なが~ンのごちゃごちゃ、そして長~く続く出口のないジャンクなパラダイス??

ジャンクと戯れている中年オッサンの日常と、嫌々な車いじり、オーディオなことや魚釣り等、仕事以外のことを書きなぐります。

R-2君-フロアヒーターダクト製作-5日目-ハンダ途中

2016年07月23日 23時54分29秒 | 車弄り、スバル R-2 (360cc)

本日のスバル弄りは2時間でした。

 

ラッカースプレー缶から切り出したパーツは、もちろんのようにラッカーで汚れてます。実質内側がラッカー塗装です。

ハンダで貼り付け組立していくのですが、塗装は実質邪魔者です。それもラッカーなんて熱ですぐにダメになってハンダ作業に悪さしますので除去します。

乾燥したラッカー塗装ってどうやって剥離するのが簡単かな。

ラッカーなんだから、スプレーガンの洗浄で使用している「ラッカー薄め液」で拭いてみたれ、とウェスに吹きかけて拭ってみました。

おおっ。お手軽にラッカーが剥がれました。

ってことは、ラッカー塗装って、塗装乾燥した後でも、ラッカー薄め液で簡単に剥離できるってことです。

 

切り出したパーツの糊代になる部分をメッキ剥離します。

スプレー缶って錆びないようにメッキされてます。

かなり薄いメッキ層なのですが、あるのとないのとでは錆への耐久性は大きくことなります。

しかし、ハンダするのにメッキは邪魔者になりますので、ハンダがのりそうな部位はメッキを剥離しなければなりません。

この部品は内側にはジンクスプレーを吹きますので、そのための足付けをいまのうちにしておきます。

組み立てたときに内側になる面をサンドペーパーで軽く荒らします。

糊代部分に切り込みをザクザクいれます。

さて、平板を折り曲げて立体物へするのですが、鉄板を真っ直ぐ折り曲げるのって結構難しいのです。

上手いこと曲がってくれよーと思いながら折り曲げました。

この筒形状をバイスプライヤーで仮固定しまして

ハンダで糊代部位を固定です。

ハンダしたところの内側はこんな感じになりました。

 

片方の筒部分です。同様にハンダが付く部分を塗装剥離します。

筒と合体する部分の糊代を折り曲げて起こします。

バイスプライヤーを突っ込んで筒を仮固定します。

ここからが正念場です。ハンダに集中して手を離せない状態へ突入しますのでハンダしているときの写真はありません。

じっくりとハンダを流し込んで筒を固定しました。

 

時間の都合で、このタイミングで本日の作業終了です。

片方の筒がハンダ貼り付けできた状態です。

ガチガチに貼り付けしたつもりですが....

まだまだハンダの技術は下手くそなり。

それでも、私の手で引っ張りたくる限りでは分解する気配はまったくありません。

 

次回は、もう片方の筒を固定ですね。

コメント

R-2君、フロアヒーターダクト製作-4日目-パーツ切り出し

2016年07月20日 23時48分03秒 | 車弄り、スバル R-2 (360cc)

本日のスバル弄りは、たったの1時間でした。

1時間しかありませんが、少しでも作業しないとスバル君は復活してくれません。

まだまだ遠い道のりです。

 

フロアヒーターダクトのパーツ切り出し2日目になります。

ちょっと大きめの薄い鉄板が欲しいなー。

やっぱりコレかなーと、パーツクリーナーのロング缶を切開しました。

画用紙模型から型取りしたものをペッタンコです。これが結構苦戦しています。

そんなんいい加減なトレースでいいのか?と突っ込んでください。

どのみちゴットハンドで揉み揉みしながら折り曲げていくときに、私のような未熟者はずれていくと思うので、すこしアバウトな方がきっと完成度は良くなるはずです。

切り出しました。

本日は、これで終了です。

次回はハンダ鏝の登場になるかと思いますが、もしかしたら切り出したパーツの洗浄で終わるというオチがあるかもしれません。

コメント

R-2君、フロアヒーターダクト製作-3日目-一部パーツ切り出し

2016年07月19日 23時57分33秒 | 車弄り、スバル R-2 (360cc)

本日のスバル弄りは90分でした。

 

昨日にでっち上げたフロアヒーターダクトの画用紙模型をお手本にして合体ピースを切り出していきます。

本日は切り出し1日目です。

3Dから型紙を起こして、それを空き缶へ切り取り線をトレースです。つまり3Dから3Dへ切開ラインをトレースデザインするのです。

あーっ。こんなの生まれて初めての作業だぞー。

頭の中で考えている手法では、あーして、こーして、と進めて立体トレースできるはずなんです。

それも今回は等倍なのでそんなに苦戦しないはずです。

とかなんとか、1時間ぐらい悩みながらトレースしました。

30分かけて物理的に切り出しです。

空き缶をきれいに切り出すっていろんな意味でノウハウがいるねー。切り出すときも、このラインから攻略してと、段取りを考えてすすめないと切り出し中に共振したりするのよね。

で、本日はこの部品を切り出してみました。

ラッカースプレー缶と、缶コーヒーのボス缶を、本当に切り刻んでいるでしょ。

斜めの切開ラインも、ほどほどに線がでました。

って、こうやってブログを書きながら写真を見ていたら、どう考えても車の部品を自作しているようには見えないなー。本当にゴミを切り刻んでいるみたいだ。

いやいや、こいつらがきれいな造形物になるはず。と信じて作っていくのです。

本日のスバル弄りはここまで。

 

そうそう、昨日にブログにちょろっと登場した、ヒーター切り替えパイプですが....

とある方の部品取車から分けてもらえました。感謝です。

昨日のブログを見て送ってくれたのではないですよ。実はもっと前から相談を持ちかけていたのです。こういう時はスバル修理の繋がりをとても実感します。

それも、ちょうど私がヒーターダクトをいじり始めたタイミングで到着するとこなんて、なんて気が利いているんでしょ。偶然とはいえ、本当にいろんな意味で感謝です。

私の物と並べてみると、私のやつが素材劣化も含めてかなりくたびれてます。写真ではわかりにくいと思いますが、私の物にはクラックがパシッと入ってます。

そして、新しく入手したものは、もちろんですが、切換え弁が、パツパツと動くんですよね。

これで、一つ心配事が消えました。

本当にありがとうございます。

コメント

R-2君、フロアヒーターダクト製作-2日目-作業再開-モデリング

2016年07月18日 23時53分50秒 | 車弄り、スバル R-2 (360cc)

さてさて、本日からフロアヒーターダクト制作を再開しますよ。

先月の6月24日がフロアヒータダクト制作の1日目でしたから3週間ちょっとぶりで本格的な室内の作業です。

今日の目標は画用紙でモデリングすることです。そして、無事にモデリングできました。

先に、完成モデリングの写真を見せます。

「何を作っとるねん」と馬鹿にしてくれていいですよ。

だって、本当に知識もテクもない馬鹿ですから。

では、本日の作業を順に書いていきます。

 

まずは、昨日にエンジンマウントに塗ったPOR-15の確認です。

結論は、私はまだまだPOR-15塗りのテクニックはダメダメの未熟者ということでした。

「パッ」と見は、テカリンコに見えるでしょ。

でもねー、こんなことになっているんですよ。

どうして、泡をはらんだままで硬化している?

って、私のPOR-15の扱いがそれだけ未熟者ということです。

だって、こんな気泡入りなんて、ガンプラ塗装だったらアホボケカスとよそ様から大馬鹿者呼ばわりされるような状態でしょ。

しかし、私がPOR-15を塗るとほとんどがこうなるんですよ。

世間的にはPOR-15って簡単に塗れて仕上げが美しいと絶賛されている方がほとんどのようなので、私は世間一般のレベルにまったく届かない未熟者ということです。

なんか腹立たしいのですが、現実なので日々精進の努力をします。

 

さて、ヒーターパイプの作成に戻りますよ。

先月の作業でモデリングやりかけ途中だったのですが、梅雨のため作成途中成果物が湿気でふやけてダメダメです。ということで、心を入れ替えて最初からやり直しです。

フロアーに這うヒーターダクトを作成するのですが、両端の呼び径を計測します。

エンジンルームから室内へのダクトパイプ部呼び径が54.5mmです。(この部分の写真無し)

ヒーター切り替えパイプの呼び径なのですが....

ここの部分に問題点ありです。というより、ヒーター切り替えパイプに問題点があるのです。

私のヒーター切り替えパイプは、痴呆親父の破壊修理により、変形とクラックがあるのです。

変形により切換え弁もスムーズに作動しません。えー、つまり壊れているのです。

恐らくですが、痴呆親父がシートレール溶接破壊工作をしているときに踏みつけて壊しているんだと思います。

まあー、そんなことをほざいていても仕方ありません。痴呆親父がしでかしたことは子供が尻を拭くということになるんでしょう?

と、脱線しました。

このヒーター切り替えパイプの呼び口ですが、52×60mmの楕円形のような感じになってます。それをドライヤーであぶりながら揉みしだいてむりやり円形になるように握りしめて、多分、呼び径は56mmです。

昨日のブログでちょろっと写真を出してますが、ヒーターパイプの素材はほぼ確定してます。

それでも手持ちのスチールパイプ形状のものを簡単に計測してまとめました。

一般的なパーツクリーナーロング缶が、径66.0mm

エンジンコートの缶が、径60.0mm

ホームセンター安物ラッカー缶が、径57.8mm

ボス缶コーヒーが、径52.7mm

ということは、私が使う缶は、57.8mmと60.0mmがターゲットになるというわけです。

次は缶スプレーから部材としてどれだけの長さが切り出せるかです。

130mmぐらいが切り出させそうです。

缶をまっすぐ連結するのはなるだけ避けたいので、直線部を130mm未満で設計していくことにします。

そこそこの基本数値が出ましたので、あとは現物あわせの試行錯誤でモデリング開始です。

画用紙を切り刻んで造形していきます。

途中で表裏を貼り付け間違いしてやり直しを何回もしました。

あまりの暑さで作業の集中時間が短いです。10分ぼと集中作業したら喉がガラガラになってます。

こりゃー熱中症が背後霊のようにまとわりついている状態です。

背後霊払いで水を飲むのですが....効能は想像してください。そのぐらい作業場所は暑いです。

で、できあがったのが冒頭に紹介した写真の代物です。

ダクトパイプなので1ピースで作成しかけていたのですが、おいおいこりゃー2ピースにしないとまずいのではというのに気づき、途中から2ピースへ修正しています。

そのうちの苦戦したほうです。エンジンルームからのダクトパイプに差し込む部品になります。

この部位ですが、巻き取りシートベルトとのクリアランスの関係で風洞が狭くなるのです。

でも、少しでも風の通りを良くしたいと考えて、シートベルトが微妙に斜めに固定されるのを考慮したうえで風洞を台形にしたりしました。

この台形にすることで作業難易度が数段アップするはずなのですが、まぁーこういう試練も経験しないと私の技量アップになりません。

常に自己ベストで挑むということでやってみることにします。

さてさて、2ピースにした理由ですが....

シートベルトの固定ネジを脱着するときに工具を差し込む位置関係です。

ダクトが先か、シートベルトが先か、という取り付けの順番関係、および配置関係と微妙なんですよ。

ついては、先にヒーターダクトの小さい部品を取り付けて、次に巻き取りシートベルト、そしてヒーターダクトの長い方の部品、という順番で取り付けするようにしました。

仮置きですが、このようにヒーターパイプを通すことになります。

これで、ヒーターパイプのモデリングできました。

次回は、この模型から型紙を写し取って素材を切り出していこうと思います。

そうそう、古いラッカースプレー缶を切り開いたらどうなるのか?素材として使えるものなのかも確認しておくことにします。

古いラッカー缶(トヨタ フォークリフトペイント)の上下をカットしてみました。

ラッカー缶なので当たり前のように塗料が付着しています。

綺麗にまんべんなく付いていればいいのですが、偏って缶について、かつ乾燥している状態でした。

この塗料というか乾燥しているから塗装だね。これをどう処置したものか?

パーツクリーナーの缶だったら中はすごくきれいなのになー。悔しいなー。

 

*******************************************

本日のブログ書きBGM-CD

We Are The Fallen / Tear the World Down

最近入手したCDです。もちろん100円味噌くそワゴンセールから救出したものです。

「ウィー・アー・ザ・フォールン」は、なにかの記事を読んで気にとめていたのです。

というか、アーティスト名は記憶から落ちていたのですが、ジャケットを覚えてました。

元「エヴァネッセンス」のメンバーが立ち上げたバンドというやつです。アーティスト名ではなくジャケットデザインを記憶している私はアホなのでしょうか?

私は「エヴァネッセンス」が好きなんですよ。「エヴァネッセンス」は、ゴシックメタルとメロディックメタルが混ざったようなやつです。

特にボーカルのネーチャンの息巻いた歌唱がすごいんですよ。

で、そのネーチャンってどんなのかというと、ビジュアルはこれです。

(尚、このCDは外れでした。だって曲じゃなくてインタビューがたくさん収録だった)

「エヴァネッセンス」の音楽アルバムCDを2枚所有してまして、それは超お気に入りなんです。

だから期待して「ウィー・アー・ザ・フォールン」もゲットしたのですが....

こりゃー、濃厚メロディックメタルでした。

曲はすごくいいのですが.....

ボーカルがもう少しなんです。

「エヴァネッセンス」と比較してしまうからなのか、高音ボイスが無いのですよ。

高音の張り裂けるボイスがないとゴシックメタルのギスギスなのに痛々しい華やかさを感じないじゃないか。

いやいやゴシックメタルではないのなら、メロディックメタルとして聴いたら完成度は高いぞー。

でも「エヴァネッセンス」のゴシックスパイスを知っているだけに不満だわー。

ダークなピアノ伴奏もイマイチになっているような。

というか、それだけ「エヴァネッセンス」がヒステリックな方向へ完成度が高かったということなんでしょうか。

と、まぁー、ちょっとだけ不満なCDでした。

コメント

R-2君、次の作業の準備

2016年07月17日 23時57分34秒 | 車弄り、スバル R-2 (360cc)

本日のスバル弄りは、ちょびっとなり。

本日は雨が中途半端に降るのですよ。

基本は曇り空なのですが、突然20分ぐらい激しい大粒の雨です。

私の作業場所はスバル君が居座っているので作業空間がほとんどありません。

作業をするときは荷物を表に出してます。

雨が降ってきたら、その荷物を作業場所に積み上げて作業中断です。

クラウンワゴンの荷台へ放り込んだらいいか。とか考えましたが、汚いスバルの部品をクラウンワゴンの荷室へ積みたくないのです。だって営業車でっせ。室内を汚したら運搬荷物を積み込みできなくなるじゃないか。

山のふもとに住んでいるから仕方ないんだよねー。海側の平地を見たら雨が降ってなさそうなのになー。

とかなんとかで、作業がスムーズに進まないなり。

 

スバル君はちょうど作業の区切りに来てまして、次は室内に戻るのですよ。

で、室内を弄り始める前に、まずは作業をリセットできるように片付けをしました。

そして、昨日にやり残した、エンジンマウントの残り半分へPOR-15をペタペタと塗りました。

こんな湿気がすごいときに筆を出している私は馬鹿者ですね。

きっと、泡がプツプツとした仕上げになることでしょう。はぁー、POR-15はやっぱり難しいわー。

でも、こうやってPOR-15もこなして学習していかないと、いつまでたってもPOR-15の色塗りが下手くそのままだしねー。

さて、次回からの作業で切り刻む材料を探します。

もちろん激貧のすることなので新品材料なんてスバル君におごってあげませんよ。

私のスバルは廃品装着で出来上がるんですから....

スバルに貼り付けるためにキープしている廃品をゴソゴソと発掘です。

なかなかにいいのがないなー。と、なんとか発掘したのがコレです。

えー、スプレー缶です。もちろん空き缶ですよ。

そして、すでに塗装するときの台として活用されまくっている代物です。

こいつを切り刻んで物をでっちあげようと、ノータリンの頭は企んでおります。

このゴミ、いや廃品が、素材として使えるんか?何ができあがるのか?は、アホなことしているなーと馬鹿にしながら楽しんでいただけるよう、がんばって作業してみますね。

 

以上、次の作業の準備をしただけでした。

コメント

ランキング結果を見たいの?

ランキング結果なんてどうでもいいかと思うのですが、数人の方から「お前のブログランキングってどうよ?」って質問があったので、こんなのを貼っときました。
こんなの表示できるように機能追加するから、ブログの表示が遅くなっていくんでしょうねー。
そもそも、よそ様のブログランキングを知って楽しいのかい?