空色のひとりごと

高校女子駅伝を中心に高校女子長距離の話題について書き込むブログです。2012年3月末を持って終了しましたm(_ _)m

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

阿久根市長旗九州選抜高校駅伝の結果

2007-03-11 19:53:19 | 陸上(2008年度以前)

今日、鹿児島県の阿久根市で阿久根市長旗九州選抜高校駅伝が行われました。

この大会ではまだ新1年生が入っていないものの、九州の強豪校が

それぞれ新チームとして初めて対決することになります。それによって各選手の

冬の間の成長ぶりを見ることができますし、トラックシーズンを占う意味でも

注目の大会の1つだと思います。(以下敬称略)

 

・公式HP:http://www.city.akune.kagoshima.jp/topic/ekiden_s.html

阿久根市ホームページからページ右下にある高校駅伝をクリック)

 

大分西を除く全国高校女子駅伝の代表校6校に加え、戸畑商千原台といった

強豪校なども参加し、地区選抜も含めた全16チームで争われる予定でしたが

全国高校女子駅伝の佐賀県代表で出場予定だった鹿島実がレースの記録には

名前がないなど、実際には全14チームでこの大会は行われたようです。

公式ホームページのほうにはまだ結果が掲載されていませんでしたが

GGN速報室のほうに速報が掲載されていましたので紹介しておきます。

なお区間賞の選手の学年や文中の学年は今現在の学年で表記しています。

 

GGN速報室3/11阿久根高校駅伝 女子速報より拝借)

総合成績
1.筑紫女学園(福岡)    1:10.40
2.戸畑商      (福岡)    1:11.36
3.神村学園   (鹿児島) 1:11.46
4.千原台      (熊本)    1:12.30
5.諫早         (長崎)    1:12.35
6.信愛女学院(熊本)    1:12.49
7.鹿児島女   (鹿児島) 1:13.31
8.鳳凰         (鹿児島) 1:14.09

区間賞
1区 江藤 佑香子(2)(千原台)       19.45
2区 友枝 美里   (2)(戸畑商)       13.45
3区 田添 綾香   (1)(信愛女学院) 09.48
4区 松村 雪絵   (1)(筑紫女学園) 09.55
5区 田中 華絵   (2)(筑紫女学園) 16.27

 

筑紫女学園は1区の深堀がトップの千原台から4秒差の3位と好位置につけると

2区の金子が区間2位の走りで2位に浮上しますが、トップの戸畑商からは

29秒の差をつけられてしまいます。3区の永倉が区間2位の走りで前との差を

26秒に縮めると、4区の松村が区間賞の走りで先頭を走る戸畑商をかわして

トップに立ちます。5区の田中も区間賞をとってさらに差を広げ、結果的には

2位に1分近い差をつけての優勝ということになりました。全選手が区間3位以内という

安定したタスキ渡しからも来年度の筑紫女学園は強いということを印象づけました。

 

2位に入った戸畑商は1区の今田がトップから6秒差の4位というまずまずの

位置につけると、2区の友枝が区間2位の金子筑紫女学園)、茶園鹿児島女)に

31秒もの差をつける走りで区間賞を獲得し、一気にトップにたって2位の

筑紫女学園に29秒の差をつけます。3区の木戸も区間3位の走りでトップを

キープしますが、4区のが逆転を許してトップの筑紫女学園から32秒差、

2位の神村学園とは2秒差の3位に転落します。ここで5区の野見山が区間2位の

走りをみせて神村学園を再度逆転し、2位でのゴールということになりましたが、

ライバルの筑紫女学園には56秒の差をつけられる結果となりました。

 

3位の神村学園は1区の立元がトップから2秒差の2位と序盤で上位につけると

2区の里中も区間4位と踏ん張って2位の筑紫女学園から7秒差の3位につけます。

3区の馬庭も区間6位ながら記録的には区間2位の記録とは7秒差と粘りをみせて

4区の平山に繋ぎます。ここで平山も区間2位と好走を見せると、タスキを受けたときには

40秒差だった戸畑商との差が一気に詰まって、タスキを渡すときには逆に

2秒差をつけて2位に浮上します。5区の馬見塚戸畑商に逆転を許したものの

区間3位の走りで3位の座はキープしました。今大会では区間賞こそなかったものの

全選手がまずまずの結果を残しました。1区の立元以外は1年生だということを

考えれば、これからの成長が非常に楽しみなチームだと思います。

 

4位以降のチームについても簡単に触れていきましょう。

 

4位の千原台は千葉、福岡のクロスカントリーで7位に入るなどこの冬の間に

さらに力をつけた感がある江藤が各校のエース格の選手を抑えて1区で区間賞を

獲得しました。3区終了時点では6位まで順位を落としてしまいましたが

そこから4、5区の1年生が4位まで順位を戻すなど意地を見せました。

 

5位の諌早は1区を走ったエースの浦川がトップから32秒差、6位のチームからも

16秒差の7位と流れに乗ることができず、その後もなかなか浮上することができません。

他校が戦力的に少し厳しくなる3区以降で区間4、3、4位と繋いで5位に入ったのは

救いではありましたが、経験の少ないメンバーばかりであることを考えれば

この結果も仕方がないでしょう。経験不足を補うためでしょうか、この後も

伊那駅伝弥彦駅伝と2週連続で駅伝に出場する予定となっています。

 

6位の信愛女学院はエースの吉本やそれに続く選手の1人である指原を外した

オーダーで挑みました。1区の坂田がトップから7秒差の5位と好走をみせ、

3区の田添は3km区間で区間2位に25秒も差をつける走りで区間賞を獲得しました。

その他の選手もまずまずの走りをみせましたが、やはり2、5区で他のチームに

つけられた差から考えても、吉本指原の不在が大きかったという結果になりました。

 

7位の鹿児島女はエース格の上谷田が1区でトップから33秒差の8位と

やや出遅れてしまいますが、2区を走ったもう1人のエース茶園が区間2位タイの

好走をみせてチームを6位に浮上させます。その流れを引き継いだ3〜5区の

1年生が区間7、5、7位と繋いで7位の位置を保ったままゴールを迎えました。

 

8位の鳳凰は1区の田畑がトップから16秒差の6位と絶好の位置でスタートすると

2区の川口、3区の牛垣がともに区間5位の走りでそれぞれ順位を1つずつあげて

4位につけるなど、序盤は他の強豪校を押しのける大健闘の走りをみせます。

さすがに終盤は意地を見せられて順位を落としてしまいましたが、トラックシーズンを

前にこのような走りができたことは大きな自信に繋がったのではないでしょうか。

 

9位以下の学校では世界クロスカントリーの代表である永田を擁する小林

今大会は永田を外したオーダーで挑んできました。しかし1区で12位と出遅れると

その後も全区間二桁順位で11位に終わるなど散々な結果になってしまいました。

 

伊那駅伝に招待されている諌早千原台を除けば、今日の大会に参加した

学校はこれが今シーズン最後の駅伝だというところがほとんどでしょう。

もうすぐ本格的にトラックシーズンへと突入していきます。この冬の間に蓄えた力を

トラックレースで発揮することになるわけですが、選手たちがどれくらい力を

つけているのか、実際に走る選手たち自身も楽しみかもしれませんが、

わたくしめたちのような見ている側の人間にとっても非常に楽しみなことです

まずは各選手にとっての最初の目標となるであろうIH予選へ向けて

それぞれ怪我なく順調なスタートを切ってほしいと思います

ジャンル:
その他
キーワード
高校女子駅伝 トラックレース 公式ホームページ
コメント (4) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 世界クロスカントリー代表選手 | トップ | 来年度に向けて記録の整理・・・... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
九州のライバル同士・・ (tamo)
2007-03-12 00:40:35
筑紫女学園(福岡)と戸畑商(福岡)・・・
千原台(熊本)と信愛女学院(熊本)・・・
九州のライバル同士は暮れの全国高校駅伝に向けてもうすでに熱い火蓋を切ってますね。

平成15年度の大会では特別枠を含めで4校とも全国高校駅伝に出場していますが・・特に九州の福岡、熊本の県代表争いは・・全国でも注目の的です・・
火の国ならぬ・・火の女の戦い?

特に戸畑商みたいに1時間10分を切るチームは
高校野球の21世紀枠みたいに特別枠として
1校ぐらい・・推薦枠という形で毎年、選考対象にしてもいいような気がしますね。
高校駅伝を盛り上げる為にもそろそろ関係者に
一考をお願いしたいものです。

コメントありがとうございます (管理人)
2007-03-12 01:25:13
昨日は名古屋のほうでも激戦が繰り広げられてましたね

こういう全国でも上位が狙えるチーム同士の戦いが
繰り広げられるたびに今年が記念大会だったら良かったのにと
思うのですが、残念ながら去年、今年ともに記念大会では
ないのですよね。直近の記念大会である2003年のときには
兵庫代表の須磨学園が優勝し、近畿代表の県西宮が3位、
福岡代表の筑紫女学園が5位で北九州代表の戸畑商が6位に入るなど
例年では見ることのできない記念大会ならではの結果となりましたね。

特別枠や推薦枠とかいうのがあればいいですよね。
各都道府県予選2位以下の学校から2、3校ほど出場できるようになれば
1つの学校が代表を独占しているような地域の他の学校にとっても
新たな励みになると思います。励みになるという点では
5年に1度のチャンスしかなく、場合によっては在学中に
1回も記念大会が行われない可能性もある現在の制度よりは
ずっと代表校になることができる可能性は高くなると思います。

47チームから2、3チームほど増えるくらいなら運営上も
大きな違いはないのでは?と考えるのは素人考えかもしれませんが
実験的な意味も込めて何回かやってみたらどうでしょうかね?
・・・・とここで書いたところで影響力も何もありませんがね
がんばったねえ (駅伝love)
2008-03-15 20:44:02
みんな本当にがんばっていた。らいねんもみんながんばってほしい
 駅伝loveだーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
はじめまして (管理人)
2008-03-30 17:49:27
返事が大変遅くなってしまい申し訳ございません
コメントありがとうございます。

選手の皆さんはがんばっていましたか
今回出場した選手たちは各チームの来年度を担っていく選手が
大半だと思います。それだけに今まで以上に気合が入っているでしょうね。

いよいよ新しい年度が始まりますが、みなさん頑張ってほしいですね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL