われて、
「ヤッパリ~」
と、思い、ヤハリ、K牧師が推薦してくださったところにすればよかった、カナ?
という思いが脳裏をかすめましたが、
「イエ、イエ、大丈夫です」
と、返答し、
ささと、その夜は眠ってしまいました。



礼拝後の、なごやかな教会の皆さまとのお交わりも終え、
若いチャーミングなK牧師夫人に車で駅まで送って頂き、
3時の高速バスに飛び乗って、愛する長崎に帰る頃には、
ホテル代のことは80パーセントほど忘れていましたが、
自分の部屋に入り、
机の前に張っていたホテルの予約票を見ると、
ナント、そこには3900円とチャント明記されていたのです。

私は、フロントで、「2900ではないのですか?」
と、言わなくて良かった、と、胸をなでおろしました。
思い間違いってあるんだから、
・・・ともかく、変なことを口走らななかったことを
神さまに深く感謝しました。

瞬間的に自分の考えが正しいしことを主張したいものですが、
今後はもっと、一呼吸おいて、
神さまにそのことを言うのが良いことか、良くないことか、
問つつ人との対応もしてゆく必要があるかもしれない、と、思ったことでした。

3900円と書かれていたのを見た時の、
その時抱いた自分の気持ちを忘れないようにしなければと思い、
小さなことかもしれませんが、心の内外に、明記しておくことにしたのです。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春はようよう、 | トップ | 緑の光の中で »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ひつじかい日記(2)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL