~ 日常 ~

春はバラ、夏は花火、秋もバラ、冬はイルミ。
年間を通じて艦船・列車に航空機などなど

タワー花火にダリア、シバザクラ 消えたハウステンボスのイベントたち

2017年07月13日 | ハウステンボス
平成29(2017)年7月13日(木曜日)

最初で最後 『日本初』の目撃者?
昨年鳴り物入りで開催されたハウステンボスのタワー花火は今年ナシ。
園内・園外の花火撮影ポイントの中から「タワー花火ならこの場所しか
ない」とHTBを見下ろす高台へ。花火の特徴を捉えはしたものの内容の
ほうは期待の割に感動が薄かった記憶があります。
園内で観た人の評判もイマイチだったようで・・・
  ※復活期待レベル・・・機会があれば

平成27年に開催されたのがダリア展。
 園内に咲く大小さまざま色とりどりのダリアの美しさに感動、我が家で
 は今でも話題になるイベント・ダリア展です。
  ※復活期待レベル・・・強く望む

平成26年に始まったのがシバザクラ
 九州最大級株数を謳っての開催も今時「ただ植えました」では来場者
 に感動を与えること出来ず。
 むしろお抱えの観光バス会社を利用してHTBから車で2時間弱の大
 村市にあるシバザクラ園ツアーを組んだらいいかも。
  ※復活期待レベル・・・ゼロ

 ハウステンボス復活の理由として「決断の速さ」が挙げられていました。
 まずチャレンジしダメなら次の手を考える、今後も楽しむことの出来る
 イベントを期待。


平成28(2016)年7月23日(土曜日)






  今年は『夏一番花火大会』へと衣替え


平成27年9月26日(土曜日)
  平成27年限りのハウステンボスのダリア展



平成27年7月4日(土曜日)
同じ年から始まったユリ(大ゆり展)は当初の250品種から
300品種(ゆり祭)になって今年も開催



平成27年4月18日(土曜日)
『何かが物足りない』
園内を彩るバラの花は別格として、平成25年から始まった“あじさい祭り”も非常に
見応えがあり十分に満足できるのですが。
 確かに九州最大級株数を謳うほどのシバザクラが広い敷地に植えられています。
しかしながら視界に“芝桜ガーデン”の背後に立つマンションが入り、シバザクラと
風景が織り成す雰囲気が感じられません。
  ※ 当時のブログより



 始まった平成26年に掲げられていた看板


 HTBから車で2時間弱 大村市の松本つつじ園
   バスツアーの企画も良いかも


  平成27年5月6日(水)に愛知県のラグーナテンボスへ
    撮影は3月14日(土)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へにほんブログ村
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノルウェージャン・ジョイ ... | トップ | 愛のヒマワリ・2017 ~長崎... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ハウステンボス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL