なが~ンのごちゃごちゃ、そして長~く続く出口のないジャンクなパラダイス??

ジャンクと戯れている中年オッサンの日常と、嫌々な車いじり、オーディオなことや魚釣り等、仕事以外のことを書きなぐります。

R-2君、エンジンフードオープナーの代わりになりえるか?

2016年06月25日 17時46分18秒 | 車弄り、スバル R-2 (360cc)

本日、2回目のスバルネタでブログ書きです。

 

午前中は、スバル弄りで衝撃事実に気付き、意気消沈して帰宅しました。

ふてくされて昼飯を食ったあと、スバル絡みの知人数人にメールをしました。

そんなこんなしていたら頭が整理されてきたのか、いろんなことを多角的に考え始めました。

その中に、たしか他車流用できないかなーとボンネットオープナーを入手していた記憶が....

スバルのために散財した散財記録帳を開いて流用部品として買ったものを調べていきます。

うんうん。あのタイミングで一緒に購入しているのがありますね。

あのタイミングとは、別車種のウェザーストリップが流用できないかなーと博打宝箱したことがあるんですよ。そのタイミングで一緒にゲットしてます。

結構な投資しているので、きっとブログに書いているはずと確認したら、しっかり記録がありました。

R-2君、スバルで使えるといいな、ウェザーストリップ (2015年11月25日のブログ)

うん?ブログを読み返すとワイヤーを2本とあるな。

とりあえず発掘したのは1本だったのだけど、他にもあったか?

 

では、発掘したワイヤーと、R-2君のワイヤーを一緒に撮影です。

左が今回発掘した、スズキ ジムニー JB23W のボンネットオープナー

右が私のR-2から抜き取ったエンジンフードオープナーで、ワイヤー被膜ボロボロダメなやつです。

R-2のオープナー形状については前回のブログを見てください。

今回はジムニーのものを写真アップ。後で私がブログを見て確認するためですよ。皆に自慢で見せているわけではないですよ。

ワイヤー先端は丸玉です。ちなみにスバルは太鼓です。

今回、移設するとしたら使えそうかなーと考えるオープナー部分です。

この斜めにセットできるのが良さそうに思えて、私の頭の中で妄想が.....

そうそう、ワイヤーの長さです。それぞれ被膜部分の長さを計測してます。

スバル R-2が150cm

スズキ ジムニーが170cm

20cm長いのですが、短いよりはずっとマシです。

そして、ジムニーのものは、まだまだしっかりしていてワイヤーの動きもとてもスムーズです。

だって端をもってケーブルをダラーンとしたら重力でワイヤーが移動するんです。それぐらい滑り潤滑状態のワイヤーです。もちろん被膜もまだまだしっかりしているのです。

これを流用するかー。

 

いや、まてまて、入手したときのブログによると、もう1本なにかワイヤーを一緒にゲットしているんだよなー。

それも確認しよう。私はてっきりジムニーのワイヤーだけかと思っていたから....

 

そうそう、このジムニーのワイヤーですが、ワイヤーに巻きつけてあったメモ紙には、落札金額1円と記録されている。

他のウェザーストリップと同梱だから1円のものはとりあえず一緒に落札してやれ。と邪な気持ちで入札したやつなのね。もちろんスバル流用できないかなーのついで計画はありましたけど、もしかしたら本当に活躍しそうな雰囲気です。

 

いやいや、まずはR-2純正のオープナーでなんとか対策できないかを検討するのです。

なるだけ純正部品を用いたほうが、後々のトラブルで部品調達の時にふびんな目をしなくてすむかと思うからです。

多種流用をしていくと、数年後にその部品交換することになったらすごく悩むことになると思うのよね。

コメント

R-2君、フロアヒーターダクト製作-いきなり作業中断

2016年06月25日 13時52分12秒 | 車弄り、スバル R-2 (360cc)

本日は実質作業をしていない。

スバルのところにはいきましたよ。

作業しようかと準備をしながら、紙パイプを並べて確認です。

そうしたら、ムムム....

この穴ってなんだっけ?

中にネジ溝が切られている。ということは、かなり重要な代物のはず...

こんな位置にフロアーに向かって突起物があったっけ?

この鉄板の裏側は、燃料タンクがぶら下がっていたけど、室内へ貫通させるような取り付けボルト穴はなかったはずです。

もう一度よーく記憶をたどります。

ヒーターホースを外したりしているときに、どんな作業をしていたっけ?と2年ほど前の記憶を辿ります。

すると....

ああっ。ここはもしかして、いや、間違いなく....

エンジンフードオープナーのつまみが飛び出る箇所じゃん。

って、室内に突起物が出てくるじゃん。そんなの忘れていたっけ?

と、よーく思い出しながらフロアを確認して思い出しました。

ゴムシート状のヒーターホースカバーがかぶさって、それに沿うようにエンジンフードオープナーが生えているんだった。ヒーターホースカバーの存在でオープナーが影薄くなってました。

たしかカギ型のレバーで結構な長さが飛び出すのよね。それも引き抜くタイプで引きしろ長さと自分の手が入るスペースが必要。

って、そんなスペースないやん。思いっきり干渉するんちゃうん?

どうする?どうする?と、不安が立ち込めてきました。お腹がいたくなりそうです。

ともかく、この問題を解決する筋道が見えてから造形を考えないといけません。

ということで、作業中断です。

トホトボと自宅へ帰り、このオープナーを確認します。

そうそう。ワイヤーもダメだったのよねー。

で、こんな形状のものがフロアーに飛び出す。

ふーん。どうにかこいつをかわすようにダクトを設置できるか?

いやいや、そもそも巻き取りシートベルトとのクリアランスはどうなん?

巻き取りシートベルトに交換するだけと思っていた作業がけっこうな面倒を呼び込んでますよ。

以上、今日は気分がのらないのでスバル弄りは終了です。

コメント

R-2君、フロアヒーターダクト製作-1日目

2016年06月24日 15時19分56秒 | 車弄り、スバル R-2 (360cc)

天気予報では午後から雨と予報がてでいました。

ならば、午前中にスバル弄りをしようということで、朝飯を食らったらすぐにスバルの元へ....

 

昨日にやり直し修正した、運転席固定ブラケットの片面にジンクスプレーをシューです。

湿度が高いのにスプレーしている私は馬鹿なのです。写真で見てもらってもわかるかと思いますが吹いてすぐの艶引きの感じが気に入りません。

うーん。ダメかなー、やり直しになるかなー。

と、この湿度で缶スプレーを持ち出したことに、ちょっと公開しています。

 

気を取り直しまして、室内の仕事です。

フロアヒータダクトですが、フロアーとデフロスターへの切り替え機構があるのです。

こいつなんですが、私のやつは経年なのかわかりませんが、微妙に歪んでいます。

そして、ベンチの切り替えが歪み部分で引っかかるというあり様。

こんなのどこかで手に入る?面倒なものに問題点ありますなー。

この手のブラ系素材の部品はやっぱり熱湯に放り込んでゴットハンドで手揉み整形なのかなー。

でもなー、40年以上前の樹脂素材を熱湯に放り込むのは勇気いるよなー。油分がダメになっていたら、一挙にパリバリと逝ったりしないだろうか....

とにかく保留っす。

 

巻き取りシートベルトをしっかりと固定します。

ベルトを引き出してスルスルと出ていく角度で位置決めするんですよ。

離れて状態を確認して気がついた。

巻き取りシートベルトの太鼓部分上側が、サイドシル立ち上がりより飛び出しているではないか。

ということは後席へ乗降するときにシートベルトを蹴飛ばすだろうなー。(後ろに人を乗せるつもりはありませんが念のため....)

うーん。蹴飛ばしにくくなるように対策が必要ってことですなー。

そもそも、ヒーターホースカバーをどうやってこの部分につける?

オリジナルはゴムのようなビラビラの物体がかぶせられていて、そんなのだから後ろ席がヒーターホースを踏んづけて崩壊していたのが私のスバルだったんですけど....

ヒーターホースカバーが巻き取りシートベルトも隠すようにして....

と、なると.....

ああっ。考えると不細工な造形物しか浮かばない。

今はそんなことは先送りにしておこう。

まずは目の前の問題点をなんとかするのだ。

シートベルトとヒーターパイプとの位置関係を改めて確認です。

この隙間にヒーターダクトを構築しろということです。

まずは、基本となるものをイメージしましょう。

画用紙で筒を作って並べます。一応長さはこれでいこうというサイズにしてますよ。

これぞ現物あわせです。図面を引かないでモデリングしていきましょう。

と、ここまで作業したら雨が降ってきました。

えーっ、天気予報より早いじゃん。

ということで、90分ほどの作業で終了でした。

 

************************************

本日のブログ書きBGM-CD

MADONNA / Confessiens On a Dance Floor

昨日がマドンナだったので、そのままマドンナを続けます。

このマドンナが私のスイートスポットなんです。

おばちゃんがホールダンスを歌唱してます。

曲は電子楽器でダンスになっていますが、ボーカルはしっとりと歌うんですよ。

もちろん、おばちゃんの囁きボイスです。吐息まじりで切なく、そして激しくシャウトしそうなしなさそうな微妙なラインで声を出していくのです。

鼻腔から抜けるようなエロボイスが私の心をゆするのかもしれません。

生唾がペッペッと噴出してそうな歌い方なんですよ。

このアルバムは世間的に両極端だったと思います。

だってPOPの女王マドンナが、なんでこれなのー。という評価が多かったと思います。

しかし、私にとってはこれが歌唱だと耳がピクピクだったのです。このグルーブ感がいいのですよ。

しかしながら発売当初のアルバムなんて高級で買えません。

そして、このアルバムが不人気だったからなのか、中古でもなかなか店頭に並ばなかったのです。

さらにマドンナ自体が中古CDでも人気があるので高値推移をしていました。

そんなものが、普通のリサイクル屋の、なんでも100円謎ソフト箱に入っていたのです。

店主(ジーちゃん)にしたら、マドンナを知らないで、変な外人が写っているエロいものと誤認されていたのではないでしょうか?輸入CDなので中身も全部英語のため、ジーちゃんには謎のものなのでしょう。

だから、100円箱に無造作に放置されていた。

それを私が救い上げたという次第です。こういう出会いがあるから、和歌山県のちょっと外れたところにあるリサイクル屋を探検するのが好きなんです。

コメント

R-2君、運転席固定ブラケット修正

2016年06月23日 23時51分34秒 | 車弄り、スバル R-2 (360cc)

本日のスバル弄りは2時間でした。進捗はマイナスです。最悪でした。

 

たいしたことはしないつもりでした。

床を眺めてヒーターダクトをどのようにしようか?、とりあえず紙にデザインしてみる?

って、そんなつもりでスバルの元へ出向きました。

昨日は、仮付けで床の上の構造物を固定しました。

それをしっかり固定して、ヒーターダクトをどのようにかわせれるか検討することにします。

ヒーターダクトパイプのしっかり固定完了。

巻き取りシートベルトの取り付け角度を決めてしっかりとりつけOKです。

運転席固定ブラケットもしっかり固定しておこうとネジを回しはじめます。

するとネジが硬いのです。うん?ブラケットのネジ通し穴の遊びが少ないか?とか思いながら、ラチェットをうんしょうんしょと回します。

ラチェットを回しながら、ヒーターダクトパイプと巻き取りシートベルトの隙間を見つめてダクトをどう形状するか考えています。

本日の私の脳みそは明確ではなかったのでしょう。別の場所を見て思考しているのに、手はカチカチとクソ力でラチェットを回していたらしいです。

えらい硬いけど、ボルトは回っているのよねー。と、脳みそがボルトのことへ向きはじめました。

そして、ボルトへ視線を向けると...

「Oh!!!!、NoNo」 です。

斜めにボルトを立て込んでました。それも凄く深く。

斜めに立て込むとボルトを締めるのが重くなるのですが、それを感知しつつも脳みそは警告を出さずに、右腕はラチェットをクソ力で回していたのです。脳みそは別の場所を思考しつつ....

気付いてからは後の祭りです。

涙目でボルトを抜きます。ボルト受け穴、つまりナット部分を確認します。

あちゃー、これはダメだわ。ということでやり直しです。

そうそう、運転席固定ブラケットって何やねん?という方は、次の2つのブログを見てください。

(2015年10月17日のブログ) R-2君、運転席シートブラケット修正3日目--仮完成

(2015年10月21日のブログ) R-2君、運転席シートブラケット補強金具作成2日目--完成

ダメにしたナット部分をリューターでほじくって撤去しました。

新しくブラインドナットを挿入。

一度、ブラインドナットを抜いた場所に再挿入でしたので、もしや床の穴が少し馬鹿になっていたりしないかと思い、念のためにハンダ貼り付けもしておきました。

で、なんでネジが斜めに入ったのかをもう一度検証します。

私が昨晩にリューターの修理をしたりして、睡眠時間が2時間30分しかなくて脳みそがボケていたのは確かなのですが、その理由ではなく別の利用です。

シート固定ブラケットのボルト通し穴が、かなりカツカツで開けてます。といってもシャーシ側の穴に合わせてドリルで揉み広げたりしているのですが、それでカツカツの位置関係でボルトが通るというクリアランスでした。

そんなクリアランスなので、ボルトが斜めに入ったのでしょう。そのまま、ノータリンな私は馬鹿力でラチェットで締めこんだということ。

ならば、ボルト通し穴を広げて、馬鹿穴にしてしまえばいいのではないか?

で、シートブラケットのボルト通し穴を7.5mmの馬鹿穴へ拡張しました。

これだとまっすぐボルトが通る位置関係に穴が広がりました。

しっくりとブラケットの固定ができました。

さてさて、下地処置したブラケットにドリルを立てました。

つまり鉄肌露出しました。ということは....

はい、ブラケットの下地処理やり直しです。

ブラケットをまた外しまして....

とりあえずで、ジンクスプレーを吹きました。それも片面だけですね。

で、このタイミングで19時回りました。

外は暗くなってきています。ということで終了です。

結果、進捗としては....

マイナスになってます。

 

************************************

本日のブログ書きBGM-CD

MADONNA / American Life

皆さんご存知のマドンナです。

「なが~ン」もマドンナを聴くのかいな。と言われそうですが....

私はマドンナのおばちゃんボイスが好きなんですよ。

マドンナって、POP歌手の時代と、ダンスPOPになってからと大きく曲調が違うと思いません?

私は、ダンスPOPになってきた2000年頃からが好きなんです。

そう、おばちゃんの貫禄をつけた、艶っぽい囁きボイスで、ダンスをなまめかしくやるのが好きなんです。

その前のアイドルっぽい、甘い声のマドンナはあまり好きではありません。

だから、超有名な Like a Virgin の甘いボイスは興味ないんです。

えーと、サントラで...

「エビータ」のマドンナぐらいから、断然のマドンナファンです。

「エビータ」の映画を見て、えーっ、マドンナってこんなおばちゃんボイスになったの?と驚きまして、私の耳のツボにスポットはまりこんだのです。

それからは、ちょっとダミが入った濁りボイスでけだるく囁くマドンナ歌唱が大好きになったということです。

このAmerican Life はあまりダンス要素は強くないかと思います。

しかし、マドンナがおばちゃんボイスで切なく訴えかけて歌うのです。

もちろん曲調もそういうもので、POPのマドンナが好きな人にはつまらないアルバムだろうと思います。

しかし、ブルース系の曲が好きな方は、このアルバムはサクサクと受け入れられると思います。そして、マドンナの図太いおばちゃんボイスに溺れるのです。

こういうおばちゃん囁きに耳がピクピクするのは、それだけ自分が歳を取ったということでしょうか?

可愛い声や、甘い声より、おばちゃんの艶っぽい声や、ダミ声にピクピクしてしまうのです。

そんな私には、おばちゃんになってからのマドンナは最高なんですよ。そして、時代をおっかけていろんなジャンルの音楽へ挑戦して、結局マドンナ色の曲へ変貌しているのがすごいと思います。

コメント

「はしれ!コード学園」って?

2016年06月23日 23時45分00秒 | コンピューター関係

自動車弄りネタではないです。

趣味ネタではないです。どちらかというと私の職業ネタです。

でも、仕事のことを云々というものではありません。

 

なつかしい知人からメールが来た。

要約したら、「これ見て味噌。なつかしい地獄の日々を思い出すでー」という内容です。

で、そのメールに記されていたURLがコレです。

「はしれ!コード学園」 https://codeiq.jp/magazine/2015/11/34020/

タイトルより、コンピューター業界ネタなのは直観でわかります。

でもね、「走れ」なのかい?どちらかというと、「こけるコード事故」みたいな感じで悪いタイトルをつけるのが関西人なのですが、このホームページ作者は前向きってことでしょう。

で、そのリンク先を見たら...

はは~っ。スパゲティーコードかー。と懐かしくなります。

ふむふむ。内容的にはおおむね共感。なんだけど、最後がお化けのオチなのが....

って、お化けのことを詳しく書いていないが、誰も想像できない挙動不審な動作をするロジックが生まれているという解釈でいいのでしょうか?

たしかに、そういうものを作成してサジを投げたシステムが私のところへ特急仕事で舞い込んだことがありますが....

それよりも、私的には、スパゲティーコードは、「パッチ」というブイヨンを投入することで、さらに濃厚になる。

そして、皆して、「書いちゃダメ、書いちゃダメ、書かずにパッチ」と大声で歌うのです。

これの語源は、「掻いちゃダメ、掻いちゃダメ、掻かずにパッチ」という虫刺されの懐かしいCMです。

そのCMがリアルでTVに流れていた時代に私は廃人になって人様の尻吹きシステム強制稼働の仕事についてました。

もちろん、先のリンク先にあったスパゲティーコードです。すべての要件が盛り込まれてました。

その会社の元受けは某大手系列でして、まさに「不治痛」でした。それをユーザーが日立さんなんとかなりませんか?という遠回しでめぐってきたものです。

大手は実は裏で仕事のなすりあいをしているのはいつの時代も一緒でして、スパゲティーを投げつけてきたのです。

そして、私は、まばゆい「コード銀座」に埋もれていき、「スパゲティーの悟り」を見出し麺を打ち直すのです。

あーっ。あのころが懐かしいなー。チーム全員で廃人を楽しんだなー。と、知人のメールをきっかけに黄昏てしまったではないか。

そうそう、「はしれコード学園」に出ていた「命名規則に則っていない変数名」ですが....

あからさまに変数らしければいいのですが、私が遭遇した中で一生忘れないであろうもの....

それは、変数名に女性の名前が多様されているソースに出くわしたことです。

変数名が女性の名前って?想像できます?

一応、命名規則はあったのですが....

int nAkiko;

int nKyoko;

struct strBeppin {

    char *cpKirenagaMatsuge;

    char *cpKirakiraHitomi;

    char *cpPukuriHana;

    int    nAhiruKuchi;

};

ってこんな感じです。こんなのが一杯あって...

この変数名で中身に何が入るか判断できますか?

さらに関数名も....

BOOL IsFuroNiIssoniHiru( int *npOnna, char *szOnsenName) ;

BOOL IsSexHappy ( 引数は書くのもおぞましいので控えます );

こんなソースが出てきたらどう思います。

それを引き継いでスパゲティーを解き直せというのですよ。

それが、某大手メーカーソフト屋がサジをなげたシステムでした。

これでも、ソースの流れ的にストーリーができていれば、この設計者は達人かも?と感心するのですが、達人がこんな変数名で遊ぶことはしません。達人は必ずソースにポリシーがあり美意識が徹底しているものです。

ともかく真面目にソースを見たのですが、フローを図面に起こしても、goto GoOkasu(); とか、そんなのを書き起こしていたら、どうなん?なんなん?システム要件が浮き上がりませんでした。

全体的な顧客要求の、この部分を実装しているのだろうなというのはわかっても作りこみの理念が解読不能でした。だってGoto多発のソースって、あんたBasicか?とつっこみたくなります。いやいやVBとかなら曲がりなりにも構造化されているので、それ以前の思考で祝詞のようなロジックでした。

で、私は顧客へ出向いて、再度仕様を確認して、一からソースの書き直ししましたよ。

一からソースを書きなおすと、それだけ結合テストのやり直しが出るのですが、それでもお化けが出現するより最終完成度が高くなるというものです。

こんなソースがまかり通っているから、それを修正する人がどんどんこんがらがってダメダメなスパケティーへ....

そんなスパゲティーを作るなら、臭い箇所だけパッチ修正で逃げた方がシステム的には良かったりするんですよね。

パッチもソースを触るのではなく、ソースの上にかぶせるのですよ。まぁー、そこはある意味禁句なのですが....クラス継承して臭いところを捨ててやれとか。ヘッダーファイルに#defineでえげつないことを書いてしまうとか....

注意:

機能を殺すための多重継承、ヘッダに#defineで置換ロジックを埋め込むなんてことは、ロジック書きを生業にしている方は絶対にしたらダメですよ。それって狂気の沙汰です。でもシステムをごそって変えるスイッチングのテクニックでもあります。

ということは、バグ修正でこの手法を用いるというのは、システムをごそっと変えている。前システムの一部ソースが物理ロジックではなく仮想ロジックとして流用されるということ。

こんな修正したら、次にスパケディを味わう人が、その深みにたどり着けれるほどの繊細な舌を持っていないと大変なことになります。

もちろん次の人がメンテするときに困らないようにソースにはコメントしておくのですよ。

「スパケティー過ぎて美味しくないので食あたりしました。ついてはヘッダーにパッチを食らわして虚飾しております。まずはパッチを見て酷い前任者だとけなしてください。そして腹下ししてください。」

こういうコメントをしてとりあえず逃げるというのもありました。でも、そのつけが必ずあるもので、腐ったスパゲティーソースは必ず麺の打ち直しからしないと美味にはならないのです。

こればかりは、納期と予算でどうするかの判断になります。

腐ったスパゲティーがたらいまわしされるときは、必ず納期が緊急事態なんです。

その納期に向かって特急料金を出せる顧客は、達人SEチームに渡り一から再構築されます。でも大抵は、恥の上塗りごまかしソース書き足しにされるのよねー。そういう恥の上塗り仕事を「不毛な仕事」っていうのよねー。

って、これがこの業界の悪しきしきたりなのよねー。

と、知人のメールからくだらないことを感想してブログに書きました。

コメント

ランキング結果を見たいの?

ランキング結果なんてどうでもいいかと思うのですが、数人の方から「お前のブログランキングってどうよ?」って質問があったので、こんなのを貼っときました。
こんなの表示できるように機能追加するから、ブログの表示が遅くなっていくんでしょうねー。
そもそも、よそ様のブログランキングを知って楽しいのかい?