ありのままに…

ぼちぼちとマイペースで。。。

ゴミ屋敷。

2016-11-19 23:55:46 | 日常
最近、生活で訪問している男性の利用者

さん。

2,3年前に奥様を亡くされてから

何もかもやる気を無くされ、

家事も全て奥様がやられていたのか、

家の中がぐちゃぐちゃ。。。

一時はゴミもまとめて、収集場所に持っ

て行ったようだが、

「分別がされていない。」とチェック魔

のご近所の方にゴミを戻され、

それ以来、自宅内に放置したままだった

ようだ。

地区の民生委員の方がいろいろお世話を

して下されば良いのだが、

お町では、お隣同士関わりたがらないの

かも知れない。

しかも、こんなに汚いお宅の方と

は。。。

市にも相談しても良かったのにね~。

誰も言わない。

言えないのか。。。

結局、生活介護の方でなんとかすること

になり、

大変な仕事、嫌な仕事は、私の所へ回っ

て来る。。。汗


毎週火曜、一時間。

今週までに3回訪問し、

最初は、寝室が下着など衣類がぐちゃぐ

ちゃに散乱しており、

タンスは、昔の衣類、亡き奥様の衣装で

いっぱいで入らず。

カゴを見つけて来て、その中に畳んで

とりあえず、入れ、

布団を畳んでもらい、掃き掃除。

マスクとゴム手袋をしっかりとさせても

らった。。。

(掃除機を探したが、

「多分、どこかにあるはずだが、、、」

と言いながらなく、結局、後から出て

きたが、ゴミパックのゴミがいっぱいで

吸い込めず、あきらめた。)

あと、風呂掃除をして(案外、風呂は綺

麗にされ、入浴されているようだ。)

その日は、終了。



2回目。

最初に書いた通り、何せ、室内にゴミが

散乱している。。。

分別から間違っており、一から教え、

とりあえず、分別できる所まで一緒に

やってみた。

長野市は、主に可燃ゴミ、プラゴミ、不

燃ゴミの分別袋に分け、

更に、缶、ペットボトル、ビン、使用済

み乾電池、新聞雑誌類も収集があり、

細かく分けられている。

今までやりつけていない人は面倒かもし

れない。



2年前のぐちゃぐちゃになったお惣菜の

残りのパックが出てきたり、

腐った野菜が出てきたり、

可燃ゴミ袋の中からネコ缶が出てきた

り、(寂しいせいか、のら猫に餌付けし

ているよう。。。)

ゴミあさりでやんなってしまうけど、

仕事なので仕方がない。。。(涙)

回収日に口を縛ったゴミ袋のみゴミス

テーションへ持って行ってもらうように

頼んだ。


そして、

今週3回目、先週のゴミは何もゴミチェッ

クされず、回収してもらったようだ。

良かった!!

今回も同じようにゴミ袋の中をあさり、

ゴミの分別。。。

汚いが、徐々に床が見えてきた感じで

す。

よく都会で、ゴミ屋敷が問題になって

ニュースになっているが、

あそこまではひどくはない。。。

他所からゴミは持って来ないからあの

ニュースに比べれば、まだマシ。。。

真夏でなくて本当に良かったと思う!!

利用者さんとも、『少しずつ片付けてい

きましょう!!』ということなので

ゆっくりとやっていく。

そのうち、ゴミの分別も覚えて下さるだ

ろう。。。?

私もがんばるゾ!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリスマスの小物。 | トップ | 信学会模試テスト。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
生活介助は・・・ (ま~ちゃん)
2016-11-20 08:55:47
お疲れ様です。

「何でも屋」ですね・・・

生活介助だから、掃除洗濯調理等は仕方が無いですね。

介護保険が必要なご利用者じゃなければ
ヘルパーは使えないですから、
そうなる前だとしたら、「家政婦」を雇うしかない。

今後、生活介助は自費扱いになるとも言われていますから、こういった仕事も「自費」になると思いますよ。

いずれにせよ、公費ですることではないと私は思いますけどね・・・今の制度では仕方が無いか。。

がんばってください^^。
ま~ちゃんへ (杏)
2016-11-20 12:24:35
こんにちは♪

その方、まだお元気なので公費でなんて利用する資格なさそうに見えるのですが、
まっ、こういうやり方でないとご近所の方々に迷惑をかけるからかな~。と親族も思ったのかな?
ワイドショーで観ている市の一斉撤去とかもありですが、そこまで外がゴミだらけではないので、
私達がやるしかないのですね。
『介護介助が無くなる。』と聞きますが、いつになるのですか?
進展なさそう。。。
ありがとうございました(_ _)

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL