なが〜ンのごちゃごちゃ、そして長〜く続く出口のないジャンクなパラダイス??

ジャンクと戯れている中年オッサンの日常と、嫌々な車いじり、オーディオなことや魚釣り等、仕事以外のことを書きなぐります。

R-2君、運転席手前床にハンダを盛った

2016年05月24日 22時40分29秒 | 車弄り、スバル R-2 (360cc)

不景気で本業が暇なりけり。

ということで、スバル弄りをたっぷりとしました。

本日のスバル弄りは6時間でした。

運転席手前床のサビ取り完成度を改めて確認です。

念のためパーツクリーナーをシュッとしてサビが潜んでいないかしつこく確認です。

真上から、さらに右から、左からと3方向からの目視確認ができます。もちろんライトの位置もいろいろと変えてチェックするのです。

運転席奥床は真上から確認できないので、数日間の点錆チェック期間を設けましたが、今回はいろんな方向から確認できるので取り残し率も低いだろうと判断してハンダ作業開始します。

というより、私の体が開いているときに少しでもスバルの進捗を進めようという魂胆です。

で、たっぷり時間をかけてハンダをしました。

けっこうな面積です、ハンダ鏝で攻略するのですごく歩みの遅いハンダ作業です。

ハンダできたー。フラックスの掃除だー。ハンマー打検、スクレッパーでほじくり検査、といったことをして夕方になりました。

ハンダがのってギンギラ銀になってます(笑)

サビ穴連結で裂傷になっていた部位も、もちろん塞いでますよ。

サビ穴ザクザク貫通で秋吉台状態になっていた部位もハンダがこってりです。

ハンダがのっていない鉄肌部分に、いつものサビ止め塗料(エポローバル)を筆塗です。

次回は、余剰ハンダ研磨作業かな?

これだけの面積でリブ加工部分もあるので余剰ハンダ研磨も苦戦すると思うのよねー。

コメント

R-2君、運転席手前床のサビ取り-2日目

2016年05月23日 23時57分27秒 | 車弄り、スバル R-2 (360cc)

本日のスバル弄りは3時間でした。

昨日からの続きで運転席手前床のサビ取りを追及していきました。

あの真っ黒だった床がこんな状態になりました。

私の乱視の目ではチカチカして点錆が判断できなくなったのでサビ取り終了です。

かなり銀ピカでしょ。

でもねー、サビ穴が繋がって裂傷になっている箇所があったり

あちこちにサビ穴貫通だし

それより一面にサビがあり、そのサビの楔を削り取ったことで、ガサガサ肌仕上げになっちゃいました。

これで、この部分のサビ取りは終わりのつもりですが....

次回に気分を改めて、サビが残っていないか確認するとこにします。

 

以上、本日のスバル弄りでした。

 

コメント

R-2君、運転席手前床のサビ取り-1日目

2016年05月22日 20時42分29秒 | 車弄り、スバル R-2 (360cc)

本日のスバル弄りは3時間でした。

 

今日から運転席手前床のサビ取り開始です。

ここも強烈に黒錆びに覆われてます。(浮き錆び、赤錆といったものは、以前にディスクグラインダーで研磨済みです)

赤錆と違って黒錆びは固いので面倒なんですよね。

と、愚痴をいいたいのですが、そんなマイナス思考では心が荒んでしまいます。

これだけ「プッシャー」ってサビ噴出ほじくりを楽しめるぞー。って虚勢を張りながら前向き思考になるのです。

リューターを握りしめて、中腰になって、肩こりをこしらえながら、ずっと3時間削りつづけました。

まず1日目ということで、表面の黒錆びをサラリと削り取り、深いサビはサビ穴貫通式達成、というところで終了です。

次回は、点錆をチビチビと拾っていく作業になります。

 

前回にハンダした運転席奥床を再確認しておきます。

日を改めてサビがないかの目視確認ってけっこう重要です。自分の気持ちも切り替わっていたりして新たなサビや施工ミスを見つけたりするんだよね。

で、今回は特に問題点なしです。

ハンダが乗っていない鉄肌部分があります。その部位は放置するとサビが出ますので、とりあえずでサビ止め塗料(エポローバル)を筆差ししておきました。

 

以上で本日の作業終了です。

コメント

R-2君、運転席奥床にハンダを盛った

2016年05月21日 22時42分09秒 | 車弄り、スバル R-2 (360cc)

本日のスバル弄りはがんばりました。7時間作業しましたよ。

そのほとんどがハンダ鏝を握りしめてました。

前回までに、運転席奥床のサビを概ね削ってます。

それから、あえて日にちをあけました。

というのは、サビの削り残しが必ずあるはずです。それが数日放置すると、微妙に色が付き始めるんですよね。

ということで、微妙な削り残しがあるはずチェックをします。

ライトを位置をいろいろと変えて、横からすかすように鉄肌を凝視します。

少しでもグレー色の部分を見つけたらリューターをあてます。

ははは、プシャッって赤茶色が一瞬噴出して、すぐに硬い鉄肌へ...

そういう、小さい点錆がちょろちょろと残ってました。

この残り錆びを削るのが1時間です。

貫通したサビ穴にリューターを突っ込んでサビ穴を拡張します。これは、ハンダでサビ穴をふさぐときにハンダが良く食いつくようにきれいな鉄断面を出すおまじないです。これに30分ぐらいです。

よーく、鉄肌をパーツクリーナーで掃除します。ここでサビが残っていたらパーツクリーナーを噴きかけた瞬間に黒色に浮かび上がるのですが、もうそういうのもなくなりました。

車体下に潜って、アルミテープを貼っていきます。サビ穴から下にハンダが流れださないようにするためです。この作業に30分でした。

さて、ハンダしますよー。

ハンダ鏝でよーく鉄肌をあぶります。広い鉄面にハンダをつけることになるので熱が逃げてあぶるのが大変かなーと思っていたのですが.....

意外や意外です。

昨今は気温が高いので鉄肌のスタート温度が高いです。これはラッキーでした。

さらに、サビを削りたくった鉄板って厚みが薄くなっているのよね。たとえ面積が広くても厚みが薄いならハンダ鏝でハンダ融着温度まですぐに上がりました。

まずは薄くハンダメッキです。メッキができたらいいのでお手軽な極細ハンダ線をあてていきます。

ハンダメッキをするときはなるだけ細い線を用いるのがみそだと私は思ってます。

面白いように鉄肌にハンダが吸い込まれていきます。

全体にハンダメッキができたら、フラックスのお掃除です。このフラックス掃除をしないと次の肉盛で失敗しますよ。ハンダをしたら必ずフラックス掃除、そして、またハンダなのです。

中ぐらいの太さのハンダで肉盛していきます。ハンダメッキの上にハンダを載せるだけなのでお手軽だよね。

ここまで作業してから、サビ穴をふさいでいきます。

すでに穴の周辺はハンダが食いついているので、ちょっと長めに鏝であぶっておいてから、ハンダをスルッと流すとサビ穴がハンダで充填されて完了です。

床がリブ加工されているのですが、その立ち上がり面がダメダメに腐っていたんですよ。

ついては、リブの凹みへ厚めにハンダを流してから、立ち上がりへ寄せあげるようにハンダ整形します。ハンダメッキしている肌へハンダを寄せるのって簡単ですよ。

と、書くのは簡単ですが、ハンダ鏝の先は細いので、気の遠くなる作業でした。

そして、ハンダのホイップクリーム仕上げができましたた。

ハンダ鏝で撫でているので、ボコボコ仕上げなのは置いといてください。ええ、私のハンダ作業が下手くそということです。

サビ穴が超えげつないことになっていた部分も、ハンダ盛りもりでガチガチになってます。

そこそこの力でハンマー打検します。

おおっ、鉄板をたたいている感触になった。ハンダが剥がれる気配はまったくありません。

そりゃそうだ。あれだけ炙ったものねー。しっかりした床になってますよ。

この余剰ハンダを整形すれば突如きれいな床に豹変するはずですが、それはまだ先のことにします。

次回は、運転席手前床のサビ取り作業になります。

コメント

クラゴン君、クーラント液漏れ修理、液体ガスケット塗りこんでみた-2日目

2016年05月19日 23時53分17秒 | 車弄り、クラウンワゴン(4ナンバー貨客車)

クラウンワゴンのクーラント液漏れ修理、昨日からの続きです。朝から作業しています。

ドロドロ水垢が堆積していたクーラントリザーブタンクは、歯ブラシを突っ込んでの掃除でここまできれいになりました。

角度の関係で歯ブラシのブラシ面があたらないところとか、ブラシが届かないところもあり、そんなところは、写真に写っているように汚れが残っております。

いくら濯いだところでブラシがあたらないところの汚れは取れなかったのであきらめました。

エアコンリキッドタンクブラケットを固定するボルトが強烈に錆びていた件です。

ガラクタ箱を発掘してみたが、M8x16mmのアブセットボルトありません。アブセットではないふつうのボルトもありません。

仕方がないので、スバル弄りように入手していた新品ボルトからひきあてることにします。スバルの組立はまだまだ先なので、次回にモノタロウへ部品発注するときにボルトを補填購入すればいいという考えです。

アブセットボルトではないのがいまいちですが、サビサビでいつ首根っこが折れるかもしれないボルトを再利用するよりはずっとマシだと思います。

ちなみに、このボルトですが7マークの張力ボルトです。今回の用途には超もったいないオーバースペックです。

エアコンリキッドタンクブラケットの錆び部分は昨日にサビ転換剤を塗ってます。

もちろん黒色になっていて、そこに錆びがあったという気配がなくなっています。

新品ボルトになったので、ボルトだけが妙に自己主張しているのは笑ってください。

クーラントリザーブタンク、ウオッシャータンクを元通りに組戻します。

いよいよお楽しみの液注入ですが....

冷却水の水路に水垢がたまっていると思っているのよね。

それの濯ぎができないかなーと邪なことを考えます。

クーラント液を入れないで、水道水を入れることにします。それが濯ぎ水ということです。

もちろんエンジン回しながらエア抜きしてちびちびと追加入水して満量にするんですよ。

水道水が3.6リッターほど入りました。

ペットボトルに取り分けたクーラント液と比較です。

左が満タンペットから入れて残った水量です。

右のクーラント液が入っている容器の空き部分と、左の残っている水量が一緒なのがベストなのはいうまでもありません。

でも、私はクーラント液をこぼしているのよね。こぼして減った分がこれでわかりました。

結果、あまりこぼしていないのね。よかったー。

で、水道水で満たされたラジエターです。

このままエンジンを回したいので、少し車を運転することにした。

こぼして不足したクーラント液を補充するために、クーラント液を買いに行けば一石二鳥です。

近所のホームセンターまでドライブです。片道3Kmです。往復で6Kmのドライブです。

さてさて、帰宅してから水漏れがないか目視確認です。

だがしかし、水道水が入っているので水に色が付いていないのよね。

厳密には残留クーラント液が水道水で薄まっているので微妙な色はついているはずですが、目で見る限りはわかりません。

と、ここで昼ごはんです。午後は仕事しまして、夕方5時からクラウンワゴンのところへ....

水道水で満たされたラジエター。これは濯ぎ水のつもりです。

水道水のまま一晩エンジン内部が使っているのも、長いこと熱を浴びてきた金属には錆びを呼び込むきっかけになるかも?と考えます。

ついては、濯ぎ水を抜いて、クーラント液を入れることにします。

左が購入した補充分のクーラント液です。右2本のペットボトルが回収したクーラント液です。

激貧が購入するクーラント液なので格安品です。

それも補充目的なので、手間いらずの薄めないでいいやつを選びました。

そうそう。もともと入っていたクーラントってどういったやつだったのだろう。

2年前の車検の時に、安物のクーラントでいいから交換してと指示してます。だって、前オーナー様がクーラント管理がいいかげんだったみたいで、結構汚れていたんですよ。

綺麗に掃除つきのクーラント交換なら価値があるのですが、あの以前の整備工場がそんな手間をかけると思えないので、いいものを入れても残量汚れがたくさんあるなら意味がないと考えていたのです。

納車のタイミングで、トヨタ純正の下グレードを入れたと説明を受けています。

下のグレードだから、単なるLLCのはずです。そもそも、スーパーLLCだったらショッキングピンク色のクーラント液だから、それではないことは間違いありません。

どこかに、交換したぞーシールが貼ってあるのだろうか?とエンジンルームをジロジロと見たらシールを発見です。

E-LLCって何?

スーパーLLCならS-LLCって表記だったはず。

ノーマルなら単なるLLCだったと思うけど....

ということで、ブログを書いている最中にネットをくぐってみました。

特に具体的な情報にたどりつかず。単に高性能タイプLLCということらしい。

何が高性能なの?

私の車は旧車で、前オーナーが数年実質放置プレーしていた車で、私がオーナーになって、たかが2万キロ走行した程度だと、まだまだエンジン内部は汚れていると思うのよ。

だから、いいクーラントを入れても意味がないと言っていたのに、高性能クーラントなんてものを投入されていたのか?

クーラント交換なんて自分で簡単にできるじゃない。それも交換の目安の色確認なんてすぐにできるから、気が付いたら私がすぐに安物クーラントへ交換したらいいじゃん。って説明したじゃん。

それなのに、2年前の車検ではE-LLCとかいう高級品が投入されていたのか。

と、愚痴りたいが、自分でクーラント交換しないで、車検のついでにお願いしたのだから仕方がない。

去年の車検からの整備工場は、クーラントではなくてエンジンオイルの話ですが、「オイルを変えなダメな事態になったときは、これを入れていいか?」と、最初に指刺し確認してくれたものねー。やっぱり去年に整備工場を変えてよかったのかも?

で、E-LLCに普通のそれも安物のLLCを混ぜていいかどうかですが....

こういうのは本当は混ぜてはいけないと思います。が、その根拠って何?

大抵は、高級グレードの品質が、下級グレードが混ざることでランクが下がるからということだろうと思います。

私の場合は高級グレードなんて考えてないので、ノーマルグレードのLLCとして割り切って運用するから混ぜても気にしないのです。

では、ラジエター内に満たされている水道水、つまり濯ぎ水を抜きます。

残留LLC+水垢を水道水で薄めた状態の液体が放出されるので、濁った中途半端な汚れた赤色水が出るはずです。茶色の水じゃなければいいのです。

で、出てきた濯ぎ水はコレです。

黒色バケツで受けているので、かなりくすんだ色になってますが、ペットボトルに入れて見た水はきれいな色でした。

もっと、濁って汚れた濯ぎ水が出てくると思っていたのよ。

この水も下水に流すことはできないはずなので、ペットボトルへ保管して、次に整備工場へ行くときに処分をお願いすることになります。

ペットボトルに入れながら、よーく観察したら、小さい浮遊物がけっこう混じってます。

沈殿物はなかったので錆びではなさそうです。(錆粉なら簡単に沈殿するはずです)

それだけ汚れがでてきたということだろうと解釈します。

濯ぎ水を抜いたら、クーラント液を入れるだけです。

お手軽にクーラント液入れて、エンジンかけて、水位が下がったら補充してといったおなじみの作業をするだけで、お手軽に交換完了です。

今回の作業で活躍した道具です。

バケツ、ロート、ヤカン、自作ホースバンドプライヤー、ダンボール紙

うーん。この道具だてを見ると大したことしてないなー。

というより、私の中ではクーラント交換って、オイル交換より軽整備だからねー。

って、今回の作業はクーラント交換が目的ではなかった。

ホース差込口からの水漏れ修理でしたね。

クーラント液だって交換せずに再利用しているんだし。

 

この後、夜中にいつもの半額食品を求めて8Kmほど走行しました。

帰宅してから懐中電灯で照らしながら、熱いホースをウェスで撫でまわしてクーラント液が漏れていないのを確認です。

ということで、今回の整備はこれで完成です。

それでも念のため、しばらくは水を入れたペットボトル1本を車内に転がしておくことにします。

コメント

ランキング結果を見たいの?

ランキング結果なんてどうでもいいかと思うのですが、数人の方から「お前のブログランキングってどうよ?」って質問があったので、こんなのを貼っときました。
こんなの表示できるように機能追加するから、ブログの表示が遅くなっていくんでしょうねー。
そもそも、よそ様のブログランキングを知って楽しいのかい?