恋する発電所

ゆったりと綴る・・・・日々の気づきやありがとう♪
Yahooブログから「つぶやき」と「詩作」の部分だけお引越しました☆

時間は かかるかもしれないけれど・・・

2017-03-20 13:30:52 | 日記

わたし と あなたが・・・・

お互いの 心の距離が近くなったのは

 

あなたと 昔の彼女さんが

完全に

終わられてから

 

少なくとも

きちんと 話し合いをされて

きちんと かたが付いてからだった

 

私が 奪った とか

あなたが よそ見 や 浮気

したわけでは なかった

 

だから・・・・

 

あなたの 昔の彼女が

あなたが 率いている会社の中で

もしかしたら

お仕事における 片腕のおひとりであるかもしれない・・・・

それは 知っている

 

でも

だからといって

「その立場」を利用して

 

関係がうまく行かなくなって

「彼が」  彼女と彼の 関係の形がかわること を

告げた

決めた ことから

 

すこしだけ

かわいそうに想っている

 

重ねた 

10年という 月日から

生まれていたであろう 愛着から

 

彼の心にくすぶっている

「あなた」に対する 罪の意識のようなものとか

可哀想なことをしたのか?という 申し訳なさとか

 

「それ」があるのを 知っていて

「それ」を利用して

わざと

 

私たちに とって

 

今 彼の一番 傍にいる

私にとって

彼との 大切な日に 

 

 

「同僚」である立場を つかって

無理に 会ってもらったり

 

「彼の中の罪悪感」みたいな物を  

利用して

会う約束を 取り付けたり

 

 

”けんか”をふっかけてみたり

”心理的に” わざとからみついたり

 

”何かに 取り憑かれた体(てい)” で 

彼に きつい言葉を吐いて

 

さらに 「そうさせてしまった・・・。」という

罪悪感を抱かせたり

彼自身が自身を責める出来事を作ったり

 

 

(そうでもないかもしれないことを)”大事な話”

称して

 

私たち

”その日”に逢わせないようにしたり・・・・

 

 

facebookで

わざと

”あなたたちにとって 大事な日”に

会って貰っていたのよ!

とわかる 記事を あげたり・・・・

 

 

 

”ネガティブ”なことを もって

ぶつかってくる人

 

わざと

”そこ”に引き込もうと

する人の行為は

 

【私が しっかりして】

ちゃんと スルーしていれば  大丈夫!

(受け止めず、相手にせず、目の前を通ってゆくのを 意識しない・・・ということ)

強くなるんだ!と思っていた

 

でも

やっぱり

「その人」の

あてつけのように アップされる記事が 嫌い

その 「底意地の悪い」

    「邪魔してやろう」(ご自身の心が曲がって、くすんで、汚れてしまっても・・・)

という気持ちに 怒りが湧いてしまう

 

そして

彼に対する  昔の彼女からの行為を

そういう風に 見て取ってしまう

私のこころは 偏ってはしない?

とらわれていない?

自身の了見と 世界の狭さ

こころや優しさの 器の狭さ 小ささ

に 想い馳せて

悲しくなってしまったりも する

 

 

(彼の   昔の彼女さんだって)

本来は

素敵なところを持っていたはずの人なのに

 

「彼」の

素晴らしさ

弱さ

素敵なところ

想っていて

大好きで

大切にしたくて・・・・・・

 

それは

私も 彼女も

(重ねてきた時間や彼と培ってきたものはちがうけれど)

同じのはずなのに

 

どうして

愛しかった人

大切だった人を

「関係性」が変わったからといって

傷つけたり

困らせたり するのだろう

 

 

だけど もういい

だって 

私にあてつけに

みせつけたくて

あげられた記事や写真 からも

 

彼が 実は花粉症で この季節悩まされることもあるとか

どんな色味の 花束が 好きなのか

とか

私の まだ知らない・・・

彼を 知ることができたし

 

なんにせよ

これから

一緒にいる 時間を増やしてゆこうと

共に 歩んでゆこうと 決めたのは

「私たち・・・私と彼」 なのだから

 

添い遂げる 恋には

添い遂げる 愛には

 

「誰も」

巻き込まない

 

「誰にも」 巻き込まれない

 

これは 私なりの

(大切な友人に教わった・・・・)

”大人”の基本 だと思う

”あるべき姿” だと思う

 

彼との時間を

昔からの立場を利用して

かざして

うまく 会えたのよ

(あなたは 今日、大事な日に会えなかったでしょう?・・・)

とあてつけに アップされる記事が

偶然 タイムラインに上がり

目に付いたときには

 

気になるときは あるけれど

悲しくなるときも あるけれど

そのときは

気にしても いい

逢いたかった日を 邪魔されて

逢えなかったことを 悔しく 想っても いい

少し 泣いたって いい・・・・

 

我慢せずに

感じること

嫌だ!と 感じることを

自分に 許してみよう

 

そのほうが

きちんと あとから・・・

 

自分と彼 との 付き合いも

つながりも

明るい方に 導いてゆける と

わかったから

 

ひとりで 泣いて

我慢しても

少しも プラスにはならないから

自分のなかに 湧いた感情は

きちんと 受け止めて

感じきろう

 

だって

あてつけに上げられる 記事からも

私の知らない 彼の好みや 苦手なことが見つかるし

くやしいことばかりでは ない

 

私は

どんなことがあっても

彼女がするような

人の邪魔をしたり

よこしまなことはしないし

できない ということも

あらためて わかったし

 

~いつ、また あてつけの記事があげられて~

「あなたたち(私と彼)にとって 大事な日の邪魔ができて、(立場を利用して、活かして)彼に、今日、会えたのは”この私(昔の彼女)”よ。」

と 嬉しそうに記された その記事をみなくちゃいけないんだろうか

少し 怖くて

構えていた日もあったけれど

 

そんな 彼の  ”昔の彼女”から 吹っかけられる行為に

”怖い”とか ”怒り”とかが

自分のうちに あったことがわかり

 

 

『彼の  昔の彼女さんの人間性をうがってみてしまうこと』・・・・でも、事実は、時折”大切な日”を邪魔されていた

 

自分の内側でしか

本当は 言葉にしてはいけない

本来なら

人として 疑ってはいけないのだけれど

 

 

それすらも

こうして

書いているうちに

落ち着いてきて

いろんな発見ができた

 

あぁ

他の人(彼の  昔の彼女さん)に

どんなことを吹っかけられても

 

私が

私たち二人が 互いの気持ちや想い

立場の 複雑や大変さを

理解して

分かり合っていたら 大丈夫なんだと

わかった

 

 

さぁ

彼の 昔の彼女の

あてつけの記事に 泣きそうになったり

くじけそうになったこともあった

そんな 私とは さようなら。

 

 

自分が好きになった 「あなた」を信じて

「あなた と 私」の ことなのだから

”二人の間”のことを

しっかり 守り

見つめてゆけば いい

 

 

彼の  昔の彼女からの 

意地の悪い 行為からさえ

 

大事なこと

いいことに

かえって

気づかせて もらった・・・

 

 

落ち着いて

信じあって

彼とわたし

ふたりで 歩いてゆこう

 

ちいさな 了見の 私にも

さようなら

 

彼とふたりで

大切な時間を 紡いでゆくのには

きっと

必要が ないものだから

 

 

彼のように

大きな 愛のひとになりたい

彼に 

ふさわしい 自分になりたいから

 

 

彼と ふたりで 歩く人生の時間の中で

 

いつか

ずいぶん 時が経ったとき

 

この記事を

 

そんなことも あったよね

微笑んで

やさしく

消去するときは きっと くるから

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チリも、積もれば・・・・ | トップ | とりとめがないかもしれない... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む