「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログです。

「放射能」「被曝」「原発」、日本のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開します。

僕が「公安」だと平気で嘘を垂れ流すツイッター住民(@plethysmogram11)について。

2017-07-31 00:00:23 | 事務連絡

1年3ヶ月ぶりの札幌講演

【 8/19(土)午後 木下黄太講演会IN札幌】

 今の日本が置かれている現状、放射能と被曝に関する問題点をお話して、内容を踏まえて皆さんと対話しておきたいと思います。申込者があまりに少ない場合、今後は北海道での活動は取りやめようと思っています。今は申込者は少ないです。 

 開場13:00 13:30〜15:30  札幌市中央区中心部で開催。

 場所など詳細は下記申込サイトで確認ください。

 申込&詳細⇒http://kokucheese.com/event/index/478537/

===========================================

 

きょうは本当に呆れ果てる話です。

僕は、オウム事件のころに警察庁記者クラブに在籍し、警察庁の公安担当や、公安調査庁の幹部とも取材対象と取材先としての関係は存在しています。

しかし、例えば、国松長官狙撃事件で公安捜査の問題を指摘するようなビデオ放映も、僕が元々入手し、1997年に放送、当時は「僕を逮捕したい」ということを、警視庁公安部のM幹部が周りに話していた状態があるくらいで、「公安」とは一定以上の距離感がある記者です。

その当時、おそらく公安によるものと僕が思っている、自宅への盗聴、自宅まわりの工事などがあった程、僕と彼らとの関係は、厳しい状態しかありません。

こんなことは、一定レベルの公安取材経験がある記者なら、すぐに確認が取れる話です。

しかし、僕を「公安」と称して、攻撃する、非御用学者を自称するアカウントが存在します。

何の根拠もなく、木下黄太=「公安」と断定する輩。 ⇒ 

その人間による、ツイートの画像です。


 

 僕を知っている警察庁や公安調査庁関係者、記者連中は多分大笑いする話です。

 非御用学者を名乗っているが、ほんとの学者ならこうした無根拠な中傷は名誉棄損に該当し、お宅の身元を法的に割り出す正当性が得られる根拠になると承知の筈です。

 しかし、神戸周辺で妄想ばかり言い放つツイッター住民は、本当に度が過ぎている。社会性皆無。 一人一人、どういう人物で何をして、何を誤魔化して、何で他人を騙しているのか、赤裸々にして決着したいなら、そうするので覚悟しろ。

公安と僕がどこまで過去に対峙したのか、知りもせずに嘘を書くな。

覚悟しろ⇒@plethysmogram11 

追い詰めるからな。

----------------------------------------------------------------------------

追記

 この記事を書いた直後に、このアカウント@plethysmogram11 は消えてなくなりました。それでも、本人の連絡先や勤務先についての具体情報があれば、本当に薄謝ですが進呈いたします。僕のメールに連絡ください。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

消してもデータは保存したので逃げ切ることはできないと思います。覚悟して下さい。

地の底まで追い詰めますし、本当に大学教員なら、当該大学当局に通報し抗議します。

===========================================

僕の発信内容をきちんと確認したい方はメルマガ購読をお願いします。オープンに書きにくいことは全てメルマガで配信しています。

 「木下黄太メールマガジン」原則月4回・金曜日配信 

【 国会質疑で顔をうつむき目線を合わさなかった安倍総理の心理状態、蓮舫辞任でようやく闘う姿勢の民進党 】
【「 私や夫の田舎は汚染されているのか?」確認を怠った人々の後悔、見逃しがちな新潟県山間部の放射能汚染 】
 

申込&問合せ⇒http://www.hoshanobogyo.com




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民党が政権を維持するため... | トップ | 【言葉狩り】テレビ朝日「ザ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。