witch's knitting room

放置ブログ、とりあえず引越中(^^;)

お花のポットホルダー 〜Pretty Petals Potholder〜 (やっと)完成♪

2017-07-06 22:10:03 | FO home accessories
pppot_f1
pattern ; Pretty Petals Potholder #9378 (pattern link)

size ; 15.5cm diameter
yarn ;
Flower side - JP3(2.3mm) hook
 Pierrot yarns New Fresco Lino Fine / 150m/50g / 100% linen / 10e french rose / about 27g
Wrong side - JP4(2.5mm) hook
 Puppy Cardellino / 110 meters / 50 grams / 55% Linen, 45% Acrylic / 9 red / about 15g
tension ;
date ; from 13th October 2016 to 24rd April 2017

去年michiyo先生デザインのポットホルダーを編んだ時に「編むよ」言っていたものです。
その後すぐに編み始めたのですが、パターンでは「お花を2枚編んで、外表に重ねて綴じる」てな造りなのですが、両面びらびらなポットホルダー別に欲しくないし、ということで止まっていました。
けれど、そのまた残り糸を使いたい都合がでてきたので、春先に仕上げました。
 
pi_nflf_p
またもリネンで編みたかったし、お花のデザインだから可愛い色、てことで「パイナップル編みのプルオーバー」を編んだ時の残り、ニューフレスコリーノフィーネを使いました。

103のフレンチローズです。
 
pppot_02
パターンではレース糸系を使って針は 1.65mm指定、日本だと、レース0号が1.75mm、2号が1.5mmだから、私の仕上がりよりはもうちょっと繊細な感じでしょうかね?私はフィーネさんに合わせてカギ3/0で編みました。
英語のパターンで、書き方がかなりざっくりしていますが、その通りに増目しながら繰り返していくと、お花になります。長編みの円を編んで、頭の手前側の筋に花びらを編み付けていきます。で、向こう側の筋には円の続きを編むというか。↑編み上がりうねうねですが(^^;)うねうね脱出=早く仕上げたくて一気に編んだ気がします。
日本の本でもこういうお花の編み方をいくつか見てみたのですが、先に円を編んでしまって、その上に鎖編みを花びらの土台として編み付けてあるパターンもありました。それと比べると、糸切ったりしないで土台と花びらを同時に(交互に)編むだけなので、好きな大きさのところ、花びらの出具合のところで終わらせることができます。
ラベリーで見ると、色々な方が色々な太さの糸で編まれているのがまた面白いです。

pppot_01
↑この写真は手アイロン(^^;)で形を整えた様子
pu_cardl_r1
裏側には何年か前に買ってみた福袋↓に入っていた、パピーのカルデリーノを使うことにしました。2玉入っていたけれど、赤系得意じゃないのに何に使うんだ??と思っていたので、今回使えて嬉しかったです。

ちょいとお値段が変わったんですね(^^;)

pppot_1
ここで放置していたんですが、「仕上げるぞ!」いうことで、再開してカルデリーノで左側の長編みの円を編みました。糸がフィーネさんよりは太いので、針はカギ4/0号を使いました。
下田先生の本↓を参考にしました。表紙のネットバッグのケース部分。
かぎ針編みっておもしろい―編み出したらとまらなくて…ぐるぐる、ぐるぐると編みます
下田 直子
文化出版局
ちょいとイレギュラーなところがあって、不思議な編み図ですよ…こういうのしょっちゅう編んでいないので余計そう思うのかも?
 
pppot_f2
多分引き抜き綴じで合わせて、外側繋いだだけだと中央がぶかぶかして形が安定しなさそうなので、花びら3枚目の影↓に表から二枚重なった状態で引き抜き編みをしています。
pppot_f3

仕上げてから、花びらの具合が↑暴れていたしリネンだし、いうことで、洗いました。(↑写真はスチーム後)

pppot_f5
吊るした様子。
可愛いのですが、やはり段の変わり目が少し線状態に目立ちますね…てことで、別の似たようなパターンを編んでみようと思って、それ編んでからブログアップのつもりでいました。
 
enzapot_1
で、編んでみました(右側)左側はニューフィーネフレンチローズの洗った後(スチーム無し^^;)、右側の糸は、キューフィーネの14番、ルビーレッドを使いました。こっちはあみっぱなし状態。


pi_frefi_ru2
カメラの苦手な(うまく写しにくい)色っぽいです…

パターンは、この本↓から
改訂版手編みの円座・角座 (レディブティックシリーズno.3352)
クリエーター情報なし
ブティック社

表紙のピンクのヤツです(^m^)

昨年引越しましたが、最寄の図書館には円座角座の本が多いんです。
これまで殆ど興味が無かったジャンルなのですが、michiyo先生ポットホルダー編んだ時の画像検索なんかで、デイジーのコースター系の円座がひっかかってきたりして。
円座と角座 (レディブティックシリーズ no. 2755)
クリエーター情報なし
ブティック社
↑この本の表紙の右上のヤツとかそういう系ですよね。
 
草花の手編みざぶとん: かぎ針で編む 華やかであたたかい
クリエーター情報なし
誠文堂新光社
先シーズン出た↑本には、ニューフィーネフレンチローズのポットホルダーと似たデザインのものが載っています(段の変わり目の目立ち具合とかが^^;)ダリヤ、いうことで、毛糸はピンクの縞と黄色のグラデで可愛く仕上がっています。

てことで図書館でめくって編み図を見て、おお、これは編まねば、お花おそろにせねば、と思っていたんですがなかなか(^^;)で、やっと編んだんです。
こちらは岡本啓子先生のデザインで、花びらは鎖編みに編み付けてあります。なので、裏側はごっついネット編みの感じになっています。元ネタは円座というかスツールカバーです。丸椅子にかぽっとかぶせる感じに仕上げてあるようです(二枚合わせて綴じる形ではない)
 
enzapot_2
フレンチローズの方とは違って花びらの重なり具合がきちんと交互になってて可愛いわ、と編み進めていきましたが…編み図の花びらの段を最後まで編んで、ちょうど1玉使ってしまいました(-_-;)フレンチローズの方は27g使用ということで、それよりはずいぶん重たい…

enzapot_3
裏はネットなのですが、花びらの密度が高いんでしょうね(^^;)可愛いけれど、計画通りにポットホルダーに仕上げるべきかちょっと悩んでしまって…

懸念の立ち上がり位置は、完成した方よりは目立たないけれど、スパイラル状に入ってはいますよね…ちょっと編み図の見方が立体っぽいため解りにくくて、「これでいいのかな?」と推測で編み進めたのですが、多分合っているはず…

そんなわけで、しばらく観賞妄想用の物体としてこのまま放置されそうですが、ちょうど大きさも双子的に編めているし、多分また裏にカルデリーノを使ってポットホルダーにするでしょう(^^;)
仕上がったらアップしましょう(^.^)イツダヨ

pppot_f4
けど、円座の方はスチームあてたら逆に可愛くなくなりましたよね(-_-)洗わないで仕上げちゃお、って思ってたのにな〜
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

連続編み四角モチーフのプルオーバー (あのまま)完成!!!(^^;)

2017-07-02 21:20:38 | FO Camisole or Tops_SS
cons_sq_f1
pattern ; #7 連続編みモチーフのプルオーバー from 世界の編物 2010 春夏 by 風工房

size ; as in pattern?
yarn ; Olympus Verger / 93m/30g / 88% Cotton, 10% Silk, 2% Polyester /col.9 ecru / 6.6balls = 198g (about 614m)
hook ; 3.5mm(JP6/0), 3.25mm, 3mm (Japanese 5/0)
tension ; as in pattern
date ; from July 13th 2015 to June 30th 2017

世界の編物 2010年春夏 (Let's knit series)
クリエーター情報なし
日本ヴォーグ社


以前得意の「ほぼ完成」で記事をあげた、連続編みモチーフのトップスです。
ここのところ脱線ばかりで完成品が無いので、なんかネタないかな〜と思っているうちに、放置物件を思い出しました。
↑その前の記事に言いたい事はほぼ書いてあって、残り糸12gで袖に飾り(太腕対策)を付けたかったのですが、対策にするには糸も少なくて中途半端になりそうだったので(思い出すと去年のレース針0号のヤツも対策で結構糸を使った)、少し編んで放置されていました。てことで編み図通りに仕上げる決意は出来ていたので、「あ、アレ糸始末して完成させよ♪」って(^m^)去年やればよかったのですが、なんだかんだで出来なくて、一昨年のヤツがやっと完成です(-_-;)
糸始末していて思った事は…うーん、私、多分編み間違えたところで数模様先で気付いた場合は、ほどいて編み直すのではなく、その部分の糸を切って部分ほどきで直しているんですよ。部分ほどきってなんだよ、いうところですが、編地に穴をあける感じと言えばわかります??、一カ所直すと、糸切った分ちょびっとは足さないといけないので結び目は2カ所に、てことで、糸がブツ切りになって短い結び目が何カ所かあって。そんなにたくさんズルしたわけではないけれど、まる一年以上間を置いて見ると「なにこの結び目〜〜」って感じで。
ほどくのは嫌いなのでそれよりはブツ切りで直してしまいますが、かぎ針編みはとにかく編み間違えないようにするのが大切ですよね。マーカーもたくさん用意出来たし、マーカーを適切に使いつつ、注意して編み進もう、と思いました。連続モチーフでは、ひとつのモチーフの中心のこま編みやら長編の目数を必ず確認してから進めるのが一番大切だと思います。当たり前の事なのだけど、模様に慣れてくるとそのあたりがついおろそかになってしまうので(^^;)

写真も前ので十分かな〜と思うので、↑トップのは使い回し。あとは、着画を撮影してもらいました。
cons_sq_w1
オリムパスのベルジェを使って、今回の色番は段染め感はほぼ無いです。
クッションカバー状態ですが、首の開き具合とかモチーフの大きさとのバランスがよいのでしょうね。きちんと綺麗目に着られるサイズ感で、気に入りました。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

編み物 春夏糸 オリムパス ベルジェ価格:604円(税込、送料別) (2017/7/2時点)

あと2色持ってるんですよね…(^^;)紙芯系でかさばるから編むもの考えないと(^.^;)

と、いうのは、先日パピー下北沢で、毛糸だま夏号に掲載されたモチーフつなぎのキャミソール(これ)を見てきたのですが、脇の開きは大きいし、前後のモチーフは半円にぺらっとめくれてしまうし、可愛いけど綺麗目には着られないな〜と思って…リノフレスコは大好きな糸(けど何も編めては居ない)だけど、編地もちょっと繊細さが無くて…カギ4/0でさくっと編み上がる感じではあるのかも?ですが…一緒に展示されていたベストの方(これ)は繊細でよかったです。コットンコナファイン、レース2号使用。実用的にはざぶっと洗えて乾きの良いリネンの方が好みですが、撚りのきついコットン糸の方が模様はきれいに出るのでしょうね…

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

キム・ハーグリーヴスの本 WilderよりCloudy完成!!

2017-06-29 23:13:01 | FO KimHargreaves_SS
cloudy_f1
Pattern ; Cloudy from Wilder by Kim Hargreaves

yarn ; AUSTRAL(FRANCE)/BELLE ILE / 85m/50g / cotton 100% / 81 blue gray / 10.7 balls
size; M
needle; 5.5mm & 5.1mm(JP10)
date ; from May 5th to June 16th, 2017

Wilder
クリエーター情報なし
Kim Hargreaves


前記事の後、早く洗いたいのでとじはぎはしたのですが、暑くなったのでボタン付けで放置されていました(^^;)

cloudy_f11
汚れの件は、ハイベックで洗っても、濡れた状態ではちょっと気になる具合だったのですが、乾いたらより目立たなくなりました。着ちゃったら全然気にならないです。


 
cloudy_f2
ボタンは、予定通りミルクティーっぽい色のビンテージシェルボタンを付けました。今回は力ボタンで、裏のテープとかは無し(^^;)

cloudy_f3
後身頃が前身頃より少し長いデザインで、脇スリットがあります。どうかな?思いつつそのまま編みました。
 
着たところは…最近喜んで撮影してくれる人が居ないのでmaccunにお願いしたのですが、ピントが合ってる写真が少ない(^^;)(風景にピントが合ってる…)なので、雰囲気中心ってことで…

cloudy_w1
今回は、着丈袖丈が長くなりすぎないように注意して編みました。去年Valeを編んで、その時も袖が長過ぎにならないように気をつけたのだけど、今回も。

cloudy_w2
脇スリット後ろ長め、はこんな雰囲気です。

ちょっとこの時期着るには厚手なのですが、この日はあまりにも日差しが強かったので車の中で日焼け防止にも着ていました(^^;)そういうもうちょっと薄手のカーデも編まねば。最近夏はビーズ編みやらアンダリヤに流れて着る物があまり編めないので(^^;)
色は薄めで割と合わせる物を選ばないかな?と思っていましたが、特にこの去年買ったユニク/リバTにぴったりです(^.^)
着丈も本の感じに仕上げたので、スカートにも合うかな?と思っています。もっと涼しくなったらまたピントの合った写真が撮れるといいのですが…
ざくざく編めるゲージで、けどバルキーに見えないデザインかと思います。とてもおすすめ。ただ、指定糸廃番だし、代替糸がどうなんでしょう…?ハセガワのアマヴィーレはどうだろ??ちょっとローゲージになってしまうか??同じ系統でギンガリリヤンもよいかも?ですが、こちらだとちょっと暖かそうにできちゃう??ギンガリネンリリヤンもよさそう??アマヴィーレはお試しで買ったけど何にもなってないし、ギンガリリヤンとギンガリネンリリヤンは手元に無いので、画像とデータでの判断です…

追記、そうそう、ジュリアでも編めるかも?って思いました。麻だからざくざくっとしても大丈夫ですよね??

買ったけど何も編んでいないうちに在庫限りで終了って(^^;)

ついでに、エトルタ帽でかボーダーバッグを合わせた写真も撮ってもらいました。
etretathat_wb
でかボーダーはとにかく気に入っていますが、「アンダリヤワンシーズン説」を聞いてしまうと、2号を編む計画をたてざるを得ないです(^^;)アンダリヤは何色か在庫していますが、ボーダーにしたい色の糸は持ってないし。けど新色も出たりするんですよね。また夏のセールで出会っちゃったらそれ想定でストックしよう…(おいおい…)
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

「夏色のかごトートと帽子」より11リボンのバッグ完成!!!!!

2017-06-26 10:54:31 | Andaria エコアンダリヤ系
ribbon_f1
pattern ; 11 リボンのバッグ by 橋本真由子 from 夏色のかごトートと帽子(2015)

yarn ;
Hamanaka eco Andaria span / 91m/40g / 64% Rayon, 36% Polyester /col.705 navy with gold sequin / 7 balls
Hamanaka eco Andaria raffie / 83m/40g / 100% Rayon /col.612 navy / 0.9 balls
hook ; 3.5mm & 3.0mm (Japanese 6/0 & 5/0)
tension ;
date ; from May 31st to June 13th, 2017

夏色のかごトートと帽子 簡単テクニックで編む (別冊家庭画報 手編み時間)
世界文化社
世界文化社



ribbon_3
目数が多くてなかなか進みませんでしたが、前記事より編み進んだ様子。
こま編みで編んでいて、どうしても編地が斜めにずれていくので、増目の位置は立ち上がり位置を基準にするのではなく、増目の段が来る度にマーカーを付けて中心になる位置を決め、そこから振り分けて決めました。前に「ほぼ(^^;)完成」としてあげた楕円のマルシェバッグ(あのまま放置-_-;)でも同じ事をやっています。って、アレも内袋は付けない決意がほぼ固まったので、持ち手付けて使おう…
 
ribbon_4
これで5玉終了、な図。結構糸を食ってしまって、あと2玉では足りないかも?と焦っていました。
ちょっとハイゲージに編み過ぎたのかも知れません…これでも指定の深さに少し足りないのですが、なんとかタックは取れそうでした。焦ったけど、ほどきたくはなかったので、なんとか仕上げる方向に目数段数使用量計算しまくりました。
ここからタックを取るので、このあとスチームをあてました(=ほどかない決意)

ribbon_5
こちらはタックを編む段で仮止めした様子。マーカー大量投入ですね(^^;)クリップなどで留めてもいいかもですが、細かい部分なので目単位で押さえられた方が間違いないなって。

絶賛愛用中です。アンダリヤには針先が尖ったものだと、糸にプスッと刺さる→糸が裂ける切れる、という危険があるので、こういうプラスチック製のものが安心です。ま、アンダリヤスパンはスパンコール糸が巻いてあるので、裂ける切れる危険は少ないんですがね。

そうそう、タックを取る時も、立ち上がり位置から目数を数えるのではなく、中心の位置を目視で出して、出来たものの中心にタックが来るように調整しています。
 
ribbon_6
タックをとる段を編んだらリボンを形作るために鎖編みで穴を開けておいて、リボン部分→持ち手部分と続けて編み進みました。この部分は筋編みの指定になっています。
筋編み部分は編地はあまり斜めになっていません。編地の構造上そうですよね、こま編み部分は仕方ないですよね。↑スチームあてで少しは改善されたのですが。
それでも、持ち手を作る時もまた中心を出し直して、持ち手の位置がずれないようにしています。
ここまで編み終えて、リボンの形を作る前にまたスチームをあてました。
手順がやや複雑ですが、このデザインには写真でプロセス解説があるので、スムーズに編み進められると思います。
けれど、その楕円底のものを斜めに編み進む時に、編み図の通りの位置で増目をして斜めにねじれた編地にならないのか?そのままタックを取ったらレザー底に対してずれた位置にタックが来てしまうのでは??と思いました。そういう調整は一切書いていないのでね。というか、写真解説もあるのなら、少なくとも工程毎に「ここでスチームをあてる」の一言があったらよいと思います。

下田直子のビーズ編み<復刻版>
下田直子
日本ヴォーグ社
「下田直子のビーズ編み」に、楕円底のがま口で長辺部分にギャザーがあるデザインが掲載されていますが、そちらの編み図では、編地が斜行した場合はギャザーの位置をずらして調整する、という注意書きがあります。この一言があるのと無いのとでは、仕上がりが全然違います。
そういうところが難しいのもあって、マルシェバッグ系は真円の形の底のデザインが多いのかと思っています。
 
そ、それで、糸足りない問題ですね、途中途中の計算の結果、どう考えてもリボンを作るパーツの分は足りなかったんですよ。そのパーツを共糸で先に編んでみたのですが、1枚で10g以上使っちゃうし、2枚必要だし、てことは半玉も必要ですものね。飾りと言えば飾りなのに(^^;)

ham_adrf_nv1
そんなわけで、足りない分は去年買っておいたエコアンダリヤラフィーの紺を使うことにしました。
前に(マトリョーシカの時?)書いたけれど、スタークロッシェとかモチーフ物編むのによさそうだし、と何色か&バラ玉っぽくも押さえおいたので。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

編み物 春夏糸 ハマナカ エコアンダリヤ ラフィー価格:573円(税込、送料別) (2017/6/26時点)


ham_adrf_nv2
発掘したら、色目の違いはそう無さそうなので、これでいいわ、と思って。以降、安心して編み進められました(ほどかない覚悟、スチームを心おきなくあてられる)
ribbon_f2
結局、ラフィーはリボンの中心部分と、持ち手〜入れ口部分もちょっと足りない感じだったので、2段分ぐらい、持ち手周りの補強に使いました。ほぼ1玉ぐらい使ってしまいました。
 
ribbon_f3
持ち手周りの補強、は、持ち手の最終一段に引き抜き編みをして、手を通す部分もリボンの形にまとめる前にぐるっと穴周り全周に引き抜き編みをしています。去年でかボーダーバッグを編んだ時に同じ処理をしたらしっかりして良かったので、今回も。
ラフィー使用部分はスパンコールが無いですが(^^;)言われなければそうわからないかな?と思います。この部分、色が合わなかったらいっそバイカラーで、とも思っていました(^^;)
そうそう、今回はカギ6/0で編んでいましたが、ラフィーはこれまた目を引き締めづらくて、リボンの部分は5/0で編みました。ここは往復編みの筋編みなので、本体よりも凹凸がある感じになっています。ラフィーは初めて編みました。編みやすさは???ですが、編地は綺麗だし、ここで試しておいてよかったです。玉の内側から取り出すと撚りがさらにきつくなって編みづらいとか、裂けたり切れたりしやすいのは意外と普通のアンダリヤと同じレベル、ということを覚え書き(^^;)
 
ribbon_f5
でかボーダーとの2ショットこんな感じ。でかボーダーより一回り小さめで、大人っぽくおでかけ向きに仕上がったと思います。

ribbon_f4
中を覗いた様子。レザー底の穴はあるのでこれより細かいもの(ビーズとか??)は落ちますが(^^;)内袋無しで使います。口がすぼまって付けにくい形状というのもあるし、内側にもスパンがキラキラしているのでそれ隠すのもったいないし。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【レザーだ円底】ハマナカ手芸用副資材M便[1/4]価格:1000円(税込、送料別) (2017/6/26時点)


そうそう、アンダリヤバッグを編んだ方々から、「あまり長持ちせずワンシーズンぐらいで使い捨て」というような話を聞きました。これはどうなのでしょう??私は今のところ処分になったアンダリヤ物件は無いのですが、日常使いにはしていないからかもしれませんね。お出かけに持つけど、そんなに出かけないし(^^;)持ち手はボロボロになりやすそうなので、レザーにしたり竹持ち手のデザインを選んだりはしていますが、今回のとでかボーダーはデザイン的に共糸にならざるを得ませんから…大きさ的に(荷物の量的に重かったりして^^;)肩からかけることが多いので、手に持つよりは汚れ具合がましかも?と思っています。防水スプレーしておくと汚れが付きにくいかも?ですが、まだやってみていません。どうせ洗えなくて使い捨てっぽくなるなら、防水スプレーもぐぐっとかけちゃえばいいんですよね。そうだ、そうしよう♪
で、使い捨ての話聞いちゃうと、ますます内袋付ける必要ってあるの??と思ってしまう(^^;)付けたらそのぶん持ちはいいんでしょうがね。なので、私は網系レース系の穴が開くときのみつければいい、と考える事にします。
 
ribbon_w2
持つとこんな感じの大きさです。
口の部分が持つと少しすぼまるので、入れ口ががばっとならずに持てます。
 
ribbon_w1
肩にかけた時。
腕にかけるとやはりちとガサガサ感はあるので、肩掛けで使う事が多い気がします(^^;)

底はアンダリヤじゃないけど7玉使って、結構多いですよね…タックがある分、糸は余計に使ってるという事で効率的には(^^;)けどここが気に入りました。お出かけ用に愛用したいと思います。
編みものサークルのお友達に見せたら、レザー底の評判がよかったです。物を入れても底がだらっとしないというか。私もまた使いたいと思います。持ってる丸い方編んじゃうかな(^^;)玉編みづかいのヤツ↓(登録してある)に決めてるんですけど。



↓この本に載ってるヤツです
エコアンダリヤで編むかごバッグと帽子―おそろいで編めるキッズサイズつき
クリエーター情報なし
成美堂出版
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

2017年のバッグもの

2017-06-25 13:38:10 | Andaria エコアンダリヤ系
お世話になっております。Balloonの注文処理で更新が滞っておりましたが、落ち着きましたので(^.^)
Balloonの方は引き続き細々と、Hのお色以外は受け付けておりますので、前記事よりよろしくお願い致します。

先日エトルタの帽子を編んで、次はイロチの茶色で帽子を編もうと思ったんです。
帽子2個連続は萌えないので、おそろ的に持てるバッグを先に編むことにしました。
ham_raf_br3
糸は、去年だか一昨年だかお安く買ってしまったハマナカのラフトいう糸です。
ham_raf_br2
麻とアンダリヤの混紡で、すごく丈夫そうな糸です。他の色を先に買っていて、編んでいないのだけど、「いずれ編もう」と思ったデザインには先のよりもこの茶色が合いそうに思ったので増殖(^^;)

麻ひもで編むかごバッグ かぎ針あみ
クリエーター情報なし
日本ヴォーグ社


↑「麻ひもで編むかごバッグ」より、 Pの玉編みのバッグを狙っていました。アマゾンリンクの方の「なか見!検索」でちらっと見られます。
玉編みの大仏系は大好物なので(^.^)
本は、メルヘンアート系の糸を使ったバッグのデザイン集で、なか見!検索で大きく見られる表紙のバッグも素敵ですが…重いかな(^^;)

編図によると300g使用で、一巻 55-60gとありますから、5-6個必要なのでしょうね。本では紫系を使っていましたが、茶色だったら木の実っぽくて可愛いかな、と。
 
raftbob_1
ラフト、よい糸だと思うのですが、それなりに固くてはりがあって編みづらかったです。雑貨系のこういう糸を編み慣れていれば違うのでしょうけれど、私はそう編んでいないし。指定の通りカギ8/0で編んでいたのですが、引き締めるのが大変というか。
特に、玉編みの頭がどうしても緩んでしまいます。中長編みの玉編みで、引き締めが難しくて。いや、それ以前に玉編みの大きさを揃えるのも糸に寄らず難しいので、2回ぐらいやり直しました。それでも玉編み2つのV字がどうしても傾いてしまって。V字のはずが「レ」になってしまうというか…(レ写真は撮っていませんよ-_-;)修行と考えて編んでいたのですが、なかなか改善されず、無意味な修行に思えてきたので、変わり中長編みの玉編みに変更しました。「未完成の中長編みを3つ編んで、中長編み部分のみを一度引き抜いて、その後針にかかっているループと一緒に引き抜く」といったやり方です。割と新しい編み方というか、古めの本では使われていないですよね。レ問題は一気に解決した気がします(^^;)修行よりも、綺麗な編地になった方が完成品としてはありがたいです。

raftbob_2
てことで編み進めていたのですが、どうも、底の感じが本の写真のような丸みを帯びた形にならないというか…底の楕円がそれなりに斜めにねじれているので綺麗じゃないのかもだけれど、側面の玉編みの増目部分も、均等に増目していったら斜めにはなっても曲線にはならないよね…と思って。完成して物を入れれば写真のような形になるのかもですが、萌えない気持ちのまま編み続けたくなくなったので、何が違うのか考え直してまた仕切り直そう、と…


そんな感じで、茶系のバッグ断念→茶のエトルタ帽も保留、てことになったのですが、どうも、編み掛けたバッグを断念したのが悔しいと言うか、バッグを編みたい気分になっていたので、過去アンダリヤ本をざざざっと見返して、在庫アンダリヤ糸も思い出して、優先順位を再考しました。

ham_adsp_nv1
糸は、一昨年?まとめて押さえておいたエコアンダリヤスパンを使うことにしました。
ham_adsp_nv2
黒で姉用の透けマルシェバッグを編んで、ゴールド系で去年の本から長方形モチーフのバッグを編んで(仕上げは放置中-_-)今回のターゲットは紺に決めました。黒はシルバースパンコールでしたが、こちら紺はゴールドのスパン。またも大人っぽい感じに仕上がりそうよ、と思って。
 
夏色のかごトートと帽子 簡単テクニックで編む (別冊家庭画報 手編み時間)
世界文化社
世界文化社

パターンは、一昨年の本から、11番のリボンのバッグに決めました。デザインは橋本真由子先生です。マルシェバッグが有名ですが、以前の本でももう少しコンパクトなリボンのバッグをデザインしています。おソロ的な帽子もあるし。↓両方ともなか見!検索で見られます。
マルシェバッグとつば広帽子 (毎日使いたい! )
クリエーター情報なし
世界文化社

↓リボン帽子&バッグは去年出たベスト版の方にも再掲載されていますよ。
夏の帽子とかごバッグ ベストセレクション エコアンダリヤで編む
クリエーター情報なし
世界文化社

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夏の帽子とかごバッグベストセレクション エコアンダリヤで編む価格:1404円(税込、送料無料) (2017/6/25時点)



前の本のそれらもよかったけど、より大きいバッグが好きなので、今回のデザインを狙っていました。
一昨年の本にもお揃い的なリボン帽子が載っていますが、以前のと何が違うかというと…タックが取ってありますね。バッグ&帽子とも、リボン+タックです。
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【レザーだ円底】ハマナカ手芸用副資材M便[1/4]価格:1000円(税込、送料別) (2017/6/25時点)


数ある編みたいアンダリヤバッグリストから優先順位が上がったポイントは、レザー底使いだということもありました。
レザー底、買ったらさっさと使えばいいのになかなかそれができない…円も買ってあって、それは一応用途が決まっていますが、楕円の方はちょっと曖昧でした。で、今回使っちゃおうって。
ribbon_1
本では普通のエコアンダリヤ使用なので、スパンを使う場合は糸が細いのでもう少しハイゲージ、再計算が必要になります。エコアンダリヤで7玉のパターンなので、より細くて糸長のあるアンダリヤスパン7玉で足りるだろうと思って編み始めました。

ribbon_2
それなりの大きさだし、ハイゲージに再計算したのでなかなか進まないなぁ〜とインスタで愚痴った図…
緑しろたんのティッシュケースが入る大きさのカゴ状態だなぁって…

うーん、↑私は実店舗でセールになったの買って、もうちょっと高かったかも(^^;)帽子としてかぶるとさかなくんみたいになって笑えます

他にもいくつか居ます(^^;)maccunが大好きなので(^^;)

もうちょっと書く事もあるので、次回にしたいと思います。
 
Comment
この記事をはてなブックマークに追加