なが~ンのごちゃごちゃ、そして長~く続く出口のないジャンクなパラダイス??

ジャンクと戯れている中年オッサンの日常と、嫌々な車いじり、オーディオなことや魚釣り等、仕事以外のことを書きなぐります。

R-2君、車体後ろ半分塗装4回目

2017年04月19日 23時55分47秒 | 車弄り、スバル R-2 (360cc)

本日は仕事休みにしてスバル弄り没頭のつもりだったのに、朝一に仕事が割り込みました。

そんなこんなでスバル弄り開始は昼前の11時からでした。

そこから夜の6時30分まで昼飯抜きでがんばりました。

つまり、本日のスバル弄りは7時間30分です。

 

まずは、昨日に吹いた赤色の塗装肌を研磨です。

今回はしつこく研磨してみました。って、鏡面は狙いませんが、小さい黒点等、塗膜に溶け込んだホコリのようなものをしつこく削っていったのです。

すると、こんな不幸なことになりました。

なんと、下地を超えて車体の元色が露出です。

車体元色を荒らして下地を塗りあげていったのですが、そのタイミングでゴミが入っていたらしく何回か研磨したりしているうちにゴミが点になって薄く見え隠れしたのです。それを研ぎ出ししたということです。

この段階でまた下地からやり直しとは。と、トホホなのですが、きちんと仕事しましょう。

マスキングしまして

下地のピンクを吹いて元色を隠ぺいしました。

マスキング段差を研磨して面を出します。

これで下地調整完了です。

その他、あちこちを研磨しまして、金赤色塗料を準備します。

本日は500g塗料を吹きました。

先のピンク下地もきちんと金赤色でとまりましたよ。

そして、ここ最近の変わり映えしない写真ですよ。本日作業終了後のスバル君です。

さてさて、ここにきて嫌なものを見つけました。

左リヤフェンダーに1円玉ぐらいの大きさの微妙な陥没したように凹みがあるのです。

こんなの今日の研ぎ出し作業では気づかなかったけどなー。

もしかして研いだ後の脱脂作業で作業もれして塗料を弾いているとかではないだろうなー。

まあー、明日に考えよう。

ダメなときは、また研いで色塗りやり直したらいいだけさ。

『メンテナンス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« R-2君、車体後ろ半分塗装3回目 | トップ | R-2君、車体後ろ半分塗装-赤... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL