なが~ンのごちゃごちゃ、そして長~く続く出口のないジャンクなパラダイス??

ジャンクと戯れている中年オッサンの日常と、嫌々な車いじり、オーディオなことや魚釣り等、仕事以外のことを書きなぐります。

R-2君、リヤガラスはめ合い部、下部分パッチ鉄板その2をハンダ貼りつけ途中

2016年11月11日 23時55分47秒 | 車弄り、スバル R-2 (360cc)

本日のスバル弄りは4時間でした。

 

リヤガラスはめ合い部の下部分。それの真ん中あたりを攻略することにします。

写真では穴が一杯開いている部分です。

この真ん中あたりですが、エンジンルーム側にエアー吸気部屋との間仕切りがあるのです。

つまり、この間仕切りが私のハンダ鏝作業を邪魔するということですね。

室内側の鉄板はバッサリカットしてますので、そこにあてがうパッチを作成しました。

(パッチ作成の手順は既に何回も書いているので省略です。もちろん呼びハンダも施します)

パッチ鉄板がほどほどできたので車体側を調整します。

まずは汚れを掃除するのですが、すでに錆びが見えているのよね。

サンドペーパーで研いでいくと、塗膜の下から錆びがこんにちはしました。

どんどんペーパーで研いでいったら、これだけのサビが残りました。

ここからは写真がありません。

錆びをリューターでほじくり返します。

室内側鉄板のカット部分に、パッチ鉄板をハンダ貼り付けしました。

車体外装側の鉄板にパッチ鉄板を貼り付けている途中でタイムアップです。

くそー、パッチ鉄板貼り付け途中で終了です。

ハンダ作業が時間かかりすぎです。

もっと、ちゃきちゃき作業できたらいいのに。

ハンダを握って鉄板を温めている時間がもったいないよねー。

『メンテナンス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« R-2君、リヤガラスはめ合い部... | トップ | R-2君、リヤガラスはめ合い部... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL