なが~ンのごちゃごちゃ、そして長~く続く出口のないジャンクなパラダイス??

ジャンクと戯れている中年オッサンの日常と、嫌々な車いじり、オーディオなことや魚釣り等、仕事以外のことを書きなぐります。

クラゴン君、コラムシフトよりクークーと異音

2016年12月04日 18時06分23秒 | 車弄り、クラウンワゴン(4ナンバー貨客車)

久しぶりのクラウンワゴン弄りです。

 

車検から帰ってきて13日目です。

タイベルやらクラッチやらエンジンマウントやら修理したので、クラウンの静寂が蘇ったのです。

前に乗っていたクラウンバンもタイベル回りをごっそり交換したときは、音が静かになって驚いたのですが、今回はこんなに静かに走るのかともっと驚きです。

エンジンマウントでエンジン振動が激変したのが大きいのだと思います。

さてさて....

昼に運転しているときは、世間の騒音にかき消されているのか気が付かなかったのですが....

深夜の車が少ない時間帯です。前後に車がいなくて単独で田舎道を走行しているときです。

そのタイミングで、クラッチを踏んで、コラムシフトを操作すると異音がすることに気付きました。

きっと今までも、この異音はあったのだと思いますが、エンジンノイズにかき消されていたのだろうと思います。

よーく、確認すると、クラッチを一番奥へ踏み込むちょっと前あたりで、クゥーンって、可愛い小型犬の喘ぎ声が聞こえます。

シフトレバーは、ニュートラルへ戻すときにキューッって下痢腹の音がします。

シフトレバーを手前へ引いたり奥へ入れたりするときは音がせず、中立の位置で上下(つまり、2速と3足、そしてニュートラル)移動するときにキューッってお腹をこじらせるらしいです。

本日も午前中に運転したのですが、やっぱり昼間の街に騒音があるときはまったく気にならないのですよ。

屋外ガレージで停車中に操作しても痕が気にならない。

これもエンジン音が静かになったから気付いた異変だよねー。

音がどこからしているか犯人捜しをします。

ハンドル回りに毛布を数せて外の音が聞こえないようにします。

毛布の中に潜り込んで、懐中電灯をともしながら、変な体制でシフト操作を繰り返します。

すると、ハンドル下に潜りこんでいる私の顔にパラパラと埃が落ちてくるのです。

うーむ。と耐えながら、レバーをつょって捻じった状態で操作する等、コチョコチョ操作して、異音が2か所からしているのを見つけました。

では、毛布を取り払って、異音箇所の説明写真を撮影しますか?とカメラを構えて気が付いた。

シフトレバーの根本にフケのような屑が溜まっている。

この屑の上側から下痢腹の音がしているんですよ。

毛布被り点検では、このフケが私の顔に降り注いでいたということです。

躊躇なくコラムカバーを外します。

すると、ブッシュが飛び出しているのを発見です。

飛び出しているブッシュを触ると「ポロリ」と落下しました。

すでに半分は削れてなくなっていたようです。

ということで、このブッシュを交換しなければなりません。

で、これってどうやって交換するの?

コラムシフトのメインシャフトにくぐっている部品だから、メインシャフトの前後どちらかをオープンにしないといけません。

うむむむ。と、よーく観察しまして。

メインシャフトのハンドル側先端はCリングで固定されているだけです。

下側はエンジンルームの方へ伸びているので、そちらをどうこうするのは考えないことにします。

Cリングを外すのは簡単ですが、それを外したところでブッシュにたどり着くまでに、銀色の大きい鋳物部品があります。

というかこの鋳物部品は、コラムシフトレバーを固定するブラケットで、ウインカーレバースイッチ等を固定するブラケットにもなっています。

さらに、この鋳物部品の裏側にブッシュを固定するものだと思います。なのでこの部品を外すことを考えます。

と、なると....

ステアリングを抜いて、ウインカーレバースイッチ機構を取り外して、キーシリンダーも取り外して、やっと鋳物のブラケットが取り外せるということ?

そこまで外さないといけないの?めっちゃ面倒じゃん。

さらに....

シフト操作レバーシャフトの差し込み部分のゴムブッシュと思われるものにクラックあり。

これって抜いたら面倒がおこりそう。

だって、コラムシフトのメインシャフト内部で、なにやら遊びがあるんですよ。

ということは、きっとこのレバーのクッションのようなスプリングがシャフト内部に仕込まれていると思います。

それの噛み合せとかめんどうなことがありそうな予感です。

と、ここまででここの調査は終了です。

半分になったブッシュを取り除いたところへ、念のためにウレアグリスを入れました。

その他の見えている可動部分にウレアグリスをちょっとずつ注油しました。

組立して操作したら、シフトレバー操作がすごく軽くなりましたが、ブッシュが無くなったので遊びが大きくなりすぎてガタガタフィーリングになりました。

こりゃー、ブッシュを部品取り寄せしなければなりません。

それともブッシュを自作する?

いやいや、この部品ならトヨタのコラムシフト車共通のような気がするのでそんなに高い部品じゃなさそうだし、純正を取り寄せることを考えましょう。

次の異音です。「クゥー」となく小型犬の喘ぎ声です。

クラッチペダルの一番奥で、エンジンルームへシャフトが伸びているのですが、そこのゴムブッシュへシャフトが擦れて異音がしていることがわかりました。

ゴムだからねー、どのグリスにしようか悩むのですが、シリコンとウレアで悩みまして....

こんなところを頻繁に注油したくないのでウレアを選択です。(シリコングリスは割と早めにグリス切れするようなので....)

ウレアグリスをちょっとだけ注油したら異音はピタリと止まりました。

せっかく足元へ顔を突っ込んだのだから、ペダル回りのリンク箇所あちこちにウレアグリスをちょっとずつ注油しました。

さっそく、毛布をかぶって潜り込んで異音確認です。

異音は止まりました。とりあえずの応急処置はコレで良しとしました。

次は欠損したブッシュを入手してからですね。

でも、私は横着だからねー。すぐに部品取り寄せしないでこのまましばらく運用すると思うのよねー。

あとは....

実は、ハンドルを回すとホーンパットのすぐ下あたりから「クッ」というちょっと大きい音がすることがあり。

おそらくだが、ハンドルロックが解除される位置当りで音がしていると思うのよね。

これって、どこに犯人が潜んでいる?

やっぱり、ウインカースイッチの辺りが怪しいと思うのよねー。

と、なると、それはブッシュ交換のタイミングに一緒に作業となるよねー。

と、クラゴン弄りをちょっとだけでした。

コメント

R-2君、エンジンルームエプロンの下側-サビ欠損ハンダ処置2日目

2016年12月04日 17時24分38秒 | 車弄り、スバル R-2 (360cc)

本日のスバル弄りは90分ほどでした。

 

スバル弄りの前に、クラウンワゴン君をちょっと弄ったのよ。

だからスバル弄りは出遅れまして、作業し始めて昼回ったらすぐに雨が降り出して終了でした。

それでもちょっとだけですがスバル弄りは進捗しましたよ。

 

エンジンルームエプロンの下半分を続けて作業します。

ど真ん中にあるスポット溶接痕を処置します。

エンジンルームエプロンの上半分から伸びているつっかえ鉄板をスポット溶接されていた痕なんです。

私のスバルは、大量工業生産の組立ハズレ品だから、こんなスポットがされているのですよ。

まずは、スポット溶接の位置を間違えて無駄打ちという空打ちされて、単にむごい丸い痕が付けられている。

そして、もう1か所は、斜めにスポット溶接を挟んだというか仕込んだらしく、溶接個所が斜めになり、それに引っ張られた鉄板が歪んで少し裂けているというありさまです。

それを隠すために、スバル組立工員のお得意の黄色いパテが盛られていたということ。

ここにパテをしてごまかすぐらいなら、エンジンルームエプロンの上下鉄板の合わせ部分にこってりとシールを入れてくれたほうがどれだけマシかと思うのだけど....

組立工程で失敗した形跡をごまかすテクニックはあっても、将来的に考えるとここは防水を徹底したほうがいいだろうなという箇所は手が抜かれているという組立仕上げなんだから仕方がない。

空打ちされた部分はハンダで埋めてみました。

裂けている部分は...

スポットを外すために開けた穴をリベットで活用する予定なので、単にハンダで埋めるわけにはいきません。

パッチ鉄板をガチガチに貼り付けて対応しました。

その他あちこちの小さいサビ穴、スポットを剥がしたときについた穴などをハンダで埋めました。

フラックスを洗浄していたら、ポツポツと雨が降ってきまして....

はい。急いで撤収です。

次回は、余剰ハンダ研磨とパッチ鉄板の整形になると思います。

コメント

R-2君、エンジンルームエプロンの下側-サビ欠損ハンダ処置1日目

2016年12月03日 23時56分13秒 | 車弄り、スバル R-2 (360cc)

本日のスバル弄りは6時間でした。

 

エンジンルームエプロンを分割した下半分です。

前回までに概ねサビ取りできました。

本日は、錆で朽ちて無くなった欠損部分に、パッチ鉄板をとりあえずハンダ貼り付けできたらいいなと計画しました。

だってハンダ面積が大きいですよ。鏝で炙るのは微速前進ですから。一日でこの長さ分の鉄板が貼り付けできるかなんですよ。

 

パッチ鉄板を作成するために鉄板が必要なのですが....

そんなに分厚くなく、できれば0.8mm厚ぐらいの鉄板がないかなーとジャンクガラクタ鉄板をほじくるのですが、あまりいいものがありません。

仕方がないので、なにかで切り出した切れ端をハンマーでしばいて無理やり平面にして用います。

現物合わせの切った貼ったを、ブリキはさみとハンダ鏝でじっくりと進めます。

とりあえずパッチを貼りつけ終わったのが夕方4時ごろでした。

まだ時間があるぞ、陽が暮れる5時ぐらいまで頑張るぞ。

と、サビ穴塞ぎも始めました。

サビ穴塞ぎ途中でタイムアップです。

エンジンルームエプロン上半分と貼り合わせる耳部分です。

腐った鉄板を切除したジクザクのリアス海岸だったものが、このようになりました。

とりあえずでパッチを貼っただけなので、おもいっきりパッチがはみ出てます。かつ、ハンダも汚いままです。ハンダ流れだし防止でアルミテープも貼りつけたままです。

見苦しい状態での写真なのはお許しください。

今回の山場だった錆びで欠如した鉄板をなんとかできました。

って、まだまだ整形が続くのですが...

以上で、本日の作業終了です。

コメント

R-2君、リヤガラスはめ合い部--シール処置2日目、エンジンルームエプロンの下側サビ取り2日目

2016年12月02日 23時51分57秒 | 車弄り、スバル R-2 (360cc)

本日は天気が良いことだし、本業はそっちのけ(いやいや本当は今月も受注はないのよ)で、スバル弄りしました。

本日のスバル弄りは5時間でした。

 

一昨日にリヤガラスはめ合い部へシール1回目としてシーカフレックスを仕込みました。

あいだ1日開けましたので、2回目のシールを処置します。

今回は、変性シリコーン(俗にいう上塗りOKのコーキング剤)を用いて穴や大きい隙間を塞ぎます。

ヘラを駆使してこんな風に仕込んでみました。

まずはエンジンルーム左側面です。

白色が前回に施工したシーカフレックスです。

アイボリー色が今回の変性シリコーンです。

リヤガラスはめ合い部の水抜き穴からエンジンルーム内へ水が来るのですが、その水が合わせ隙間を横へ流れていくのを制限したいのです。

鉄板の隙間へ流れると浸透圧の関係でどうしても隙間が錆びると思います。なので、なるだけ隙間へ水がいかないように考えたつもりです。

それが、「水が横へ行かないようにシールで関所を作ってやれ」です。

各水抜き穴のサイドへ、こんな関所を仕込みました。

エンジンルーム右側側面も同様にシールしました。

リヤガラスはめ合い部の仕事はあとはプラサフの1工程ですね。

シール施工後は、あいだ1日置きたいので来週にプラサフとなりますね。

 

さてさて、ついつい手をだしてしまった、エンジンルームエプロンです。

そのエプロンの下半分をサビ取り追及しまして.....

これでサビ取りはいいだろう。という状態になりました。

まずは表側の写真。

裏側の写真です。

上鉄板と溶接されていた真ん中あたりの強烈な錆部分は、この程度まで研磨しました。

面倒だねーというサビ穴行列は、この程度までサビ取りしました。

上鉄板との貼りあわせ耳部分は、腐ってへにゃへにゃになっていた鉄板を切除していくと、こんな有様になりました。

以上で、本日のスバル弄りは終了です。

次回は、エンジンルームエプロン下半分をハンダでサビ穴塞ぎ作業の予定です。

コメント

R-2君、エンジンルームエプロンの下側を本格的にサビ取り開始

2016年12月01日 19時03分14秒 | 車弄り、スバル R-2 (360cc)

本日のスバル弄りは2時間30分でした。

 

昨日に2分割にしたエンジンルームエプロンですが....

そいつの下半分を本格的にサビ取り開始します。

まずは、ひたすらに水研ぎサンドペーパーで愛撫です。

2時間ほど撫で続けてこの状態になりました。

まだ塗装が残っているじゃないか。とお叱りをうけそうですが、これで概ね面が出ている状態なんです。

それだけ歪んでいるということなんですよ。

裏面は思ったより錆びが発生していなかった。

でも、部分的に深い錆びがあるのです。

この錆びですが黒色なんです。

つまり、前オーナーが錆転換剤をしている可能性が高いです。

だから、錆びが広がらずに、エプロンとしての原型を保っているものと思われます。

次に前オーナーがなすくったパテなのですが...

次の写真のパテの下に錆びが巣食っているのがわかりますか?

ちなみに先のパテの状態で面が出ています。つまり錆をほじくるためにリューターを差し込んだら、結構な凹みになるということです。

で、さっきのパテが盛られていた部分の裏側はどうなっているかというと

ははは。こりゃー錆穴貫通コースですかねー。

あえて写真は撮っていませんが、鉄板が合わさっていた面、つまり錆の巣窟箇所はえげつない錆びで現状にて元気はつらつの赤錆さんでした。

つまり、前オーナーさんは鉄板合わせ部分はサビ取りできないし、錆転換剤を浸透させることもできない。

ついては、パテで封をして終了したんだと思います。

しかし、錆びの上にパテが付くはずがありませんから、浮き上がったパテの隙間から錆びへ水が浸入し、合わせ隙間部分が浸透圧の関係で水を吸い込んで錆びの温床となったものと思われます。

そして、気になるサビです。

縦に1本錆びの帯が通っているのです。

ということは、この部品は前オーナーの時代に、ザクッと曲がっているんでしょうねー。

それを前オーナーが鈑金してハンマーでしばいているうちに、ボコボコ肌になって収拾がつかなくなりパテで修正というコースかなー。

そうそう、サンドペーパーで研ぎながらのついで作業にて、極端な歪みやボコボコ肌は鈑金しちゃいました。(ボコボコ肌を研ぐよりも、鈑金した方がペーパー研ぎが簡単になるという理由からです。)

当て金をしながらハンマーで軽くトントンするだけで、かなりマシになりましたよ。

さて、残りの30分ですが、リューターを握りしめて錆び取りを黙々としました。

そして、夜の帳が降りてタイムアップです。

次回は、サビ取りの途中から開始なんですが、この錆び取りが大変なのよねー。

コメント

ランキング結果を見たいの?

ランキング結果なんてどうでもいいかと思うのですが、数人の方から「お前のブログランキングってどうよ?」って質問があったので、こんなのを貼っときました。
こんなの表示できるように機能追加するから、ブログの表示が遅くなっていくんでしょうねー。
そもそも、よそ様のブログランキングを知って楽しいのかい?