うたかた草子

日々うたかたのように浮かんでは消える想いを思いつくままに
書き綴った日記、いつまで続くやら。。。

玉ゐ 本店

2017-02-10 07:07:07 | おいしい食事
会社のすぐ裏にある日本橋の有名店、こちらも連日行列が続く名店。
なんでも雨の日は行列が少ないという、それは日本橋三越・高島屋にお買い物がてら訪れるマダムの人数が
減るからだとか。





そんなアナゴの有名店に先日訪れたのは、たまたまランチの時間に前を通りかかったら意外にも行列の
長さが短い、五人程度しか並んでいない。
この程度なら少し待てば行けるのではないか、と別の店に訪れる予定を急きょ変更してこちらの行列の最後に並ぶ。



待つこと5分程度だろうか、その古めかしい屋内に通される。
古い趣のお店なのでずいぶん由緒あるお店なのだろうと思ったが以外にも古いのは家屋だけで十数年前に
この場所にできたとのこと、すっかり老舗だと思っていた。





少し小ぶりのアナゴ丼、お刺身などついたランチセットにしてみる。





大葉ご飯の上にのるふっくらとたアナゴ。
やさしいそのとろけそうな味わいを堪能、ここは最後に出汁を頼んでさらさらとお茶づけのようにして食べる、
そうひつまぶしのようなカンジかも。


店内にはアナゴ酒などもある。
夜は予約ができるとのこと、ぜひアナゴをつまみにアナゴ酒など食べて、夜の時間を過ごしてみたい。


ともあれ贅沢なお昼ご飯でした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初釜

2017-02-08 07:07:07 | 茶人への道
今年は年始早々の連休は初釜連投、先生のご自宅での初釜と友人が開いてくれた初釜が連日続く形になった。
今年の干支は酉年、何度目かの年女となる私が図らずも正客となり、緊張の一日。
ともあれ、初釜はやはり心浮かれる行事。




すっかり若ゆきの柄になってしまったが、久々に付け下げ登場。
この着物を見ると、地元の商店街の店頭に飾ってあったこの着物を一目で気に入ってしまい
私に喜々として報告した母のことを思いだす、あれから何度袖を通したかな。




翌日は友人宅の初釜、こちらはざっくばらんとした席なのでおしゃべりをしながら気楽なひと時。




白みそ仕立てのお雑煮を頂き、お酒もたっぷりと頂き、ほろよい気分で茶席に入って楽しいひと時を過ごす。
お餅が焦げてしまったのも、友人どおし他愛ないおしゃべりをしているうちにモクモクと焦げてしまったという経緯。

今年一年も楽しく、まじめにお茶を楽しめればいいな。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

都会のオアシス

2017-02-07 07:07:07 | 雑文
都会のオアシスと呼ばれるところはいくつもある。
少し前までは丸の内の住人だったので、あの付近は皇居側ということもあり、都心のわりに贅沢な公園や
堀の周囲などはなんともココロ落ち着く空間だった。


そして先日訪れたこちら





以前の同僚の会社が浜松町にあり、何度か訪れてはいたのだが事務所側にあったこちらに足を運んだことは
今までなかった、近くて遠いとはこのこと。




東京タワーがすぐ後ろにある素敵なロケーション、このお寺は徳川家の墓があることで有名。




周囲には高層ビルが立ち並ぶ中でこの贅沢な敷地に葵のご紋が掲げられる精々としたこの空間。
車の雑踏なども聞こえてこず、外の世界とは別世界が広がる。





訪れた日はたまたま公開日だったので参ってみることにする。




こちらには家康・家光は祀られず、15代のうち6人のみ。
とは言え徳川家だけにその昔は日光東照宮にひけを取らないほど壮大な場所だったようだが、戦災の影響で
建物が殆ど焼失したとのこと。皇居に近いだけに空襲とは無縁と思いきやそうでもなかったのか。





ものものしい霊廟の中にはその祀られている6人のお墓がある、神様になった日光東照宮とは違い
ずいぶん簡素に思えるが、それでもなんとも言えない歴史の重さを感じる。




増上寺から芝公園をぐるり一周し、東京タワーのふもとにも訪れる。
それにしてもあの広大な敷地と静寂、普段の雑踏からのちょっとした逃避。

贅沢な空間を味わうとちょっと心がリフレッシュできました、こういう空間って都内にもたくさんあるんだろうな・・・













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

玉ひで

2017-02-06 07:07:07 | おいしい食事
日本橋、人形町界隈には老舗と呼ばれる店が少なからず存在する、なんせ歴史のある街だからね。
昨年年末になるが、そんな老舗に機会あって訪れることになった。

玉ひで

親子丼が有名なこのお店、お昼にはそれ目当てに観光客がぐるっとこの店を一周するくらいの
行列ができるという、そんなお店に夜の食事がありつけることになった。





箸置きはこれから頂く鶏とタマゴ、可愛らしいけどなんか残酷な気も。



付だし3種。
今から頂くのは鶏スキコース。




こいつはワサビ味でお酒のアテにぴったり。





鶏スキは、別テーブルで仲居さんが作ってくれる、頃合いよくできたものを一人づつよそってくれる。




上品な味付けに歯ごたえある鶏肉が美味しい。





そして最後には



お待ちかねの親子丼、卵がトロトロ。




デザートのイチゴ。

池波正太郎も愛したというこの玉ひでの鶏スキ。
美味しかったのだが、老舗価格というかやはりコスパはあまりよろしくない。
が、来れたというだけ貴重な体験なのだろう。


ともあれ、お腹いっぱい、素敵な夜でした。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

健康診断

2017-01-13 07:07:07 | 雑文
年に一度の健康診断、この歳になると結構な一大イベント。
何も発見されないことを祈りつつ、地元の検診センターに向かう。

健康診断は基本地元の横浜駅近辺で受診するのだが、日程によって三か所ある検診センターのいずれかになる。
最近は横浜天理ビルの検診センターだったのだが、久しぶりに横浜駅東口側のファーストプレイスでの受診になった。

今まで要再検査項目だった部位を昨年初めに思い切って切除したので今回からは何も発見されないハズ。
と思いつつも、サクサクサクと一連メニューをこなしたあとは




そうファーストプレイス側のイタリアン。
何年か前までは健康診断の後は休みを取ってこちらで食事、セールへと流れたものだったがここ最近は
なぜか午後から出社している、この日も同様。このアワアワは一杯だけ、とりあえず何も見つからなかった
お祝いは必要だもんね。



時節柄昼間から優雅なおばさま方がランチ会などしている。
横目で見るとサンタのいでたちのコスプレをした赤ちゃんなどもメンバーに居る。
さきほど、かわいーーーの嵐のような絶賛の声の原因はこれだったか。
最近は少なくなったと思われる専業主婦の方々だろうか。




ゆったりと食べて会社に向かうはずが、予想外にサーブされる時間が長く、午後からの出社には
向かない店だと気づいた時にはもう遅い。
ゆったりと食後の余韻を味わうハズのコーヒーも前のめりにぐびぐびと飲み干し出社。


来年こそは一日休みを取りたいなあ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリパでキルパ

2017-01-11 07:07:07 | おいしい食事
なんとも頭の悪そうなタイトル、だが、言葉そのままの会が年末に行われた。

年に数回ケーキの王様キルフェボンを食する会が開かれる。
美味しい食事を頂いたあと、さらに美味しいキルフェボンを頂くというスタイル。
今回年末の忘年会兼、クリスマス会兼でこの会が行われた。

しかも今回狙うのはクリスマス限定品。
これをゲットするために予約日当日三人がかりで予約電話を入れたものの、お店に繋がらず
一同あきらめかけたとき、予約日から数日たってたまたまふらりと電話を入れたところ
【その日なら用意できる】と、諦めてからの逆転復活ホームラン的な感じで入手できた。



どおおです、限定品らしいこのプレミアム感は。
ベリーがたくさんとチョコレート、下の方にはナッツがぎっしり詰まっていてそれはそれでまた美味しい。



この日は参加メンバーの方のお誕生日が近かったということで急きょキルパでハピバという流れになった。
ますます頭悪そうなタイトルになるが、クリパでキルパでハピバ・・・・楽しく開催されました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

euro 2015 winter Barcelona 20151229 6

2017-01-10 07:07:07 | 
さて、泣いても笑っても最後の晩餐。
最後の晩餐はこのバルセロナで毎日通い詰めたあの店に行きましょうと、最初から決めていた。



朝食があれだけ美味しかったのだから夕食も美味しくないわけがないと。
実は数日前にこの店に夜訪れたときは人がいっぱいでとてもじゃないが入れるような状況ではなく見送ったという
経緯がある。LAST NIGHT は意を決して少し早めに訪れる。

スペインのバルがすべてそうなのかどうかわからないが、カウンター席とボックス席ではウェイティングのカウントが
違う。店内は相変わらず行列で込み合っていたのだがこの行列はボックス席のみ、カウンター席は人が立ち上がった空きに
各々すっと席を取るような形になっている、つまり店員の采配はナシ。


最初そのシステムがわからず、行列に並んでいたが前に並ぶマダムがこっちならすぐ行けるわよというようなことを教えてくれ。



新鮮な魚介が並び、それを指さすと



こんな風になって出来上がってくる。



朝とは違うにぎわい、朝とは違う食材、店内にははやっている店の独特の活気であふれる。



出される食事はどれもこれも期待を外すことなく美味しい。




日本とは違い、かなりの年配の方たちもカウンターに座りおしゃべりをしつつ食事をする。
外食の文化が日本とは少し違うんだろうな。

最終日の夜は美味しく、楽しく暮れる。
バルセロナ、気候はあたたたかく美味しく、楽しい街。短い期間だったが楽しかった。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 0102帰省 2

2017-01-06 07:07:07 | 帰省日記
さて、二日目の夜はようやくすき焼き、一日遅れ。
実家に帰っていた弟彼女の帰りを待ってジュージュースタート、同時にこの度実家に登場したストウブで鯛飯作り開始。
少し多めに作って横浜にも持って帰ることにする。





すき焼き、お肉様。





まずはお肉をジュージュー。
関西は割り下は作らずに、お酒と醤油、砂糖で味付けするのが王道なのだろうが、最近の我が家はそれも面倒で
あっさりと割り下派。だってそれぞれバラで味付けするのもなかなか味が統一しないもんね。


ストウブで鯛飯炊くも、初めてのストウブ炊飯は今一つコツがつかめずおこげはできたがなんとなく仕上がり感が固い。
お鍋に数万もかけるなんて、とティファール派だったのだが、意外とこのお鍋の密封性や電動率のよさに心動いたりもする。
実際に使っていないとその良さはわからないのかもなあ。


ともあれ、お肉だけでおなかがいっぱいになったので、出来上がった鯛飯をタッパーに詰めて私はそろそろタイムアウト。
飛行機の時間は21時15分、7時30分には家を出て余裕をもって空港に着きたい。





実家から三ノ宮まではタクシー、ポートライナーで空港まで向かう、お土産も買って余裕のチェックイン。
それにしてもこの年末は本当に何もしなかった、これだけゆっくりできるのも年末年始ならではなんだろう。





自宅に戻って荷物をあらあら片づけてほっと一息。
やはりここのチョコレートは美味しい。


お正月休みももう終わり、また、気分改めて働かなくちゃな。
それにしてもこの年末、がっつり読書をしようと思ったのに、マンガに夢中になって活字を離れてしまったなあ。
今年はきちんと本を読もう・・・



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 0102帰省

2017-01-05 12:12:12 | 帰省日記
さて、新年二日目。
何度となくこのブログに書いたが我が家二日目のお雑煮は焼き雑煮。



あっさりカツオでおだしを取った後、メインの具材はこのアナゴさんと



シャキシャキ水菜。野菜不足をここで解消したいという思いからついついがっさりと水菜を放り込んでしまうのもまたヨシ。



二日目の食卓。
おせち感は消えて、なんだコレ、まんま居酒屋の食卓。
お雑煮に入るはずのアナゴさんは、余分に買っておいたのでやおらまるごとアテに変化するという流れ。

ビールから始まり第二ステージの日本酒へ。





ワイングラスにたっぷりと入っていますが、これ日本酒です。
弟が正月用に純米大吟醸を一升瓶で仕入れたとのこと、よく気が利く弟を持ったことに感謝。





本来は一日目の夜をすき焼き、二日目の夜をこの睨み鯛の身を解してお鍋にしようという段取りになっていた。
が、昨日の夜まさかのすき焼きが翌日に繰り延べ。鯛のお鍋ができないよねということになったので、この時点で
鯛の身を解して酒の肴にしてしまいましょうという臨機応変の対応をすることになった。





グリルで軽くあぶって、鯛の身をほじりながら日本酒を頂く、結果半身を頂いて残りの半身は鯛飯を作ろうということになった。
む、まずい、これ無限のループにはまり込んでしまう予感。
睨み鯛はその味よりも見た目重視かと思いきや、鯛の身が予想に反して美味しい。そしてそこに日本酒が加わると
不思議とうまさが引き立つ。



というわけで続く日本酒の無限ループ。
・・・・結果、当初は二日目の昼からは明石に墓参りに行く予定だったが、日本酒過剰摂取のため
弟も私も長い昼寝から目覚めた時間は午後3時。墓に行くには遅いよねということになり、さらっと墓参りはお彼岸まで繰り延べ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 0101帰省

2017-01-05 07:07:07 | 帰省日記
おそらく弟と二人きりのお正月は今回が最後、来年からは家族が増えるのでこの元日はどういう形になるのだろう。



ともあれ2017年、新年あけました。
今年のお正月は近所のイタリアンがやっているというおせち料理。と言っても手前のイセエビはご祝儀。
この度弟がめでたく彼女と籍を入れる運びになったので、弟と彼女をよく知るお店のマスターからのご祝儀だったようだ、
ありがたいの一言。



ローストビーフの焼き具合もいい感じです。
最近お菓子を作るようになって感じるのだが、やはり我が家のオーブンと実家のオーブンは少し違う。
今まではあまり気にしなかったのだが、実家オーブンではレシピに書いてある200度20分ではちょっと頼りない気がする。
よくお菓子の本にオーブンの癖によって調整すること、と書いてあるのだがその意味が今になって少しわかった。


山盛りのおせちを食べて白みその雑煮を食べて、ふうふう言いながら少し休憩。





からのご近所に初詣。
こじんまりとしていて近所の人しか訪れないこの神社は、子供のころからちょくちょく遊びに来た公園のすぐわきにある。
氏神様ということになるんだろうな。





おみくじ一回200円は正月価格のような気がしてならないのだが、縁起物なのでそんなことは思っても口に出しちゃいけない。
ともあれ大吉はなんとなく気分がよい。

足取り軽く、帰りにコンビニでビールを買い足して自宅に戻る。
この日の夜はおせちの残りとすき焼きの予定だったのだが、思った以上におせちでおなか一杯になりすき焼きは明日に繰り延べ
食っちゃね、食っちゃねの大人の元旦が暮れていく。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加