なが~ンのごちゃごちゃ、そして長~く続く出口のないジャンクなパラダイス??

ジャンクと戯れている中年オッサンの日常と、嫌々な車いじり、オーディオなことや魚釣り等、仕事以外のことを書きなぐります。

R-2君、後右席床パテ研ぎ1回目

2016年10月12日 23時57分59秒 | 車弄り、スバル R-2 (360cc)

本日のスバル弄りは、なんと3時間30分です。

後右席床パテ研ぎ1回目です。

本当は2時間ぐらいで終わるつもりでいたのてずが、パテ研ぎに苦戦しました。

ずっと、中腰で右手と左手を定期的に交代してスクラッチしつづけました。

床は平面ではなくお椀型しています。

さらに、ヒーターダクト固定のブラケットを貼りつけたものだから、それをかいくぐってサンドペーパーをスクラッチするのがつらいのなんの。

おっちゃくの手の平には、その隙間を攻略するのはつらいです。

指先でサンドペーパーを挟んで、隙間をコチョコチョとずっと続けるのです。

3時間ほどサンドペーパーで研磨しつづけたところで、まもなくタイムアップ(夜の帳)がやってきます。

もうちょっと研磨追及したいなー。と思うのですが、ペーパーで研いだものを中途半端で放置するのは錆びの危険度が高いので、ここで作業をあきらめました。

サイドシル後ろ端のパネル合わせ部分ですが、けっきょくパテをなすくりました。

梁と床とサイドシルの合わせ部分は、とりあえずパテ研ぎしたという感じです。(ここをもっと追究したかったのよ)

ペーパーで磨きまくって、かなり鉄肌が露出しましたので、ジンクスプレーを吹くことにしました。

ここで、夜の帳が降りてまして、外はとっぷりと真っ暗です。

3時間30分かけて、たったこれだけの進捗なんて....

いつも思うけど電動工具が欲しいわー。

ない袖は振れないので、激貧はスクラッチして筋肉痛になるしかないんですよねー。

『メンテナンス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« R-2君、後右席床パテ盛り1回... | トップ | R-2君、ちょっとだけ作業 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL