長生き日記

長生きを強く目指すのでなく良い加減に楽しむ日記

500 Roadsidelia dustiflora あるいは北沢先生

2017-07-11 22:42:21 | 日記
  道端のうす汚れた草花という意味の学名っぽい造語であろう。50年近く前に指導教員であった北沢右三先生がゼミの時などに生態系ないしは自然の場でのいろいろな生物の関係の仕組みなんぞの話をするときに持ち出していた語である。いまそういう植物を見た時に名前や学名を知らないと、つまりしょっちゅうだが、思い出す。北沢先生は土壌動物・生態系的まとめが専門のよい先生だった。僕はよその大学から移動して編入学したので正式な講義を聞いたことはないのだが、全体的に指導してくださった。東京を退職して九州の大学に移られたが早くに亡くなられた、九州はもっと暖かいと思っていたのに思いのほか気候が荒くてなどとこぼしておられた。懐かしく、ちょっと検索すると、ちょっと変な評判が出ているようだが、僕の知る限り、そんなことはなく良い先生であった(友人もよい思い出を持っている)。もう少し書きたいが関係者がまだいらっしゃるのでやめておく。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 499  でんでんむし | トップ | 501 八郎潟 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事