witch's knitting room

放置ブログ、とりあえず引越中(^^;)

気に入っていたセーター

2017-03-25 23:24:18 | 編物
私が物を捨てられない人であることは時々ぼやいていると思います。編んだものも溜まるばかりでほとんど処分されていません(^^;)

pu_p1_1

大学生の時に編んだセーターです。
↓マークパンサーが着るセーターの本から、指定の糸を買って編みました。
セーター・A フレンチ&カジュアル―マーク・パンソナ
クリエーター情報なし
雄鶏社

p1d_1
メンズノンノのモデルをしていた頃ですよね(^^;)
割と好きだったし、この本にはお父さんも出てきたりして、内容も面白かったです。見返すとデザイン、スタイリングとも好きなものが多いです。

編み物を始めた高校生の頃は、毛糸はだいたい聖地柏サンキで買っていました。大学生になってアルバイト代が入るようになってからは、長崎屋(今ドンキホーテ)の中にあったパピー専門店「クラフト1(ワン)」でもよく購入していました。といっても廃番糸などのセール品の山から発掘して購入する事が多かったです(今と同じ…^^;)。そうそう、お花のカウチンを編んだ時も「カウチンのキット欲しかったけど高くて買えなかったよ」てな話書いてると思うのですがったけど「高くて」とは書いていなかった。定価14000円ぐらいでしたかね?サンキに置いてあったかどうか、多分クラフト1を覗く度に見ていいなぁ思ってたんですよね…
思い返すと当時はアルバイト代が洋服代にもなっていましたが毛糸代にもなっていたと思います。このブログを見て下さっている働く女性達と同じですね(^^;)って今働いてない私なんなんだ…

p1d_2
てことでアルバイト代はあってもカウチンのキットを買えるほどではない、な私がどうしても欲しいと思って多分定価で買ったと思います。
それだけ思い入れもありますね。本にもクラフト1の値札貼ってありました。懐かしいな。
気に入って着ていましたが、色がアレなもんで「鯖みたいだよね」てことで「鯖セーター」と呼ばれていました。
当時から青系が大好きでした。で、店頭で本と同じ糸が入荷してるのを見て、どうしても欲しいと思ったんですよね…
玉巻器で巻いたヤツにラベルかぶせてみましたが、実物は100gの大きなドーナツ巻きでした。

taylor_1
指定の通りの量を買いましたが、余った糸があったので、毛糸だま1993年2月号(この頃毛糸だまは隔月刊だった…楽しみに買っていました)からテーラードカラーのジャケットを編みました。
多分大学生の頃に編んで着ていたと思うんですよね…今と同じで本を買った直後に編む事は無かったのですが、ちょうどいい代替糸見つけたところで編む、みたいな。
そのクラフト1かサンキか忘れたのですが、カセのループモヘアがちょうどワゴンに出て、「毛糸だまのアレにいいのでは?」と連れ帰ったと思います。
当時は白(生成)系のカセ糸がたくさん販売されていたように思います。手あみと言えばアランセーター、アランセーターと言えば白!みたいな。タグ無しで、メーカー不明だけど極太、並太、何種類かあったと思います。今はどうでしょう?アランでも白で編むとは限らないですよね。

taylor_2
テーラードカラーの具合は難しいですが(^^;)本のほうもこんな感じだったし。編み込み模様、ポケット、縁編み、と内容盛りだくさんです。
縁編みはバックこま編みか?と本を見直したらやはりそうでした。
私のバックこま編みデビューはコレかも知れません…多分毛糸だまの中には編み方は無くて、別のかぎ針の基礎本見たと思います。

taylor_3
でっかくてかさばる代物なので、気に入っている袖の部分を外してフエルト化っぽいバッグにでもリメイクするか?思った時もあったのですが、着ると暖かいので家着として、どてら的に活躍しています(^^;)どてらにしてはそでのカフとか邪魔ですが(^^;)思いきり袖まくってね。
白いところがもっと汚れていれば処分対象になってくるでしょうけど、モヘアで汚れが付きにくいのかも??それか、何年も着ないで放置しているとしみが出てきたりしますが、なんだかんだ着て洗っているのでそういう放置した特有の汚れは出てきていない感じかもです。
色々と数を編んできた今触ってみても、結構質の良いモヘアなので、パピー(ダイドー)のアパレル向け糸の放出品とかだったかも知れませんよ。

どんどん脱線していっていますが、テーラードは前開きだから家着にもいいのだけど、鯖の方はさすがに今は着ないなぁ、いう重さ、サイズ感なんですよね。
テーラードの袖みたいに編み込みにも使えるよね、いうことで、ほどいて再利用しようと思いました。
糸はようさん持っているのだからなにもほどいてまで使う事無いだろ!!いうところですが、気に入っていて思い入れもある、同じような糸今売ってない、ほどいて使う理由は色々とあります。

pu_p1danzome
↑トップの写真を撮ったのが2013年10月らしいので、この後ほどいたと思います。この写真が11月になってる。

pu_p1_2
まっすぐ編みのニットだったので、とじ代さえ外してしまえばかなりほどきやすかったです(袖は拾い目か?今本が手元に無い、後で見てみる)
小さい糸玉は、襟と前身頃襟ぐり?みたいな感じで。
元々は100gだった、のもやや忘れていましたが、ほどいてまた100gの玉になりました。
ラベルはほどいて暫く経ってから実家で見つけました。当時は毛糸買って写真撮ったり編んだの写真撮ったりしてませんから(^^;)ラベルは結構大事に取っておいていました。1枚でいいのに8枚とってあったし(^^)今はデジカメがあるから本当に便利ですね…

これまた記憶が定かでないのですが、ほどいて玉巻器で巻いたものを、かせくり器でカセに巻き直して洗ったと思います。
ラーメン状態なのがいくらかましになるかな?と。
干す時に少し錘りを付けて伸ばすように(と思う、これも定かでない^^;)しました。まっすぐにはなりませんが、いくらかましになったと思います。

冬の日の編みもの
三國 万里子
文化出版局

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

冬の日の編みもの [ 三國万里子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/3/25時点)


そんなこんなをやっているうちに、この糸で矢印カーデ(正式名称 白と黒のカーディガン)を編んだらどうだろ?思うようになりました。↑テーラードのヤツの編み込み袖グラデ気に入ってたし。
大きなボタンのカーディガン編んだ時に、次は白と黒のカーデ編む、糸決まってるって書いてあります。で、編む編む詐欺を3年やったのかな(^^;)

詐欺もほどほどにしたいし編み込みの丸ヨークも編みたかったので、スワッチを取りました(今パソコンに入ってなかった^^;後で追加)10週間前っていつだよ、ですが、多分年始っぽい。
そろそろ冬物はおしまいにする時期ですが、また詐欺年数が1年増えるしな、てことで、編み始めました。詳しくまた今度。
 





本は1989年発行、その年私は仮◯浪◯をしていたはず(^^;)けど編み物もやってたのか、バイトも…(^^;)おいおい…そうそう、仮◯浪◯じゃなくて、ダメもと受験だったんだな…
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

RYC Mother & Baby Book19 よりPenny Gilet 完成!!!

2017-03-21 14:53:03 | Stranded 編み込みもの
penny_f1
Pattern ; Penny Gilet from RYC Mother & Baby Book19 (2007FW)

size ; back-as in pattern, fronts-smaller
yarn ;
Debbie Bliss Baby Cashmerino/ 55% Wool, 33% Microfiber, 12% Cashmere / 125m/50g
504 pistachio green 355g
614 fushia 75g
207 denim blue 70g
104 brown 35g
203 teal blue 35g
608 lilac 25g
600 baby pink 20g
205 baby blue 4g
Diana Collection Baby Aran / 57% Wool, 33% Microfiber, 10% Cashmere / 125m/50g
102 beige 22g
503 green 16g
needle ; 4.0mm for main part, 3.6mm for rib
date ; from December 2013 to March 2nd, 2017

RYCのブックレット中身から、編み込みのショールカラーベストPenny Gilet(↑中身リンクの一番下)が完成しています。
 
penny_f4
編んでいる時は何とも思わなかったのですが、結構大きな物体になりました。ドルマン袖っぽく編み込み部分が増えてますしね(^^;)
編み掛けがでっかくて邪魔なのでさっさと片付けたいと思っていたはずなのですが、一度袋に入ると邪魔なのが明白じゃなくなりますから…
 
penny_f5
こうして広げて見ると、、、渡り糸緩めですね(^^;)今、別の編み込みものを編んでいるのですが、そちらでは、、、また、後日。
 
penny_f6
スティーク部分は、しつけをしたモヘアと同じようなもの(同じのすぐ出てこなかった^^;)でまつりつけています。
袖のスティークの目数はちとケチってあったらしく幅が狭いです。
幅が狭い=切る時にハサミを差込むスペースが少ないので、切る時にちと切りたくない糸まで切っていて焦りました(^^;)重大なミスにはなりませんでしたが、十分気をつけて切るか、けちるのをほどほどにするか、ですよね…
仕上げる気満々だったようで、放置前に糸始末も見えてるところはしてあったんです。袖回りは袋っぽくなっていたので出来ておらず、そこはやって、けどスティークのまつり代に隠したりしています。
 
penny_f3
肩下がりのところ。肩のはぎ代を見せていますが、すっきり仕上がったと思います。
 
penny_f2
ボタンを付けようとボタン穴は開けたのですが(ダブルで合計4個)着てみると無しでもよさそうなので付けるのをやめました。2目のボタン穴なのだけど、そう目立っていないからいいか、とそのままにしています。
襟…前記事の写真のあと、かなーりほどいて編み直しました。ショールカラーって思ったような形にするのが難しいですよね。パターン通り編んでもモデルさん画と違ってしまうと言うか。ラベリで見ていても、着る人の体型なのか使用糸なのかわかりませんが、同じパターンでも結構ばらばらな見え具合になっていますよね…(で、それがDLのパターンだと買いたくないなと思ってしまう)
今回は前身頃の形を変えている、のは書いてなかったですね(^^;)パターンはマタニティ対応で、前身頃の幅がずうっと大きかったんです。カシュクールか?てな位。で、変更しました。なので、襟もパターン通りには編めないし、変更しています。糸もあったので思う存分編み直したのですが、ちと多過ぎたかも(^^;)もう一度ほどくのもなんだし思い通りになるかよくわからないので、これでよい事にしました。
編み終わりは、二目ゴム編み止めにしています(^^;)数えたくないような目数ですよ。けどどうしてもゴム編み止めで終わりたくて。糸がするっと絡まりにくいので、時間はかかりましたが特に問題はなかったです。
ここのところ作り目も編み終わりもゴム編みの作り目とゴム編み止めになっていてほしいと思います。既製品好きってのもありますが、洋書にはまり始めた頃は指でかける作り目やらケーブルキャストオンもいいなと思っていたのですが、最近はゴム編みで編み始めの場合はそいつら却下です(^^;)
ちなみに私が一番最初に仕上げたものはいきなりのアランセーター(セットインスリーブ^^;)ですが、二目ゴム編みの作り目&ゴム編み止めをいきなりやりました(^^;)本の指定がソレだったし、特に難しいとか疑問に思わなかったです。中学3年生の時でした…
 
penny_w1
着た感じは…結構ボリュームがあるので(^^;)欠点強調だろ、と言わざるをえませんが、編み込みもできたし持ってる糸使えたし。
編み込みは地厚になるから暖かいですよね。袖の長さも家事にちょうどよく、さっとはおるのにぴったりです。
 
penny_w2
幅広くてすいません、って、自虐ネタにしておく(-_-;)

そうそう、私、ボタニカルを編んでる時にも編み掛けを姉にチェックされて、「玉編みは太って見えるからやめろ」言われたんですよ。
で、ボタニカルなんて玉編みちょっと使うだけなんだからいいだろ、思っていたんですが、コレの事は忘れていました(^^;)
姉が見たらダメ出し間違いないですね(^^;)
本の母娘みたいに女の子のカーディガンおそろで欲しかったなぁ←めっちゃ可愛いじゃんね、ベストに変更された方も。トホホ、私にはムリでございました…(^^:)

てことでBaby Cashmerinoはそれなりに減ったのですが、まだ着分ある色も、今回の残りもあるので、また編み込みものを編みたいなと思いました。
フェアアイルヨークセーターと同じ柄の、ブリス先生定番のデザイン、このへんが是非編みたいです。


てことで今はインスタに上がっている編み込みものを編んでいるのですが、その前に完成したものもあるので、次回はその辺で。


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

RYC Mother & Baby Book19 よりPenny Gilet の経過

2017-03-18 22:26:28 | Stranded 編み込みもの
ローワンが出していたRYCのブックレット(中身ここでまだ見られる)から、編み込みのショールカラーベストPenny Gilet(↑中身リンクの一番下)を編みました。
可愛い子供達とお母さんのニット、いうことで気に入っている本です。
結局子供のものは編めず(^^;)私用のカーディガンを過去に編んでいます。

yoke_1
ずっと気になっていたデザインで、各色在庫↑してたBaby Cashmerinoで編めないかな?と2008年明け頃にスワッチを取りました。
写真は前にもラベゲーねたでリンクしたフェアアイルの丸ヨークセーターの時に撮ったもの。ユさんでも買ったし、札幌のカナリヤでセールになった分も集めて買ったし、色々編みました(babyじゃないcashmerinoシリーズも入ってる)

db_bcash_pis
けれどどうもこの緑色のヤツ(多分カナリヤのセールで買った)の使い道が思い当たらなくて、今は結構好きな色味だけど、スワッチ当時はそうでもなかったので、単色でプルオーバーを編むよりは、何かと組み合わせて使おうか、いうことで。
野呂英作ダブルネーム凄いっしょ(ボタニカルプルの時と同じネタ

diana_babyara1
編み込みのデザインなので半端な在庫も使おうぜ、と、Sallyを編んだ時に「同じ糸では?」と騒いだダイアナコレクションのベビーアランも使うことにしました。

penny_1
色の具合とかボブルの感じとか好みが分かれるところかな?ですが、持っている糸で編めるいうのは大きいので、いずれ編もうと。

penny_2
スワッチを取った約6年後の2013年12月、「いよいよこのbaby cashmerinoを減らしたいよ」と決意して編み始めました。

penny_3
編み込みを楽に編みたかったので、前開きのデザインですが、スティークを作って輪編みして切る作戦にしました。これは前身頃ですね。
baby cashmerinoにスティークはないだろ?いうところなのですが、かつてk様から「baby cashmerinoはフエルト化繋ぎ出来ますよぉ〜」いう話を聞いていて。フエルト化繋ぎできるなら、スティークも可能なのでは??と考えていました。
といっても普通のシェットランドヤーンのようには行かないので、モヘアでしつけをするんですよ。こういうのは以前
アーガイルVを編んだ時に初めて、その後
Moorでも、
nuna&maccunの丸ヨークカーディを編んだ時もやったので、それ自体は大したハードルではありません。つーても、こうやってブログ記事を残しているからなんですがね(色々と忘れます^^;)

penny_4
こっちは袖のスティークです。
 
スティークを作って輪編みで表からの編み込みで楽々、のはずなのですが、玉編みが付いてるのでね(^^;)これをどうしたのか実はよく覚えていないのですが、5目編み出しの玉編み、裏編みは2回あるはずなのですよ。真面目に裏返していたのか、それか左から右へ編んでいたのか…でも、私が左から右に編むワザ(あまり早く編めないからやらない)をちょっとでも使おうと思ったのは野呂のあじろジャケットを編んだ時が初めてなので、多分、これは、真面目に裏返して編んでいたのでしょう…玉編みが面倒な分、編み込みは表からのみにしたいぜよ、思ったんです。
 
penny_5
元ネタは、肩は肩下がり無しの裃系ですが、「裃系は着ない」と固く決意しているので、十分な肩下がりを付けました。この部分は真面目に往復編み、引き返し編みでやっていますね。最後にメインカラーで段消しして、表から引き抜きはぎで綴じ代を見せています。
 
penny_6
その後、切るラインにモヘアでしつけをしたぞ、いう様子。多分切るきわの1目を編みくるむようにこま編みを編んでいます(ちょっと曖昧^^;)ようは、ほどけてこなければいい、いうことなのでね…
 
ボブルは大変だったけどそれなりに編み込みは楽しくて、↑真面目に経過写真も撮って、やる気満々で編んでいたはずなのですが、どうもここで裁ちバサミが見つからなかったみたいなんですよ(^^;)他の切れそうなハサミはあったので、それで切っちゃえばよかったのだけど、なんなんだ私は、編み掛け袋に入れて放置になりました。

実は、baby cashmerinoのスティークで、編み目がほどけてくるのでは??とちょっと自信がなかったので、切る前に前立てと襟も編んじゃう??と拾い目↓までしたんですよ。そうそう、リンクしたnuna&maccunの丸ヨークでも「切る前に前立てを編んだ」と書いてますね(ここではスティークの目数をケチったとある^^;相変わらず笑えるな〜)しかし今回は先に編んじゃうのは無理だったようで、この拾い目をした状態で放置(^^;)針は前の記事でぼやいたニットプロスターターセットの5号、これが、約3年刺しっぱなし(^^;)5号の付け替えが使いたいなぁ〜と思う度に「あそこにあるんだよね…」とは思っていました。まぁストッパーを使えば針だけは使えますが、針は他のもあるから、長いコードが使いたいいう時に思い出すんですがね。

で、今回、渦巻き君を編むにあたって、ちょっと広げて形を見ながら進めたいから、あのコード使いたいんだよ、いうことで、「編み掛けの呪い」と化していたこのベストを仕上げなければ、いうことになったんです。毎年気に掛けてはいて、行方不明にはなってなかったし。
 
penny_7
で、切りますよ、と撮った写真。
そう言えば、↑過去のスティークネタでは、モヘアでしつけした後、フエルト針で周辺を刺してほどけにくくしたはずなのですが、すっかり忘れていましたね(^^;)こうしてまとめてて思い出すという…

penny_8
切りましたよ、の写真。
 
penny_9
襟編んどるで、の写真。ショールカラーの襟をどれぐらい編むか?で試着したいのに、袖のスティーク切っていないから試着出来なかった件(^^;)この後切って、袖のリブを編みました。

今日は完成!!まで書くつもりだったけど、思い出話を含んでまた長くなったので、完成は別記事にします。



 
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

野呂英作作品集vol.40よりシルクガーデンファインのプルオーバー完成!!

2017-03-15 10:25:07 | Noro 野呂英作もの
y1065_f2
Pattern ; Y-1065 Silk Garden Fine Pullover from Noro the world of nature vol.40 (2016FW)

size ; as in pattern
yarn ; Noro Silk Garden Fine/ 45% Silk, 45% Mohair, 10% Wool / 144m/40g / 1269 white-beige-gray / 9.1 balls about 364g
needle ; 3.9mm(JP6)
date ; from February 13th to March 7th, 2017

↑いやぁ〜幅が広いっすよね(^^;)私の幅だと身頃二枚分とは言えませんが、100目超えるので編み始めは結構な負荷でした。
 
y1065_f3
とじはぎ、身頃中央は真面目にすくいとじしました。(糸は似たようなベージュの極細2本取り)
けどそれが結構時間がかかったので、写真右側の袖下は半目内側で引き抜き綴じにしています。
編地を横に引っ張った時に綴じ糸が見えやすいかどうか、だと思いますが、ゆとりのあるデザインなので、身頃中央も横に引っ張られるいうような事は無いかな〜と思います。
綴じには共糸を使いませんでしたが、すくい綴じは、きっと、綴じ糸が切れますよね(^^;)

y1065_s1
脇線も引き抜き綴じにしています。
 
y1065_s2
編み図通りだと、脇のカーブのラインは最初は伏目で作っていく事になりますが、伏せ目、ガタガタしますよね…それを綺麗に綴じられる気は全くしなかったので、引き返し編みに変更しました。
引き返して段消しして、以前の私だったら、肩のはぎと同じようにかぶせはぎで始末したと思うんですよ。しかし、そうすると一個上の写真の「脇線」というくくりで見た時に、不連続な部分が出来ちゃう、それどうなんだろう?と思いました。
今回は、段消しの後、その部分は右側(左身頃)は表から表編みしながら伏目、左側(右身頃)は裏から裏編みしながら伏目しました。そうすると表側にチェーンステッチみたいなラインが出来ますよね?綴じる時は引き抜き綴じで、中表に合わせて、チェーンステッチの真ん中同士にカギ針を入れて綴じました。
いつもやっている半目内側の引き抜き綴じと感覚的には同じです。チェーンステッチの片側同士が合わさってシームが出来たような感じに仕上がりました。脇線上部との繋がりもよかったと思います。
 
y1065_s3
裾は両脇が開いていますが、端目は滑り目にしています。ここも編み図では特に指示無し。書かなかったけどボーヒュース君の脇裾にスリット開けた時も、リブの端目は滑り目にしています。ボタニカルもですね。
後身頃が少し長めですね。で、編む量多い(^^;)
仕上げはスチームあてのみで洗ってはいません。メリヤス編みの編みっぱなしですが、そんなにくるくる丸まって困る感じでもありません。糸や編地の密度によりますよね?今回は割とふんわり密でない編地なので、そうくるくるしないんだと思います。作り目は、指定通りかぎ針で編み付ける共鎖の作り目です。
ただ、シルクガーデンファインは繊維のくずがそこそこ撚りこまれてて、編んでいても屑が落ちるしアイロンかけててもアイロン台に結構付いたので、一度洗ってふわふわ浮いてる繊維をすっきりさせたほうがよいのかもしれません。他の方よりはそういうの気にならないタイプなのですが、今回はちょっと(^^;)色やロットによっても差があるかも知れません。
ですが、私は極力洗わない方針なので、多分シーズン終わりまで洗わないつもりです。あとちょっとだし。

y1065_f4
袖山は左右対象だったのだけど、身頃の袖ぐりは前後で違っていて、前身頃は一度減らした後、肩にかけて増目があります。ちと洋裁っぽい製図ですかね??洋裁ではこういう場合、袖山も左右対称じゃないんだろうけど。
肩下がりも狭いのにがっつりついていて、結構繊細な好みの感じのパターンでした。
後身頃は開き見せのボタンが付くデザインだったのですが、開き見せってあんまり好きじゃないし、一応考えたけど特に付けたいボタンも思いつかなかったので、しれっと省略しました(^^;)
編み図では370g(10玉)使用、てことでしたが、その後ろの開き見せのガーター編みを省略した分ちと少なく済んで、最後の玉は襟ぐりにちょっと使ったくらいです。ま、共糸で綴じたらもう少しかかりますね。指定の6号針で割とタイト目に編んでゲージ通りに編めたと思います。古いクロバーの匠輪針使用、コードは固いし接合部もアレですが、たまたまそれが空いてて目に付いたので使っちゃいました(^^;)

着たところ。
 
y1065_w1
袖の無い状態で試着したら、下の方にボリュームがあるので欠点強調か?と思っていたのですが、綺麗にドレープも出るので大丈夫かな?と思います。
スキニーデニムと合わせたらいいだろ?と思っていましたが、太ももが目立ってそれこそ欠点強調でした(^^;)
太目のパンツも結構よかったのですが、スカートもすっきりして大人っぽいかなと思うのでとりあえずこれで。
 
y1065_w3
襟ぐりは私は好きな開き具合ですが、細身の方や上の年齢層の方だともうちょっと開いていない方が着やすいかな?と思います。
後ろも結構下がりが大きいので、少し足した方がいいかも知れません。
編む量は多い、換算すると1300mちょいなので、密かに野呂スカ編むのと変わらないのでは?思いましたが、野呂スカと違って3号針4号針ではないので変わらないわけはありませんね(^^;)

y1065_w2
途中、似合わなかったらどうしよう、と心配になりましたが、思ったより色々なものと合うし、編んでよかったと思います。
薄手で、モヘアでふわっと暖かい感じです。
この色で編みたい!と思っていたし、実際編んでみて微妙な色合いや素材感も良かったのですが、仕上がってみると綺麗なシルエットで着やすいので、他の気に入った野呂糸でもいいかな?と思いました。インパクトのあるやつ。パステルじゃあ無い方がいいかな…
普通の野呂糸でないもので編んでも素敵なデザインですが、うーん、まず根気が必要ですね(^^;)サンプルは機械で編むんでしょうね??野呂スカもサンプルは機械だそうですから…
ストレート糸だと重くなりそうなので、シルクガーデンファインのようなモヘア混とか、私の得意な引き揃えとかいいかな?と思います。

野呂スカと同じように姉が欲しいと言うのでは??と思ったのですが、「欲しい」とは言っていましたが具体的な申し入れは無かったのでとりあえずスルーしたいと思います(^^;)だって〜糸代かかるし、糸違うとイメージ変わるカモだし、機械編みができるのなら安請け合いしますがね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【野呂英作】NORO BOOK vol.40 2016年秋冬◆◆ 【C3-10】価格:864円(税込、送料別) (2017/3/15時点)





で、出かけたついでに先日の渦巻き君の写真を撮りました。
voltex_w1
遠目にはこんな感じ。小さめに編んだので、特に(派手だからって)違和感は無いですね。
 
voltex_w2
くるっと一巻きした感じ。もうちょっと大きくてもいいかな?ですが、そこは今回調整が難しかったので(^^;)
ぐしゃぐしゃ落書き&虹色i-cordが気に入っています。野呂糸の話の時に書きましたが、このターコイズブルーにやられる感じ。
 
voltex_w3
一巻きしないで前で結んだ感じ。マフラー状態いうんですかね?色物を縦に配置するてのもいいかな?と思います。渦感は目立ちませんが(^^;)

kcalで編んでいた方の写真が上がったのですが、色々なソックヤーン組み合わせで編まれているのがまた良くて!!そのためにソックヤーンを買うのは危険なのでやめておきますが、また編みたいなぁと思っています。糸がなぁ〜持ってるもの、買っちゃったもの、妄想ネタあげておくか??(備忘反省用とも言う)


ブーツも気に入ったので貼っておきますね。HITMAN扱いの商品間違い無し。やっぱヒールが無いブーツが楽ですね(^^;)もうちょっと鍛えればいいのだろうけど…
後ろのジップがポイントになっててまたいいです。

追記 



笑える。割引率もポイントも魅力的だけど、業者か?いう感じですよね(^^;)
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

野呂英作作品集vol.40よりシルクガーデンファインのプルオーバー進捗

2017-03-11 10:38:26 | Noro 野呂英作もの
野呂スカ軍団の記事をカテゴリー移動したで、の時にちらっと言ってたヤツ。
シルクガーデンファインでプルオーバーを編みました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【野呂英作】NORO BOOK vol.40 2016年秋冬◆◆ 【C3-10】価格:864円(税込、送料別) (2017/3/11時点)


前に朗報(ソック&編み図再販情報)言ってた記事の最後の方で、「vol.40↑イマイチだったからvol.41もどうだろ?」てな発言しているのですが、見直したら「これいいじゃん」てのがあったんですよ↓(画像お借りしました)

「イマイチ」発言は、海外サイトで中身を検索した時に、海外で出ているAKITA3に載っているらしいこのプル↓(画像借りてきた)が気になっていたのですが、vol.40には入っていなかったんです。中身全部見られるところ見つからないし、他のパターンは野呂本家サイトとかぶっていたので予測でポチって。届いてみて入ってないじゃん、とちょっとがっかりしてて。

以前の野呂本には、日本で扱ってない野呂糸のパターンも入っていたのですが、最近は海外版と分別されたのか、↑リンクの本に入っているsilk garden sock soloとかのパターンはvol.40には入っていないんですよね。残念だなぁ、っていうか、シルクガーデンソロは大好きなので、sock soloも作ってるなら日本でも売ってくれい、思います。画像の紫↑なんて、アラモード使用だから、日本でも売っている糸なのに何故入っていないのでしょう…他の号に入ってるのか??夏糸扱いでvol.39に入ってたとか??

て、ぐちぐち言っていないで、私も問い合わせてみればいいんですよね(^^;)野呂に問い合わせた事はないのですが、過去に↑ポXラさんでは、編み図の番号がわかるものは野呂から取り寄せてくっつけてくれました。注文前に可能かどうか問い合わせておいた方がスムーズだと思います。他社のデザインでも同じです。
っても、指定糸で編む時じゃないとなかなか使えないワザです。私は先に編み図を見たいタイプなので、毛糸に編み図付けてもらうよりは、本買って在庫と見比べて、だめなら指定糸考える感じなので…

no_sgf1226_1
そんなわけで、見直して気付いちゃったらうう、編みたい、罪子的には持ってるシルクガーデンファインのでかコーン↑(前回「野望」の記事で使うのためらった画像^^;)で編まねばだけど、どうしても本の色で編みたくて。編む面積が多いので、出来上がって色物で派手個性的な感じになると出番が少ないから、無難な色で行きたいぞと思っていて。野呂らしいインパクトがある色もいいんですけどねぇ〜…

本には↑糸見本の1437グリーン系で編んだものも載っているのですが、それがどうも可愛いけど着こなしにくい色に思えたんです…
no_sgf_w1
で、期間限定ポイントがある&マラソン、のタイミングで指定糸指定カラー(1269)を買いました(^^;)
no_sgf_w2
白ベースに薄茶と薄グレーが入っています。野呂糸ってグラデーションの色数が多いのと少ないのとありますが、これは極端に少ないですかね。けど、編んでいくと白のところもちょっと質感や色味が違ったりして、十分な味わいがあります。
 
y1065_1
インスタにも上げていた写真。色々在庫消費で太糸やアラン、編みたい物はあったのですが、定価(2割引ではあるけど)で買った糸を来シーズンに持ち越すのはいやだよね、ということで早速編み始めました。編み始めてから思い出したのですが、以前この色のシルクガーデンをあの方が編まれていて、いいなぁ〜思っていたんです。多分実物も見せて頂いたように思いますが、ちと昔の事なので記憶が定かでない(見せて頂いてたとして、当時チビズ付きだったからそっちに気を取られるてのもあって詳細が^^;)↑そのパターンも見直すと編みたい言ってたヤツなのでねぇ(過去に「naganasuは丸ヨークが好き」説でも言ってた、丸ヨークはみんな好きだと思う、似合うか別として^^;)

269はシルクガーデンでは定番のお色なのかな。

y1065_2
てことで、インフルエンザAを挟んで(-_-;)快調に編んでいたのですが、編み進むうちにだんだん自分に着こなせるのか自信がなくなってきました(^^;)こういう時って針が止まったりもしますが、今回糸代がかかっているので先に進むしかありません。早く結果が見たくてどんどん編み進みました。
↑は、身頃の中央ではぎあわせるパターンなので、左右の色が同じにならないように気をつけていたつもり、なのに、糸を繋ぐ時に失敗したのか左右の色が、しかも一番目立つ前身頃の上半身でかぶってしまいさあ困ったぞ、いう写真。グラデーションのピッチが完全に同じではないし、グラデの繋がり重視で似たような色のところで繋いだのだけど、目数が結構違うパターンなので、出具合の予想が難しかったのかもしれません。

y1065_3
どうしよう〜〜しばし考えて、先に写真の左側、右前身頃を仕上げてしまい、その後で仕上がっていた左前身頃をオレンジメジャー置いてあるところまでほどいて、薄茶部分の量を少なくし、その部分の糸は切って続きを編みました。こうすればグラデの出具合既に見てるから大丈夫かなと。そうそう、肩部分の編み終わりの糸は切っていなかったんです。私はいつも「糸玉くっついてるの邪魔だなぁ」と思っても、肩などの編み終わりは肩をはぐまで糸を切らないので、こういう時はいいです。で、肩を編み終えたら速攻かぶせはぎします(その後、前後身頃が繋がった状態でスチームあてをする)
 
編み進む順番ですが、今回は袖2枚→後身頃1枚目→前身頃2枚→後身頃2枚目の順に編みました。
袖はゲージ確認兼で1枚目、袖のグラデはあわせようかな?で糸玉を選んで2枚目、何も考えずに後身頃1枚目、待てよ、残りの糸玉が少ないとグラデ合わせ(&ずらし)が難しいのでは?で前身頃2枚、後身頃は多少グラデが合わなくても左右同調でもいいや、で2枚目の感じで編みました。
野呂のこういうグラデを活かしたパターン、編みたいのがいくつもあるのですが

これはフリーvol.26に載った写真と違うけど、パターンを読み比べたら同じだったほぼ同じだけど、日本語版の方が袖ぐりや袖山のシェイプが繊細だった(^^;)前身頃のバスト部分いせ込みって、私もやらないとだめですか?

つい簡単な方に行ったりスカート増殖したりになっちゃうんですよね。で、今回初めて。↑過去候補より単純だし、手始めにもよかったと思います。

y1065_f1
完成写真。
(暗いですね^^;)

詳しくは次回に(^m^)




 
Comment
この記事をはてなブックマークに追加