「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログです。

「放射能」「被曝」「原発」、日本のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
更に重要なことはメルマガで展開します。

原発震災に追い込まれ続ける主婦の訴え、茨城県常陸太田市より。

2011-05-19 03:18:13 | 福島第一原発と放射能

 

 3号機は危険な状況が継続中。2号機は水蒸気だらけで作業不可能という、きつい状態は続きます。
 茨城県常陸太田市の主婦からの衝撃的な投稿です。一部編集いたしましたが、ほぼ原文のまま掲載いたします。 Facebookの公開グループ「福島第一原発を考えます」には、このような衝撃的な情報が届いています。
 参加者が二千六百人を超えました。 Facebookの公開グループ「福島第一原発を考えます」は大変活発な論議が始まっています。行動する皆さんの参加を期待します。 

  http://www.facebook.com/home.php?sk=group_163985373661863

=====================================================

 茨城県常陸太田市に住んでいます。市町村合併で
隣町が福島県の矢祭町です。
福島県境までは車で1時間以内に行けるロケーション。

自宅は隣が東海村の臨界事故現場も遠くにかすんで見える距離。
遠くに東海村の原子力発電の施設も目視できます。
主人の転勤がきっかけで、臨界事故の数年後に
この土地に引っ越してきました。
99年の東海村の臨界事故当時、
近所の奥さんの子どもが4歳児くらいでした。
(事故当時日立市在住で引越して常陸太田へ)
現在高校3年生くらい。
その子の同級生のお子さんが2人も白血病との事。
(小さい頃からのお知り合いでこのエリアの方)
今回の事故をきっかけに耳に入ってきた情報。

茨城県常陸太田市の真弓に設置してあるモニタリングポスト。
いつもその小学校の先生方が数字を見ているから

異変に気づいた。
震災後に通常時の約10000倍の放射能を記録したのを
知識が無かったのか、壊れたかと騒動になったらしい。
平常時0.02μSv/hr→200μSv/hr
くらいだったらしい。
(聞いた話ですので、平常時のほぼ10000倍との事)
ただし、3月12日の何時かは不明です。


この値がどのくらいまで続いたのか、モニタリングポストの
数値探しましたが、データが無いのです。
(文科省無し、茨城県モニタリングポスト平成22年度データ無し)

冷静に判断すれば、それは真実なんでしょう。
私たち家族は停電と断水。
地元ラジオ局の情報しかなく、
福島第一原発の様子はわからなかった。
その間、我々は生きるために外で水を汲み、外を歩き
電話ボックスに走った。長蛇の列で外で外気を吸っていた。
家族3人が喉が痛いという急性症状があった。
(私は焼けるような、喉の痛みが2週間続いた。)
電気が来てテレビをつけたら原発が爆発していた。
生命の危機を感じて、3月15日21時半過ぎ、逃避行の旅に出た。
私は完全に思考が停止するくらいの衝撃でしたが、
旦那が断水続きで風呂に入らないと気持ち悪いという理由の方が当時強かった。
しかし、そうでもして、引っ張って
行ってくれなければ、私は思考停止していたので、動こうとしなかったかもしれない。
その時は放射能もそうだけど、
この地域の事情、逃げたくても逃げられない
状態であったのです。
地震で地滑り地割れと橋の段差の増大で
通行止めが各所にあり、
第一にガソリンが無く、思考が停止してしまう要素が
たくさんあった事は記憶に新しい。
心身ともに痛めつけられている感覚。
茨城県の現状はテレビ報道される事もほとんどなく、
どんな惨状かは、いまだに知られてはいない。
運よく脱出に成功した我々家族も冷静な判断ができるようになるまで、
しばらく時間がかかった。
確かに津波現場に比べればとても小さな被害だったかもしれない。
今、生きている事に感謝するだけです。

当時を振り返り、こんな事が・・・
震災直後、プロパンガスが使えた。
水さえあれば、温かいコーヒーがうちでは飲めた。

うちは、冬でも青カビが生える家。
コーヒー豆をフィルターごと 乾かして、
土に返すだが、
震災後、
カビが全く生えていない。
それが何を意味するかを考えた時・・ハッとした。
医療用具工場に勤めていた時、滅菌という仕事をしていた。
厚生省に申請するデータを作成していた時、
滅菌のD値まで出さないといけない。
その時の事を思い出した。
これは、もしや、
自宅がガンマ線滅菌器状態なのではないか。
カビを殺す難しさは知っていたので、
これが本当なら恐ろしい事である。

スーパーにはガイガーカウンターを持って行くようにしている。
埼玉の友人がやはりガイガーカウンターで
野菜を調べたところ、産地偽装も埼玉ではあるようだ。
という話も聞いていて、チェックしている。
たとえば、地元の野菜である程度信頼できる農家の
野菜であっても、天候風向きに左右されるわけで、
毎回ガイガーカウンターの反応が同じではないのだ。
それは、買うたびに傾向を取っていけば、おのずと
見えてくるものがある。
(雨、風向き、育った期間、ハウス栽培は露地物か)

常陸太田市で
水田の作付が始まる以前は地上1mくらいならば、
0.16μSv/hrくらいの線量だったが、
トラクターが入り作付準備をしたとたん、
0.45μSv/hrくらいに上昇。
(放射性セシウムが土の中にあって、
それがかきまぜられた事によって出てきた。と仮定)
その後、田植えが始まり水田には水がはられ、
現在0.2μSv/hrくらいになった。
おそらく雨に流された
セシウムは地下水や川を汚しているようです。
空中線量はあまり上がらなくなりました。

今の方が水道水が危険と思いますが、
自治体は分析していません。
常陸太田市役所ホームページでは5月2日以降
分析の記録はない。

5/17大子のお茶からセシウムが出てきているという事は
川の上流だから、セシウムが出てきて数値が出せないのか・・・

昨日は八郷のブルーベリー農家を訪ねた。
私に何かできないかという事で、被災地の農業など、
オーナーがサーフィンをする人なので、茨城の海側の事も
含め、今の現実を語りあってきた。

私の行った、農家は本当に消費者の笑顔を見るため、
農薬を一切使わず、ブルーベリーを育ててきた。
毎年我々もお世話になっている家族のような存在だ。
その方が、農業をやっているサイドから見ても
近所のよその農家を見ていると、農協の特に指導もなく、
放射線検査はしないで出荷しているのが現状。
出荷は無法地帯化しているようだ。

同じ農家としてのポリシーが無い事については
非常に落胆されていた。
私は、何か自分にできないかと思って行ったけれども、
逆に子どもの事を心配してくれた。
その農家では、キチンと分析先も依頼済みで、
ブルーベリーができてから、サンプルを送り、それを、
住友化学系の分析会社で緻密な年代測定レベルの
放射線分析を行い、その結果を見て、
今後の進路を決定するという。
実に潔い言葉だった。
また、その方、海をきれいにするために、
毎週、海のがれき処理のボランティア活動をされていて、
茨城県の北側にも行きたいと思うと話したところ、
自衛隊の関係者より、
「北には行くな。本当に危険だ。」
と止められたそうだ。
海の汚染の深刻さは、言い表せないだろう。
正直、魚業というのはこの先、原発エリア、太平洋側は
アウトなのではなかろうか。
もっと、しっかりとした生データがほしいところだ。
しかし、想像してみれば、
サンプリングは命がけということを意味するんだろう。
ブルーベリー農家の方とは
日本の現状に関してお話ができて本当に良かった。
確かに農家は被害者ではあるのは十分理解できるのだが、
農作物の作者としての個々の農家の考えや取り組み方の
意識の違いというものは、ハッキリ分かった。
安易に何の疑問も持たないで出荷できる人も多い。
その行為は、結果、消費者にとっては加害者になりうる。
(消費者を無意識に内部被ばくさせているという
重大な事実を知らずに、生きるためのお金を
得る事に走っているという究極の選択ではあるが
破滅への序章でもある。)

未来を作る子どもたちのために
大人がしなければならない事がある。
子どもを守らなければならない。被ばくから少しでも。
また、未来に少しでも美しい環境を残してあげたい。

関東の農業の現状を改善するためには、
現場の農家の方に、事実がハッキリわかるように
指導してあげる必要がある。
分析をして、出荷をする仕組みを構築する。
日本全国でこのような取組が必要ではないのだろうか。
このような仕事を作ることで雇用を創世できないのであろうか。

真剣に取り組んでいらっしゃる農家の皆さまは
結局、自分たちで分析費用を自腹で工面して、必死で
取り組んでいるという不公平な現状をもう少し
クローズアップした方が良さそうだ。

真摯に取り組む農家はどれだけいるのか。
不明だ。
この状況を打開しなければ、我々は食べる物を失う。
いや、もう関東では農業は無理なのでは?
いろんな事が巡る。

帰り、水戸のイオンショッピングモールの
野菜売り場に行ってガイガーカウンターで測定してみた。

昨日の水戸は食品売り場の野菜売り場から離れると
濃度が低く
0.08μSv/hrくらいまで落ちる場所があったので、
割と感度良く傾向が見られた。
「方法」
野菜にガイガーカウンターを近づけ、
バックグラウンドよりも上にカウントするかを
目視する。

旭村 ミズナ アウト
なめかた さつまいも アウト
(↑いつ取れたものか?保管方法がまずかったのか?)
産地不明ちんげんさい アウト
ホウレンソウと小松菜もグレー。
産地不明4種類あって、単に埼玉とかいているものも。

が今日の状況。
野菜売り場が比較的汚染濃度が濃いのがそれを
物語っている。

もちろん、きれいな野菜もまれにあるのだが。
この計り方はあまりガイガーカウンターを使い慣れていない人には
おススメしませんが、参考程度にはなる。
地名を出した農家の皆さまあしからず。
このような消費者もまれに居るということです。
食中毒のお肉が話題になる昨今、食肉のチェックも
怠ってはいけない。基本的には国産と書かれている肉は
我が家では買わない。

青森でも経験したが、青森のスーパーでも
怪しい野菜も魚もある。
青森県は福島、群馬、茨城の野菜がたくさん置いてあった。
正直、原子力疎開をしている自分にとっては、
不快な気持を正直持ったのだ。(ごめんなさい。)

茨城県にいつしか、茨城の野菜しかならばなくなった。
事故直後は関西からたくさんお野菜が入って来て、
助かっていた。
現在、関東で食べられる物はないのかもしれない。

被災地の農業を救おうという消費者意識に
つけ込む不可抗力でもあり、故意でもある
野菜の放射能汚染の無法地帯化。

魚はもっと厳しいかもしれない。

4月中旬、鶏卵の異変に気付いた事もあった。
卵を調理する際、殻を割って、かき混ぜて
焼いた瞬間に
ガイガーカウンターの数値が跳ね上がった。
0.16が0.25へ。
子どもがまさに食べようとした瞬間奪い取って
ゴミ箱に捨てた。
犯人はおそらく、黄身なんだろう。
放射性物質が中心にあって、まわりを白身が多い
殻が覆っていると、さらにポリのパックに
入っていて、それをガイガーカウンター当てても、
なかなか数値が判別できない。
当時、鶏卵は大丈夫と報道されているが、分析しているのか、
どうかは不明で、私は全く信用していない。
(まるで戦時中のどさくさに紛れるっていうのと同じような気がする。)
あの頃は放射性ヨウ素がまだあった時期に
オーバーラップするので、あれだけ跳ね上がるのは
ヨウ素か?とも考えている。
近所の卵は避けるようにしているが、
遠い産地のものはなかなか手に入らないのが現状だ。

豚や牛に比べると鶏は体が小さい。
小さいものから被ばくする。いずれ食物連鎖で
必ず人間に帰ってくる事を忘れずに。
うちの子どもが鳥のから揚げが好きだけれども、
外国産と国産鳥取の大山の鳥が入ってこないと
鶏肉は食えない。

原発から約108キロに位置する自宅。

京都大の小出先生のある日の講演会の動画で
東京の空気を
サンプリングして測定された生データがあり、
1.76μSv/hrという結果で組成まで出ています。
ペーパーフィルターにてエアーサンプリングをして
ヨウ素は紙に吸着されにくいため、
ヨウ素は少なめに検出される傾向がある。
そのため、この1.76という数字は
実際より低い値ではないかと考察していらっしゃる。
実際この濃度の空気をを呼吸により取り込めば
内部被ばくは17.6μSv/hrとなる。
とのことだった。

その話を少々乱暴ではあるのだが、
常陸太田の真弓のモニタリングポストの数値に
置き換えてみると

仮に、本当にそのデータが当たりだったとして、
200μSv/hrだから
内部被ばく
2000μSv/hr→2mSv/hr
2mSv/hr×24時間=48mSv/day
3月12日~3月15日ざっくり4日
48mSv/day×4日=
192mSv/4日
4日で192mSvも呼吸で内部被ばくしたのか?
我々家族。

真弓のモニタリングポストの数値を
今回の自宅付近にあてはめれば、
以上のような計算式になり、
この地域の人は、
たった4日で原発作業者並み以上の内部被ばくを
しているのか?

この件については、
木下 黄太さんからの指摘もあり、
高濃度だった時間はもっと短かったのではないか。
というお話もありました。

真相は・・・? 不明だ。

3月27日、東名富士のあたりで、
富士山の向こうの空気がねずみ色に見えた。
利根川を越えて北に入った時、空気が重かった。

濃度が分からない茨城県に3月27日夜から3月29日
昼まで滞在している。
主人は、その後、ずっと常陸太田にいる。

私と子どもは青森に行く。
4月6日夜、常陸太田に戻る。
それから、23日間常陸太田に滞在。
4月29日から5月7日学校を途中2日休ませ
青森に再び疎開。5月8日から現在は常陸太田。

子どもの内部被ばく線量をある程度、親としては、
計算して健康管理する必要がある。

したがって、地域のモニタリングポストの
データが必要だ。

しかし、この状態では年間20mSvは軽く超えるのであろう。

今回の事故の初期から、現在までの、
内部被ばくの積算量を計算したいのに
モニタリングポストの数値が4月以前のデータが
どこを探してもない。

先日も4月24~25日頃、一斉に近所の複数の
モニタリングポストの数値が上昇した事があった。
埼玉の友人から数値が急激に上がっている
チェックしてと悲鳴にも似た連絡があったのだ。
翌朝になるとデータは消え、何もなかったように平らに
なっていた。

誰かが情報操作していると思った。
だから、何も信じられないのです。
一応、公に見られるモニタリングポストではありますが。
その本来の役目は果たされていないという事になる。

先に記述したモニタリングポストの件だが、私の目で
確かめたわけではない。
小学校の運動会を欠席させる事を担任に伝え、
その件について、校長先生と話合いが持たれた時に
耳に入ったつい最近の話である。
全校生徒でたった一人運動会を欠席する我が子。
同級生に「お前のお母さん気にし過ぎなんだよ」とか
揶揄される事もあるようです。
小学校6年生の最後の思い出になる運動会ではあったが、
思いでよりも
少しでも被ばく量を抑える事を選択してきたつもり。
だが、これでは、すでに決着がついているかもしれない。
(病気になるとか命に関わる量の被ばくをすでに
十分越えていて多少被ばくを避けたとしても無駄ということかも)
そんな風に思うと悲しい気分になる。

内部被ばく量を自分で解読するすべが無い。
おそらく、我々茨城県北(お隣の町は福島県)に住む人は
桁違いの放射能を浴びている事になり、
もう、生きていても死んでいると同じとも考えられます。
症状が出ていないだけで。
生き続けるためには何らかの奇蹟を待つしかない。
ある意味、命に対する執着が消えた。
福島の皆さんがこれを読んだらとても傷つくと思うけど、
政府が今まで我々にしてきた事はこういうことだとは
思われませんか?

政府が本気で誠意があるのなら、
直ちに避難しなさい。とあの時に言うべきであり、
今であれば、
子どもを疎開させて、
汚染地域の子どもから始まって、希望者全員、
ホールボディカウンターで
緊急調査を死に物狂いで今、するしかないでしょう。

いや、もう、死ぬ人間なんかにお金使いたくない。って
政府が思っていれば、全く期待はできませんが。

そこで、本当にこの先、どうやって生きて行こうかと
意志決定のための重要な情報になると思う。

私が今、児童疎開を断念した理由は
子どもが、今いる小学校の友達と一緒に学びたい
(卒業までいたい。)という意志に負けた。
そのまま、青森にとどまって転校させようともしたのだが、
常陸太田に帰って来てしまったのだ。
家族一緒が一番に決まっている。
離婚したり、別居したり、奥さんが子どもを連れて
関西に引越すケースが増えているようだ。

そういう意味では我々はとても今、幸せなんだと思う。
恵まれている。
子どもの未来を考えていない母親であるかとは
反省している。
子どもを思うと胸が痛いのだが。
3月は四国(主人実家)青森(私実家)では
3月末から5月と飛び石疎開していました。

小学校の校庭に行って、
ガイガーカウンターで表土の放射線量を計測。
校庭のおよそ40か所を測定
地表に置くと高いところで、0.45μSv/hr
低いところは0.17くらい。
平均してあげても0.25は下回らない。

校庭に出るなという事は子どもに伝えた。

しばらくして、子どもが言いました。

「運動会が5月にあるけれど、
どうしても僕は放射性セシウムが
怖いので、素足で組体操ができない。」

私は言いました。

「それは、正しい選択だ。
小学校とはお母さんが話をつけてくるから
お前は何も心配しなくていい。
運動会は欠席しなさい。練習もでなくていい。」

それで、担任の先生と
校長先生との話し合いがもたれた持たれたわけです。
担任の先生とは、家庭訪問の時に1時間以上も
放射能汚染の件で話をして、よくわかっていただいた。
私も現場の先生方の立場を尊重し、それ以上は
突っ込まなかった。
教育委員会に校長先生は私の測定したデータを
持って行ってくれたが、
「これ、一ケタ多くない?」と言われたそうだ。
その裏を取ろうとはしていないのだろう。
校長先生も私に何か直接来ないようには
防波堤になってくれたようで、感謝している。

学校を休ませるたびに、教育委員会から、休んでいる人の
名前と避難している地域を報告しろと現場の先生方から
何度も電話が避難先にあった。

角度をかえれば、世の中の皆さんに
「あなたは自分の子供だけ助ければいいのか?」
そういう行動に私の行動は見えるかもしれない。
だが、私は思う。
あの時、政府が直ちに避難して下さい。と
一言、言えば、もう少し、多くの人が、被ばくで苦しむ事は
防げたかもしれない。

この2カ月の生き方がみんなそれぞれ違っていたはずだ。
震災直後、なすすべが無かった茨城県の被災地で、
無理だったかもしれないけれども、
少なくとも無駄に出校日に小中学生を学校に通学させて
高濃度の汚染にさらす事もなかったであろう。

私は究極のマイノリティだ。常陸太田市の中では、
それでも、何とか抵抗し続けて、私も少しづつ全容が
見えてきたようにも思いました。
私をこれまで支えてくれたのはママ友のブログだ。
ミクシィでしか見られないが、ものすごい機動力で
私を支えてくれた。
ニュースよりは、信頼できる人の個人のブログであったり
ドイツなど海外の情報の方がよほど冷静に日本を捉えており、
正しい情報が詰まっていると感じる。

私はこの2カ月の間、内閣や各省庁も含め何通もメールを
送っている。だけど、政府の出す答えは、みんな違う方向性ばかり。
いつからか、そこに労力を割く無意味さに気付き、
メールするのをやめた。
福島を中心に、放射能汚染が広がる関東、近隣の東北の
お母さんたちの子どもを守りたい気持ち、
離れたくない気持ち、いろいろなせめぎ合いが
私の中でもあります。ストレートに割り切れたら
どんなに楽な事でしょうか。
この事故で涙を流しているお母さんが何万人いるかと
思うと思考が停止してしまう。私自身も同じです。

子どもも私も不可抗力に高濃度の被ばくを受け、
ある意味、もう、すでに命は取られてしまっている
とも考えられる。
だったら、この命を無駄にすることなく、
日本の未来のために
何かを動かせるような形にしたいと思っています。

ハッキリ人類に言おう。
地球とか宇宙の摂理には勝てない。
地震津波で、原発が破壊される事も今、ご覧に
なられていますね。
原発は人類とは共存できないもの。
そういうことでしょう。
私が、この先、何らかの放射能汚染に起因する、
また引き金になるような病気で死んだ時、また、
私の大切な家族に何かが起きた時、
さらにリアルにくみ取って下さい。
北海道や、西日本の皆さま、そして、世界の皆さま。
普通に汚れていない空気を吸う事と
汚れていない食べ物を食べること、
普通の事のようでとても、尊い事です。
たった一瞬の原発事故で我々はささやかな自由を
奪われています。
普通にこの地球という名の星に生まれて
一生物として最低限平和と言われるような時間を
持つためには、我々は核という次元の違う物質を放棄し、
今後、一切関わらない事が重要なのではないのでしょうか。
それでも、長い年月を子孫の代まで現在使ってる核の灰を
お願いする事に罪の意識を持ってもう、止めましょう。
ソフトバンクの孫さんが東日本ソーラーベルトの
提案してくれた時、ものすごく感激した。
原発を無くするという事が難しいのは、
原発関係で働いている人たちがいられる新しい職場を
用意する事がなされていれば、
皆さん不安なく新しい道に進める事ができるのだ。
原発というものが無くなっても、電力というものを作ろうとなると、
今後、自然エネルギーなど、違う方面のインフラの整備や
技術開発、また、現場の物づくりも必要になり、
雇用は絶対に生まれるはず。
そういう時代を先取りした構想が同時に生まれないから
みんなはどんどん不安に陥るんだ。←これは日本政府に
言っている言葉だ。

未来は長生きする人と、子どもたちに任せます。

大切なのは命。
正しい判断と正しい知識で、
放射能から、子どもを守ろう。

人間として生きるべき道を間違わないように。
祈るような気持ちで
寄稿させていただきます。

2011年5月18日 東 路子
=======================================
   ありがとうございます。一緒にがんばりましょう。こういう現実を、政府が見続けない事を僕はゆるさないです。一緒に立上がりましょう。
 一番肝心要の福島の皆さんに直接お話をしたいと考えています。
 
 福島原発の事で直接いろんな方とお話をしたいとおもいます。この危険について、僕が知りうる知見をお話いたしますし、それよりも懸念を抱かれている皆さんと、色々話したいです。全国に伺います。

ミニ集会でも、トークセッションでも、講演会スタイルでも構いません。

条件1 参加者は主催する方が集めていただく事(何人でもかまいません)。場所の設営、部屋の使用料がある場合は主催者が考えて下さい。

条件2 交通費実費のみいただきます(すいません経費のゆとりはありません)。謝礼は不要。

お問い合わせはnagaikenji20070927@yahoo.co.jp

 

 



ジャンル:
ウェブログ
コメント (189)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「東日本のこれからのリスク... | トップ | 福島空港7時間滞在で韓国テ... »
最近の画像もっと見る

189 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
びっくりしています (栃木の小山から)
2011-05-19 05:16:49
原発のことで政府の情報が信用できないのわかり、色々探索して、木下氏のブログに出会い
とても大きな励みになり感謝しています。

今日の主婦の書き込みもとても衝撃的で
知らない真実をたくさん知ることになり
びっくりしています。
私達にどうこれから対処にして行ったら良いか
警笛になると思います。

私も福島、関東の野菜は、頂きませんし
お肉も豪州産を買い、国産としか表示してないものは買いません。
3月の16日までは、まさかこんなに危険と思っていなかったので、普通に毎朝散歩して、庭いじりして生活していましたが、
今は、散歩も庭いじりも辞めました。
外出には必ずマスクを
色々調べて、外側には花粉症の使い捨てマスク
もったいないので、3日ぐらい使い
内側には、ガーゼマスクを
ごみ捨てくらいでしたらそのままですが
少し歩く時は、内側のガーゼマスクの中に
ガーゼのハンカチを入れているので
それを濡らしています。
(毎日取り替えて洗えるので)
家も雨がたくさん降った翌日の朝が空気が
一番綺麗なの知ってから
15分くらい窓を開け空気を入れ替えるだけで
開けません。
ご近所の方が、布団を外に干し、洗濯物を外に乾され、庭に野菜も植えらたり
マスクもしないで、庭弄りされているので
とても私だけ浮いているようで
違和感ありましたが・・
今日の方の書き込みを読み
すごく力づけられました。
私も頑張ろうと・・・

現実を見ないようにしている夫とは、
今、疎開しようと戦闘中で
昨日のこのブログの書き込みを読んで聞かせたら、今までは、無視されていたのですが
悩んでいると初めて言ってくれ・・
良い方向に行きそうです。
ただ、東京に住む息子は、お嫁さんが現実を見がらないので心配です。
今月生まれた孫ともうすぐ二歳になる孫がいるので・・
東京がこんなに汚染されていること
想像していなかったので
私もびっくりしていますが、
普通に生活していたら
情報が入らないので
とても怖いです。
やはり、多くの知らない方に
伝えることもすごく大切なことだと思います
木下さんを始め、
皆様よろしくお願い致します。
Unknown (もんじろう)
2011-05-19 09:07:21
はじめまして。
まったくの素人で申し訳ありませんが、一つ疑問があります。原発事故以前から、大気中より土壌の方が放射線の濃度は高いですよね?
もしそうだとすると、土がついたり、土から養分を吸収する野菜売場の周りは放射線の濃度が高かったのでは?
鶏の餌はほとんど輸入ものだと思います。海外の方が放射線の濃度が高かったり、生物が濃縮することを考えると、以前から黄身は放射能がたまりやすかったということはないでしょうか?

ネットで原発前にもガイガーカウンターで色々なものを測定した方がみましたが、野菜から微量には計測されていたそうです。
携帯や電子レンジなどは結構数値があがっていたようです。

もちろん今の関東の状態とは全く違うと思いますし、私も千葉在住で授乳をしているので、毎日とても心配です。

15日に教育テレビで放送されたような汚染地図を関東全域でぜひ作成して欲しいです。
あの放送を見ると、場所によってかなり違うようなので自分の住んでいる地域がどうなっているのかとても心配です。
新聞 (匿名)
2011-05-19 09:48:24
広告が多いので、○売新聞を購読しています。
が、震災&原発事故以来は内容がイマイチでピンボケしてるな・・・と感じて、不満を持っていました。
今朝読んでいて驚きました。読者の声の欄に、定期的に福島の物産を積極的に購入することで応援しましょう・・・という趣旨の、年配女性の投稿が載せられていたからです。
悪気は無いが情報が欠如している一見善意のおばさんの話を、わざと載せるその狡賢さ・・・。
自分達は真実を知っているデスクが、わざと選んで載せているんですよね?!信じられない気持ちでいっぱいです。
こんな大新聞に出ていたら、信じてしまい追従する人が出そうです。それはかえって、福島の子供達や大人の為にならないと思うのですが・・・。
この新聞とはおさらばだなと、今朝ほど強く思ってことはなかったです。
手軽な方法で、放射性物質を排出できます (なお太)
2011-05-19 10:16:05
私は、茨城県南部在住の主婦です。
東さんのお気持ちが、
痛いほど伝わってきました。

私や家族が、今現在、とても助かっている、
放射性物質への対策をお伝えします。
特別な材料は必要でなく、
お金もほぼかかりません。


くわしいやり方は、
飯山一郎さんという方のHPに書いてあります。

怖いのは、肺の内部被ばくです。
肺に入った放射性物質を取り出すのは、
お医者さんには無理だからです。

これを、乳酸菌&光合成細菌を利用して排出します。
「お米のとぎ汁乳酸菌液」に、沢山含まれています。



作り方は、とても簡単です。
お米をといだら、そのお米のとぎ汁を、
ペットボトルに口切いっぱい入れ、
明るく温かい場所に一週間放置します。
(お風呂の残り湯に入れてもOKです)

一週間後、口に含んでみて、
酸っぱかったら成功、
臭かったら失敗です。



成功したら、霧吹きに入れて、
空気中に噴霧し、
それを肺に吸い込みます。

次の日、放射性物質が、
タンとして排出されます。
(タンは、黄色、緑色、茶褐色など、
 異常な色をしていると思います)


乳酸菌や、光合成細菌は、
放射線を、太陽光と同じように利用するそうです。
放射性物質を好み、体内に取り込みます。


体には、栄養と間違われて取り込まれてしまう、
有毒な放射性物質ですが、
菌に取り込まれれば、体にとっては異物。
まとめて、タンとして排出してくれます。


タンを、ガイガーカウンターで測ってみてください。
数値が上がるのがわかるはずです。
タンが白くなるまで、
毎日吸い込んで、
どんどんタンを吐き出してください。
そのぶん、肺がきれいになります。



ウチも、4月ごろ、子供たちの咳が二週間止まらなくなる事がありました。
旦那さんも私も、ノドが酷く痛みました。
この乳酸菌液で、家中を吹き掃除し、
飲んだり、肺に吸引したら、
黄色や緑色のタン、鼻水が出ました。
次の日から、明らかに咳が少なくなり、
1か月たった今では、ほとんどありません。


今、約一万人くらいの方たちが、
お米のとぎ汁乳酸菌液を培養して、利用しているそうです。
それぞれ、その効果に、手ごたえを感じているようです。


もしよかったら、ツイッターもやってみてください。
私を含む、何人もの培養仲間が見つかるはずです。
飯山一郎さんも、ツイッター上で、
お米のとぎ汁乳酸菌液の質問に答えています。


微生物には、放射性物質に対抗する、
大きな可能性があるようです。
どうぞ、あきらめないでください。
私も、あきらめません。
子供たちと一緒に、何とか生き延びます。
Unknown (東京在住・一児の母)
2011-05-19 10:35:08
3月15日、高濃度の時間帯に三歳の息子とマスクなしで外出してしまったことをずっと悔やんでおりました。そのことで将来息子が癌、白血病などの病に苦しむのではと自分を責めて今まできましたが、東様の投稿を拝見して少し救われました。もう過ぎてしまったことは仕方ない、前向きな気持ちが生まれてきました。東様の状況はもっと過酷で、、私は爆発した映像をテレビで見ていたのに、、あまりにも無知でした。その日の夕方、テレビで東京で20倍の放射能の値が観測されたが問題はないと、、疑問に思い、それから色々調べていくうちに真実を知り、放射性物質の恐ろしさを知りました。17日から祖母の住む北陸へ、それからは行ったり来たり飛び石疎開を続けてまいりました。周りの人は誰一人、現在の状況を不安に思う方はおらず、原発の話はタブーな雰囲気でもう終わったことのようになっていて、私には今まで通りこの何もなかったような普通の日常が、逆に恐ろく感じます。もうマスクをしている方をほとんど見かけません。花粉シーズンが終わってしまい、マスクをしているとジロジロ見られたこともあり、しずらい状況です。
体調について私も変化を感じ、私も喉の痛み、息子は二、三週間下痢が続いています。(元気はありますが)そのようなこと今までなかったのでやはり影響がないわけはないと感じております。食べ物に気を遣っていても汚染地域にいる限り、完全に防ぐことはできないのかもしれない、と思いました。鶏卵のこと、とても参考になりました。卵は牛乳同様に汚染される確立が高いのになぜ発表されている数値が低いのか疑問に思っていて、でも何となく怖いなと感じていて食べませんでした。勘は大事ですね。来月、沖縄へしばらく静養に行こうか検討中です。(お金に余裕はないですが、健康には変えられないので)それによって少しでも細胞の修復ができたら、、気休めですが思っております。
木下さまからの情報、とても頼りにしております。これからも日本の国民のため、真実を発信し続けてください!!

データ (茨城在住)
2011-05-19 11:39:58
http://www.houshasen-pref-ibaraki.jp/earthquake/doserate_past.html

モニタリングポストのデータ、これは見つかりましたが。。。
先ほどの (茨城在住)
2011-05-19 11:46:17
先ほどURLを書いたのですが、12日前後は欠測になっていますね。
食品の測定について (もんちゃん)
2011-05-19 11:52:14
私もガイガーカウンターを買おうといろいろ調べました。見えない敵と戦うには武器が必要ですが、高くてためらっています。また、測定にも知識が必要なようです。
しろうとながら、以下のように理解しております。

・機器の種類によって、また機器一台ずつにも測定値のずれがあるので、その補正が必要
・個人が買えるレベルの機器では感度が低すぎて、食品・水の測定は正確にはできないらしい
・測るにしても食品をミキサーにかけ10分測定しカウントの平均を出すらしい
・誤差が25%(数万円クラス)~10%(20万円クラス)ある

以上より、店頭の食品に測定器を向けて測った数字に意味があるか疑問です。
Unknown (iruto)
2011-05-19 12:27:06
>先日も4月24~25日頃、一斉に近所の複数の
モニタリングポストの数値が上昇した事があった。
ーーーーーー

これは玉川村福島空港、田村氏常葉のことではないでしょうか。
2回ほどモニタリングポストの数値が2箇所同時に10倍ほど上がってびっくりしたことがあります。
何の説明もなく、2ちゃんの技術スレで機器の取替えで起きたと言うようなコメントを見ただけです。
そこに住んでいたら10倍も上がれば、飛び上がるほどに驚きますよ。それに何の説明もないなんて行政はいい加減すぎますね。疑心悪鬼、風評被害を生む元です。

みなさん、どうして行政には聞いて、政治家にはメールしないのでしょう?
ーーーーーーーー
概要「『戸別訪問は3万軒、辻説法は5万回やれ』、2万人と握手をして廻れ、靴が何足も履き潰されるほどに雨の日も風の日もやれ。有権者の目から君が去れば、有権者の心から君が去る。親の七光を当てにするな。カネを使えばなくなる。選挙区は1軒ずつしらみ潰しに歩け。3分でも5分でも辻立ちして自分の信念を語れ。それを繰り返せ。それしかない。山の向うを見ても援軍は来ない。

 聴衆の数で手抜きはするな。流した汗と、ふりしぼった知恵だけの結果しか出ない。選挙に僥倖などあるものか。そして、選挙民には口でいって見せるだけでは絶対駄目だということだ。、必ず、自分で率先してやってみせろ。政治は結果である。そのためにこそ、選挙区をくまなく歩くことだ。選挙民が何を一番望んでいるのか、何に一番困っているのかを、他の誰よりも早くつかまなきゃいかん。とにかく歩け、歩いて話を聞け。しかし、それで終わったら並みの代議士に過ぎない。それをやった上で、現実のものにしてはじめて政治家というものだ。オレはそれを、最初から一人でやってきた」。
田中角栄
ーーーーーーー

まともな政治家なら、いつもこのように有権者の声に耳を傾けているものですよ。(でなければ当選できない)
公務員は権限もないし、言ってもほとんど徒労です。(とくに国の方針があるときには)
もんじろうさんへ (Unknown)
2011-05-19 12:45:49
>ネットで原発前にもガイガーカウンターで色々なものを測定した方がみましたが、野菜から微量には計測されていたそうです。
>携帯や電子レンジなどは結構数値があがっていたようです。

携帯や電子レンジは電磁波を発します。(パソコンもそうです。)
電磁波は放射線の仲間なので震災前でもガイガーカウンターが反応したのだと思います。
ちなみに電磁波も体に害があり脳の発達などに影響があったりすることから妊婦はパソコンをしないようにというのがパソコンが普及し始めた頃言われていたそうです。
今はパソコンや電子レンジや携帯は一家に一台当たり前の生活必需品になっているのでそういったことは表立って言われない(隠されている?)ですけれど。

原発事故で降り注がれた放射性物質に気をつけることはもちろんですが、妊婦の場合は電磁波もなるべくさけたほうがいいと思いますよ。

まったく使わないのは無理だと思うので、パソコンなら一日一時間だけにするとか決めた方がいいと思います。
パニック? (ai)
2011-05-19 12:54:50
今さらですが、国が原発事故の重大性を早く広く国民に知らせてくれていたらと、残念でなりません。
発表していたところで、お行儀が良くて、《レベル7》にも落ち着いているの国民性なので、心配されていたようなパニックも起こらなかったんじゃないかと思います。

さて、昨夜NHKのニュースで、管谷松本市長の特集がありました。

25年前、チェルノブイリ原発事故のあとベラルーシに渡り、5年半、甲状腺ガンの子どもの治療をなさったお医者様なので期待していましたが、がっかりです。

福島のお母さん方の質問に対して、明言を避けておられるような気がしました。

国の方針から逸れていかないように、言葉を選んでいらっしゃるとでもいいましょうか・・・

管谷市長もお辛いのかもしれませんが。

ベラルーシから研修で日本にいらしてる、小児科医のタルカチョアさんも同席されていました。

彼女は「2歳で被曝したけど、毎年健康診断を受けられるので、怖くない。(健康面の心配は無い)」とおっしゃいました。

被曝した→今もこのとおり元気で医者をしてます。

うーん、どこかで聞いたような。









山本太郎氏からのメッセージ (雪奈)
2011-05-19 13:18:25
貼らせてくださいますか。
http://www.youtube.com/watch?v=IVGKRPoyyfY

こんなに情報の発達した時代に
有識者が日本各地を講演して回らなきゃならないなんて、異常事態です。

おかしいと思うことをおかしいと言えない国。
お金、お金、お金・・・・。

田中優氏、講演会動画によると
病院で甲状腺の検査をする前一週間は
海草類を食べないようにと指示があるそうです。その理由は甲状腺にたまるから。
つまりその分影響する。
食べ過ぎに注意し、わかめよりも昆布を選ぶと
良いそうです。コブだし程度でもOKらしいです。

東さん貴重なお話ありがとうございました。
怒りで体が震えてきます。
「ネットワークでつくる放射能汚染地図」
本日の夜中1時30分からNHK総合で放送されます。(既出情報ですが)
この放送を見ても怒りでいっぱいになりました。
東さんの手記を紹介 (Bravo)
2011-05-19 14:02:09
東さんの手記に深く共感し私のツイッターで紹介させて頂きました。
困難な時代はこれからですね。
ツイッターID
@photobra7
共感いたします (福島県中通り北部在住)
2011-05-19 14:23:56
私は、福島県北地域在住の42歳です。
毎日、TV等メディアに流れる情報は目にはしていますが、宛にはしていません。
武田邦彦(中部大学)と小出裕章(京都大学)先生のブログを信じ、自分で出来る範囲の事はしてきているつもりでいます。
食べ物(水も)も、内部被曝量を少しでも押さえたく、地産地消には協力はしておらず、少しでも安全な食品を摂るように気を付けていました。
現状を把握したい思いもあり、原発のLIVEカメラや飯舘村のガイガカウンターLIVEカメラのユーチューブも毎日チェックして、気を付けて見ているところです。
学校の新学期の開始が遅れたのは良いのですが、現状はまだまだ高い線量が検出されています。我が町役場も、「国が...県が...大丈夫って言ってるから...」と、言うばかりで、現実を直視しようともせず、町として町民を守らなければという責任感がどこまで有るのかは解りませんが、今現在、何も変わらず(変える事が出来ず)ここで生活を続けています。
福島市内の空間線量は平均約1.5μSv/hr、私の町は約0.7μSv/hr。
地面では、カウンターを真下に向け表土近くを計ると、福島市内では40~60μSv/hr、私の町では15~25μSv/hrと、茨城県常陸太田市とは比べものにならないくらいの線量がでています。
川俣町山木屋地区の日本ミツバチは、地表近くに居た蜂は全滅、地表から1m位に居た蜂はかろうじて生存していた様ですが、明らかに被曝して死んでしまったものと思われます。
国が発表しましたが、福島県全域に渡り今後30年間調査を続けるとありましたが、単に人体実験の為のデータ採りにされるようで悔しいですが、町も、県も、国も動いてくれないと、一個人での責任において疎開や移住は、生活や仕事を考えると限界がありなかなか現実には難しいものがあります。
福島県民(自分も含め)は、我慢強いのか?もしかしたらバカなのか?、みんな何も言わずじっと耐えています。
聞いた話と一致する・・・ (KAT)
2011-05-19 14:45:25
報告の値聞くと、そこから出る症状も納得できます。

症状の出た話が、色々な所で話題として出ていて気になっていたので、、、


カウンターの扱いは、シビアです。

一度カウンター自体が汚染されると
正確な値が出なくなります。

高いか低いかくらいはわかると思いますが。



今さっき見かけたので、追記しておきます。

■東北新幹線乗車時の被曝量や健康基準を超過した駅名が公表された

☆米国が東北新幹線の被ばく量や健康基準を超過した駅名を公表
(原子力緊急事態宣言)
http://phnetwork.blogspot.com/2011/05/blog-post_18.html

今回の日米合同調査の結果によれば、少なくとも福島、郡山、新白河、那須塩原は健康リスク基準(0.32μSv/hr)を満たすことが出来なかった。そして駅の外ではもっと高値になるという。

☆The Situation in Japan (Updated 05/13/11)
http://p.tl/TzlL

http://alcyone.seesaa.net/article/202229782.html

これも、気になっていたので、、、

アメリカは合同調査ですから、知ってるんですよね。
まだ日本で発表無かった気がしますけど、
発表あったようでしたら教えてください。
私は見た事が無いです。
Unknown (chieko0909)
2011-05-19 15:00:25
まず木下さんこの記事の掲載、本当にありがとうございます。
今一番知りたいことが凝縮されていました。
衝撃的でしたが、普通の生活者の生の声が聞けてとても参考になりました。
政府にはみなの不安を解消するために少なくともデータは開示してほしい。そして、放射線弱者の避難を早急に実施して欲しいと切に願います。
疑問 (鈴木)
2011-05-19 15:16:26
震災後に通常時の約10000倍の放射能を記録したのを知識が無かったのか、壊れたかと騒動になったらしい。
平常時0.02μSv/hr→200μSv/hr
くらいだったらしい。
(聞いた話ですので、平常時のほぼ10000倍との事)
ただし、3月12日の何時かは不明です。

この文章ですが、原子炉が爆発したのは、13日ですよね、どうしてそれ以前に数値が高いのでしょうか?また、日本中どこかに避難しても食べ物だけは、汚染から逃れられないですね。何といっても水もお茶もだめですから。風と雨で世界中汚染されます。それでも、出来るだけ被爆量を減らすのは、親の責任ですね。生きてください。
Unknown (栃木県のママ)
2011-05-19 15:30:22
aiさんのコメント
ベラルーシで2歳で被爆しながら今も健康な女医さんは、単に
放射線という弾が詰まったロシアンルーレットで
運良くハズレを引かなかったというこどですよね。
もしもハズレを引いたら癌で苦しみながら早死。
冗談じゃありません。
ありがとうございます (東京都民です)
2011-05-19 15:50:24
木下さん、東さん、貴重なお話を公開してくださってありがとうございます。
また、コメント欄にて有益な情報を下さったなお太さん、ありがとうございました。

我が家には小学生の娘がおります。
震災翌日から、私と娘は激しい喉の痛みに襲われ、私は痰や鼻水が止まらなくなりました。とりあえず外出を極力控え、屋内待機するようにしました。
また、入浴すると痰が激しく出るので、水質の汚染も激しいことを身を持って感じました。(その後、バスルームの浄水器を購入し、入浴時の酷い症状はなくなりました。)

現在娘は公立の小学校ですが、5月末に運動会があります。驚くべきことに練習は校庭で裸足です。
娘には放射性物質の影響や現状の説明をして、練習や本番の参加をどうしたいのか、本人の意思で選ばせました。本人の意思は「不参加」でした。出来ることなら参加したい、でも身体に悪いことはしたくない、と。

マスクを常時着用、お弁当も持参。震災前と変わらない生活している周りの方からは、ヘンな親子と思われていることでしょう。
でも、子供に現実をしっかり伝え、子供の身体を守る事は親の義務だと思っています。

1人でも多くの方に報道されていない現実を知って頂き、子供やご自身の身体を守る対策をしてくださることを切に願うばかりです。
東京の一児の母様 (アリス)
2011-05-19 16:07:23
木下さん、はじめまして。いつも大変貴重な情報をありがとうございます。今日の記事に涙がボロボロこぼれました。私も東京で強い危機感を持ち子育てしているマイノリティーの一人です。子供を西へ避難させたいと日々思いながら、危機意識ゼロの夫とまるで考えが合わず、毎日本当にハラハラしながら暮らしています。ツライです…。ガイガー購入したのでご協力できれば嬉しいです。後ほどメール致します。

東京の一児の母さま

お子さんの下痢が続いておられるとのこと。被曝の初期症状は下痢から始まるとどなたかの先生のサイトで読みました。気になったのでコメントしました。怖がらせてしまったらゴメンなさい。早くお腹治るとよいですが…。

私も子供も15日は東京にいました。子供の現在の被曝量を知りたいのですが、どこか検査してくれる所をご存じの方いらっしゃいませんでしょうか?
Unknown (ママ友)
2011-05-19 16:29:48
「茨城の主婦さん」の埼玉のママ友です。
私は、もともと原子力が、核が大嫌いだったので、原発の電源喪失が6機も起こったと聞いた時、東日本は終わったなと思い、ネットに没頭して調べたことをミクシーで書き散らしていましたら、もともとマイミクの茨城の主婦さんが共鳴してくださって、今では私などよりもしっかり活動なさっています。頭が下がります。
まだ福島エリア以外で、放射能の危険性を訴えるのは勇気がいることで、それを実名でやることは、かなりの風当たりも予想されて、大変だと思います。応援したいと思います。
私も、子供が小学校へ通っていますので原発の事故が起きた時に、親しいママ友数人に、「原発事故は大変なことなんだよ、外に出られないよ」とメールをしましたら、「そう?いろいろ知ってると、怖がっちゃうのもなのかもね」とか「原爆が落とされた時も被爆地で活動してたお医者さんもいるんだから、怖がらないで一緒にがんばろう!」という反応でした。
3月16日から終業式まで学校を休ませましたが、そんなことをしたのはうちだけでした。担任の先生からもヒンシュクを買い、周りとのギャップに愕然としました。
楽しんでやっていた少年野球も、震災の日からお休みしたままです。念願のユニホームがもらえるはずだったのに。
学校の線量も私の線量計で、4月10日で最高値0.27μSv/hありました。野球はさせられないと思いました。
(ちなみに5月連休明けには最高値0.19μSv/hまで下がりました。
私も線量計を持って、野菜を買いに行きました。でもなにしろバックグラウンドが高くて(0.10~0.16μSv/h)よくわかりません。
私が買ったガイガーカウンターでは、野菜の線量測定なんてできないのはわかっています。
でもカゴに入れた野菜にそっとガイガーカウンターを乗せて、ピコピコ激しく反応するものは避けるようにしました。
それは、神奈川産と書かれたものもありました。それが本当は福島近県のもので偽装されたのか、神奈川が汚染されていたのか、空気中の放射性物質を拾っているだけなのかわかりませんが、私たちに他にどういう自衛の方法があるのでしょうか。
震災当初は入ってきていた関西の野菜ももう見当たりません。
とにかく、子供には放射能汚染されたものを食べさせたくないです。基準値なんて関係ないです。放射性物質を取り込むことは、少なければ少ないほど、良いに決まっています。
今、こうやって危機感を共有できる場があるというのはせめてもの救いです。
鶏卵 (栃木県のママ)
2011-05-19 16:54:14
鶏卵のことが心配になりました。

普段、生活のことは武田ブログを参考にしていて
卵のことは特に記述がなかったため、また、家族中、卵料理が好きなので、
子どもにも震災前と同じように食べさせていました。
お菓子作りにも欠かせない食材です。

でも鶏卵にガイガーカウンターが大きく反応したと読み、早速、養鶏所に問い合わせてみました。
他の方のコメントにあった「鶏卵の飼料はほとんどが外国産」という返答を期待していましたが、
その養鶏所では、逆に外国産は配合飼料のうちの一部のみで、他は「広島や群馬などの国産」と言われました。詳細は「担当者がいないのでわからない」。(施設内が広いので担当者に取り次げない、とも言われました)
最終的に「原発事故後、鶏の健康に異常はなく、毎日新鮮なものを各スーパーに配達しているので安心して下さい」

結局、安心材料にはなりませんでした。卵も気をつけます。
Unknown (Tomo)
2011-05-19 16:59:19
貴重なお話を読ませていただきありがとうございます。怒りと悲しみで涙が出てきます。私はドイツ在住ですが、地震の起こった当日からドイツの専門家は福島原発の危機を指摘し続けてきました。東さんの書いていらっしゃるとおり客観的な情報もとても充実していると思います。チェルノブイリの影響をまともに受けたので一般市民の放射能や内部被曝に関する知識が本当に高いのです。少しでもご参考になればと思い以下のリンクを紹介させていただきます:

「ドイツ放射線防護協会から:チェルノブイリの経験に基づき、野菜、飲料等についての提言」

http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/04/blog-post.html
本当の事を早く発表して欲しい (ひゆた)
2011-05-19 17:16:30
東京都が川越しに見える川崎市に住んでおります。3月15日は高濃度の放射線物質が東京方面に向かったとの事で、花粉対策用のマスクはしていたものの2-3時間娘を公園で遊ばせた事を後悔しています。
今日は気温が高いのですが、風も強く、私も娘もマスクをしていますが、娘は学校の友達に「国が大丈夫って言っているんだから大丈夫だよ~気にし過ぎだね」って笑われたと。 だからもうマスクはしたくないと言われてしまいました。

私は娘に「今にきっと分かるよ、国が今まで嘘をついてた事がこの間バレたんだから・・まだ沢山隠しているんだからね。その時にマスク
をしていればよかったとどれだけの人が後悔
するか・・」と話しました。

放射線物質は見えません、花粉のようにすぐに
症状も出ません、ですから、気にする人は、気にしない人からすれば「神経質」「変な宗教でも入ったんじゃないか」ぐらいの視線で見て
きます。 

これから学校では雨水が混入するプールもありますし、秋には運動会があります。 砂を巻き上げて騎馬戦などさせるのかと思うと、1日も
早く教育委員会が危険だと判断してくれないかと思うわけです。 それには国がどの地域が本当はどれだけ汚染されているか正しく測定し発表しなくてはなりませんよね。 

今日、買い物に出かけると、公園では小さい子供が草の上に寝転がって遊んでいました。風に舞った砂埃の中で走り回っていました。 まだ3-4歳の子達でしたが、10年後の事を考えると胸が痛みました。 

山本太郎氏からのメッセージを福島の方だけで
なく、出来るだけ多くのみなさんに見て欲しいです。
ホールボディカウンター (ai)
2011-05-19 18:12:33
お近くの、福島県立医科大学付属病院にあるみたいですよ。

http://kokuzou.blog135.fc2.com/blog-entry-806.html

佐藤知事、管さん、なぜ早く教えてあげない?

鈴木さんの疑問について (momo822)
2011-05-19 18:18:52
木下さん、初めまして。いつも大変参考にさせて頂いています。
東さんの投稿は、ショックでしたが現実を知る上で、目をそらさずに受け止めたいと思います。
鈴木さんの投稿で、
>原子炉が爆発したのは、13日ですよね
との発言がありましたが、
実際には、3/12の午後2時20分に1号機のベントが行われ
その1時間後ぐらいに1号炉付近で水素爆発がおきています。
高濃度の放射能が検出されても不思議ではありません。
対策しすぎでも損なし (東京在住)
2011-05-19 19:13:50
温度差には本当にびっくりさせられます

私は子供はおらずまだ疎開に踏みきれていませんが…必要性は感じてます

この先、何かあったときに慌ててももぅ全てが遅すぎます

もし、運良く何事もなく収束していくことができた場合、変人扱いしてたお母さん達は、「ほら、みなさい。引っ越す必要なかった」って引っ越したことを馬鹿にするだろう

引っ越しした方は「あぁ日本が無事でよかったなぁ」って思って引っ越しを後悔したりしないと思う

それだけ考えてる次元が異なるということ

なかなか共感は難しい…
食料 (匿名)
2011-05-19 19:23:54
最近は放射性物質が降る環境なので、ネット通販で外に出ないで、できる限り西の野菜などを買うようにしていたのですが、「熊本産その他」などの表示がたまにあり、コメント欄に「西の野菜でない場合は、取り消して下さい」と書きましたら、埼玉産なので取り消しましたとのことでした。。実は、前回同じように「熊本産などの胡瓜」を購入したところ、勘だけは良いものでこれは違うと感じたからです。
卵もお金はかかりますが、九州から取り寄せるようにしました。牛乳も九州から取り寄せ、1日に多くてもコップに軽く1杯と、子供達に言い聞かせております。牛乳大好きな子供達なもので。
牛乳は飲まなくてもいい!と、ネットであちこち意見を読みますが、私は牛乳のお陰で両親の身長を越しましたし、子供達も牛乳大好きで180cm前後の身長ですので、本当に原発事故のせいで・・・と悔やまれます。。
でも、牛乳や卵はお金かかっても気にされた方が良いように思います。
勘だけは良い私からの意見です。
すばらしいご投稿ですね (ひなぎく)
2011-05-19 20:02:02
東さんのご投稿拝見しました。全く、総てに同感です。フェースブックでのお話を載せていただき有難うございます。素晴らしい内容でした。

こちらで長く議論されたり、小さなお子様をお持ちの方々、原発事故現場の近くにお住まいの方々の恐怖や悩みを、総て一投稿に網羅されつくされていますね。その上、その悩みに、どの様に対処し、どの様な行動を実際に執られたのかも揚げられていますね。完璧なリポートです。

きっと、悩み続けておられる方々へのご参考になるかと思います。一歩を踏み出せずに悩んでいらっしゃるかたがたの背中を押すことに貢献できると思います。国が動かないなら、自力での行動しかないのですよね。

本当は、国が国民を守る為に動いてこそ、国の役割を果たすのに、嘆かわしい我が国家・・・
国家がリーダーシップで国民を守るべき方策で動いたなら、高濃度の放射能を知らずに浴びてしまったり、住民同士、母親同士で、放射能を正しくおそれ、その対処を摂る少数派との軋轢も生れないのに・・・と思います。

その、政府の要人が、ジュネーブでこの様なことを発言なさったそうです。
※17日、大塚耕平厚生労働副大臣がジュネーブ市内で記者会見を行ってこの様にのべた。

福島第一原発事故による住民の健康への影響に関して「長期間の追跡調査が必要だ」と述べ、特定日や場所の放射線量データは蓄積されつつある。とした上で、原発周辺地域などの住民の正確な所在時間と場所を把握する事で、データとして将来的な疫学に寄与できるとの認識を述べた。

なんと言う国でしょう!地域住民の放射能被害を避けるための避難をさせずに、その地に留めおき、住民の健康被害のデータを蓄積して、疫学上の貢献にする。なんと、なんて冷たい政府でしょう!モルモット扱いですね。

こんな酷い事も・・・
※茨城県の学童達が、地域の学習でお茶摘みが行われた。学校からは「雨天決行」とのお達しが。その雨の中、子供たちはマスクも傘もなしでお茶摘み学習を行い、おまけに(ご褒美に)子供たちは、摘み取った新茶葉の天ぷらを振舞われた。

学校も教育委員会も子供の命や健康を守る気が丸きり無いのですね・・・お母様方、まとまって抗議する時期だと思います。PTAはこういう時こそ力を発揮べきと思います。学校と対等の立場で物申す会なのですから。学校の下請けで、校庭の草取り等の為に存在する会ではないです。

市川定夫氏の書かれた物を読みました。先生は元京都大の農学博士で、ムラサキツユクサを使って、遺伝学を研究されたそうです。放射能による遺伝子の変異も研究なさり、低線量であっても、遺伝学上の生物的影響があると証明したそうです。

それを機会に放射能にも興味を示され、現在は原水禁国民会議議長をされています。原子力発電所のある地域の、ムラサキツユクサの観察をしている中で、ムラサキツユクサの変異と共に、その近隣に住む子どもたちや若者に白血病などが頻発するという事実も掴まれたそうです。浜岡原発や六ヶ所村での事も挙げられていました。事故が起こらなくても、原発付近では底線量被曝が起っているという事のようです。

上のほうで、どなたかが、下痢症状の事を上げられていましたが、被曝医師として知られる肥田俊太郎先生のビデオでのお話で、下痢は放射能被害の初期症状と語られています。肥田先生はナント94歳でいらっしゃいます。ビデオでの力強い演説からはとてもそんなご高齢とは思えません。

演説のビデオと全文書き起こしが載っているブログがありました。先生は、この中で「国は完全犯罪」を成し遂げようとしている。内部被曝量は、何年か後の発症時には、測っても何の証拠も出ないから、放射能のせいではないと言われる。完全犯罪成立で泣き寝入りにさせられるとおっしゃっています。

肥田舜太郎先生の演説VTR の載っているブログのURLです。ぜひ、ご覧下さい。

http://t.co/NYNwUCX

Unknown (ななし)
2011-05-19 20:37:20
福島に住んでる者です。そんなに神経質になったら、何も食べられなくなりますよ。
ホールボディカウンター (ai)
2011-05-19 20:40:19
先ほど送らせていただいたコメントへの追記です。

神奈川県立ガンセンターにもあるそうです。

ただ、問い合わせされた方によると、測定依頼が殺倒すると困るということで、会議の結果断ることにした、ということで断られた、とあります。

おかしな話です。ご確認ください。

http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/399.html

の、コメント(02)をお読みください。





精神医療の現場より (匿名(医療関係))
2011-05-19 21:12:38
放射能を気にして鬱病やパニック障害などの不安神経症、強迫性障害を訴える患者さんが激増しております。
また、妊婦さんの中にはストレスになりすぎて流産したり堕胎を選択するケースが多く見られる様になってきました。

ここに書き込んでおられる皆様もそのような傾向がみられますので、くれぐれもご注意下さい。
精神を病んでしまったら、医療に携わるものが言ってはいけないのかもしれませんが、人生、家族、終わりです。
精神障害を甘く考えては絶対にいけません。

くれぐれも、精神状態と放射能への対応のバランスを取ることだけは常に忘れぬようお願いいたします。
政府の「もんじゅ」に関する情報 (島根へ疎開)
2011-05-19 21:33:40
東京から島根へ一歳の子供を連れて移動しました。
経済的に余裕がない中、仕事も辞めて、保育園もやめて、この先どうしたら良いだろうと思っていましたが、
東さんの投稿を読み、頭がさがりました。
言葉をなくします。
そして生き方を考えさせられました。
政府は人の命をなぜこんなにも軽視することができるのでしょう。怒りと悲しみでいっぱいです。


福島原発等に紛れて「もんじゅ」の情報をあまり国が流さないように感じています。
「もんじゅ」にも危険が迫っている気がするのですが、木下さんのほうへ何か情報が流れてきていらっしゃらないでしょうか?

下記が私が目についたものです。
これ以上の進展についてはまだ発表されていないのでしょうか??
その1
夢の高速増殖炉「もんじゅ」燃料棒が取り出せなくて責任者が自殺してたんだけど知ってた?
2011年03月26日00:28
日本原子力研究開発機構の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で昨年8月に原子炉容器内に炉内中継装置が落下し、抜けなくなっている問題で、復旧作業にあたっていた燃料環境課の男性課長(57)が自殺していたことが22日分かった。
関係者によると、課長は今月14日、同市内の山中で遺体が発見された。現場付近から遺書なども見つかったことから、自殺とみられるという。
今月中旬に行方不明になり、家族から福井県警敦賀署に捜索願が出されていた。燃料環境課は、燃料交換などを扱う部署。
40%出力試験に向けた昨年夏の炉心確認試験前後からトラブルが多発している。
関係者によると、同課は国のヒアリングなどを受ける機会も多く最も忙しい部署。課長も同部署の勤務が長かったという。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110222/crm11022211260009-n1.htm
その2
「もんじゅ」大いなる不安 トラブル続出に機器落下引き上げ
2011/5/14
機器落下事故の復旧作業が長期化している日本原子力研究開発機構(原子力機構)の高速増殖原型炉「もんじゅ7 件」(福井県敦賀市)が、落下した機器の引き上げに踏み切ることになった。原子力機構では、事前に復旧作業手順を訓練するなど万全を期したい考えだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110514-00000000-jct-soci

その3
「もんじゅ」驚くべき作業ミス 制御棒の操作方法知らなかった : 2010/05/13
http://www.j-cast.com/2010/05/13066459.html

その4
福島原発以上に危険性のある高速増殖炉『もんじゅ』で今起きていること
http://getnews.jp/archives/109213

どうぞよろしくおねがいいたします。
野菜が腐りません (何を食べたら良いのか)
2011-05-19 22:33:19
4月中旬、栃木県産地表示ナスを買いました。
冷蔵庫でなく、うっかり室内に放置し、2週間以上経過。すっかり腐っているかと思いきや、
驚くほどに、買ったときのそのままでした。
冬場のもっと寒いときに買ったナスはもっと早くしなびけて腐ってたのに?!

以前、中国産の野菜でこういうことがあった記憶があり、農薬かなと思いましたが‥‥日本の野菜でここまで腐らないのは初めてです。
やはりおかしいと思います。
疑問があります (茨城県央の母)
2011-05-19 22:39:55
子どもが心配で、茨城県のデータが気になって、という点は東さんと同じなのですが、いくつか疑問が残りました。

3月12日にもし大量の放射性物質の放出があったとしても、風向きからして茨城には来ていないのではないかと思います。
200μSv/hrという値は、隠し通せるレベルではないですし。
地震や停電による計器の異常だったのではないでしょうか。
私の住む市内のモニタリングポストの値(若干欠測あり)から推察して、14日までは地震前と変わりない値が続いていたようです。
15日早朝2時頃に一旦小さなピークがあり、その後朝7時頃に大きなピークとなっています。
この時には東海村で5μSv/hrを計測したとニュースになりました。
8時頃には1μSv/hr程度に下がりました。
強い北風が吹いており、この7時頃のピークがお昼前の東京の値につながったのではないかと思います。
私の計算では、3月15日~24日のモニタリングポストの値を合計して100μSv程度です。

それから青カビの件、原発から100km離れていて屋内で滅菌状態になることがあるのでしょうか。
私はヨーグルトや酵母を発酵させていますが、発酵状態は震災前と変わりないし、ぬか床も元気です。
常陸太田市の近隣の納豆工場も操業していると聞いています。

4月24日には、モニタリングポストの値が夕方0.01μSv程度上昇したのは私も確認しました。
その間、ちょうど雨が降っていたのです。

震災以降、私も鼻や喉の調子が悪いです。
でも放射能のせいかはわかりません。
津波被害にあった土地からきている、アスベスト等を含むチリが原因の可能性もあると考えています。


私も今開示されている情報に疑心暗鬼になっている一人ですが、どんなデータや情報に対しても慎重に接する気持ちも必要ではないかと思います。
子供達 (しゅぅ(水戸在住))
2011-05-19 23:18:45
我が家は事故後関西に避難する事もできたのですが卒業式に出たいという子供の希望で3月14日ー24日まで水戸に戻りました。原発事故の情報がない段階だったので帰ってしまいました、正直後悔しており思い出すと涙が出て止まりません。子供は親が確固たる決意を持って帰らないと言えば卒業式は諦めたと思います。私にはのその情報がなかった・・・それよりガソリンがないとかの方が深刻でした。この間にも空間・水から被爆していますよね。

4月からは子供2人(中学校・小学校)お弁当持ちで行ってます。学校でお弁当持ちの人がいるのかどうかも知りません。ガイガーカウンターを持っていないので県のテレメーターを参考にし夜な夜なネットで情報収集してる状況です。

常陸太田のママさんは確固たる数字を持って学校に休む理由とかを言えてうらやましい限りです。
救いは担任の先生が心配している状況を理解してくれているのでそこが頼りです。校長先生からお弁当の承認も得ているのでまだましなのかな?とも思います。

事故のあとどれだけ内部被曝をしたかわからない子供達・・・日々食事や外出時には気をつけてはいるけれど、どうやったら親が守ってあげられるのかわからなくなってきました。
初期の降下物の量をみたら悲惨な物でした。
夫に相談してもTVや政府発表を怪しい部分はあるだろうとおもいつつ信じているので西日本への転居にGOサインは出ません。

今知りたいのは初期に高濃度に汚染されたとしても引っ越す事により子供に将来起こる事が予想されるであろう病の確立が減るのか?という事です。
引っ越す事で子供もマスクせずに土を気にせずに外で遊んだりできる、ストレスなく生活できれば免疫力もあがり将来の病気の発症も抑えられるんじゃないか?と思ってます。

今、学校などの矢面に立っている保護者の方のお立場十分わかります。平時の様な環境に流されず乗り越えて行きましょう!




Unknown (埼玉在住)
2011-05-19 23:53:29
どなたかがすでに書いていらっしゃいますが、この投稿はぜひ国会議員に向けて直接メールした方がいいのではないでしょうか。

不安を通り越して諦めとも取れるお気持ちが、痛いほど伝わってきます。

少し汗ばむ日も多くなってきましたが、埼玉在住の私も子供も必ずマスクをして出かけています。
スーパーでの買い物も、西日本産や外国産のものを選ぶようにしていますが、これから乳製品や卵も気をつけなくてならないのですね。
「テーマ:子供たちを被ばくからどう守るのか」 講師:長野県松本市長/医師 菅谷昭(すげのや・あきら) 講演全文 (宮城県在住)
2011-05-20 01:31:09
aiさんへのコメントです。

こちらのサイトはごらんになられたでしょうか?
TVでは放送できず、カットされてしまった講演全文(菅谷昭医師の本音)が掲載されています。

NHK科学文化部(かぶん)ブログ
「テーマ:子供たちを被ばくからどう守るのか」
講師:長野県松本市長/医師 菅谷昭(すげのや・あきら)

http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/100/82400.html#more

この「NHK科学文化部(かぶん)ブログ」はTVでは放送できなかった部分を、詳細に補足して掲載されているようです。TVで見るより、より正確で中立的な情報が得られるかと思われます。
原発は事故が無くても有るだけで・・・ (ひなぎく)
2011-05-20 01:37:42
今、福島原発事故の放射能で、国民みんなが心配している中、こんな状況に陥っても、この国は、まだ原発を止めると宣言しないのですね。菅さんは、サミットで今後の日本も「原発推進」を宣言してくるそうです。もう、狂っているとしか思えません。

原発は、事故にならなくっても、原発が存在しているだけで周辺住民、特に乳幼児の放射能被害の白血病や小児ガンなどの死亡率が高いのだそうです。ですから、交付金に目が眩んで原発誘致をする事は、事故にならなくても、大切な子供の命を交付金で売るようなものになるのだそうです。

それの詳しいニュースを載せます。
※放射線の健康に与える影響を調査している、米研究機関レディエイション・パブリック・ヘルスプロジェクトは、1987年から原子炉を閉鎖した全米7箇所の原子力発電所を対象に、半径80キロの住民の、生後1歳までの乳幼児の死亡率を調べた。調査は原子炉閉鎖前の死亡率と、閉鎖2年後の死亡率を比較している。

それによると、最も減少率の大きかったのが97年に閉鎖したミシガン州のビックロックポイント発電所周辺で54.1パーセントも減少した。減少率が最も少ない所はワイオミング州のラクロッセ発電所で、約20パーセントの減少。全箇所いずれも減少している。

また、海外の原発再処理工場周辺には、ガンや白血病の患者が多いとのデータがある。
ドイツ政府の調査でも、原発から5km以内に住む子供たちは、小児ガンで1.6倍、小児白血病で2.19倍と言う統計的に高い発症率である事が明らかになった。(2007年12月発表)

この様に、原発は事故が起こらなくても、平常稼動していても、周辺住民の健康被害が有ると言うことが調査研究されて、データとして証明されているそうです。やはり、原発は全部残らず廃止にしなければならないと思います。
匿名(医療関係)さんへ (トラ)
2011-05-20 04:17:57
私は、バリバリの病歴9年「鬱病」患者で
寝たきりの状況も経て、薬を飲みながら、
家庭教師を続けている。
受験数学については、
ほとんどゼロから始めて、
教え子のなかには医学生もいる。

病気や状況によっては、確かに目を覆いたくなる場合もある。しかし、医療従事者が言うことではない。精神病に罹ったら終わり、という世間の偏見を、自覚なく上塗りしてどうするのですか。

医師で作家である南木佳士氏が、鬱病・パニック障害に陥いたとき、
「結局、なにも知ろうとはしていなかったのだ」と末期癌患者をみとった日々を振り返っています。それを病的な意識と片づける地平にたっては、物事は何も観えてこないのでは。
大臣はおろか、5人いる三役(大臣・副大臣・政務官)誰ひとり、福島の親たちに会おうとしません (Unknown)
2011-05-20 04:25:00
転載させていただきます。


高木大臣に抗議のメッセージを!
(宛先は、本記事の末尾をご参照ください。)

(転送歓迎、拡散希望)

5月23日、20ミリシーベルトの撤回と、子どもたちの被ばく最小化を求めて、福島県の親たちが、バス2台をつらねて高木大臣との面会を求めて、文科省にやってきます。親たちは、高木大臣に直接、福島の子どもたちの窮状を訴えることを希望しています(注)。
http://blog.canpan.info/foejapan/daily/201105/15

しかし、昨日、政務三役会合で決まった回答は「ノー」。
大臣はおろか、5人いる三役(大臣・副大臣・政務官)誰ひとり、福島の親たちに会おうとしません。(向こうが交渉の窓口として連絡してきたのは、文部科学省科学技術・学術制作局次長の渡辺氏でした)。

福島の置かれた状況、20ミリシーベルト問題に関する内外の批判とその深刻さを考えた時、これは、あまりに非礼で、心無い対応ではないでしょうか。

高木大臣は、せめて自分の口から、なぜ、20ミリシーベルトを撤回しないのか、その理由を親たちに説明すべきではないでしょうか?

みなさん、どうぞ抗議の声を上げてください。
全国から、高木大臣に電話やファックスを送って、「せめて、福島の親たちに会うべきだ」と伝えてください。ツイッターでこうした事情を流してください。

こうしている間にも、子どもたちは放射線の被ばくにさらされています。時間は限られています。
皆様の再度のご協力をお願いいたします。特に高木大臣の地元の長崎方面の方、地元からの抗議の声を上げて頂ければ幸いです!


高木義明大臣の国会事務所 FAX(03) 3503-5757
高木義明大臣の長崎事務所 FAX (095) 826-0445

※三役のファックス番号
副大臣 笹木竜三 FAX03-3508-3341
副大臣 鈴木寛 FAX03-6551-0903
大臣政務官 笠浩史 FAX03-3508-7120
大臣政務官 林久美子 FAX03-6551-1020

※文部科学省 大臣 秘書官室の電話 6734-2101
秘書官 竹本善次

副大臣/政務官室は
笹木竜三 電話6734-3301
鈴木寛 電話6734-2103
笠浩史 電話6734-3501
林久美子 電話6734-3503

※参考 高木義明大臣の事務所
http://www.y-takaki.jp/place.html
●長崎事務所 〒850-0035  長崎市元船町7-6元船ビル1F
TEL (095) 826-0446  FAX (095) 826-0445
E-mail:y-takaki@viola.ocn.ne.jp

●東京事務所 〒100-0014  東京都千代田区永田町2-1-2
       衆議院第二議員会館401号室
TEL (03) 3508-7420  FAX(03) 3503-5757
E-mail:g02653@shugiin.go.jp (議員会館)

※アクションしてくださったみなさま、ありがとうございました。
一方で、「たらい回しにされた」「個人とは会わないと言われた」といった声に混じって、「文科省へ言ってくれ」との回答だったというかたがいらしゃったそうです。その中に、下記の文科省の連絡先を教えられたという方がいらっしゃいました。
文科省電話03-6739-2101

注)経緯は、下記のとおりです。
・」5月2日に開かれた政府交渉の前に、ぜひ政務三役(大臣または副大臣または政務官)に出席してほしい旨をお伝えしておりましたが、三役のどなたもいらっしゃいませんでした。
・5月6日に政務三役とのアポイントを申し込みました。
・先週の段階で、福島から親たちが、ぜひたか文部大臣に会いたい旨をお伝えしていました。
・文科省は5月18日の政務三役会議において、「福島の親たちに、政務三役はだれもあわない」という決定をくだしました。


http://blog.canpan.info/foejapan/archive/27




もんじゅ気になる (かたくりこ)
2011-05-20 06:10:32
島根へ疎開さんと同じく「もんじゅ」について知りたいです。
6月に落下装置回収にチャレンジするそうですが、成功してほしいけれど、失敗して取り返しがつかない大惨事にならないか心配です。
ネットでの情報収集には限度があり、特別な情報源のある方の本当の情報を知りたいと思っています。。
木下さん、お願いします。
精神医療の現場より (匿名(医療関係))への強い疑問 (木下黄太)
2011-05-20 06:28:52
精神医療の現場より (匿名(医療関係))という投稿は、本当かかなり疑います。僕は何人も、都内の有力大学などで実績があるまともな精神科医と今回の原発に関連してかなり話していますが、「放射能を気にして鬱病やパニック障害などの不安神経症、強迫性障害を訴える患者さんが激増」という情報は聞いていません。本物の精神科医がこのようないい加減な言い方をするのも奇妙です。文部科学省の「放射能恐怖症」という文言とそっくりです。

「妊婦さんの中にはストレスになりすぎて流産したり堕胎を選択するケースが多く見られる」という文言が、なぜ精神科医が言うのかさっぱりわかりません。産婦人科医でないのに、なぜこういう発言をするのか?事実とは思えません?
 絶対に事実とおっしゃるなら取材をしますから、メールで連絡してください。連絡がこなければ、こういう書き込みがあったが、取材に応じようともしなかったと今後書きます。匿名希望と言う条件は厳守しますから、必ず連絡しなさい。あなたが、本物の精神医療従事者ならね。

Unknown (ぱん)
2011-05-20 07:56:07
鶏卵。
いま自分も同じ状況でガイガー測定しました。
自分のは変化なしでした。
Unknown (茨城人)
2011-05-20 09:45:16
初めてコメントを書きます。
今回の記事を読んで疑問に思った事です。

この主婦の方の経歴は?どんな方なんでしょうか?一般的に考えて普通の主婦の方では考えられないくらい専門的な知識や機材を持ってる方のようで・・・過去に放射能関係の仕事をしてたとか。
やはり今、色んな情報がネット上で溢れています。信じる・信じないは個々の責任になりますが、発信源は正確な情報提示をして欲しいなと思いました。

もう一つ、常陸太田から東海原発は目視できません。ずっと山が連なってますから。山を越えた日立市南部に行けば何とか目視可能かと・・・

正直、発信元に??が付くと半信半疑になります。
だからと言って放射能から身を守る為に、小さな事から気を付ける様日頃から気を張って行こうと思いました。
あきらめないで (luca)
2011-05-20 10:38:04
わたしのブログに転載させていただいたところこのようなコメントが寄せられました。北茨城の方 わたしたちもたたかっています。最後まであきらめますまい。わたしは酵素玄米 とか酵素とデトックスで乗り切れないかと思っています。

以下コメント

本当に素晴らしい行動力の方です。頭が下がる重いです。
私は関西ですが、悲しい事に周りは誰一人危機感がありません。私が強く伝えれば伝えるほど、奇異の目で見られます。
主人も、東京在住の義理姉妹もです。
ですので、もう皆に伝えることはやめました。
普通に今までどおり、笑って過ごしています。

けれど、政府の発表は一切信じていません。
今、ガイガーカウンターを取り寄せ中で、必ずこの目で安全を確認してから行動しようと思っています。

関西にはもんじゅがあります。
考えれば考えるほど、絶望感に苛まれます。不安な気持ちが常に心に覆いかぶさっています。
けれど、いずれ来るべき危機に向けて、子供たちにいかに対処すべきか、日々教えています。
あきらめてはいけない。子供たちの為にも。
そう思っています。
少しずつ、自分の出来うる信じられる方法で、家族だけでも守ろう、と思っています。

どうぞ、皆で自分の道を貫きましょう。
そうした所で何も変わらず、危機は絶望はそこにあるのだけれど。
今あるこれは運命でしょう。運命は変えられないけれど、自分の人生は自分で決められます。
あなたの心にある思いは、運命によっては変えられないのです。
返信 (匿名(医療関係))
2011-05-20 11:28:25
>トラ様
あなたを傷つけてしまって申し訳ありませんでした。
一人でも精神障害を訴える患者さんを減らしたく書き込んでしまいました。
鬱病になる理由は人それぞれです。今の状況はその要因が多すぎます。
お母さんのストレスが家族のストレスを生み、爆発寸前になっている家庭もあると聞きます。
鬱病の苦しみ、絶望を知っているあなたは、もう少し違う立場に立って考えてみてはいかがでしょうか。
失礼があったことを心からお詫びいたします。

>木下黄太殿
私は何人かの学者、ジャーナリストに同じ警告を発しましたが、答えが原発肯定、否定、それぞれの立場によって、反応が全く違うことに驚きました。
あなたのようなタイプのジャーナリストは「そんな話聞いたことがない」の一点張りで、実名を開かさない著明な精神科医の話を聞いているがそんな話は出ていないと答え、突っ込んで聞くと現場に赴いたことすら無かったりするのです。
現場では「もうどうすればいいか分からない」と泣き叫ぶお母さんを何人も見ているのに…
私は医者ではありません。
ムキになる方は医療従事者と書くとすぐ医者と思う傾向にあるようですね。他の方と同じです。

産婦人科でないのに?
世の中には総合病院というものがあります。同じ職業の友人もおります。
その程度の想像力でジャーナリストとは笑わせますね。
申し訳ありません。あまりに稚拙な物言いだったのでこちらもつい本音を文章にしてしまいました。

以上のような理由から、原発推進派や反原発を唱える人、あなたのような偏ったジャーナリストに歪曲されて情報を伝えられるのは許せませんので、取材はお断りさせていただきます。
これは立派な理由となると思いますがいかがでしょうか。
それでも私の意見を馬鹿にされるようなら、どのようにおっしゃられても結構です。

>みなさんへ
私が言いたいのは、このブログに書き込んでいる方に対して「精神状態と放射能への対応のバランスを取ることだけは常に忘れぬようお願いいたします」ということです。
それと、自分の書き込みが他人にとって必ずしも有益に働くだけでなく、ストレスにもなっているということを忘れないで下さいということ。これは皆さん自覚なさってることと思います。
みんなで助けあう、そんな状態を作っていきましょう。
Unknown (匿名(医療関係さんへ)
2011-05-20 13:33:49
>それと、自分の書き込みが他人にとって必ずしも有益に働くだけでなく、ストレスにもなっているということを忘れないで下さいということ。これは皆さん自覚なさってることと思います。

それなら、ここを読まないでください。
ストレスになる人は政府の情報の出し方が悪いからじゃないですか?
ここを読んでストレスになる方は読まない方が良いと思いますよ。
それにこういったブログはネット上で山ほどあります。
Unknown (やすだ(茨城/ひたちなか市在住))
2011-05-20 13:55:25
Unknown (茨城人)さんへ
>今回の記事を読んで疑問に思った事です。
>もう一つ、常陸太田から東海原発は目視できません。ずっと山が連なってますから。
常陸太田駅直ぐ北部の商店街のある西町・東町などはかなり高台なので見えるかもしれません。
私は隣の平地の金井町に以前勤務していましたが、
東海村JCO事故の当日、建物傍の道路を通って帰宅後に事故内容を知って驚きました。
(匿名(医療関係))へ (木下黄太)
2011-05-20 14:04:36
 あの、むきになんかなっていませんよ。最後に医療従事者という言葉も使っていますが、まず医師と言う前提で話しますよ。普通ですよ。申し訳ないですが、都内の精神科医にも複数聞いています。慶応大学や北里大学のかなり有力な精神科医にも念のためさっき電話しました。全く聞こえてきません。このグループで『「放射能恐怖症」をでっち上げようとする文部科学省へのある精神科医の抗議』という記事も出ています。その前提で話します。この記事のお医者さんとも色々話しました。
 さらに、みなさん、きちんと見つめて行動していますし、きのうの集会に八十人以上の方が集まりましたが、あきらかに正常な方ばかりでしたが。
 医師でなければ臨床心理士か看護士ですか?自分の立場も明示せず、取材しますよと言ったら逃げています。産婦人科に知り合いがいるからわかるというなら、そこも取材しますよ。本当におきているなら。僕は申し訳ないですが、きちんと確認します。それをしないように勝手に書いて、取材は応じないと言っている、自分の立場もあきらかにしない。よくわかりません。重大事が本当なら取材します。反対賛成の立場の問題ではないです。
メール下さい。お電話しますから。逃げないでくださいね。

もんじろう様へ+α (山形市在住主婦)
2011-05-20 15:13:24
もんじろう様が、「原発事故以前から、大気中より土壌の方が放射線の濃度は高い~」とコメントされているので、少しは参考になるかと…

http://www.pref.yamagata.jp/ou/kenkofukushi/090001/dojou.pdf

山形県が4/22に採取し後日行った土壌調査結果です。
調査地点(学校か畑かなどは発表されていません)は不明ですが、庄内地方の結果から、土壌の放射線濃度には、天然核種のカリウムが大きく影響していることが分かるかと思います(あくまで山形県を信用すればですが)。
米どころで有名な庄内平野の肥沃な土壌で、カリウムの影響は地上50~100cmの計測値ではありますが、0.05~0.08μSv/hrです。
都会のアスファルトでは無視して良い値とは思いますが、土壌の上では多少考慮されても良いかと思いましたので…



数日前にこちらを知り、遅まきながらチェックさせていただいておりました。

今回の記事を読んで、風向きが南向きになった今、子供のためにもやはり山形でもガイガーカウンターは購入せねばならないか…と悩んでおります。
どなたか素人の主婦でも扱え、かつそれなりに信頼できるカウンターを教えて下さい!安いのは中国製ですが、あまりにもで。。5万くらいで手に入らないものでしょうか。。。

5/6採取の最上地方(北東地方:山形県は大きく日本海側1宮城側縦割り3の4つの地方に分かれます)の牧草から微量ですがヨウ素が検出されました。一番福島よりの南東置賜地方からは検出しなかったこと、山に囲まれた地方であることから、直接の風ではなく、岩手・宮城側から流れてきているものと推察しています。

http://www.pref.yamagata.jp/ou/norinsuisan/140028/0516bokusou.pdf

これからハウスものから露地物へと移行すること、7月に最上地方へ引越すこと、3歳の娘用に茨城産の牛乳を買い栃木産のイチゴを買い福島に旅行に行こうと言うような主人、実家も神奈川、と気が重いことばかりです。
早期収束は暫定基準値と避難基準を変更したくない東電・政府の弄言と信用していません。

ツイッターすらやっていないため、できることは少ないですが、活動応援しています。
頑張ってください!
返信 (匿名(医療関係))
2011-05-20 15:48:10
>Unknown様
私にできることはこういう山ほどあるブログで、そういう患者さんがおりますよという現実を知って貰うために地道に実情を訴えることぐらいなのです。
もちろん私は読んでおりませんし、患者の皆さんにも出来るだけネットは避けるように指導しています。

>木下黄太殿
すみませんが、木下さんと不毛な議論をするつもりではなく、このブログに書き込まれている方に対してのメッセージのつもりでしたので、そういう姿勢で当たられても困ります。

そこまでおっしゃるならということで、それでは私の方からご提案を差し上げます。
足を使って現場で取材してみてはいかがでしょうか。
それと、あなたが話を聞いている精神医療の先生方に、このブログ記事に書き込まれたコメントを見せて差し上げることを是非なさってください。
これを正常の範囲内などと言う医者は絶対に信用してはいけません。
御用学者と呼ばれている方達と同様、何らかの意図を持った先生方のみのグループである可能性があります。そこは冷静にお願いいたします。

チェルノブイリの被害で妊婦の堕胎が問題になった件は、よく放射線による癌の被害のスケープゴートと捉えられがちですが、実際にこのデータが存在して問題になったことは事実です。
それを軽視するというのはジャーナリストとしてどうなのでしょうか。
客観的に見る目を失っても自分の支持者が増えることを望むのか、何がしたいのか、しっかりと御自覚なされた方がよろしいかと存じます。

以上の件、しっかりと取材なさって是非とも記事になさってください。
電話で聞いたなどと言われても皆さんどちらが正しいか困るでしょうし、その有名な精神科医の皆さんの実名と共に、放射能被害により精神的な影響が出ていることがまやかしかどうかの実態をお調べ下さい。
精神障害が増えていることが明るみになった場合、政府によってそれが隠蔽されることも考えられます。あんなふざけた手引きを配布したり、放射能に笑顔が効くなどと言っている学者を使うような機関ですから、何が起こるかわかりませんので、早めに行動して頂きたいと思います。
それと、精神医学の学者だけではなく、現場で医療にあたっている先生に取材を行うのを絶対にお忘れ無く。

逃げる逃げないなどというどうしようもないあなたの価値観の問題で、あなたの信念?に利用されるのはご勘弁願いたいので、取材は拒否させていただきます。
「逃げる」という言葉で攻撃したいのでしょうが、ああ、あなたはそういう人なんだなという感想しか持てません。
私の姿勢により「ほら逃げた」とこの問題をほったらかしにするのであれば、あなたはそういうジャーナリストということで不本意ではありますが私も納得いたします。

あまりこのブログでこういう意見を攻撃なさらない方がよろしいとも思いますよ。
自分と立場の違う人間に対しての振る舞いというものは、しっかり見られておりますから。
あなたの物言いはネットで執拗にいじめを繰り返して憂さ晴らしをはらしている輩と同じ匂いがします。

>もう一度皆様へ。
ご家族が母親が地震・放射能に影響を受けすぎてちょっとおかしいと相談に来るケースも増えております。
ずっとネットにかじりついて家事をしなくなったり、放射能問題に無関心な旦那さんを子どもの前で叱責したり、守るべき子どもを逆に異常に叱りつけたりといったことを聞いています。
私の家の近所の心療内科にも、子どもの補助席付きの自転車が停められてることが増え、胸を痛めております。
精神医療は処置が早いほど寛解する確立が高くなります。
また、ストレスを受ける期間が長引くほど、発症する確立も増えてきます。
自分では気付かない内におかしな行動をとってしまう病気もありますので、家族にも自分がおかしいようだったら伝えて欲しい旨、相談しておくことをお勧めいたします。
また、絶えず不安だったり、何かをしないと落ち着かないなどの症状がありましたら、無理をせず、世間体などを気にせず、是非お近くの精神科、心療内科を受診なさって下さい。
適切なアドバイスを貰えると思いますし、必要であればお薬を処方するなどしてもらえれば、
今よりずっと冷静に放射能問題と向き合えると思います。
我々看護師もその支えになれればと思っております。
皆様の精神がまず健やかでありますよう、願っております。
匿名(医療関係)へ (木下黄太)
2011-05-20 16:08:55
私はオウム事件以降、カルトや少年犯罪などをきっかけに、かなりの数の精神科医を取材しています。のべで百人は軽く超えています。その中で信頼にたる、複数の専門医と今回も話をしています。あなたの情報は彼らに伝えますが、現在同様の情報はありません。もちろん悩まれる方はいますが、それがどの程度かということですし、堕胎や流産となると取材で確認したくなります。ブログにも来られて、こんなに書き込むのですから、僕の取材に応じてはいかがですが。それが、お嫌なのがよくわかりません。
やすだ様へ (茨城人)
2011-05-20 17:05:40
そうですか、それは失礼しました。
私自身太田市を含め県北地域を仕事でよくまわっていて、一度も原発が見えた事がなかったので・・・
匿名(医療関係)さん (真実をしりたい)
2011-05-20 17:15:41
>ご家族が,母親が地震・放射能に影響を受けすぎてちょっとおかしいと相談に来るケースも増えております。
ずっとネットにかじりついて家事をしなくなったり、放射能問題に無関心な旦那さんを子どもの前で叱責したり、守るべき子どもを逆に異常に叱りつけたりといったことを聞いています。

放射能問題に無関心な旦那 に原因があると思います。夫婦の問題でもあります。
妻が夫を子どもの前で叱責することが別に悪いとは思いません。
家族の未来を左右する大事な理由があるのだからしかたないです。
それとも男尊女卑ですか。
ネット以外に正確な情報が無いからネットに時間をかけるのは仕方ないと思います。
「おかあさん」だけのせいにしないでください。

看護師は、いったい何を基準に、人を「頭がおかしい人」呼ばわりするのですか。

職権乱用じゃないですか。

かりに悩みすぎで具合が悪い人がいたら、内部被曝を避けるにはどうしたらいいかとか具体的に教えてあげるのが医療従事者の務めじゃないですか。
たとえばマスクはどれがいいか、食べ物、サプリ、家の除染など。減らせる方法がわかればおちつきますよ。

ネットで正確な情報も得ず、放射能防御策もとらず、家族がとりあえず、もめないよう気を配り、避難もせず、、放射の物質をたっぷり食べて笑顔で過ごし、精神衛生を保った挙句、結果5年後に子供が甲状腺ガン白血病になっても、それでもいいのですか。

看護師さんにはだれも責任を求めないでしょうね。

「知らぬが仏」方式が心を病気にしないというなら、医学なんていりません。

心を病んでも、正義の魂まで売り渡したくはありません。

それと木下さんを「輩」呼ばわりするのは失礼です。

>皆様の精神がまず健やかでありますよう、願っております。

放射能で体がじょじょに蝕まれていても、精神が「まず健康」ならいいのでしょうか。

Unknown (匿名(医療関係さんへ)
2011-05-20 17:55:16
そんなに問題があるなら、取材を受けられたらどうですか?
本当に我々の事を心配なさるならそうするべきでしょう。
あなたの無責任な書き込みこそ、こちらの方にはストレスに感じます。
みんなを安心させる為にも、ぜひ取材を受けて下さい。
匿名医療関係者様 (ひなぎく)
2011-05-20 19:18:01
こちらを利用させて頂き、書き込みも沢山させて頂いている者です。貴方様に異常者扱いをされた1人として、ものを言わせて頂きます。

さて、貴方は医療関係者だそうですね?お医者様ではないとの事でよろしいですね。それなのに、こちらの書き込み一つを材料としてのご診断は?それ、問題ありませんか?

お医者様でさえ、実際の診察を何回か重ねられて、異常か異常でないかの判断をします。そして異常範囲に入って初めて精神科としての病名がつきます。

お医者様でもなく、実際の診察もせず、誰も頼みもしない、こちらの参加者の方々の精神病を指摘するのは、大いに問題がありますね。わざわざ、こちらに押しかけて、そんな事をする必要は無いですよ。名誉毀損問題です。

医師免許を持っていらっしゃるお医者様でも書き込みだけで診断を下せる人はいません。ましてや医師免許の無い貴方では法的に違法です。それに、こちらの誰も貴方に相談もしていませんし、診断も託していません。余計なお世話です。大変な迷惑です。

そして、今、実際に原発事故が起きて、心配な放射能漏れが事実として起っています。心配の事象があるのに心配しないことの方がおかしいのではありませんか?

その心配事をどの様に乗り越えたらいいのかをこちらで皆さんと議論しています。木下さんの取材を通して、専門家のデータなども参考にし、着々と行動に移しつつあります。

貴方がこちらのグループの傾向がご趣味に合わずに、おかしいと思われて、とてもとても心配なのでしたら、心配せずに済む貴方がお好きな傾向の所で落ち着かれては如何でしょうか?心配は精神に悪いのでしたよね?貴方の心配は余計な心配、無駄な心配だとおもいます。

一番のお勧めは「安心、安全、ただちに健康に害はない」の枝野氏の政府グループ情報をシッカリと信じている方々です。または既存メディアグループの情報グループに納まっておられれば、私たちのような、貴方の心配の基と、あなたのご趣味にあわない人間が目に留まらずに、貴方のご心配もなくなると思います。

心配な事実を前にしてして、心配することは正常です。少なくても、こちらの方々は正常です。どうぞご心配なく。大変心配な事象が起っているのですから、もし変調をきたしたなら、貴方ではなく、シッカリとした専門家に直接相談し、治療を受けます。どうぞご心配なく。

精神の不調になったからと言って、人生の終わりではありません。いくらでも、立ち直った方々を拝見しています。そんな残酷な事を平気で言う、貴方は、医療従事者として失格です。

それなら、何の為に精神科の医師は存在しているの?それらの方々を救う為でしょう?そんな言い方、精神科の患者さんに失礼です。病気は誰でもなります。精神科でも、外科でも、内科でも。それにしても、貴方は、医療人としての基礎がなってないですね。

〆です。
私たちの心配はご無用!
大変な迷惑!です。
土地を離れられないなら (福島県在住)
2011-05-20 19:45:57
悩んだってしょうがない
食べ物に気をつけて、マスクを着ける
子供は外での遊びは極力避ける
後はしょうがない
これ以上やりようがない

長崎大学の山下先生が言っていた通り、住むしかないのならリスクを受け入れるしかない
嫌なら引越しすればよい
やる気さえあればなんでも出来ると言う人もいるし
実際一理ある

郡山や福島市に国が何かをしてくれるとは思えない
なにしろ今の子供が危険だという根拠は「危険かもしれない」という程度
これでは市長さんも国も動けない
避難するより相対的に安全かも知れないのだから

避難出来ない、でも子供に何かあったらどうしようなんて悩むより、出来る事やって開き直るか
覚悟を決めて避難するか
どちらかしかない

避難出来ないなら、うだうだ悩む方が子供に良くないと私は考える
匿名さん (Unknown)
2011-05-20 20:04:48
看護師さんは、いつから
医師になったんですか?
匿名の医療従事者さんへ (北の国から)
2011-05-20 20:25:25
お言葉ですが、あなた様のコメントは「放射能なんて気にすると精神病になるんだよ!だから気にするなんてバカじゃないの」て言ってるように聞こえるんですよ。申し訳ありませんが、何と言われようが気にしますよ。自分や家族や日本中の命がかかっているんですからね。こんなときに「なぁに気にし過ぎは心の病になる」なんて言ってるほうが、よほど信じられません。もし、あなた様のおっしゃるような現実があるのならば、木下さんに取材に行っていただいて、YouTubeで流せば良いと思うのです。
匿名の医療従事者さんへ (???)
2011-05-20 22:05:10
世の中、悩みのない人間なんているでしょうか?
悩むと精神病だと中傷される方がストレスです。
あらまぁ、荒れましたね。 (KAT)
2011-05-20 23:28:55
コミュニティ論としては、荒れるのは一定数の人数を抱え込んだ証拠です。
順調な発展を遂げてると思っていいと思います。
そういう風に捉えています。

木下氏の姿勢が、返信からはっきりと伝わってくるので良いと思います。
客観的に見てわかりますから。


>福島県在住さん
そこに行き着く気もします。
残ると決めた方へは、菅谷氏が言ってるように
検査を行い、追ってフォローして行く。
早めに兆候を掴む。
それがベターかなと。
茨城人さま (アリス)
2011-05-20 23:29:56
茨城人さま

ご質問にあった投稿された方の経歴ですが、ご自身のツイッターのプロフィールに詳しく書かれていましたよ。ここに詳細書いてよいのかわからないので書きませんが、関東にある国立大学の工学系学部を卒業され、測定のお仕事されてたと書いてありました。知識といい、行動力といい、本当に素晴らしい方だなあと私は思いました。
木下さんへ (匿名(医療関係))
2011-05-20 23:31:27
正直、みなさんにここまで攻撃的に反論されるとは思ってもみませんでした。
私にはどうしても、この被害妄想的反応(頭がおかしいひと、異常者扱い、私が診断している、など)は普通とは思えないのですが、木下さんはどう思うのでしょうか…

最初に政府が今すぐ健康被害はない、気にしすぎないようにと言い過ぎたせいなのでしょうか。
その反動で、私のような意見を言うとここまで叩かれるようになってしまったのでしょうか。
逆に精神的な部分が軽視され過ぎているとは思いませんか?
人間にはバランスが必要なのです。
放射能と精神的な影響のバランス、とれていると言えるのでしょうか…

確かに私は医療従事者として失格です。
ここにいる誰一人、守れないどころかストレスを与えてしまうなんて。
行動、言葉を誤りました。

正直、私に飛んできた言葉に対しては悔しい気持ちもありますが、発言は控えさせていただきます。
これ以上場を荒らすつもりもありませんので、このコメントは認証しなくてかまいません。
私信としてお受け止め下さい。特に以下の話はストレスになると思いますので。

精神疾患になるならないは耐性がありますので人それぞれです。
しかし精神疾患は突然発症します。一つ、パニック症候群という病気をご紹介します。
癌は「全人的苦痛」といいますが、パニック症候群は「自律神経の嵐」とも呼ばれる疾患です。
電車が急病人のため止まってるなどの場合は、この患者さんの発作であることが多いのです。
突然不安になり、脈が速くなり、心臓が異常な速度で鼓動し、息が詰まり、過呼吸を起こし、死への恐怖感が次から次へと襲ってきます。
通常の人間が想像できる範囲の死への恐怖とは全く比べものにならないくらいの圧倒的な恐怖です。
そして、また発作が起こるのではないかという広場恐怖から電車に乗れなくなったり、家から出られなくなったりしてしまいます。
地震後しばらく救急車で運ばれてきた患者さんがこの疾患の場合が多く見受けられました。
計画停電による電車の混み具合や暗さも影響していたようですが、サラリーマンの方の疾患が増えました。
それが一段落した後、主婦の方が罹患するケースが見受けられるようになりました。
原発のことや放射能のことでいっぱいいっぱいになってしまったのでしょう。
抱えきれなくなったとき、絶望は溢れ出すように突然やって来ます。
他にも食べ物が不安で口に入れても戻してしまうなどの摂食障害を訴える方もおります。
発症してからは薬を飲んでも地獄のような長い長い戦いが待っています。
ですから、予防が必要なのです。

政府を信じられなくなった人は、何故か病的なまでに「真実」を語る人を信奉します。
私はそれは良いことだとは思います。実際に政府はとんでもないことをしていますので。
しかし、現実に追い込まれて、さらに情報から自分を追い込んでしまっている人がいる。確実に。
この記事のタイトル「追い込まれ続ける主婦」、そのままです。
私への反論で精神疾患を随分軽視した方や、自分は大丈夫と思っていらっしゃる方がおります。
でも、みんな強い訳じゃないんです。
それでも見えない恐怖と戦い続けている方が沢山おります。
ここに書き込んでいる人だけがブログを見てる訳ではないのです。
いつか溢れてしまう時が来るかもしれない。放射能から癌になるように。
ですから、予防が絶対に必要なのです。放射能と同じように。


私がこの活動を始めた最初の頃は、とある学者さんに発言をもう少しソフトにした方がいいんじゃないかというようなメールを出したりしてましたが、それでは埒があかないと思い、ブログという多くの人の目に触れる場所に書こうと思い立ち、行動に至った次第です。
しかしながらこの結果…、無念でなりません。
私はただ、精神看護の立場から、皆さんに精神的に健康でいてもらいたいだけだったのに…

しかし、私は木下さんにスタイルを変えてくださいなどと言うつもりはありません。
ここを見たり書き込んでる方にとって、あなたが心の支えになっているのだと思い直すことにしました。
みなさんの心と身体、どちらも預かる責任は重いと思いますが、木下さん、皆さんを宜しくお願いいたします。ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。
宮城県在住さんへ (ai)
2011-05-20 23:37:31
ありがとうございます。
NHKかぶんブログは、タルカチョアさんのお名前を確認したくて、先に読んでいました。

私は、番組を見て最初、専門知識をお持ちの医師として、本当は
「ただちに避難してください。」
とおっしゃりたかったのではないかと、思いました。
と同時に、別の自治体の長として、国や福島県の方針に異議を唱えることができないのでは、とも思いました。

そもそも、管谷市長はなぜ福島にいらしたのでしょう?
こんなこと考えたくないですけど、もし福島県の要請だったとしたら、長崎大学の山下先生と同じ役割を担っておられる可能性も否定できませんし・・・

ですから、管谷市長の誠実そうなお顔を拝見しつつ、医者として葛藤がおありになるのではないかと感じました。

ここに集われる多くの方が嘆いていらっしゃる、周りとの温度差は、TV・新聞から情報を得る方が圧倒的に多いことからきているのではないでしょうか。

管谷市長は、
「チェルノブイリの話をイコールすぐ福島とは、決して思わないでください」
と、お話されていました。

この部分は、もしかしたら、TV・新聞派の人の中には、
「あ、やっぱりチェルノより安全なんだ♪」
と、ますます安心してしまう人もいるんじゃないかと、危惧しました。

公には、福島の事故は、チェルノの〔10ぶんの1〕といわれてますから。

同じ情報を受けても、受け手のそれまでに得た知識を含む経験に拠って判断をくだすので、受けとめかたはひとそれぞれです。

やはり、TVは目と耳の両方から情報が入ってくるので、その存在は大きいです。

管谷さんの特集が、TV・新聞派と、ネット派(乱暴な分け方ですが)との距離が縮まるかなー?と期待をもって見た思いのままを、昨日投稿させていただいた次第です。


☆昨日 20:40:19投稿分、一部間違いがあったので、すみませんが削除していただけますか。

(正しくは)
神奈川県立ガンセンターにも、ホールボディカウンターあります。

http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/399.html

コメント欄の(01)をお読みください。



Unknown (東京のとり)
2011-05-20 23:58:31
こんばんは。
福島県在住さん、私はその気持ち、わかります。
そして、匿名でお話させていただきますが、
私の父は統合失調症です。そして、かなりの心配性です。
完全なる遺伝病ではないと言われていますが、
やはり健常者の方より私は発症する率は高いといわれてます。(あくまで確立の話です)確立だけで言えば、それは現状の東京であれば白血病になるより、高いです。
で、父の血を半分もっている私は性格的にも心配性であるのも確かです。それは、病気を誘発する恐れは確かにあります。もちろん、これは、みなさんに当てはまることではないとは思いますが、統失調症の親を持ち、素因要素が健常者より高い私の場合は心配のしすぎはかなりマズいと思って日々行動しています。
福島県在住さん、ほんとうにやりきれないです。
逃げてほしいのですが、その後の生活の保障がされていないことを考えると安易にそれを言えない自分がいます。
義援金は福島県在住さんには届かないのですよね・・・
ここにいるみなさんで少しずつ募金して、ここに出入りしている福島のみなさんに届ける、なんてむちゃくちゃな話ですよね,,,すんません...
Unknown (匿名医師)
2011-05-21 01:12:14
医療界の世間知らずは有名です。人間的に未熟者が多いのかもしれません。何時までも論点が噛み合わないでしょう。恥ずかしいです。
みんなガンで死ぬ (匿名の東京でしか働けない労働者)
2011-05-21 02:04:42
どうしようもないでしょ?
ガンなどが日本において死因の大きな割合(3人に一人…近いうちに2人に一人になるだろうと言われています)になっているのは、もう十年以上昔からです。
それが1%増える確率があるから、
風評被害を起こして多数の農家がのたれ死んでもいいということでしょうか。
すでにさまざまな自粛で、たくさんの会社が倒産していますし。

人間は、不死身ではないですから、いつかは死ぬわけですし。

たしかに、今後に生まれる子どもの事を心配するのであれば、放射能などの影響がないほうがいいとも言えますが、放射能以外にも有害な化学物質などはたくさんあって、垂れ流されているわけですから、現時点ですぐに皮膚が爛れるとか、それらの被害が出ていないのであれば、それでもヨシとするしかないでしょうし。
(環境ホルモンというのであれば、たとえば、カップ麺などの容器から溶け出している化学物質なんかも男性の妊娠可能な元気な精子を減らしているのではないか?と言われていますけど…つまり、今回は放射能っていうある意味、メジャーな環境問題なので大騒ぎされているけど、そう言うの、どう考えているのでしょう?普段から、遠ざけていますか? 食品添加物とか……。わざわざ海外の食品を買っている方は、その海外の添加物や農薬の基準について知っていますか?)

少なくとも、関東に住んでいるということであれば、自宅も職場も津波で流されてしまったわけでもないし……。

それに、核実験の影響で四十年ほど前は結構な量の放射能が日本にも降り注いでましたが、
皆さんはその頃どうしてました?

私は東京都に住んでいますけれど、幸い、自宅も何の被害もなく、今はその幸せを喜んでいます。

私みたいに普通に生きる人の方が一般的で、その中でほんの1,2%ガンで少し早く死ぬ人が増えても、たいしてメディアも騒がなければみんなも騒がないと思いますよ。
普通に生きる4,50年より、過剰に防衛しながら生きる6,70年の方がそんなに大事なんでしょうか。
あなたたちに向けられている目はそれですよ。
宗教家に対するものと同じ目が向けられているんですよ。
デトックスとか酵素とか、トンデモ科学を信じている人もいるようですし、
どうも基礎学力が足りないのに、極端にネガティブな情報を一心不乱に信じているように見えます。

ちなみにチェルノブイリについての情報を載せておきます。
http://www.cher9.to/jiko.html
感じたこと (momo822)
2011-05-21 02:06:30
匿名医療関係さんのコメントに対してですが、私は素直に「気を付けなければ」と思いました。それは、冷静に事実を受け止め判断すると言う意味においてです。
匿名医療関係さんは、「匿名」を名前に使ってらっしゃる事から、最初から取材に応じる気持ちはお持ちでなかったのではないでしょうか?
もしそうでなかったとしても、木下さんの匿名医療関係さんへのお返事が、疑っている様子を露わにし、かなり挑発的でもあったように思えます。それに対して、匿名医療関係さんのコメントも売り言葉に買い言葉と発展してしまったように見受けられ残念に思います。

母親は、家族の食事を用意し家族の健康管理を引き受ける大事な役目を持っています。こちらで、女性の書き込みが多いのも、家族の健康を考え放射能から子供や家族を守りたい一心でネットの情報を頼りに、ここに辿りついた・・・そんな方々が多いからだと思います。私もその一人です。
だから、家族の健康をあずかる人達に匿名医療関係さんは、警告をしました。放射能を気にし過ぎて精神的な病になる人が増えていると。だから、放射能への対応と精神のバランスを保ちましょうと。
私は、素直に匿名医療関係さんのアドバイスを受け止めます。実際にそのような患者さんが増えているかどうかは別にして。でも、未曾有の震災に加え、原発事故での放射能漏れの異常事態を考えると、増えて当然と思います。
実は私も、安心安全な食材が手に入れ辛くなった今日この頃。疑い始めると、もう何も買えなくなりそうで、このままこの状態が続いたら、本当に精神的におかしくならないだろうかとチラリと思っていたところでした。何から何まで、考え出したらキリがない。そうかと言って、遠くに逃げる勇気もないのです。でも諦めたくない。

人間は弱いものです。緊張や心配事が長く続き、知らぬ間に心や体が押しつぶされないように、たまに自分を客観視しなければと思います。
自分がいつの間にか暴走していないか家族に見ていてもらうのも、一つの方法なんだと、匿名医療関係者さんのコメントを読み感じました。

体も精神もどちらも大事です。
放射能にも不安にも負けずに頑張りましょう。



匿名(医療関係)へ (木下黄太)
2011-05-21 03:20:39
 まず、僕とちゃんと話したほうがよいとおもいますよ。僕が病的なまでに真実を語る人間かどうかも、話せばわかりますし。というか、自分がきちんと取材し、わかる範囲内の事をしているのが、「病的」とは、僕には思えません。僕が、別の取材対象として話している複数の精神科医からも、「今回は木下さんらしい行動」と言われても、病気だよと言われた事も全くありません。結局提示している事が、現実を示していれば、現時認識が間違っていない以上、懸念している事は妄想でないから、それは病気のはずはないのです。
 勿論、このブログを見ている方の中には、過剰になっている人はいますし、いろんなことを言う人はいます。そういう人をどうやって心を落ち着いてもらうのかも、大切な事です。でもはっきりといいますが、心を落ち着かせるために、ウソはつけないのです。事実を知り、その上で人は進んでいくしかないのです。また、堕胎とか流産が、原発事故に関連して本当に多発しているのなら、大問題です。精神医学的な曖昧な現象よりも、明確な話ですから、取材をしなければならないのです。僕は、取材源の秘匿は守りますから、電話番号と名前を書いて、メールしてください。ここまで、気持ちを吐露しているのだから、直接話したほうが早いですよ。
被曝の影響はがん死だけと捉えないで下さい (KAT)
2011-05-21 03:45:36
一番目立つのが、がん死なので、データが出ているだけです。
甲状腺にがんが出来なくとも、機能障害を出せば、体に不調は出てきます。
一般的に不定愁訴といわれ、統計からは消えますが。

ベラルーシの統計があるので、過去ログに一杯貼りましたから探してみるといいですよ。

日本の地形と人口密度をなめないで下さい。
このような不利な条件で被曝したのは日本が初めてです。

小児がんの悲惨さがわかっていれば、何もせずに、それでも良しなどとは口が裂けても言えません。

大人の都合に子供を巻き込まないで下さい。


>核実験の影響で四十年ほど前は結構な量

落下物の量でしたら、茨城は、1ヶ月分で、ぶっちぎって超えましたよ。
アリス様へ (茨城人)
2011-05-21 07:42:28
ごめんなさい。実はTwitter含め様々なサイトを私も探したんですが、全くこの主婦の方のプロフィールが見つからず、今回の投稿記事だけが一人歩きしてる気がしてます。
少しでも経歴が分かればいいな、と漠然と考えてたものですから・・・
逃げない正当な理由を探しているように思える ((真実をしりたい)
2011-05-21 09:16:53
匿名の医療従事者さんの以下の文章は、やっぱり問題ありだと思います。

>政府を信じられなくなった人は、何故か病的なまでに「真実」を語る人を信奉します。
私はそれは良いことだとは思います。実際に政府はとんでもないことをしていますので。
しかし、現実に追い込まれて、さらに情報から自分を追い込んでしまっている人がいる。確実に。
この記事のタイトル「追い込まれ続ける主婦」、そのままです。
私への反論で精神疾患を随分軽視した方や、自分は大丈夫と思っていらっしゃる方がおります。
でも、みんな強い訳じゃないんです。
それでも見えない恐怖と戦い続けている方が沢山おります。
ここに書き込んでいる人だけがブログを見てる訳ではないのです。
いつか溢れてしまう時が来るかもしれない。放射能から癌になるように。
ですから、予防が絶対に必要なのです。放射能と同じように。

別に、木下さんをカルト教祖のように言うのはやめてください。応援はしていますが別に「信奉」はしていません。

「追い込まれ続ける主婦」というレッテルをはる医療従事者であるあなた自身も、冷静な「つもり」で内部被曝は進行中だと思いますよ。
「自分は大丈夫」とでもお思いですか。

追い込まれようが追い込まれまいが
放射性物質はふってくるし、吸い込むから内部被曝は問題なのです。

関東に住む人は、すでに被曝の初期症状がでているから日々身の危険を感じている。
しかしそれぞれの収入に応じて、自宅ローンや車ローンをしているため逃げられない人が多い。(公務員はとくに)

これは主観ですが、高校生までのこどもを育てている人は、おそらく世代的にバブル時代を経験した人なので、転居転職によって今の収入から必然的に下がることがどうしても納得できないように思えます。

----
着の身着のままに避難することはできない。

仕事は失いたくないので避難をあきらめるしかない。

自分は推進派の意見も反対派の意見もきき、冷静に判断した。(比較的安全地域の人間にいろいろ言われたくない)

追い込まれて精神的におかしくなるよりましだ。悩むほうが家族にマイナス。

人は遅かれ早かれみんな死ぬ。

結果として自分の子供は病気にならないかもしれないし、避難しても病気や怪我はある。

現状国策に反対しても意味が無い(沈黙、選挙棄権)

原発維持

更なる事故の可能性
-----

匿名(医療関係)さんや、みんなガンで死ぬさんは、「子供を助ける」「原発の無い世の中を作る」という点では、上のように結果的にミスリードすると思います。

放射能=精神疾患 同列ではないし、放射能を気にする人は、環境ホルモンや、暮しに潜む微量毒物のことなど予備知識として知っており、それなりに気を使って生活しています。
そういう知識の無い人で、放射能だけをピンポイントで「病的に怖がる」人がいるのでしょうか。
逆に無知無関心で、政府の言うことを信じてまったく怖がらない人は、自分も被曝し放題、子供にもセシウム吸わせ放題。罪悪感無し、でとりあえず心だけは健康でしょう。

「精神疾患の予防」という名前で、考えないように仕向けたら、結果的に日々更新される真実から遠ざけることにはなります。

自分の家族が最終的にどう判断しようと自由だ勝手だと開き直るのは簡単ですし、楽です。

自分の子供の寿命をいかに延ばすのかを本気で考えるのは、最終的には親ですよね。
祖父母でもないし、うそをつく政治家、役人、学者でもない。

その際に参考にするため、ここにみんな集まっているのです。

避難しない「正当」(と思いたい)な理由を探すなら、山下教授、稲氏などのトンデモ学者をそれこそ「信奉」すればいいです。

「放射能と精神的な影響のバランス」ってなんですか。なんか変な言葉ですよね。

わたしは、子供たちが生き残るという前提で、知恵と工夫で、できる限りの放射能防御をしつつ、あきらめず、学習を継続し原発の反対運動を明るくやっていきたいです。

それでも、ついに破局がやってきたとしたら、そのときは、そう長くは無い時間を家族とともに静かに過ごします。


匿名(医療関係)さんへ (ためいき)
2011-05-21 09:19:19
>正直、みなさんにここまで攻撃的に反論されるとは思ってもみませんでした。

貴方のコメントをみて、攻撃的な反論が予想できなかったというのがそもそもどうかしています。

>私にはどうしても、この被害妄想的反応(頭がおかしいひと、異常者扱い、私が診断している、など)は普通とは思えない。

貴方は「あなたが話を聞いている精神医療の先生方に、このブログ記事に書き込まれたコメントを見せて差し上げることを是非なさってください。これを正常の範囲内などと言う医者は絶対に信用してはいけません」とまで先に書いておいて、ここにコメントを寄せる方に対し、正常じゃないと断じてます。自分の書いたことをもうお忘れですか。

さて、本論はここからです。貴方は論理的に考えるのが苦手の方のようなので、まず前提知識を。

「悪魔の証明」

「悪魔の証明」というのは、悪魔がいることを証明しようと思ったら、悪魔を1人つれてくればすむことですが、悪魔がいないことを証明しようと思ったら、この世のすべての存在について調べてその中に悪魔がいないことを証明する必要があります。そんなことは土台不可能なことなので、「ない」ことの証明は一般的には不可能か相当に困難である(条件付けの場合)ことが多く、そのことを比喩的に指して「悪魔の証明」というわけです。

したがって、立証責任は、通常「ある」と主張する側が負う。


そもそもですが、貴方が「放射能を気にして鬱病やパニック障害などの不安神経症、強迫性障害を訴える患者さんが激増しております。また、妊婦さんの中にはストレスになりすぎて流産したり堕胎を選択するケースが多く見られる様になってきました」として、そのような事実が「ある」ことを主張されたのがことの始まりです。それが事実かどうか知るため木下さんがそのソースを開示してくださいとした。それに対して、貴方はソースを明かさず、「そこまでおっしゃるならということで、それでは私の方からご提案を差し上げます。足を使って現場で取材してみてはいかがでしょうか」などと言って、「ない」ことを証明せよしたのがこれまでの流れでした。つまり、木下さんが「ない」ことを証明するために、日本の精神科専門医だけで1万443人いるというそのすべてにあたらないといけないわけですか?貴方がソースを1例挙げればすむことなんですよ。病院名がダメなら、せめて市町村くらい挙げればいい。いろいろとくだらない屁理屈をこねているけれども、どうしてこんな簡単なことができないのか。堕胎とか流産が原発事故に関連して本当に多発しているのなら、大問題です。「皆様の精神がまず健やかでありますよう、願っております」って本当に心配されているのなら、そうされたらどうですか。

それともうひとつ。

貴方は「私は何人かの学者、ジャーナリストに同じ警告を発しましたが、答えが原発肯定、否定、それぞれの立場によって、反応が全く違うことに驚きました」と書いている。原発肯定、否定それぞれの立場によって反応がまったく違うのは当然のことだし、そんなことで驚いてもらっても困るんだけれど(笑)。まあそれはいいとして、ここでいう「警告」というのは先ほどの「放射能を気にして鬱病やパニック障害などの不安神経症、強迫性障害を訴える患者さんが激増しております。また、妊婦さんの中にはストレスになりすぎて流産したり堕胎を選択するケースが多く見られる様になってきました」ということを含むものだと思いますが、診断の権限のある医者でなく、看護士である貴方にどうして聞いてきたのですか。仕事柄、ぼくは医療関係者とりわけ医者とお会いすることが多いのですが、この警告の内容はいわゆる診断内容を含むものであり、診断の権限のある医者から聞きださないと意味がありません。要するに、ぼくにとっては貴方から聞いただけではほとんどまったく無価値、証明にならないのです。本当にジャーナリストや学者が貴方に聞いたのですか。それとも、貴方のほうからわざわざ報告されたのかなあ。今回と同じようにソースを明示しなかったのなら、相手にされなかったんではないでしょうか。

蛇足。

「精神を病んでしまったら、医療に携わるものが言ってはいけないのかもしれませんが、人生、家族、終わりです」というのも聞き捨てならないなあ。ぼくは精神科医とお会いしたことはあまりあるわけでなく、十数回程度です。そのとき勧められた本が「看護のための精神医学」(中井久夫)です。この本はアマゾンのコメント欄でもわかるように多くの医療関係者が推薦しており、精神医学の分野ではバイブルのような存在らしく、貴方は当然ご存知のことでしょう。そこに「精神科看護に求められること」という章があったので、看護士である貴方にとっては釈迦に説法かもしれませんが、一部引用しておきますね。

「ともに病みうる人間」として

「病人」の反対は「非病人」である。「病人」と同じ意味のレベルで「健常者」というものが存在するのではない。すべての人間は「病人」になりうる可能性をもっている。心身の傾向とそのときのわずかな事情の違いによって何病になるかが違うだけだ。実際、どんな人間にも、てんかん発作をおこすことができる。許されることではないが、やろうと思えば、統合失調症もつくれるのではないかと筆者は思う。
「だれでも病人でありうる。たまたま何かの恵みによっていまは病気でないのだ」という謙虚さが、病人とともに生きる社会の人間の常識であると思う。これがまた、看護なり医療なりの原点である。ともに病みうる人間、ともに老いる人間として、相談にのり、手当てをする。むずかしい病いでもなんとかする。

Unknown (栃木県在住)
2011-05-21 09:59:53
卵の殻を割ったらガイガー反応したという事実から、まさに子供が食べようとした瞬間奪い取ってゴミ箱へ、の三文小説変換をしなきゃならない意味がわかりません。誰もそこの違和感を指摘しないのもさらに違和感を感じます。悲鳴にもにたなんとかとか、非常に秀逸な描写満載ですが。まあつまりそこに、この投稿者が"やりたいこと"が集約されているのはすごく感じますね。
Unknown (茨城県央の母)
2011-05-21 10:15:23
前にいくつか疑問点をコメントした者です。
私は医療には関係ない主婦ですが、医療関係者さんの書かれたことは極めて真っ当なことだと感じました。
政府が正しいか正しくないか、真実は何なのかという話とは全く別の次元のことをおっしゃっていると思います。

モニタリングポストが200μSv/hrを計測したという話ですが、
木下さんは、実際にその数値を見た方とお会いになりましたか?
常陸太田に行って、現状を確認されましたか?
茨城に住む者として、それが本当なのか知りたいです。

一方で医療関係者さんのコメントには、取材をしなければ信用できないと言い、「必ず連絡しなさい。」と命令口調で書かれています。

そのあたりのバランス感覚を、医療関係者さんは危ういと感じられたのではないでしょうか。
匿名医療関係様へ (ポトス)
2011-05-21 10:46:03
今回の福島原発事故は今までに人類が経験したことのない大変な大変な事故なのです。三月の爆発で拡散した放射性物質(ストロンチウムやプルトニウムも含む)は、それはそれは物凄い量であり、現在もかなりの量が出続けています。

この事態の中で、ニコニコ笑って日常生活を普段通りに続けて先の心配も全然しないでいることこそ異常です。

事態を正確に把握しようと努めること、出来る限り被曝を防ぐよう気をつけること、転地を考え実行することは正常な行動です。

本当のことを知らないでいることや、出来る限りの被曝対策もしないでのんきに暮らすことのほうが、私にはストレスとなって精神不安定の原因になります。


みんな癌で死なない (タイジュ)
2011-05-21 10:47:35
色んな意見があっていいと思いますし当然です。福島原発の現況の真実を誰か知ってますか?ガンの比率が多少上がるだけと結論出せる根拠はあるのですか?憶測でしょう?木下さんを全面信頼支持は間違いです。木下さんもそれを望まれてないでしょう。ただ一人のジャーナリストとして身元を明かし情報を出されている。貴重ですょ。後は各々の判断です。ただ福島原発の現況から憶測で結論を出されるなら匿名を使わず身元を明かしてコメントしろと言いたい。重大な事になった場合、一目散に逃げられるんでしょうが。
Unknown (iruto)
2011-05-21 11:39:23
匿名の東京でしか働けない労働者さん

放射能、大人だけの影響なら首都圏などそれほどの心配はしていません。
しかしチェルノブイリでは、子供の80%が何らかの身体的障害があるという調査報告を聞きました。
これが数%でも放射能の影響なら許容できることでは有りません
ーーーーーーー

匿名医療関係さん

時期が悪かったですね。みんな政府による放射能症と言う言葉に腹を立てていますから。
これは加害者が被害者に、加害に気を使っていたら精神病に成りますよと言ってるようなものです。
私にはストレスに気をつけて下さいくらいにしか聴こえませんでした(私には不要の忠告ですが)

疫学的影響はミクロの現場では違った結果が出るものです。広範に精神科、産婦人科の調査をして見ないと、どのくらいの影響があったか分からないのでしょう。
おかれた立場と地域によって見えるものが違います。たぶん、貴方の言ってることも、精神科医さんの言ってることも正しいのでしょう。どちらも嘘を言う理由が見当たりません。

これだけ放射性物質が撒かれたのですから、多くの人にストレスが溜まって当然です。精神的失調も出ることも当然でしょう。
チェルノブイリではアルコール依存症が増えたといいます。

しかしフラストレーションが溜まるのは、政府があまりにも事実を公表しないからでしょう。
ここに来ている人は、その事実を正確に知りたいという目的で来ているのだと思います。
本来なら土壌や食品の調査など、行政が積極的にし、公表すべきことです。それをしないから、みんなでしようということだと思います。

まあ、時期の悪いときに場違いな忠告をしましたね。みんなも一寸だけヒステリックに反応したみたいです。
その分は放射能によるストレスかな。でもこのくらいなら、ほとんど心配は無いでしょう。

「原発うつ」って。 (雪奈)
2011-05-21 11:45:47
香山リカさんも「原発うつ」が最近見受けられると仰っていたけどさ~。

本筋とはさほど関係ないところで
このブログが荒れちゃうのは悲しい。

みんな本当の敵に向かって協力しあおうよ~。
まだ仮説に過ぎないことで必用以上に心配してもしょうがないでしょ (福島県在住)
2011-05-21 12:00:49
>追い込まれようが追い込まれまいが
放射性物質はふってくるし、吸い込むから内部被曝は問題なのです。

内部被爆は危険だというのは判りますが、
その危険度は諸説紛々です。
危険側に考えるのは判りますが、高くないかもしれないリスクで、
過大なストレスを抱えているのは、逆に健康に悪いと思います。
ハッキリ言って放射線のリスクを避けたいのなら、避難するしかない。
それが出来ないなら、その他の対策など所詮焼け石に水です。

>これは主観ですが、高校生までのこどもを育てている人は、おそらく世代的にバブル時代を経験した人なので、転居転職によって今の収入から必然的に下がることがどうしても納得できないように思えます。

収入だけではありませんよ?
人の繫がりや仕事の責任は、外から簡単に判断できる事ではありません。

>結果として自分の子供は病気にならないかもしれないし、避難しても病気や怪我はある。

現状国策に反対しても意味が無い(沈黙、選挙棄権)

原発維持

更なる事故の可能性

原発のリスクは判りますが、現状の日本で即全廃は不可能です。(政治的・経済的に)
あれだけ環境問題に敏感なドイツですら、全廃まであと10年かかります。
であれば、ヒステリックに原発のリスクがあることを叫ぶのではなく、
どうやればリスクを最小化出来るかを考えるべきです。
現状の原子炉の問題点を挙げて、今回の事故から原子炉の改良を考える。
原子炉をつなぎのエネルギーとして使用しつつ、次世代エネルギーの開発を進める、
というのが、私の考える脱原発です。

クリーンエネルギーには安定供給の面で致命的な弱点がありますし、
(太陽光は日中の晴れのときのみ、風力は一定とは限らず、地熱は高コスト、どれも原発の代わりには成り得ない)
火力発電でも大気を汚染し子供が被害を受けます。
http://genpatsu.exblog.jp/i11
http://d.hatena.ne.jp/daen0_0/20110325/p1
「「原発は危険か」を問うのは無意味です。ただ「相対的にみてマシかどうか」だけが、意味のある議論なのです。」
「火力発電を単純に石炭、石油、天然ガスで3等分すれば死亡者数は18人/TWh。日本の総発電量は900TWh超で火力発電所はその60%なので、死亡者数は9,720人」
不思議なのは原発反対はするのに、火力に置き換えた事による大気汚染での死者を誰も論じないことです。
電力会社が嘘つきなことを考えれば、火力発電の被害はもっと大きいと考えるのが自然です。
大気汚染に敏感なのは、放射能と同じで子供だと思うが・・・
子供の命は大切ではなかったのでしょうか?

放射線のリスクだけを取り上げて、さも原発だけが危険だと騒ぐのはナンセンスだと思います。
Unknown (栃木県在住)
2011-05-21 12:44:56
みんな真実が知りたくてここに来ているといっても正直木下さんは原子炉や原子炉事故や放射能被害の情報精査において他社より特に卓越しているとは思えないのですが。大気中に放出された放射性物質の半数以上が2号機のサプレッションチェンバーの爆発によるものだという、データを見れば早くからわかっている事も理解していないようでしたし。線量の観測データと降雨の関係すらもわかっていないフシも見受けられたし。加えて今回この記事のコメント欄のやりとりの件で完全に情報発信者として冷静さも公平さも失っている事が露呈したと思います。こういう方が観測プロジェクトを計画しているとなると不安だな、というのが正直な気持ちになりました。
失礼いたしました。
データの件ですが・・ (茨城県在住)
2011-05-21 12:45:29
茨城県在住のものです。
私も原発関係のことはとても心配しており日々対策しています。
政府の言うことも鵜呑みにしていません。
でも、いくつか疑問点があります。

・4月以前のモニタリングポストのデータがどこにもない

県のホームページで見られますよ。3月11日から日付ごとにまとまってます。

・24日から25日にかけて数字が跳ね上がったが消された

確かに24日夕方から雨が降ったかで一斉に上がりました。
それも、県のホームページにデータが残ってて今でも見られます。消えていません。

・水道水の検査を5月2日以来していない

常陸太田市は5/2の後は5/11、5/18とデータを出しています。

全て県のホームページで見られることです。
少し、思い込みもあるのでは?と感じました。
雑感 (せみ)
2011-05-21 12:54:58
菅野昭先生のNHKの番組について
 ゴメリ(ベラルーシの女性医師の出身地)はチェルノから約110km。福島市は原発から約60km。距離ではなく、汚染度重視ということは承知しているが。講演を聴いた福島の女性が番組で「被曝しても立派に成長されて医師として活躍している方をみて安心」と言っていたのが気になる。安心材料だけを提示し、不安材料を排除するのでは、個人個人が自由な判断ができない。

NPOチェルノブイリ救援中部理事 河田さんによると、ウクライナジトーミル州(汚染が比較的低い地域)はガンはそれほどでもないが、心臓病・脳血管疾患が多い。現実には内部被曝を原因とする心臓や脳血管疾患が問題」といっている。これを裏付ける数値が国連デモグラフィック・イヤーブック(2006年版)にある。
*男女別死因別死亡率(人口10万人当たり)
 循環器系疾患(リウマチ性心疾患、虚血系心疾患、脳血管疾患など)の割合
        男    女
 日本    253.1  261.6 (34.8)
 ウクライナ 958.9  1039.3 (43.0)
 ベラルーシ 827.3  771.8 (63.3)
 アメリカ  279.4  301.1 (17.7)
 
 ( )の数値は自殺(男)    

死亡率をみてもウクライナ・ベラルーシ・ロシアは16.3 13.8 14.6 と高い(65歳以上人口が22%の日本は9.1、単位はいずれも‰)

スラブ系民族はもともと循環器系疾患が多いのでは?食生活・経済状態など、この数値の解釈は様々あるでしょう。ソ連解体が1991年。旧ソ連時代の統計は、非公開が多いので入手困難。よって、チェルノの影響がどうかは明確にはいえない。

精神科医療に関して

看護師は診断できない(してはいけない)
医師はネット上で診断できない(してはいけない)
>精神医療は処置が早いほど寛解する確立が高
この根拠が不明。私は早期介入・早期治療の弊害を嘆く者です。薬漬けの精神科医療は原発問題と根源は同じです。もっとお勉強してほしいです。医療に携わっているなら。

悲惨な現実から逃避することも
生きるためには必要かもしれない。
その道を選択した人が
あえて悲惨な現実に向き合おうという
者の足を引っ張ってはいけない。
他人の生き方を許容できてこそ大人。
福島県在住さんへ (木下黄太)
2011-05-21 13:02:26
あなたが思っているよりも、
原発事故のリスクは、健康面のみならず、
影響が大きいです。
福島でおきていることが、
別のエリアでもう一度起きたら、
日本は経済的に完全に破綻します。
(現在も極めて厳しいです)
反対運動でなく、経済合理性の観点からも
もう原発推進はありえない選択肢です。
そして、
原発は危険度が高い事は申し訳ないですが
もはや議論の余地はありません。
原発の即時廃止は技術的にも不可能ですが、
段階的な廃炉は可能です。
今後、いちはやく決断しても、
その作業に恐らく
二十年近い時間がかかります。
だから、決断せねばならないのです。
匿名(医療関係)へ (木下黄太)
2011-05-21 13:08:03
とにかく、「堕胎、流産」が本当なら大変な話ですから、取材に応じてください。何のために書き込んだのか、わからないですよ。とにかく、まずあなたの話をききますから、メール下さい。そこから、はじめましょう。ネットよりも、直接話すほうが、事実ははっきりするし、人間同士確認しやすいですよ。
まあ、それは時間が経てばハッキリするでしょうね (福島県在住)
2011-05-21 13:19:51
>あなたが思っているよりも、
原発事故のリスクは、健康面のみならず、
影響が大きいです。

木下さんはそう思い行動されている。
私は自分で色々調べた結果、判断が危険側に過ぎる、と思った。
結局、どちらが正しいかは結果で判断するしかないでしょう。
木下さんがそうしたように、私も自らリスクをとっていますしね。

木下さんの活動自体に反対する気はありません。
ですから、コメントは続けようと思います。
もし、私の書込みがこの場にそぐわないとお思いであれば、書込み禁止にしてください。
Unknown (ぱん)
2011-05-21 13:24:00
木下さん、お願いです。
この方に直接会ってお話されたり、現地の周辺を取材されたんですよね?
そこも記事にしていただけないですか?
バックグラウンド書いていただけないと、不信感が湧くのです。
湧いちゃうとこのblogにもその感情をもってしまって残念なのです。
木下さんが現地に行かれてこの方に直接会われ、かびの生えない部屋を目撃された記事の追加を、是非是非おねがいいたします。
本当にお願いです。
それくらい桁が大きいショッキングな記事です。韓国の方も同じです。
直接会われた記事追記してください。
栃木県在住さんへ (木下黄太)
2011-05-21 14:12:09
僕は一人でやっていて、本来ならおっしゃるとおり、組織の方が大きいですから、当然勝てるはずもありません。ただし僕は、はっきり話していて、メディアははっきり話していないことが、決定的な違いと思います。レインアウトは最初から十分に認識しています。十五日の大量放出原因は確定していないと言う立場です。二号機の見立てがあることも、知っていますが、確定していないと言う立場です。
福島県在住さん (momo822)
2011-05-21 15:41:38
>クリーンエネルギーには安定供給の面で致命的な弱点があります

それは本当に致命的なのでしょうか?
火力で大気汚染でそれほど子供達に被害が出るとは知りませんでした。
でも原発の放射性物質が、人や大地や海をずっと汚し続け、これから生まれてくる子孫にも影響を及ぼす危険性の方が比べようもなく致命的だと思います。
また、原発を作るコストは、火力より高いそうです。その上原発の廃棄物処理コストや今回のように事故が起きた時の保障額など必ずしも、原発以外が致命的とは言えないでしょう。

ニュースで知りましたが、海外では地熱発電を導入している所もあり、そのシェアを誇るのは日本の企業だそうです。(そこでは、電気代が高くても、クリーンな電力を使いたい人が利用しているそうです)
確かに導入コストは高い。温泉が枯れてしまう心配(?)利用できる土地が国有地だったりと言う問題もあるそうです。その他にも水力発電も新しい方法が開発されているそうです。
太陽光発電は、もっと安く導入でき蓄熱ができるようになれば良いな思います。主婦の素人考えですが。
そんなクリーンエネルギーの開発を阻んできたものは何か?なぜ、太陽光発電が高いのか?地熱発電、他の新しい発電がどうしてなかなか進まないのか?日本の企業が海外でシェアを占めている現実は?
答えは、原発を推進する政治家、電力会社、原発を作る企業etc、と今まで政治やエネルギー問題に無関心で、電気を当たり前のように湯水のように使ってきた私達のせいでもあります。

だから関心を持って声をあげていく事から始めたい。
匿名(医療関係)さんへ (Unknown)
2011-05-21 16:00:20
先ほど見た番組では、まだ爆発当時の汚染の全容は解明されてないと言われていました。
これから分かることがたくさんあるかもしれないですね。
人類が初めて直面した前例のない事故ですから、別に悩んでも良いと思いますがね。
悩んだだけで病人扱い。呆れます。
まさか津波はここまで来ないだろうと馬鹿にされながら山の上に避難小屋を造ったおじさんが居ましたが、結局多くの人がその避難小屋に助けられる結果に。想定外に備えたい人間をこの避難小屋を造ったおじさんのように頭がおかしいと見る人もいるという事はよく分かります。
神奈川も汚染地域と言われました! (神奈川さん)
2011-05-21 17:48:08
こんにちは。私は神奈川県在住の30歳女性(独身、子供無し)です。

東海村臨海事故の当時のお子さんが、2人も白血病なんですね…
国の対応は、薬害エイズや水俣病訴訟を見ても明らかです。

神奈川もお茶の葉などが汚染されているし、当然汚染地域だと言われました。

チェルノブイリから10年後の1996年、日本の東北、北関東で乳癌が激増したという情報もあります。

私はまだ30歳独身なので、震災の直前までは結婚して、子供を産んで、幸せな家庭を築くことを夢見ていました。
(30にもなってイタいとかいう批判は、今は勘弁して下さい)

でも、神奈川も東京も汚染地域になり、そこの食材を食べ続けてしまった私には、五体満足な子供を出産することなどできないのだと悟り、全てを諦めました。

結婚もできなくなり、職も失い、将来は40歳くらいで癌になり死ぬ運命の私のような「結婚適齢期ギリギリの女」も、国には保障する義務があるとは思いませんか!?

もう、生きる気力もなくなり、何もする気が起きません!




何が気に入らないのでしょう? (一児の母)
2011-05-21 18:57:47
心配な方同士が情報を交換し合い、少しでも安心できるように行動することの何がそんなに気に入らないのでしょうか。
風評被害…農家の方の心配はして、自分の家族の心配は後回しにしろというのがおかしな話だと思いますよ。
言い方は悪いかもしれませんが、日本中…いや世界中探せば農家なんていくらでもあります。
ですが、家族はそうはいきません。
食べる物、替えがきく状態であるなら安全な物を食べたいのは当然です。

日本人は謙虚だとか譲り合いだとか思いやりだとか必要以上に美徳とし過ぎだと思いますよ。
blogに登場している主婦の方が『自分の子供さえ助かればいいのか』と言われるだろう…とおっしゃってますが、私はそれの何がいけないんだと言いたいです。
私たち母親が守りたいものは国でも農家でもなく我が子です。

西日本、九州に住んでいる私でさえ怖いです。
その恐怖は自分の命に対する恐怖ではないのです。
我が子の命、健康に対しての恐怖なのです。
だからこそ皆さん必死なんじゃないでしょうか。
PCにかじりついてでも助けたいのですよ。

確かに精神病は家族の崩壊に繋がる危険性もあります。
ですが、もしも…もしもです。
我が子の健康が損なわれ失うようなことがあったら私たち母親は生き地獄ですよ…。
人生それこそおしまいです。

心配し過ぎ何もなければそれでいい。
心配せずに何かあった時よりどれだけ良いかと思います。
Unknown (Unknown)
2011-05-21 20:18:24
朝日新聞 2011.5.20 夕刊 コラム 「想像力ない原発論議」

一部抜粋

 創造する人間にとって最も重要なのはもう一つの「そうぞう」、想像力である。原発推進の
立場の某作家は、毎年正月に何人かの年寄りがモチを喉に詰まらせて死ぬが、だからと
いってモチを食べることを禁止しない、と言った。北野武も「交通事故の年間の死者の数を
考えて、自動車に乗るのを止めましょうとは言わ
ない」と語っている。
 けれども、もし年寄りが一人、モチを喉に詰まらせて死んだら、その家から半径20キロの
住民は避難しなければならず、何十年も故郷に戻れないとしたら、そんなものを誰が食べ
るだろうか。車が一台事故を起こす度に、その車を巨大なコンクリートの石棺で覆わなけれ
ばならなかったら、日本中の道路はどこも走れなくなるだろう。そんな乗り物が普及するは
ずもない。
 原子力発電所が特別なのは、事故が起きたときの被害の桁違いの大きさにこそある。たっ
た一ヵ所の原発の事故で、「技術立国」であったはずの日本は(しかも唯一の被爆国なの
に!)どれほど世界の信用を失ったか。
 「モチ」だの「車」だの、「普通の事故」になぞらえること自体、原発の最大の問題点を無視
した無意味な議論である。「世界的映画監督」の想像力はこの程度のものなのか。

クリーンエネルギーの弱点 (福島県在住)
2011-05-21 21:19:46
それは出力を調整出来ない所
太陽光発電は曇りや雨では発電はほとんど出来ない
そのため、同等の発電量のバックアップが必要(火力等)
風力は発電量が少なく出力が安定しない
出力が安定しないため送電に悪影響を与えるので補助としてしか使えない
地熱はコストが高く、立地が温泉地なので建設が難しい

結局原発の代わりは今の所火力しかない
で、火力には大気汚染と原油の燃料費のリスクが付き纏う

脱原発をするならこれらの問題を解決しなければならない
だからすぐには脱原発は無理で繋ぎとして原発が必要
原発推進ではなくやむを得ず使うために
原発反対派による原発の改良や正しいリスク評価が必要だと思います

代対案が実用化されるまで老朽化した原発から段階的に廃炉しつつリスクが低いと思える原発を利用するのが良いと思いますよ
12日のデータは? (常陸太田市に住むおやぢ)
2011-05-21 21:25:15
茨城県の県北部の放射線量が上がりは始めたのは15日未明と思われます。
震災後、12日のデータは無いのですが、茨城県で公開しているデータでは、13日、14日は通常の値です。15日から異常にあがり始めている時間があります。おそらく原子炉建屋の爆発とその時の風向の影響と思われます。

http://www.houshasen-pref-ibaraki.jp/earthquake/doserate.html
実は私も放射線量が気になっていつもチェックしています。

常陸太田市真弓では高い時で3734ナノグレイという値です。約3.7マイクロシーベルトと思われます。

素人なので正しいのか不明ですが、上記ブログの10000倍ではない気がします。

確かに今でも通常よりも高い放射線量です。モニタリングポストがある小学校の校庭がどうなの?
とても気になっています。


北野武の話を出した方へ。 (茨城県の男)
2011-05-21 22:06:48
では、酒とタバコが健康にもたらす害と、放射線による健康被害を、実際に比較しうる『桁』を揃えて、是非解説して下さい。
記事とコメントを拝見させて頂きましたが (no name)
2011-05-21 22:24:34
程度の差はあれど、皆さん精神病に近い状態にあるように見えます。
客観的に見て、恐ろしささえ感じます。
医療関係の方に心配されるのも無理はないのではないでしょうか。

木下さんもどうしてそう攻撃的なのか…
この方が一番怖いです。
no name さんへ (木下黄太)
2011-05-21 22:53:57
僕は怖いですよ。

世の中で事実をきちんと伝えようとする人間が
ある意味、一番怖いです。
お訴えに。 (マツダマツコ)
2011-05-22 00:00:36
原発のことを真剣に考えはじめたのは2年前から 再処理工場のことを知ってからです。
 滋賀県での勉強会では 身近な福井県の原発で事故が起きたら どうやって避難するか(車は大渋滞で、JRは満員、あるいは運転休止で放射能の到達に間に合わなくなるぞ)とか、自宅にこもるときはどう対処するか(窓にプチプチのエアキャップを張って目貼りをして・・)などと それなりの危機意識を持ってシミュレートしていたものです。
 でも 現実の突きつけたもの。
震災・津波被害が原因で どこからもアナウンスがなかった(ここではあえて作為的な情報操作は言わないとして)ため、緊急避難のパニックなど不気味なほど悲しいほど起こりようもなかったこと。
さらにその後、救護や最低限の日常生活維持に追われ情報収集すらできない日々を送る中、放射能危険がはっきりしてきてからは、大手マスコミが拡げる多様な情報(本当は風評ではない風評バッシング、政府や有名学者による安全ですよアピールほか)に惑わされ、住民同士の中でクラスの中で家族の中で 自主避難や自己防衛すらが非難され、ただただ周囲の子供たち・若者たちが被曝し続けるのを甘受し続けていること。

逃げることは想定しました。救援が来るまで自宅退避していることも想定しました。
でも、違いました。思い知りました。誰も救援など来ず、あらゆる大切なものを奪われてその土地を自分の責任で離れるしかないことを。 それは本当に、ちいさな1住民、1家族には大きすぎる犠牲なのだと。東さん、あなたの記してくださったご報告で本当に起こることがなんなのか、私はおかげですこしわかったように思います。
責任追及は あとでできること、今は 被曝地域にいる若い世代になんとか転地を促したいと思っていますが、教えていただいたように 個々のレベルではほんとうに難しいことなのですね。政府を動かす努力を続けましょう。
Unknown (Unknown)
2011-05-22 00:55:50
パニック障害を患って6年になり、ようやく寛解状態まで落ち着付いていました。
でもこの地震で急性ストレス障害になり、また発作が出るようになって薬を飲み始めました。
ぶっちゃけて言いますけど、精神病になったら終わりですよ(笑)
時間をとんでもなく無駄にします。
その辛さは本当に甘いもんじゃありません。
心の癌です。じゃなかったら年間3万人も自殺者出しませんよ。
医療従事者さんよりも分かってるおれが言うんだから間違いないです。
皆さんは精神異常者に対してずいぶん偏見があるようですが、私も身近な人を自殺で失ってますし、決して無関係なものとは思って欲しくないです。

ざっと読んでみましたけど、皆さん鬼気迫るものがありますねぇ。
精神疾患の一歩手前と自覚はしとくべきです。
その緊張感、30年持ちますか?

私は会社の人事によるストレスを3ヶ月受け続けただけで発症しました。
それで6年、無駄にしました。
未だに何を行動するにも心に引っ掛かりがあります。
それでも必死に生きてきました。

医療従事者さんが増えてきているといいましたが、私も病院で主婦を多く見かけるなーとは思ってました。
関係あるのかどうかは分かりませんけど。
でも本当ならこれからもっと増えると思います。
まだ原発事故からまだ2ヶ月しか経ってませんからね…

皆さんの書く文章量の多さから、そのストレスが伺えます。
でも書くことはいいことですよー。私も医者から勧められました。

木下さんにも。
医療従事者さんの「病的なまでに」という文言を自分のことと捉えてしまっている木下さんもちょっと疲れているのではないのでしょうか(笑)
私信って言ってるのに公開しちゃってるし、何度も何度も取材を迫る姿勢はちょっと行き過ぎてると思います。
まぁそうでないとジャーナリストとして生き残れないのかもしれませんけど(笑)
こちらも一目置かれ始めましたね (ひなぎく)
2011-05-22 01:03:10
なんか、最近、頼みもしない心配をしてくださる方々が増えましたね。それこそ、心配のしすぎですよ。

こちらのグループが、気になって気になって仕方がないのでしょうね。それだけ、こちらのブログが本質に迫りつつ有るという事なのでしょうね。あちら側にとっては、大変に不利な状況になっていると言う事かも。こちらに乗り込んで必死にかく乱行動を摂っているのだと思います。お気の毒様ですね。

素人が各自に放射能値を測定しても、計り方や器機の正確性が無いと言うことで、公的に認められないそうですので、木下さんがお考えの方法は専門機関の指示どおりに各地の土を採取して、専門機関に依頼するのですから、政府が隠したい地域の数字も正確に出てきますね。小出先生と今中先生に記録として残して頂きたいですね。

そうすれば、その数値は、歴史的な記録として残せますね。後々の発症時の証拠にもなります。政府が測定したくない所の数値も曝露されてしまいますから、それが怖くて、こちらに攻撃部隊が飛んできているようにも思えます。

必死で、こちらの集団を精神病扱いにしたり、心にも無い心配する振りをする書き込みが急に増えておかしいですね。頼みもしない心配を為さらなくてもよろしいのに、必死で書き込んでいますけれど、そんなに気がかりなんですね。

必死で精神病を心配して下さっている方々にも、息抜きが必要ですね。このお笑いをプレゼントいたしますね。そんなに心配してくれなくても好いのですよ。どうぞ息抜きなさいませ。

東電の記者会見に出ていらっしゃるお馴染みの方々のニックネームをご存知ですか?本当に頷けますよ。笑っちゃいます。写真も添付出来ると余計に頷けるのですけれど・・・

お若くてハンサムな方 小林照明氏(カルメロ)
太っている方   松本純一氏(ブースか松純)
神経質そうな方  栗田隆史氏(デニーロ)
ノッチさん似の方 寺沢徹哉氏(ノッチ)
表現しづらい方  黒田光氏(エース)
表現しづらい方  巻上穀司氏(マッキー)
会見終仕切人 吉田薫氏(よろしゅう角野卓造)
副社長      藤本孝氏(ふじもっちゃん)
東電社長     清水正孝氏(計画入院)

さすがオオトリの社長ですね。
計画停電ではなく・・計画入院ですよ!

私たちを心配してくださっている方々、おくつろぎいただけましたか?余計な心配は毒ですよ。
Unknown (Unknown)氏へ (木下黄太)
2011-05-22 01:12:50
パニック障害は大変と認識しています。まず、ご自身の病気を治すことを優先してください。

取材の必要があることは
申し訳ないですが
必要があるということしかありません。

さらに、あの中身は私信ではありません。
きちんと、話をしなさいとしか僕はいいません。

どちらにしましても、ご病気の治療を優先してください。お大事に。
Unknown (Unknown (Unknown)さん)
2011-05-22 01:26:32
>私は会社の人事によるストレスを3ヶ月受け続けただけで発症しました。
>ぶっちゃけて言いますけど、精神病になったら終わりですよ(笑)

こちらは精神病について語る場所ではありませんよ。
まずご自分の病気を治す事に専念して下さい。
掲載元のソースをはっきりさせたほうがいいのでは? (東京都の一市民)
2011-05-22 01:33:19
一通り、大元の記載とコメントを拝見しましたが、一番大事な大元の記載のソースがはっきりしないことに戸惑いを覚えます。

コメントに書かれていたとおり、ガイガーカウンターは扱いが難しい面があります(まず、そのガイガーカウンター自体が信頼おけるものなのか(概ね価格と比例します)、ちゃんと校正されているか、ガイガーカウンター自体が汚染されていないか、など。通常、ガイガーカウンターの測定面には最低限サランラップなどで保護してガイガーカウンターの計測菅が汚染しないようにします)。
また、最近のガイガーカウンターは過分にして存じませんが、以前私が扱っていた頃のガイガーカウンターは単位がcpmでした。最近のガイガーカウンターはシーベルトででるのでしょうか?もし、cpm単位で出るようならばどのようにシーベルト換算しているのでしょうか?
また、記載元の主婦様はガイガーカウンターを扱ったことがあるように見受けられますが、どのような場面で使用したか、など、主婦様のプライバシーを侵害しない範囲で、ソースの確かさをジャーナリストとしてはきちんと裏取りをする必要があると思います。

大元のソースがはっきりしないまま、議論を進めても砂上の楼閣です。
イラっとしたので (Unknown)
2011-05-22 01:55:41
いやいや、私信ってとこ無視するような木下さんに守秘義務とか言われてもって感じじゃないですか?
私信じゃないなんて決めつけは、ジャーナリストとして信用を落とす行為だと思いますが、しかもみんなが見ているブログで。

話をしなさいとか、終始上から目線だから取材できるもんもできないんですよ。思い上がりも甚だしいと思います。
こういう人がズカズカ被災地に入っていって被災者にマイク向けているんだろうなと思うとイライラします。
イラっとしたのでと書くUnknownへ (木下黄太)
2011-05-22 02:35:45
 あなたは、レベルが低すぎるので話になりません。
 もともと、医療従事者がそもそも、ここの人達を「病気」あつかいしているのですよ。そういうことについての言い訳を私信だと言うほうがおかしい。そもそも、実名を明らかにしない書き込み情報など、なんで私信ですか。名前や連絡先があればともかく。何をいっているのですか。彼は、「堕胎」「流産」などの強い事象でわめきたてて、事実をはっきり言わないのは、おかしいんです。本当なら重大事だから。だから取材すると言っている。いいですか、虚偽の事を書き込んできている可能性が大きいと僕は判断しているから、詰め寄っているのです。根幹には彼は答えないまま、沈黙です。だから強く書いているだけです。
僕が過去にどういう取材をしたのかもよくしらないくせに、勝手な憶測でウソを書くな。馬鹿馬鹿しい。
さて、そろそろ・・・ (KAT)
2011-05-22 02:40:25
コミュ論でも。

決して偏見とかはありません。
【事実】を淡々と語ります。

以前、ある場所にて重度のアスペルガーの方が、コミュニティを破壊しかけたことがありました。
能力だけは、高いんですが、全く論理展開を理解出来ないのが非常にまずかった。

数十時間かけて、親切な方々が、普通に一般的な事項を諭すのですが、
結局、堂々巡りになるわけです。

そういうものなので、仕方がありません。

その数十時間は無駄と化しました。
今、出来るアドバイスは、そんな感じかと。

つき合うと有益な議論が損なわれます。
流す姿勢も必要だと思いますよ。
Unknown (イラっとした人)
2011-05-22 03:31:32
ストレスになるのでと書いてるじゃないですか?
これでここの人がストレス感じたらあなたのせいでしょう。

それに病気の可能性がある以上のこと書いてありますか?
病気だという決め付けがどこに書いてあります?


みなさん、これが木下黄太という人間ですよ。
レベルが低いとか、平気で言う人間です。
まー私のレベルが低くても結構結構。
そんな相手に木下さんはボロクソ書いてるんですからねぇ。
ここに書き込んでる主婦もそんな目線で見てるんでしょーよ。

木下さんはこの記事の主婦に取材するわけでもなく、情報は右から左で責任は何一つ持ちません。
私には東海村の近くに住んでた2人の子が白血病になってる事の方がショッキングだし、疑わしくもありますがねぇ。

どーせその件も、精神疾患の件に関しても無視するつもりでしょ?
自分の考えとは合わないものには蓋をするタイプのジャーナリスト(笑)でしょ?

ウソではなく、そういう人間に見えていますよってだけです。
ブログで本気でコメント欄で喧嘩してるブロガーほど馬鹿馬鹿しくみえるってことに気付いては?(笑)
Unknown (イラっとした人さんへ)
2011-05-22 04:09:21
>ブログで本気でコメント欄で喧嘩してるブロガーほど馬鹿馬鹿しくみえるってことに気付いては?(笑)

あなたの方が馬鹿馬鹿しいですね。
ここは精神病を語る場所ではありません。
テーマの違う話を持ってこられて迷惑しています。
いい加減しつこいですよ。
ストレスを与えに来ているのはあなたの方です。
これって? (小島 治)
2011-05-22 04:12:29
3月27日、東名富士のあたりで、
富士山の向こうの空気がねずみ色に見えた。
利根川を越えて北に入った時、空気が重かった。

これって何が言いたいのか全く分からないけど…放射線って目に見えるんですか?空気の重さって見えるんですか?

文章を興味深くするための脚色ですか?
小島 治さんへ (Unknown)
2011-05-22 05:05:08
4月中旬、鶏卵の異変に気付いた事もあった。
卵を調理する際、殻を割って、かき混ぜて焼いた瞬間にガイガーカウンターの数値が跳ね上がった。
0.16が0.25へ。
子どもがまさに食べようとした瞬間奪い取ってゴミ箱に捨てた。


焼いた瞬間に、フライパンから子どもが食べようとしたのでしょうかね?
順番的に最初に検査するのが普通でしょうから、おかしな話です。

なんか、この文章全体的におかしいですよね。
作文臭い。脚色でしょうね。

この記事に何の疑問を持たない自体、ちょっとおかしいと思います。
ほんとに右から左でなく、ちゃんと裏を取ってから記事にした方がいいのでは?木下さん。
何?この変わりようは? (通りすがり3)
2011-05-22 05:53:00
 4月半ばくらいまでは見ていましたが、「最悪のシナリオ」にいたるはずの事態メルトダウンが起こったのに爆発どころか空間線量の変化の無さなどで、この事故に注視する必要がないと判断しました。最初のころほのぼのとしたコメントをつづられていたHさんが別人のようにエキセントリックになっていることからもこの事故の情報をこちらのブログを頼りにし、あまりにも長期的な緊張を強いられていることからみなさん壊れ始めているなーというのが素直な感想です。
 過労で一時的に神経症になった友人に何度も「
異常扱いしないで!私は正常、あなたが異常なの、心配しないで」と何度も罵倒されたことを思い出しました。今ではすっかり良くなった友人は
「やっぱり心が疲れていたときは自分が1番正常だと思ってた。」って笑っていますが。 先日まで20キロギリギリ圏のいわき市の海岸沿い、山寄りの街でボランティアに入ってましたが同行者のガイガーカウンターはほとんど0.5以下でした。はっきり言ってモスクワやローマより低いです。話にならないくらい濃度が低すぎます。
 なんで福島隣接の新潟や山形より九州や四国の放射線量のほうが高いのですか?会津地方も郡山近くの三春町も0.2以下でめっちゃ低すぎません?300キロ離れた足柄茶だけなんで汚染?
 レベル7の事故でこのレベルの汚染度っておかしいですよ。福島のほんの1部の地域を除いては移住なんてまったく考えるレベルじゃないです。
 ヨーロッパや中国、アメリカではもっともっと汚染されている地域がありますが普通に暮らしていますよ。日本に輸入されるからっとしたフライドポテトなどの加工用のイモやアップルジュースなどの加工用リンゴは核汚染地域ハンフォードの風下地区のが最大の産地なのはご存知ですか?日本では子供から大人まで美味しい美味しいって食べていますよ。
 世界中に農家がいるから代わりはいくらでもいるとおっしゃった主婦の方、恥を知りなさい。
家庭菜園でもされていればわかると思いますが野菜や果物を作るって大変なことです。耕作地を1年も放棄すれば同じ品質の作物を作るのは非常に困難なほど荒れてしまいます。田中優さんも放射性物質を取るヒマワリや菜の花を植えたらまた何年、何十年かしたら農業を再開できるかもしれない、そういう希望がないままただ生まれ育った土地を追われるなんてあまりにも理不尽だと思いませんか?農家の人たちの苦脳に思いをはせる心の余裕すらないのですか?農家の人がただでさえ高齢化して耕作放棄地も毎年増えているんですから代わりなんてそうそういないんですよ。
 首都圏の住民のほとんどは自給自足する土地もありませんね?だから誰かが作ってくれた作物を買い食いすることしかできないんですよ。TPPに日本が加盟したとします。その時に日本の多くの農家に汚染している作物を作るなと廃業させて自給率がさらに下がった後で、輸出元の国の作物が天災などで日本に回ってこなくなったら、日本人が買えないくらい値段が上がったら?日本人が真っ先に飢えるのは首都圏です。。武田教授は好きでしたが福島や北関東の農家に耕作地を放棄しろ、できるだけ輸入作物を食卓にといった時点で失望しました。彼はGW以降はほぼ爆発の心配は
ないと言いきっていますね。真実を知っているんだと思いますよ。
 西日本の野菜輸入食品を中心に買うと息巻いていてもそれは店頭に野菜が永遠に並ぶはずっていう幻想を抱いている間だけです。日本人はこれまで輸入食品の放射性物質、農薬や環境ホルモンを取りこんできています。これがみんな毒ならみんなとっくに死んでいます。もっと日本の極めて局地でなく俯瞰してご覧になってみてください。
 今の首都圏で移住しなきゃいけないレベルなら北半球の人間がどれだけ移住しなきゃいけないか??
 幸い日本人は冷静で優秀なので首都圏も不通に機能しているのが救いです。危なかったのは4月半ばくらいまでだったので関西に避難してた富裕層も戻ってますよ。関東より南へ移住のムーブメントが起きないか?必要ないからです。むしろ福島より九州四国のほうがお仕事まで辞めたかたはお気の毒ですが、
奥さんと子供だけ離れて移住なんて福島の1部地域以外ナンセンスの極みです。どうぞ正常の生活に戻りましょう。
 芸能人や有名人が続々妊娠していますが首都圏から誰も逃げていませんよ。政府要人、ヒルズ続、皇室の方も。
 小出先生もここ1週間くらいは分析すること自体ばかばかしいってお気持ちが言葉の隅々に見え隠れしてますよね?メルトダウンしてるのに小さい爆発はおろか空間線量も変化がない。。「未知の領域」と表現されてましたが、品の無い言い方ですと「前例のない茶番」だと思います。
 
Unknown (ざっかん)
2011-05-22 06:58:17
(匿名(医療関係))さんは、そんな感じに書いてないと思ったけど(わめきたててましたっけ?)、読み手の私のレベルの問題なのかな?
木下さんのことは、いろいろとリスクとって行動されてるので尊敬していますが、そもそも取材ってのは
「する。」もんなんですか?
「させてもらう。」もんなんでしょうか?

相手方は「取材してください。」と懇願してはいないように感じますが。
せっかく、大きな行動をされようとしているのだから、つまらない表現で人間性を落とすのはもったいないと感じたしだい。
クールダウンを… (Unknown)
2011-05-22 07:25:08
>北野武の話を出した方へ。 (茨城県の男)
2011-05-21 22:06:48
では、酒とタバコが健康にもたらす害と、放射線による健康被害を、実際に比較しうる『桁』を揃えて、是非解説して下さい。



投稿した方は、朝日新聞 2011.5.20 夕刊 コラム 「想像力ない原発論議」から一部抜粋していると明示しているのに、これですから…。

「こちらに乗り込んで必死にかく乱行動を摂っている」などの想像力たくまし過ぎる記述も、
度が過ぎると悪い意味で「一目置かれてしまう」ことにつながります。

ネット上における文字によるやりとりの悪い面が出始めているような気もします。
感情的になることなく、
客観性を保ちながら真実に迫る姿勢が重要だと考えます。

木下さん、掲載の長文投稿をした「茨城県常陸太田市の主婦」さんへの直接取材は必須であり、
その内容を本ブログで示していただくことも必要だと思います。
木下さんの目を通しての投稿内容の裏付け、分析をお待ちしています。
キ○○○さんを相手にしても・・・ (福島県在住)
2011-05-22 09:04:03
いつまでも絡んで、なんの有益な情報提供もしない人間の相手をしても時間の無駄でしょう
本当に精神を患う方が激増しているという事実があるなら印象ではなく数字で示せます

恐らく週刊誌か何かに影響されたか、病院で精神を病んだ人を見かけて拡大解釈したのでしょう

私も一部の人は過剰反応だと思いますが、心を病む人が激増とは信じがたいですね
被曝は、もう日常 (山田太郎)
2011-05-22 09:09:11
「被曝」ということについて、心配することが異常とか「他のリスクが目に入らないのか」「放射能基地外」とか
語る方がおいでなのですが…

残念ながら、東北関東圏では「被曝リスク」はそこにある現実になっています。
喫煙リスクや交通事故と同じ日常なのですね。まだそれに慣れていない人はいますけれど。

喫煙リスクは周知のことですし、赤信号を無視して車に跳ねられればバカです。
そこにあるものは無視できません。
「あるもの」を「無いよう」に考えて、安心するというのは「赤信号無視」のような現実逃避に思えてなりません。

開き直りはしょうがないですが、現実逃避はいけないと思うのです
Unknown (ROM男)
2011-05-22 09:43:33
コメントを読むと、医療従事者さんと木下さんのやり取りの途中で
何人かの方が、東 路子さんに直接確かめたのか?という疑問を
述べておられますが、木下さんは、全て無視しています。
何故なのでしょうか?
投稿の後、メールや電話(又は直接会った)で確認したので、東 路子さんの話は
間違いなく真実だ、ということですか?

私もガイガーカウンターを買おうと検討していますが、現在10万円程度で
売られている製品は、食品の測定は無理と思うのです。
非常に高価な測定器で測定されたのでしたら、確かだとは思いますけど。
通りすがり3さんへ (木下黄太)
2011-05-22 10:39:25
 外部の線量的には首都圏はかなり安定していますよ。だからかまわないと思えば、生活はできます。ただし、大量に放射性物質はすでに出ていて、その影響が特に内部被曝を考えた場合、未知の領域であると言う事です。チェルノブイリの時のキエフよりも、東京が放射性物質が多く降下している可能性が高いと言う事です。放射性物質がもうでなければ、リスクは、この点をどう見るのかということになります。さらに、もうでないという担保があると判断できれば本当によいとは思いますが、この担保は現況、難しいと思います。とすれば「茶番」とおっしゃる話にはほど遠いです。
 
裏取りを (Unknown)
2011-05-22 11:29:11
すでに指摘されているように、
ことさら劇的な表現が出てきたり、
良く読むと多くの部分が伝聞、推測であることを示す言い方(書き方)だったり、
伝聞であるにも関わらず、
あるいは「少々、乱暴な計算によれば」という注釈を述べつつ具体的な数値を示すなど、
本投稿には表層を額面通りに受け取るのはどうかとの印象を持ちました。

例えば、
「埼玉の友人が売られている野菜をガイガーカウンターで測定したところ産地擬装もあるようだ」
との内容はどのように受け取るべき(判断すべき)なのでしょう?
「その子の同級生のお子さんが2人も白血病との事。
(小さい頃からのお知り合いでこのエリアの方)
今回の事故をきっかけに耳に入ってきた情報」
という遠い伝聞の真偽はどのように確かめたらいいのか?

だから、木下さんには改めて投稿人に取材を行い、
書き込まれている各種情報、具体的に示されている数値などの信頼性を見極め、
本ブログ上でその結果を教えて欲しいと言っているのです。
「数値」にきわめて敏感になっている人たちが集っている場所なのですから、
「曖昧なままの数値」を放置しておくわけにはいかないと思うのです。

投稿人本人だけではなく、
可能であれば「埼玉の友人」とか「その子の同級生」にも話を聞きたいですね。
また、「チェックしてと悲鳴にも似た連絡」をしてきたのが
スーパーでガイガーカウンターを使い野菜の産地擬装を見破っている(産地擬装であると断定している?)
「埼玉の友人」と同一人物なのかどうかも気になります。

このコメントを書いている時点では、
投稿人に対し改めて取材をする、しないについて木下さんは明言していませんが、
ぜひ実際にお会いになって話を聞き、
本投稿に少なからぬ関心を持っている我々に
木下さん個人としての印象をお聞かせください。

この投稿内容、一方的な垂れ流しで終わっては、
三文週刊誌の無責任記事と同等に捉えられかねません。
Unknown (Unknown)
2011-05-22 12:19:13
白血病の話しって、周知のこと
通りすがり3様他のクレーマー様 (ひなぎく)
2011-05-22 13:50:32
わたしの変わり様に驚かれていらっしゃる方々。私のことなーんにもご存じないですねぇ。まぁ、こちらでの書き込みでしか分かりませんから、仕方ないでしょうけれどもね。

私、ながーいこと生きていますから、いろいろ幅があるのですよ。徐々に発揮してもいいですけれど。まぁ、あなた方の登場がなければ出す事の無い面を出しちゃいましたけれどもね。

変わったのではなく、幅広い一部を出したまでです。悪しからず。でも、もっと出せますよぉー。恐いですよぉー。

こちらは、原発、放射能関係を論じている所です。主旨をご理解してくださいね。主旨を乱す行為はいけませんねぇ。

木下さん、こんな主旨に合わない投稿は、真面目に此処に載せなくともよろしいのではないでしょうか?捨ててしまってください。迷惑ですし。
Unknown (Unknown)
2011-05-22 14:24:49
ガイガーカウンタ持ってあちこち測って、スーパーでも持ち歩いて白い目で見られたのでしょう。
異常者扱いされるのを恐れてることが医療従事者さんへの過剰な反応になっているのだと思います。
多分通りすがり3さんが書いてるご友人のように、自分では気付いておられないと思います。

ここは精神異常を語る場ではないという話も出ていましたが、それは間違いです。
原発問題にはそういうことも含まれています。
チェルノブイリ当時とは比べものにならないぐらい色々な情報が簡単に手に入るのですから、当時とは比べものにならないぐらい精神面への影響はあるはずです。
もちろん専門家はそういうことも現在進行形で調べていると思いますが。

だから、木下さんの対応は感心できませんね。
そんなことは聞いてないの一点張りで、医療従事者さんからの連絡がないことを理由に完全拒否じゃありませんか。
自分と立場の違う人間にはこんな対応なの!?って感じです。
未だにこの記事の真偽を問う質問に対しては無視決め込んでますし。

精神的な被害は起こっていないというデマを流すことにもなりかねないのに。
分かってます?

それともこの件は木下さんにとって何か都合の悪いことでもあるのですか?
Unknown (Unknown)
2011-05-22 14:58:52
放射能の人体実験か?国のコスト削減か?
2011年05月22日 | 日記今住んでいる伊達市は、放射線量は、20キロ圏内や30キロ圏よりも高いです。
ほうれん草もや他県のお茶などにも規制がかかり出荷できない。

学校の校庭もプールも線量が高くて使えないこの町に、国は国民を住ませておいてよいのでしょうか。

子供たちは、校庭どころか、町を歩いてこの空気を吸って成長しているのです。

今住んでいる町も、近隣の町も『避難区域』にしてもらいたいです。

避難前の家は、30キロ圏内が『緊急時避難準備地域(住めるけど、緊急の時に逃げてね、)』
になっており、いまだに両親が住んでいます。


報道はウソだらけです。放射能も低く出るような測定方法をとっています。
福島原発も、安全なのか危険なのかなにも信用できないです。

南相馬市長にも疑問があります。
復興優先の姿勢もいいですが、市民を被ばくさせ続けるつもりですか?
万が一の聞きに備えるのが行政ではないのですか?

これだけ人命を軽視する政府だとは思っても見ませんでした。
「1年間で20ミリシーベルトでも安全」という人がいるけれど、
そもそも1年間に100ミリ以下のハッキリしたデーターが無いのだから、
「安全だ」も「危険だ」も誰も断定することが出来ません。

しかし放射線の被曝は人命にかかわることなのだから、間違っても「安全だ」なんて、学者も医者も絶対に言うべきじゃないです。まして政府が言うと信じこむ国民もいるのですから。
おまけに被爆は、「内部被曝+外部被曝の合計量」なのに、政府は外部被曝だけしか言わない。

残念なことに、今回の福島は 年間100ミリ以下の場合のデーター作りの為の「人体実験の場」になってしまいました。
同じ国民を平気で放射線の被曝に晒して「ひたすら耐えよ」としか言わないバカ政府。
こんなことで良いのでしょうか?
どうして政府は市民を避難させないのでしょう? 被曝地獄なんて、 絶対に許されないことだと思います。

昔三宅島が噴火した時、当時自民党の後藤田官房長官は、「越権行為」ではあるけれど、すぐに「自衛艦」を出させて、全島民を避難させました。 それに比べると、今の官房長官は 「ただちに影響は無い」と、「黙ってそこにいろ!」と言います。

避難区域にすると国はお金がかかります。
ですので、死んでも良いので、避難区域にはしません。
それは 3/17暫定基準値の強制引き上げで、すでに分かりきっています


原発からの避難区域を広げない事に疑問を感じていました。
私が考えた結論は今、避難区域を政府が広めたら受け入れ先、それに対する政府・東電の保障がとてつもない金額になってしまうから区域外の人には犠牲になって貰おうと思ってるに違いないと思ってます。
後は保障とかの問題では無く自分の判断で行動するしかないと思います。

目先の復興のほうが政治家にとってオイシイのです。
原発誘致を見ても明らかでしょう?
(御前崎市長の発言を聞きましたか?)

市長は復興のことしか考えていないと思います。

住民が大人しすぎるから、都合よく利用されてしまうんです!
今の日本の仕組みでは、おそらく誰が首相をやっても、政治に任せていたら今より良くなることはないでしょう。
(特に自民党は、自分たちが推進してきた手間もあり、マトモに動けるとは思えません)
なぜ都内が安定しているか (KAT)
2011-05-22 16:28:25
数ある数値や有志の計測見ていて思ったことです。

都内はアスファルトだから、片っ端から下水と川に流れ込むんですよ。
川沿いのデータ高いですよ。

飛散当初は、逆に溜め込まずに風に乗って撒き散らすので、
街道沿いのほうが巻き上がって高かった。

アスファルトは、土のように溜め込まない。
時間が経ち雨も降ったので、今はアスファルトの方が低くなっている。

そういう視点で線量MAP見ると、傾向がつかめます。

飛散物ですから、水で流れても行きますし、風でも飛んでいきます。
Unknown (Unknown)
2011-05-22 17:30:39
要は確固たる確証やデータではなく『勘』というものを根拠に自ら東京脱出、他者への避難推奨、果ては疎開先の斡旋行為にまで及んでしまった訳ですから、そしてSNSで賛同者や応援者ウン千人ですか・・?木下さん自身もうその自分の行動を否定しないデータや情報の認識しか出来ない精神状態に陥っている可能性は低くはないでしょう。現時点でそれ以上とも以下とも思えないですな。私は福島原発への最警戒期は過ぎたという認識です。警戒すべきは座標としての福島ではなく食物の汚染度と流通にシフトしたのだと。このBlogもそちらにシフトしていくのでしょうが、東京脱出推奨の解除だけは必ずいずれかの、そう認識出来たタイミングで即座に行って欲しいです。やはり無名の一般人とは言えない方の影響力のある発信ですから。
なんか盛り上がってますね。 (のりすけ)
2011-05-22 20:41:27
この手の人達は議論する気は最初からなく
混乱させた上でリーダーのイメージを動揺させるのが目的
だから必要以上に相手にしない方が良いですよ。

更に今回は上で指摘してくれた人もいますが
「悪魔の証明」を持ち出したりしてるので
2chに良くいるテンプレバイトではなく
少し悪知恵の働く者かもしれません。

カルトの信者を見て解るように
何にしても異常にシツコイのが彼等の特徴なので
「悪魔の証明」を指摘した人みたいに
相手の手の内を晒すのが効果的だと思います。

こうした輩の基本戦術は以下のとおりだと思います。
1)論理のすり替え、
2)二元論に情報操作し、レッテル貼り
3)主論と関係ないあらを探して混乱させる


最後に個人的感想ですが、
精神医療の関係者を名乗った人が出てきた事で
放射線障害が出てきた人はその手の病気に押し込められる
というスキーム(たくらみ)が見えたのが収穫でした。
パニック障害持ちですが (中野)
2011-05-23 03:03:43
私は元々パニック障害持ちですが、震災後症状は悪化しています。


それは大地震、計画停電、原発事故等の現実的事象に直面したからこそ不安になり易くなったのであって、現実を知ることで不安になっているのではないのです。
むしろ事実を知らされていないほうが心配になるので、情報を取捨選択しながらリスクに対し出来る限りの対処をしています。


世の中大きく分けて、現実を楽観したり居直ることで精神の安定を保ちたい人と、リスクを知りできるだけの対処をすることで落ち着きたい人の両タイプがいるのではないかと思います。

それぞれのやり方だけが最上であるという立場に立つと必ず衝突が起きるので、個々のやり方を尊重できたらより良いのではないかと私は思います。
鼻水と喉の痛み (茨城の主婦)
2011-05-23 14:33:16
今日初めてこちらのブログを知り、とても興味深く読ませていただきました。
私も震災翌日からしばらくの間、鼻水が異常に出て大変でした。もともと花粉症だったのでそれが急に悪化したものと思っていました。実際にあの地震で地面も樹木も相当揺さぶられ、尋常でない量の花粉が飛び散ったようです。地震時に山にいた父は、見たことがないほど辺りが黄色になったと言っていました。私の場合は目のかゆみもひどかったのでなおさら花粉症のせいと信じていました。でもそれらが実は放射能の影響だったとしたら、また不安の種が一つふえてしまいました。
私の良く行くスーパーは日増しに茨城産の野菜の占める割合が多くなり安心して買える野菜が限られていて、買い物がすごいストレスになっています。


Unknown (Unknown)
2011-05-23 14:56:29
ガイガーカウンターって空間線量計ですよ?
野菜や卵に向けてその放射線量を計れると思ってるんですか?
そんなの身体の中を懐中電灯で外側から見ようとしてるようなものです。

野菜の数値をそうやって計りたいのなら、せめて全く放射能の入ってない箱でも持っていって、その中で自分の手も入れないで計らないと(元々人間の身体の中にある放射線も拾ってしまいますから)それでも目安上の数値にもなりませんが。
必死になっているところを申し訳ありませんが、笑い話にしかなりませんよ。
いや、ちょっと何て馬鹿なことしてたんだろってちょっと笑ってみた方が肩の力抜けると思います(笑)

いかに自分が放射能に惑わされているか、一旦立ち止まってから情報収集にあたってください。

それと木下さん、あなたが原子力に多少お詳しいジャーナリストであれば、上記の件は当然知っているハズです。
何故否定してあげないんですか?
あまりにも必死になっている主婦の方が可哀相ですよ。

随分批判がでてきているようですが、今みたいな状態じゃ読者の不安を煽るだけです。


>茨城の主婦さん
うちは震災で揺れた家の天井からほこりが凄い量降り注ぎました(笑)
私も花粉症ですが、家の中の掃除をしてたらくしゃみが止まらなくなりました。
おそらくそのせいだと思いますよー。
一緒に安心しましょ。
政治家だったら判断は難しいと思いますよ。 (福島県在住)
2011-05-23 16:17:47
>原発からの避難区域を広げない事に疑問を感じていました。
私が考えた結論は今、避難区域を政府が広めたら受け入れ先、
それに対する政府・東電の保障がとてつもない金額になってしまうから
区域外の人には犠牲になって貰おうと思ってるに違いないと思ってます。

自分が政治家の立場であれば、考えてしまいます。
なぜなら、たいした被害が出ないかもしれないし、仮に被害が出ても大きな被害にはならないかもしれないからです。
そして、避難範囲の拡大などすれば確実に一定の被害が出ます。
当然、お年寄りや病人などを中心に人命も失われます。加えて莫大な損害賠償が生じるでしょう。
この責任は誰が取るのでしょう?
有権者は皆、放射線のリスクを避ける為だからしょうがないと納得してくれますか?
(ココの人達は皆納得するでしょうが、世間一般の人が皆納得してくれるとは思えません)
また、その巨額の費用を捻出するのも非常に大変です。
東電が賠償金を払いきれない事はハッキリしました。東電の力の大きさから、どうやら潰す事も出来ないようです。
国は極度の財政難で現在の復興費用ですら捻出に四苦八苦です。

国と政治家を非難する気持ちは良く分かりますが、自分が政治家の立場だったらどうする?
とよくよく考えると世の中、単純ではないなあと思います。
掲載主さんの埼玉の友人より (埼玉の友人)
2011-05-23 23:23:31
「2011-05-19 16:29:48」にも書きましたが、掲載主の路子さんの友人の埼玉の主婦です。子供の頃から顕微鏡や望遠鏡が好きで、今でもブランドバッグよりは一眼レフカメラのほうが好きなので、変わっているおばさんといえば、変わっているのでしょうね、私は。
私の持っているガイガーカウンターは、平常時なら2万円弱で買えるロシア製の安物です。放射線が目に見えないなら、計測器買うしかないと思って、高くなっていましたけどがんばって買いました。19日付けでも書きましたが、野菜の汚染が計れるとは思っていません。
路子さんには次のようなメールを4月13日に送りました(一部)。「強く反応したのは、九州産のほうれん草でした。 茨城県産の隣りにおいてあったせいか? まさか産地偽装?」
これが、路子さんの「埼玉の友人がやはりガイガーカウンターで野菜を調べたところ、産地偽装も埼玉ではあるようだ。」という文章になったのだと思います。
他の人に見せるためのメールではありませんでしたが、ガイガーカウンターで産地偽装が見抜けるような書き方をしてしまったと申し訳なく思います。
私のガイガーカウンターは、消音にしておけば音も無く、黒い点滅だけが放射線が計測されたことを示してくれます。
だから、買おうと思った野菜をカゴに入れて、そっとポケットから出したガイガーを乗せて、
ピコピコ反応するか見ていました。
今は、当てになるのかならないのか、わかりませんので野菜は関西からネットで買っています。

関東までもが汚染されているという状況を、信じたくない人はたくさんいます。
汚染が明らかになれば、困る人もたくさんいます。
でも実際に周辺に測りに行くと、雨水の流れ込むような場所、吹き溜まりは今でも0.3μSv/h近くあり、平常値の何倍もあります。もちろん学校もです。
私は路子さんのように、何千人も見るようなブログに名前を公表して、みんなの先頭に立って訴えるような度胸も技量もありません。
でも、知人、友人には、少々変人と思われようとも、本当に放射線はあるんだよって少しずつ訴えていて、10人に1人でも興味をもって聞いてくれればいいかな、と思っています。聞きたくない人は、まずは仕方がない。少しでも聞きたいと思った人から教えてあげよう。

こんな世の中に育たなければならない、子供たちがかわいそうでなりませんから。お母さんたちに、せめて最低限の予防をしてほしい。私たち大人がこんなにたくさんの原子力発電所を作ってしまって、本当に本当にごめんなさい。
原子力=核を止める力が欲しい。
みんな必死なんですよね (福島県中通り北部在住)
2011-05-24 05:26:29
>政治家だったら判断は難しいと思いますよ。 (福島県在住)
 2011-05-23 16:17:47 さん

私も同じ福島県在住なので、今の県民が置かれている状況は、自分の身近な所で知人や仕事上の取引さん方々を含む大勢が被災・避難されているのを見ているので、大変さは十分承知しているつもりです。
私もメディアを見たり聞いたりしいていると...
>政治家だったら判断は難しいと思いますよ。 (福島県在住)さんのように、
原発からの避難区域を広げない事に疑問も持ち、広げられない理由もおそらくそうだと思います。
でも、
東電や国が賠償金や保障にどれだけの費用が掛かるか、私には解りませんが
だからと言って、1mSv/hを20mSv/hに値を緩め、避難しなくても大丈夫みたいな事いわれたり
直ちに健康に影響は無い...とか、言われても私個人的には納得出来ませんし、納得したくありません。
少なからず、ここを見て書き込んでおられる方々(自分も含め)は、
子供達の未来を考えると不安なんだと思います。
どれだけの被曝でいつ頃からどんな症状が現れるのか解りません
だから、みんな子供の未来を考えて必死なんだと思います。
ここに書き込む事で、意見・考え方の違う方からの、更なる意見ご指摘もあるかと思いますが
今の私は、正確な情報が欲しいと思っています。
また、現状における中、少しでも被曝や健康に影響を及ぼさないために、どうしたらよいのか...
ここに集まる方々の意見や、今後の木下黄太の活躍に期待してます。
そうですよね (福島県在住)
2011-05-24 08:40:56
>だからと言って、1mSv/hを20mSv/hに値を緩め、避難しなくても大丈夫みたいな事いわれたり
直ちに健康に影響は無い...とか、言われても私個人的には納得出来ませんし、納得したくありません。

私も納得はしたくはありません。
でも、自分が政治家の立場になって考えてみると事はそう単純ではなく、
結局、国は当てに出来ないとの結論になりました。
何にも考えず国や政治家を批判するのは簡単ですが、ではどうすれば解決できるのだろう?
なぜ彼らはそんなことをするのだろう?
という事をよくよく考えると、自分の取るべき行動が見えてくると思います。

政治家は人命軽視だ!政府は嘘つきだ!と非難するだけでは何も変わりません。
残念だ・・・ (小島 治)
2011-05-24 09:37:44
大切なのは命。
正しい判断と正しい知識で、
放射能から、子どもを守ろう。


せっかくの理念も具体的かつ客観的なデータに基づかず、結論ありきで一つの方向へ導いてしまっている。その結果いたずらに不安をあおりたててしまったことは否定できない。今我々はできるだけ多くの子供を守らなければならないのに『流言』のたぐいとして扱われてしまうのがとても残念だ。
おかしい! (フロワ)
2011-05-24 17:36:58
医療従事者さんの伝えたいことは、放射能問題に精神的に負けないようにしてくださいってことでしょ?
一言もみなさんの活動自体を否定しているわけでないのに。
むしろ応援じゃないですか。馬鹿な反論してた人たち、目覚ましなさいよ!
右を向いたら左を見られない、そんな状況に簡単になってどうするんですか。

精神的なストレスは万病の元です。
高血圧、胃潰瘍などに特に注意しましょう。
外で運動しないことによるエコノミークラス症候群や、脳梗塞、脳卒中にも。
もちろん自分だけでなく、家族も注意して見てあげて下さい。
特に子どものストレスは心と身体の成長に大きな影響を及ぼします。

この件ではもう木下さんも動く気なさそうなので、探してきましたよ。
記事「放射線恐怖症を考える」。ちゃんとしたお医者さんのブログです。
現実に起こったことが書かれています。
http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/2011-05-20

まぁ、これでも何も聞いてないと言い張るのなら、木下さんは何かの理由によってこの件を無視したいってことになりますよね。
いい加減返事しなさいよ?

何人もの方が知りたがっているこの記事の裏取りの件も含め、無視もいい加減にしなさい。
あなたにはこのブログを開いている責任があります。
六号通りのお医者さんのブログ (木下黄太)
2011-05-24 18:23:24
このブログ読みました。このお医者さんの見解はよくわかります。僕とそんなに感覚はかわりません。放射能恐怖症とよべるほどは、実はおきていないことが、むしろ、よくわかります。

今回の医療従者の方はその後連絡をとってきません。僕は取材を申し入れています。





呆れた (フロワ)
2011-05-24 19:46:46
>お子さんをお持ちのお母さんは、お子さんを守ろうという強い思いから、
>放射線のお子さんへの被ばくを激しく怖れ、時にそれに押し潰されて、
>不安の発作を起こしたり、夜一睡も出来なくなったりします。

こんなことが書かれているのに、起きてないことがむしろよくわかる!???
そのブログのコメント欄に取り乱した主婦の書き込みがありましたけど見ましたか??
本当に自分の都合の良いようにしか解釈しないのですね。
呆れ返りました。
きっと政府の人間、20ミリシーベルトを認めた人も木下さんと同じなんでしょうね。
自分の都合の良いようにしか考えられない。


minming_ Miho Bushmills
KinositaKoutaがリツイート
@neonao82 ありがとう。逃げたいです。でも被災地でない妊婦を出産まで受け入れてもらうには上の1歳児を置いていかないといけない。そんなの無理。どうして自分が今生きているのか分からない。

こんな命の叫びを平気でリツイートしときながら心の問題を無視するなんて絶対に許せない!!
あなたの宣伝に利用してるようにしか見えないんですよこっちは。


結局医療従事者さんのコンタクトを待つだけで、何も取材しないのでしょうか?
こちらは子ども抱えて不安で不安でしょうがないってのに!
こういう場合どうすればいいのか、ちゃんとした専門家に取材してきなさいよ!!

結局裏取りの件は、全くしていないと認めたとみなしてよろしいんですね?
何か伸展があるなら無視してないで書いて下さい。
いろいろと湧いてきましたね。 (ひなぎく)
2011-05-24 20:10:15
この回は、特に湧いてきましたね。
なんと言っても「かく乱」部隊にしか見えません。どう視てもおかしいです。

でも、こちらでの対戦は、数人の方々の理路整然とした論によって論破されました。

※「真実知りたい様」の冷静で深い論
 「ためいき様」の悪魔の証明
 「KAT様」のアスペルガーの方と聞き流し論法

ネット掲示板初心者として、これらの方々のクレーマー対処法は大変に勉強になりました。
有難うございました。見習いたいと思います。
 
あいてにしなきゃ良いのに (福島県在住)
2011-05-24 20:37:17
ほんとに私と同じで黙っていられない人だ。
実に親近感が沸きます。

>なんと言っても「かく乱」部隊にしか見えません。どう視てもおかしいです。
でも、こちらでの対戦は、数人の方々の理路整然とした論によって論破されました。

いや勝ち負けなんでどうでも良いから。
こういった本当の煽り連中はほうっておけば良いのに。
最後は、これを読んだ人がどう行動するかでしょ。
こういった煽りに乗るような人は所詮それまで。

ほんとに、私と同じで勝ち気なばあ様ですね。
何を言ってるのか… (フロワ)
2011-05-24 21:17:06
まず、かく乱とか、対戦とか言ってる時点で、あなた方の敵は何なんだと問いたいです。
茶化すのはやめてください。
これは大きな原発問題の中の一つの問題なのですから、敵とか味方とか勝ち負けとかではなく、全員で取り組まなければならないはずでしょう。

それを勝手に湧いてきたの煽りだのと、とんでもないことです。
私が原発推進派の回し者だとでも思ってるんですか?
それならそう思うのも無理はないですが、言っておきますが絶対に違いますから。

問題が起こっているならば、それを証明していただきたいだけです。
それが邪魔になるようならきちんとした説明を木下さんからもらいたいだけ。

私の主張の何が、どう、あなた方の障害になっているのでしょうか??
ほんと懲りない連中だな… (助太刀いたす)
2011-05-24 22:02:58
木下さん、こういう連中のペースに乗る必要ないですよ。

取材経験豊富故、嗅覚はお有りだとお見受けしますので、怪しいと思ったら要点だけハッキリ否定すれば良いのです。

後は、何言われようが無視すべき所は無視が一番です。相手は混乱を招くのが先ず目的ですから。

もともとパターン化した攻撃しか出来ない頭なので、吠えさせているうちに勝手にボロ出しますし(笑)
お、そうだ (助太刀いたす)
2011-05-24 22:16:12
木下さんはこういう連中に絡まれたら取材申しこめばいいんですよ。あの怪しい医療関係者にそうしたみたいに。

無視するな!と言う割には十中八九逃げると思いますが、今後原発の話をする限りずっと付きまとう連中ですからどんな連中か会って確かめるのは良いと思いますよ。
もうお一人いらっしゃいました (ひなぎく)
2011-05-24 22:58:23
もうお一方、参考にしたいお方がいらっしゃいました。その他にもクレーマー以外の方々のご投稿は全員参考にさせて頂きます。有難うございます。

その、もうお一方は「のりすけ様」
クレーマーの見分け方、ためになりました。

1「論理のすり替え」
2「二元論で情報操作、レッテル貼り」
3「主論と関係ないあら捜し、混乱操作」

なるほど!・・・全部当てはまっていますね。
それに、しつこい。「異常に」の形容詞付きのしつこさ、本当ですね・・・なるほど!なるほど!至極納得です。勉強になりました。

お墓に入る前に、もう一つ、お利口になれました。感謝いたします。
みなさま、有難うございます。
Unknown (Unknown)
2011-05-24 23:11:12
どなたか 取り乱しておられる フロアさんの主張を要約してくださいませんか 私はわかりませぬ
匿名だとこう言う事があるのですね。 (ひなぎく)
2011-05-25 00:56:02
掲示板慣れしていませんので驚きました。今回の事を経験し、匿名の書き込みになっていると、この様な事も起るのですね。匿名をいい事に、TCIAですか?大手御用マスコミ?官僚筋?の下請け撹乱隊が書き込んでくるという事ですね。

HNを変えて同じ人が書き込んでいるとか?有りそうですね。ハンドルネームを変えても、同じパソコンからの投稿だったら解ると聞きましたけれども・・・それとも、パソコンを変えている?・・・まぁ、ご苦労な事を・・・

その方々の投稿内容を、みな様に教えていただいた見分け方に当てはめてみると、驚くほど当てはまっちゃいますね。今回だけでなく、前々からいましたね。それに当てはまる方々が。匿名も良し悪しですね。

木下さんは、ブログ主ですから、私たちを守る為にその方々に抗してくださっていますし、木下さんお1人で、もう、勝負はついていますから、私たちが出る必要は無かったですね。蛇足でした。

これからは、パスした方が良さそうですね。
Unknown (フロワさんは一人で頑張ってるの?)
2011-05-25 01:42:07
本当にしつこいですね。
一人で何役もこなしているのでしょう。
しばらく同じ名前が続きますものね。
医療関係の方がいなくなったら、また他の名前で現れる。
一人づつしか現れないですから一度に全員集合はできないのでしょうね。
デマ情報にだまされないために (ためいき)
2011-05-25 06:52:32
のりすけさん、フォローありがとうございます。医療関係者なる人物やその追随者の詭弁術についてはのりすけさんが見事に解説されているのでそちらを確認していただきたくとして、無視しろという意見もありますが、まんまとだまされた方が何人かおられるようなので、ダメを押すため、もう1点だけ付け加えます。

1)論理のすり替え、
2)二元論に情報操作し、レッテル貼り
3)主論と関係ないあらを探して混乱させる

というのりすけさんの指摘に加えて、相手の手の内をもうひとつさらすと、
4)ヒットラー式大デマを飛ばすこと

ヒットラーの「我が闘争」によると、大衆は小さなウソはよくつくものの、大きなウソをつくことができないので、まさかこんな大ウソは恥ずかしくってつけないというような大ウソほど効果的であるとしています。

ぼくは医療関係者と称する人物が本当に看護士なのかどうかも疑っていますが、彼が主張する「放射能を気にして、堕胎・流産が激増した」については単なる疑いどころが、はっきりいって悪質なデマだと考えております。

彼の主張が成立するためには2つの事実が存在しないといけない。一つは、今回の原発事故を原因としてストレスがたまり、流産・堕胎をしたと訴える患者の存在です。もう一つは、今回の原発事故と流産・堕胎の因果関係を医者が認めたことです。以上の2つが必要です。それらが激増していないといけない。前者の存在についてはぼくにはわかりません。しかし、後者については、大規模な疫学調査を要するため、現状では医者がそのような因果関係を認めることはほぼ100%考えられません。

堕胎についてのみ参考に取り上げます。

堕胎については刑法上、人為的な妊娠中絶は堕胎の罪として法の建前上禁止されています。ただし、母体保護法による例外規定「身体的・経済的理由」が存在し、それが拡大解釈されて、人工中絶が黙認されているのが現状です。そこで問題になるのは母親の精神的理由で中絶が認められるかどうかです。

「事例に学ぶ法医学」(有斐閣ブックス)よると、「母体保護法には胎児条項(胎児の異常に基づく中絶を認める条項:注、優生保護法にあった)がないため、出生前診断で重篤な疾患遺伝子の保有が判明した場合には、他の要件を満たせば、母親の精神的理由より中絶が黙認される」とありました。

精神的理由で中絶するための要件が「重篤な疾患遺伝子の存在」プラス「他の要件」(省略)と厳しいためこの要件に該当することは困難で、通常はいわば脱法行為として、母体保護法14条1項の「身体的・経済的理由」で処理するしかありません。

さらに、原発事故の影響によって堕胎にいたったというような因果関係については証明することはできず(通常は器質的変化の立証が問題とされる)、医学的推定という立証方法によるしかありませんが、これは大規模な疫学調査を要しますので、現状では因果関係を立証することは不可能です。

したがって、賠償問題もからんでくることなども考えると、「今回の原発による影響によって流産・堕胎をしたとする因果関係を医者が認める」ことなどありえないと思います。

因果関係がはっきりしない場合の医者の対応は以下の3つです。
1)因果関係なし
2)わからない
3)因果関係はあると思うが、証明できない

以上、12はもちろん、3についても法的には通常因果関係は否定されます。医者もそのあたりのことはよく知っていますから、因果関係ありとは相当な理由がないかぎり言わないものです。

流産についても、因果関係において同様なことがいえます。

前回のぼくの投稿以降、医療関係者なる人物が投稿してこなくなりました。お尻丸出しで敵前逃亡したのだとぼくは勝手に解釈しております。昔なら銃殺刑ですね。反論があるようでしたら、隠れていないでソースを出しなさい。

前回の投稿で市町村だけでも開示しろと言ったのは、たしか妊娠12週以降だったら死産届を出す必要があるため、市町村に問い合わせれば統計上の有意差が確認できると思ったからです。
福島県の実測値 (Unknown)
2011-05-25 08:31:33
福島県モニタリングメッシュ調査
http://www.pref.fukushima.jp/j/monitaring.mesyu0502.pdf

茨城県ではおそらくやっていないでしょうが、数キロおきに福島県では実測を行っています。

常陸太田市の隣は矢祭町ですが、常陸太田市よりもおそらく数値が低いでしょう。セシウムさんやヨウ素さんにとって県境や地区の境などというものは関係がないもので、隣が福島県かどうかといういうことは意味を成さない議論です。常陸太田市真弓の値は事故後断続的に非常に高かったです。スピーディの3月25日の放射線ヨウ素の累積降下値はいわきからひたちなかの阿武隈山地に沿った海岸線沿いがすごく高い数値が出ていました。茨城県全部がすでにやられているような恐ろしい地図でした。関東平野は山がない分拡散域は広いみたいです。
最近、どんどん偏っているような気がする (福島県在住)
2011-05-25 09:49:38
>私が原発推進派の回し者だとでも思ってるんですか?
それならそう思うのも無理はないですが、言っておきますが絶対に違いますから。

問題が起こっているならば、それを証明していただきたいだけです。
それが邪魔になるようならきちんとした説明を木下さんからもらいたいだけ。

ほんとにね。
一部のヒステリックな主婦の方が見事に一方に
偏っているから議論にならないですね。
実際に行動している木下さんは自己責任で体張ってやっているので凄いと思いますが。

レッテル貼りと陰謀論はネットでは日常ですしね。見たい所しか見ない人が多いです。
さて、これからは私の投稿もパスしくれるそうなので期待しています。
何回かそんなせりふを聞いていたので今度はどうだろうか?公約を果たしてくれる事を期待しています。でも、勝気な人だからなあ。
私の気持ち (フロワ)
2011-05-25 15:53:32
その冷静な目~みたいな呈での気持ち悪い分析やめてください。吐き気がします。
(特にためいきさん、そのメソッドが数年後癌になった子供達に対して使われないことを祈ります)
ネット掲示板で自分と意見の合わない人に対してはいつもそうしてるんですか?
自分の思考停止させる文以外の何ものでもないでしょ?
頭は柔らかくお願いしますよ。

福島在住さん、特にあなたには言われたくないんですよ。
私は福島県いわき市出身東京在住の主婦なもので。

三月中旬、いわきが原発パニックになっていたのご存じですよね?
津波、余震、水道が出ない、食糧不足、ガソリンがない、自主的な屋内待避、ヨウ素配布、市内から人が消える、新聞も届かない、患者の間で広まった明日原発が爆発するという噂を信じた看護師がパニックを起こし病院から逃げ出す、など私が聞いた限り阿鼻叫喚でした。
原発から近いいわき市では皆原発のストレスでおかしくなっていたんです。
それを伝えるメディアもなく、しばらく私の故郷はとんでもないストレスを受け続けたのですよ。
そして4月11日と12日の井戸沢断層と湯ノ岳断層による直下型の震度6の2連発。
震災後1か月一番福島県で精神的ストレスを受けたのは間違いなくいわき市です。
その話を辛くなるぐらい聞かされているので、同じ福島県、特に20mSv/yを超える地域に住んでる皆さんの精神状態が心配なのです。
こちらは1か月ちょっとで済みましたけど(もちろんこれからの原発の動向次第ですが)そちらは何十年単位でしょう?
精神分野の専門家の方のカウンセリングが受けられるような体制作りが必要だとは思いませんか?
だから木下さんに行動してくださいと言っているわけです。
これ以上福島県民が傷つくのが見たくない。心も身体も両方。
福島在住さん、私の気持ち、分かっていただけましたか?


先日Yahooに載ってた記事で福島は「神経戦」になっているみたいなことが書かれてました。
私もそう感じますが、皆さんは感じませんか?


分からない方がいるようので「アンチ」の意見をまとめますと、
(一部私の意見も入れました)
木下さんへは
1.精神科医、産婦人科医にコンタクトを取って、実態を調べたか、その結果。
2.ガイガーカウンターの誤った使い方を訂正せず放置し続ける理由。
3.特に皆さんが気にされているこの元記事の主婦に会って取材をしたのかどうか。
4.福島で公演なさる時に、精神的に辛い場合は速やかに精神科医のカウンセリングを受けるよう伝えること。可能であればそう言う方の話を直接聞いて記事にしてもらいたい。そして実態があれば、行動の一つとしてカウンセラーの派遣を行って欲しい。

みなさんへは
1.何と戦っているのか。私の何が「アンチ」行為で、それをして誰が得するのか、その理由。
2.心理的ストレスの影響を軽く見てる人たちには、それも含めての原発問題だと自覚することが重要ではないのかということ。
3.精神的な問題がスケープゴートにされないように、今の内からデータを取る必要があるのではないかということ。
4.福島を救う気が本当にあるのかということ。デモや公演なんかで本当に変わると思っているのか。もっとアプローチ考えましょうよ。
カウンセラーや精神科医師が自主避難や転地療法を促すことだってできるかもしれないんですよ?
一人でも救えるかもしれないんですよ?
それなのにアンチだなんだとくだらない論議をしている余裕が何故あなたたちにはあるのか。

今のところ思いつくのは以上です。
きちんとした返事をそれぞれ、お願いします。
ためいき様 (ひなぎく)
2011-05-25 16:18:58
更なる、ダメだし見分け法を有難うございます。

そうですね、お医者様が、そんなに簡単に因果関係は認められないですね。事故が起こってまだ2ヶ月で、増えたと言う統計が出る筈はありませんよね。因果関係が確定して統計に出るまでには社会に数字として出せないという事ですよね。

ためいき様の書かれた物を読みまして、膝を打って納得できました。嘘ですね、あの医療関係者様。痛いところを、みなさまに突かれて、逃げ出す処が論より証拠ですね。

またまた、利口になれました。
ボケる暇が無い程に勉強させて戴きまして有難うございます。感謝いたします。
お! (中の人が変ったか?w)
2011-05-25 17:43:23
いつも思うんだがこういう輩はオウム返しが上手い。

お前が言うな!つうか
その辺変に心理を読むチカラがある奴等がたまに居て変に感心するときがある。

ちょっとイジリ甲斐のある奴が出てきた感じだな。
フロワさんへ質問です。 (興味深い)
2011-05-25 18:33:06
いわきでパニックが起きたとは初耳です。

個人的にはそれくらいの危機意識で
皆逃げてくれたほうが安心だったのですが…

ちょっと調べてみたいので詳細教えていただけますか?

・ヨウ素配布はどこでしていたのか
・市内から人が消えたのはいつ頃か
・看護師がパニックを起こし逃げ出した病院はどこですか

ヨウ素配布している所があったのなら立派な対応なのでもっと注目されるべきですよね。

Unknown (笑)
2011-05-25 19:41:46
本当にあの医療関係者は見事に逃げましたね。
もう二度と現れないのかしら。
今は福島県いわき市出身東京在住の主婦という設定だそうです。毎度長文御苦労さまです。
今度はどういう設定で現れるのでしょうか。
ひなぎくさんへ (ためいき)
2011-05-25 22:53:09
ひなぎくさんへ。
ぼくの書き方が悪くって誤解させたようです。すいません。

死産届というのは妊娠第12週以降の胎児が死産(流産・中絶両方を含む)になったとき、行政の最小単位に届け出る義務があります。その後、厚労省にて人口動態調査に反映されますので、その統計をみられるのは翌年ってことになるのだと思います。ただ、死産届自体は死産後7日までに行政の最小単位(市町村)に届ける義務があるので、そこに確認すれば、個人情報は別にして、数は把握できるのではないかと思ったのです。市町村名さえわかれば、激増しているのが事実ならすぐにわかることです。

フロアさんへ。
このメソッドはぼくが考案したものではなくて、裁判所や政府(たとえば「労災補償障害認定必携」という本を見てください)における基本的な考え方ですよ。今回のような心因性を原因とする傷病あるいは非器質性精神障害における因果関係の立証については厳しい判断をされている現実がまずあります。それに、ぼくがふだんの仕事で得た情報や経験を少し加えたまでです。気持ち悪いとかいう印象論だけではね(苦笑)。間違いの指摘や反論は具体的にしないといけないと思います。

過去のコメントでも間違いに気づいたらぼくは訂正・謝罪していますし、相手の立場を理解してコメントをしていることは福島県在住さんに聞いてみたらいかがですか。相手が悪質だと判断した場合は相手にあわせた口調になりますが、ふだんはおとなしいものです。

それと、貴方のコメントを読んだのですが、木下さんにあのデマに基づいた質問をされています。あれがデマでないと判断された理由は何ですか。産婦人科や精神科の医師にも確認せよとのことですが、ぼくの最初のコメントを読んでもらえればそれがいかに無茶な要求かわかるかと思うのですが、まだわかりませんか。

これで貴方へのコメントは終わりにしますね。なんだか疲れそうなので、申し訳ありませんが、返事はしませんから。

欲しい情報 (通りすがり)
2011-05-26 02:04:37
多少の差があれ土、空気、水、食品と、日々放射能に晒される状態で子供たちの行く末を想えば皆、耐え難い苦痛の中にいるのです。
もっと建設的な意見の交換場にしませんか?
どこで拾ったか忘れましたが、
放射能を体外に出す方法とか、取り込みやすい物、にくい物等、なかなか役立ちそうなことが出ています。
http://koganei.edoblog.net/Entry/64/
http://blog.goo.ne.jp/nbjc/e/66d8a830f9f715a8534cd17c746c9350
色々と。 (フロワ)
2011-05-26 15:22:03
>興味深いさん
初耳…!? 絶句。。
ネットで検索すれば簡単に出ますけど、原発が危ないってことで食料もガソリンも入ってこず。
枝野が会見で言ってくれたおかげでちょっと経ってからニュースでも取り上げてくれて、なんとかなったんですよ。
あんなに大問題になったのに、ニュースも新聞も見ない方なのでしょうか…??
それだけ感心が薄かったのか…そりゃぁ見捨てられて当然ですね。

・ヨウ素配布はどこでしていたのか
福島いわき市が全15万人に安定ヨウ素剤を配布(3/20)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/497862/
これは市の判断です。福島県からは怒られました。

・市内から人が消えたのはいつ頃か
http://www.ibaraki-np.co.jp/news/news.php?f_jun=13001852696220
http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/3675/cat/105
3月中旬から下旬に掛けて。いわき駅前市街地に私の親戚が住んでますが、残ってるのは犬のいる1件ぐらいだったと聞いています。もちろん離れたとこには住んでる人がいたと思いますが。
何万人単位で避難したと聞いています。
父の友人は取り乱して孫と避難したのに、いわきより放射線量が高い郡山に行ってたという笑えない話もありました。
そう言えばフジテレビがいわきの中心地として湯本駅前を紹介してて怒ったこともありましたっけ。
当時の市内の様子はYoutubeにも上がってますので探してみては?その目で見てみて下さい。

・看護師がパニックを起こし逃げ出した病院はどこですか
友人の母親のことなので病院名は差し控えたいと思います(ふつー言えるか 笑)
市内の総合病院の一つです。

あなたには以上です。他にいわきについて興味深いことがあればなんなりと。
大半はネットに出てると思いますけど。



>(笑)さん
設定ですか(笑)
設定も何も初めて書き込んだ時からフロワという名前で、イチ主婦ですけど。
GWに帰った時に撮った湯本駅の写真でも何処かにアップしましょうか?
駅の裏の駐車場の地震による亀裂とか、駅の横の大昔ファーストフード店だったとこが崩れそうで立ち入り禁止となっているのとか、うちの実家の方の道路が崩れてる写真とか。
地元じゃなきゃ知らない情報ならいくらでも言えますけど、あなたに言ってもしょうがないですよね。

医療従事者さんとはまともに話しようとしなかったくせに逃げたとか勝ち誇ってる輩の多いこと。
対応が木下さん含め酷いですよ。私、医療従事者さんが可哀相になっちゃって(笑)
私がその時いれば協力できたんですが、ね。



>ためいきさん
行政に一般人が問い合わせて教えてくれるんでしょうか…?
コンプライアンスでがんじがらめになってる今、それは難しいのではないかと。
そこはよく知りませんからあんまり話できませんけど。
あ、木下さんならジャーナリスト名義で聞き出せる可能性もあるのか。なるほど。

一つ断っておきますが、私に医療従事者さんへの当てつけみたいなのをぶつけるのは止めて下さい。
私は少なくても鳥肌が立つぐらい気持ち悪く感じましたよ。
ネットで知識のない人が一見具体的に見えるけど、実は必死で取り繕ってるだけって時によく見る手法です。今後は止めた方が無難かと。

みなさん勝手にデマ認定、特に得意げに悪質なデマと断言したためいきさんのために、ちょっとネットで探してみました。
堕胎、それと流産について。

直リンクするとURL的にgooブログから不正なものとみなされて投稿できないので
先頭のhを抜かして投稿しているURLがありません。

>堕胎について
まずはツイッター上の真偽不明のツイートから。
ttp://twitter.com/#!/georg_trakl/status/60780006133071872
ttp://twitter.com/#!/0502mie/status/48326042947039232
少なくとも、3月、4月とこういう話が出回ってたということです。
私もTL上に「今回は諦めます」的なツイートを確か見たような。

堕胎を話題にしているブログ記事
ttp://d.hatena.ne.jp/nanamino/20110320/1300685075
ttp://blog.livedoor.jp/kuroiamakitune/archives/51589215.html
まぁ、これはそんなにですかね…

産婦人科のQ&A
http://www.sanfujin.com/abortion/abortionor/
一番下に今回の原発事故による堕胎について書かれてあります。
わざわざQ&Aに入れたってことは、そう言ってきた妊婦さんがいる、またはその可能性を医者が認めたって見方ができますね。

「中絶 放射能」で検索すれば簡単に出てくる内容ですみません。
http://plaza.umin.ac.jp/~fskel/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?page=%A1%D6%B8%BD%BA%DF%A4%CE%C8%EF%A4%D0%A4%AF%A5%EC%A5%D9%A5%EB%A4%C7%C3%E6%C0%E4%A4%B9%A4%EB%C9%AC%CD%D7%A4%CA%A4%A4%A1%D7%BB%A8%B4%B6
見られない方は「MTPro記事「現在の被ばくレベルで中絶する必要ない」を読んでの個人的雑感」でGoogle検索してください。

日本産婦人科医会が5/16に公式に「現在の被ばくレベルで中絶する必要ない」「神経質になりすぎている」と発表しています。
どうですか?
事故後すぐに発表するなら予防ということで分かりますけど、5月中旬になってからこんな発表をするってことは、実際に現場でそういう問題が起こっているということだと思いますが、いかがでしょうか。
精神分野における医療従事者さんの「激増」とかいうのは個人の誇張かもしれませんので揚げ足とりに使われると思いますけど、産婦人科分野全体では「激増」といってよいくらいの件数報告があったのではないでしょうか。だからこんな発表を行ったのではないかと。
実際に堕胎が選択されたかどうかは別として、「神経質になりすぎている」という文言からも、これで堕胎問題はあったと十分推測できます。


>流産について
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110325/plc11032518560032-n4.htm
3/25の時点で、枝野に対して記者が質問してるんですよね。
だから、ジャーナリストなら誰でもその懸念をもっても何ら不思議はないのです。

http://unkar.org/r/newsplus/1242109019
まぁこれは関係ないですが、色んな影響から流産は起こるという話です。

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/ms/1301221471/
ソースが2chですが、ここの人たちは嘘を書いてるとは思えません。中身を読めば分かると思います。
ここのレス338以降に流産が増えている旨の書き込みがあります。5/16の書き込みです。
みなさんこれがストレスなのか放射能なのかもわからず苦慮してる様子が伺えます。
私には辛すぎて全部は読めなかったです…

以上です。流産に関しては医者の名義で書いてるものじゃないので信憑性が低いのは当然とは思います。
しかし、流産に関しては特に一刻も早くストレス・放射能の関係性を調査する必要があるように感じました。皆さん放射線の影響なのか、放射能問題によるストレスなのか(もちろん他にも様々な要因がありますが)理由も分からず流産してしまっているというのは非情としか言えません…涙が出ます。


悪魔の証明でしたっけ?悪魔らしきものを私は引っ張ってきましたけど、これを悪魔だと認めるかどうか。
これでもデマというならば、デマである証明が必要なぐらいですよね。
ためいきさんのいう2つの事実「患者の存在・因果関係を医者が認めた」どちらも今のところほぼ証明されてるに近いとはいえ推測の域を出ませんが、事実を確認してから動くジャーナリストってなんなんですか?
こういう事象が起こっているかも知れないと感じた時点で動き出す、これがジャーナリストの「嗅覚」だと思うのですが?
医療従事者でない私がひっぱってこれる情報はこれぐらいですが、この行く末にはこれからも子どもを産むかもしれない私も興味があります。
あそこまで何も調べず否定し続けたんですからやりづらいでしょうけど、だからこそ木下さんにデマかどうか証明して欲しいのですが。ジャーナリストという身分を使えるのはあなただけです。
誰もあなたに統計を取れ、実態数の調査報告を上げろと言ってるわけでないんですから。
特に木下さんは堕胎、流産の件はご自身で「大問題」だと発言してますよね?
これを無視したらそれこそジャーナリストとして大問題です。


医療従事者さんが可哀相であることと、いわき出身で同じ福島県の皆さんの精神状態が心配であること、それと今回ちょっと調べたことによって医療従事者さんが少なくても大嘘つきではないことがわかったので、私はそちら側に立って、皆さんを動かせるように活動していきます。
できれば医療従事者さんには戻って欲しいと思いますけど、最後の締めかたからしてもう来ることはなさそうですね。

別に放射能問題を完全無視して精神を綺麗になんて、そもそもできるわけもなく、両方同時にやりましょうってだけなんですから、そこまで拒絶される方がおかしいと思いますよ。
ただ揚げ足取りに精一杯になって、話が進まない今の状況を早く打開したいのですが。

さて、ためいきさん、早々に逃げを打ってしまいましたけど、私の質問に一つも答えていないのに返事しないんですか?
特にあなたのデマ認定の件は、あなたの意見がほぼ間違いであったと思うのですが。あなたは過去の間違いはきちんと訂正・謝罪なさるんですよね?
木下さん他あなたたちが散々医療従事者さんにぶつけた言葉と同じ事言わせて貰いますよ。
木下さん、ためいきさん、逃げずに私の質問に答えて下さい。
訂正 (フロワ)
2011-05-26 15:23:53
直リンクするとURL的にgooブログから不正なものとみなされて投稿できないので
先頭のhを抜かして投稿しているURLがありません。

→URLがあります。

の間違いです。ツイッターのアドレスが原因かな?
ツイッターリンクは弾かれます。 (KAT)
2011-05-26 18:10:20
専門家も、うちと外で発言使い分けてますので、
その辺も考慮しないといけません。
わかっていても言えない事はあるんです。

土壌で言えば、もちろん専門家ですから
分析学の方が測ってないわけ無いじゃないですか。
なぜ出てこないのか。

小出氏が、なぜ出世出来ないのかに通じる答えがあります。
彼らも生活がかかっているんです。
結果は出ていて、例えるなら、二階堂みたいな所から流れてくる。

それをいかにして拾えるかです。

ですから、木下氏の土壌調査は、同じ結果が出て来るんじゃないかと思っています。
ぜひ、ハワイ測定の件があるので、PuとUを忘れずに測定してください。
50km圏の田んぼでは出たと、以前貼りましたが、ニュースサイトにはあったと記憶しています。
欧州の団体が、Pu吸い込みの初期症状として鼻血が多発していると言っていました。
実測するしか、わからないです。


流産に関して
発生学という分野があります。
あれとリンクさせれば、影響は自ずからわかります。

卵は凄くデリケートです。
DNAが損傷されると、着床すらしません。
女性は筋肉が少ないので、筋肉が多い子宮にCsを取り込みやすいです。
だから、事故後に不妊が増えるのです。
福島では、以前の事故で、同じケースがあったと二階堂は言っています。
データはあるはずですが、出てこないのは、いつものことです。

それを乗り越えてしまった時に、分化の異常が起きる。
形が違うものを奇形と言いますし、外見上問題が無くとも、
臓器の機能低下と知能異常などの障害が出ることもある。
知能異常は、診断も計測も一定に出来ないので、正確にはデータが出ません。

胎児まで分化すれば、異常になった細胞の比率が低くなるので、
外見的にはわからないことが多くなる。全く無いわけではない。
臓器形成を誘導する遺伝子に異常が起きれば、外見に現われたり臓器異常になる。
形成期のどこの段階で被害を受けたかが、その後に影響してくる。
Csと心臓の関係も、その一つに過ぎない。

http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/saigai/Lazjuk-J.html
教科書的に言えば、安定期前は影響が出やすいということです。
異常は正常細胞との比率でしかないのだから、胎児または卵に行くほど影響が大きい。
成人に比べれば、極少量で影響が出るので、基準値が馬鹿みたいに厳しいのです。

だから、関東以北の妊娠考えている女性・子供は動けるようなら
動いた方が良いですよと言ってる専門家がいると
以前からコメントしているわけです。
現状の体制では、どう考えても食生活から、Cs避けることが不可能そうなので。

体の不調の時期で、軽度の形成不全が出るのは、普段でもかなりの頻度でありますし。
問題ない部分が多いので、あまり何も言われないだけです。
発熱は個人レベルですが、今回は同時期に多量の人が被害にあっている。

教授クラスの人間はわかってると思いますよ。
多岐にわたっての人脈・知見が広いですから。

そもそも、人体実験が出来る分野ではありませんから、
正確なデータは出てこないかと。


物事にもトリアージ的な要素はあります。
http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/triage.html

全部やりましょうは無理です。
そしてパニックになるからデータ出すなは、
政府とやっていることが同じです。

本来彼らが、正しい数値を出し、正しい基準で
避難指示出さないといけないんです。
それをやらないから2重基準で混乱する事になる。

実害が酷いのに、混乱するからデータ出すなは、ナンセンスです。
ためいき様 (ひなぎく)
2011-05-26 19:22:54
私の読解力不足です。
ごめんなさい。
今度は、よく解りました。
補習して頂きまして有難うございました。
フロワさんへ (Unknown)
2011-05-26 23:43:25
完全論破ですね。
これじゃためいきとかいう人も恥ずかしくて書き込めないでしょう。
そもそも放射能問題が精神状態に敏感な妊婦に影響を及ぼさないなんてどう考えてもありえないと思ってました。

待たれるのは木下黄太氏の発言ですね。
ほんとに事実を確認してからじゃないと動けないジャーナリストってなんなんでしょうね(笑)
言われて目が覚めるような気がしました。

木下氏が無視するようならTwitterでこのこと拡散してあげます(笑)
フロワさんへ (つくば市在住主婦)
2011-05-27 00:59:54
こちらのブログを毎日拝見している者ですが、私はフロワさんの仰りたい事、わかります。

“自作自演”なんて書き込まれてしまったら、ごめんなさいね。
Unknown (Unknown)
2011-05-27 01:24:43
>フロワさんへ (Unknown)

自演はやめなさい。
何を論じたいのか (KAT@めんどくさいから適当)
2011-05-27 02:22:30
そもそも根源は、ここにいる人を
病人扱いしたから荒れたわけだ。
それは書き手が圧倒的に悪いわな。
完全に決め付けだから。

そりゃぁ、妊婦に影響はあるでしょうよ。
出ない人も腐るほどいるけどさ。
人間だもの、0か1かになるわけないだろ。
そんなとこ論点にしてたっけ?

ここのブログの主旨が、何を重視しているか、
Blogという人の日記で、
何を見当違いのことをわめき散らしているのか?

趣向に合わないならば、合う場所を探すか作ることが解決法かと思います。

カウンセラー云々は動く人が違う。
それこそ議員に投げかけるべき話。

要は、何を主張したいの?
論破とか、すり替え、どうでもいいからさ。
その辺はっきりさせようよ。

だから欝の奴のために情報を隠せと言いたいの?
最初の失礼な奴はそういってたけど、
だったら、NO。
見たくなければ、見なければいい。
見ない自由は平等にある。

見たくなければ、御用山下先生が一杯あんしん情報出してくれてるし、
そちらに行かれるのが筋。
お返事。 (フロワ)
2011-05-27 11:07:56
>Unknown様、つくば市在住主婦様
ありがとうございます。
何名かでも分かって貰えれば医療従事者さんも浮かばれると思います(笑)
Unknown様、ためいきさんにはできるだけ戻って発言、行動して欲しいんですよ。
だからわざと挑発するように書いたんですけど。
ツイッターの件は、ここを荒らすのが目的ではないのでご遠慮いただければ…
案の定自演はやめなさいと言われてしまいましたね。ごめんなさい(笑)
でも本当にありがとうございます。力になりました。

>KAT様
もーいつまでも医療従事者さんの件を引っ張るの止めて下さいよ。
私はその方の意見はもっともだと思い、木下さん及び他の人の言いぐさが本当に酷かったこと、また皆さんがこの記事に対して本物なのかどうかの疑問を強く持ってる状況を見て、今、意見を述べているんです。
そもそも病人扱いっていうか、みんなおかしくなってるでしょう。
多分私だって3/11以前と比べればおかしくなってますよ。
それは地震、政府の対応、東電の失敗による原発事故が複数重なって、私を含めた皆さんにストレスとなって襲いかかってるわけです。
だから、医療従事者さんはストレスによる精神病が増えているから「気をつけて」と書き込みました。
それを皆さんは寄って集ってお前の書き込みの方がストレスだとか、木下さんはそんな事実聞いたことない、取材に応じろ、じゃなきゃ信用できないみたいなこと言ってたわけじゃないですか?
昔、某有名宗教に勧誘されたときに、断ったらボロっかすに言われたことを思い出しました。
この反応は、当時見ててもおかしいと思っただろうし、今私が見てもおかしいですよ。

>そんなとこ論点にしてたっけ?
堕胎・流産の件は本当ならば大問題だと最初に発言したのは木下さん本人です。
論点をそこにしてその産婦人科医を紹介しろと攻撃した本人が無言ってどう思います?
もー木下さんの反応の部分だけでも読んでみて下さいよー。
逃げるなの一点張りですよ?そりゃ逃げたくもなりますわ(笑)

>このブログの主旨・見当違い
「福島第一原発を考えます」でしょ?
精神的な問題・それによる堕胎・流産は原発問題にも含まれます。
無関係ですか?

>合う場所を探すか作ること
それが一番だとは思いますね。ホントに宗教団体とか共産党員相手にしてるみたい(笑)
でも、ここを見てる多くの一般の人に少しでも伝わればと思いますので、しばらくはここに書かせていただきます。
私一人が立ち上げても時間もそんなに取れないし、ここの親衛隊の方に荒らされるのが目に見えます(苦笑)

>カウンセラー云々
そうでしょうか?
んー、そういう気もしてきました。
木下さんってただのジャーナリストで、力があるわけじゃないんですよね。。
でも、集まってるみなさんの熱い想いは何か動かせるんじゃないかと期待してます。
議員が動くための証拠を木下さんに取材して欲しい、ってのが正しいですかね。

>論破とかすり替え
論破なんぞしてるとは思えませんし、何をすり替えてるかもわかりませんが(笑)
目標は、『福島で戦っているみなさんが心身共に健康であるような体制をつくること』です。
これに集約されます。
その為に木下さんに動いて欲しい、みなさんには心を入れ替えてそういう精神的な問題のことも頭に入れていて欲しいというだけの話です。

>情報を隠せ
えーと、医療従事者さんの書き込みのどこにそんなこと書いてあるんでしょうか???
「精神状態と放射能への対応のバランスを取ることだけは常に忘れぬようお願いいたします」
と思いっきりメインの主張が書いてありますが、それに対する他の方の反応が「政府と同じだ!」みたいな反応だから、そう思ってしまったんでしょうか??

>御用山下
福島を殺すあの野郎だけは許せねぇ(笑 割とマジ)
あっち側の人間じゃないんですってば!
安心情報を提供するのが目的ではなく、正確な情報を伝えた上で、それから受ける精神的ストレスを考慮しましょうって話。

もー!!まだわからんのか(笑)

主張をもう一度書きますねー。(ちょっとだけ変えましたけど)
木下さんへは
1.精神科医、産婦人科医にコンタクトを取って、実態を調べたか、その結果。
2.ガイガーカウンターの誤った使い方を訂正せず放置し続ける理由。
3.特に皆さんが気にされているこの元記事の主婦に会って取材をしたのかどうか。
4.福島で公演なさる時に、精神的に辛い場合は速やかに精神科医のカウンセリングを受けるよう伝えること。可能であればそう言う方の話を直接聞いて記事にしてもらいたい。そして実態があれば、行動の一つとしてカウンセラーの派遣を行うような体制づくりを立ち上げてもらいたい。
5.とにかく返事をしてください。逃げてるようにしかみえませんよー。

みなさんへは
1.何と戦っているのか。私の何が「アンチ」行為で、それをして誰が得するのか、その理由。(これはもうどうでもいいです。ただ勘違いし続けてるだけだとわかりましたので)
2.心理的ストレスの影響を軽く見てる人たちには、それも含めての原発問題だと自覚することが重要だということ。
3.精神的な問題がスケープゴートにされないように、今の内からデータを取る必要があるのではないかということ。
4.福島を救う気が本当にあるのかということ。デモや公演なんかで本当に変わると思っているのか。(これは失礼かな。みんなでやることは大事)もっとアプローチ考えましょうよ。
カウンセラーや精神科医師が自主避難や転地療法を促すことだってできるかもしれないんですよ?
一人でも救えるかもしれないんですよ?
それなのにアンチだなんだとくだらない論議をしている余裕が何故あなたたちにはあるのか。(これももうどうでもいいです。)

何かこれ書いた時の自分の熱さが恥ずかしいです(笑)

今回改めて医療従事者さんのあたり読み返してみましたけど、みなさんも改めて読み返してみることをお勧めします。
ひなぎくさんも当時は随分な書きっぷりですけど、近頃は能面を被ったような書き込みばかり。何か意見はありますか?
フロワさん (ひなぎく)
2011-05-27 19:06:59
まずは、お礼を申し上げますね。
こちらの私たちの精神をご心配頂きまして誠に有難うございます。

そこで、フロワさん、あなた随分と頑張って心配してくださっていますけれど、お疲れになりませんか?随分と興奮も為さっている様に伺えるのですけれど?こちらの方々よりも貴方の方が、私は心配になります。

精神面の事は、微妙で難しい面がありますし、医療の部類に入りますので、こちらでは対応できないと思います。いくら、木下さんでもそこまでの面倒は見きれないと思います。

各自、此処にお集まりの皆さんは、大人として自己責任で集まっています。精神面も自己の責任で管理していると思います。例えこちらの方で精神に変調をきたしてしまったとして、こちらの議論傾向がその原因のようには誰も言わないと思います。

そもそもの原因は、原発事故による放射能の拡散にあります。原因はそこにあるのです。
こちらを、自分にとって思わしくない議論傾向に思えたなら、自己の判断で去ればよい事ですし、精神に支障をきたすほどの悪影響の所なら、自分にとって安心できるサイトとかを探せば済むことなのです。

子供ではないのですから、他人にそんな事まで心配していただく必要は無いと思います。
だからと言って、気をつけて防ぐと言う事も限界が有ると思います。何しろ事故が事故ですからね。平常時でも、みんな、気をつけていても様ざまな病気になってしまいます。気をつけて防げるなら、病院も、精神科も必要ないですからね。みんな、自分で自分なりに気をつけているはずです。

崩れてしまったら、治療を受けることだと思います。こちらの皆さんは、いろいろな事に気をつけて、気を使っていますよ。ですから、医療関係者さまとか、あなた様の仰る「気をつけてください」は、余計なご心配だと思います。
みなさん、健康に気をつけているからこそ、こちらに集っているのですよ。ですから、どうぞご心配なく。

この話題は、此処で終りにしたいのです。ここで、この回だけで留まっていると、新しい話題の所に書き込みが出来なくなってしまいます。ですから私は、これでこの回はピリオドを打たせて戴きますね。

それから、素人の書かれた記事の真相云々を仰られていますけれど、大手新聞は嘘だらけ、歪曲だらけですよ、そちらの方をつっかれた方が
実務的に実があると思います。素人やブログに間違いがあっても仕方がないです。間違いに気がついたときに訂正してごめんなさいで済みます。

私なんかも、しょっちゅう間違っています。自分で気がついたモノだけでも、これだけあります。木下さんを山下さんと打ち間違えたり、メルトダウンをメトルダウンとずーと打っていたり、山本太郎さんを山田太郎さんと打ったり、間違いだらけです。その他にも自分で気がつかない間違いは沢山あると思います。

ですから、どうぞ、ご心配なく。
あまり、細かい所を心配していると疲れますよ。では、どうぞお元気で!

なるほど (興味深い)
2011-05-27 19:29:47

情報ありがとうございました!

ヨウ素剤の頒布の話は正直知りませんでしたので
勉強になりました。拡散させて頂きます(^^

しかしジャーナリスト並に物凄い情報量ですね。
こんな所で書くよりも木下さんのイベントでも披露された方が良いかと…

あと老婆心を承知で言いますが
文章の書き方で大分損されているのではないですか?

長いやりとりなので前後をあまりちゃんと読んでませんが
感情的になり過ぎで確かに変な人に見えますよ。
もったいない。


でもフロワさんや私たちが心配している
こうした事態をなんとかする事考えると
私たちお互いの共通の敵は情報操作する東電と政府ですよね!

木下さんやここの人達に問い詰めるのも良いですが
仲間割れになっては全く意味はありません。
本来お互いなんとかしなくちゃ、で同じなのですから。

念の為繰り返しますが、ちょっと感情的に煽り気味だったり、
勢い木下さんや皆を問い詰めるのもオッケーです。
でも真の敵は”原発を推進し情報をかく乱する人達”なのです!

大事な事なので2回言いましたが、
今後もいろいろ教えてください。
よろしくお願い致します。
みんな仲間だよね? (東京のとり)
2011-05-28 00:53:57
こんばんは。
特に、ひなぎくさん、フロアさんに対して「では、どうぞお元気で!」はちょっとひどくないですかね?
なんで自分と意見の違う人を排除しようとするのですかね?
ちょっとあんまりだと思うので・・・

まず、ここに出入りしている人は、みんな仲間ではないですか? 少なくとも日本人なんです。
そして、何より福島のみんなが心配なのは確かですよね?

私としてはフロアさんはかなり冷静な人に思えます。
少なくとも、福島に比べ、まだましな東京で放射能に恐れている人、全く関心のない人、それぞれを受け入れ判断しつつ・・・客観的に自分を見てるよな感じがします。(それは福島在住さんにも感じています)あくまで私的な見解ですが。
それに、医療関係者さんの目的がなんだったのかは私にはわからないですが、この一石で「気付き」はあったのではないですか?少なくとも、医療関係者さんは「かく乱」だとか、「論破」だとか、そんなこと考えてないと思います。
だって、仲間でしょ?
立ち止まって自分を客観的にみることは、この状況でとても必要なことだと思うのですがどうでしょうか?

確かに、医療関係者さんの発言の中で事実データに本当に基づいたものなのか、など、問題はあったかもしれません。
でもそれは、私からするとなんでもかんでもこのブログに
「こんな情報もありました」的にリンクする行為も同じように感じます。(実際ソースが怪しいものも・・・)

ここに集まっているみなさんのほとんどは、テレビなどのマスコミは信じない、とはいっても、ネットの情報も全部信じてはいない、ですよね?どーでもいいリンクはスルーしていると思うのです。(私はそうです)これは読み手が選んで、自己判断していく問題であるとは思います。

でも、ネット慣れしていないヒマなおばあさま(失礼!)が、一日中ネットにかじりついて仕入れた情報についてはちゃんと精査せずに垂れ流ししているのに、フロアさんや医療関係者さんを責めるのはヘンだと思います。

多分、こんな未曾有の事態でなければ、絶対理解できない人たちが、今、このブログに集っていますよね。(これも私が感じることでしかないですが)
でも目標は一つ、とにかくまずは「福島の子どのたち」
そして、「大人たち」を支援していくこと、だと私は思っているのですが・・・

今回の論争もどき (端からオッス)
2011-05-28 03:18:20
いゃぁ~ひどいのは両者とも同じでしょ。医療関係者さんの意図する所がわからないのに論争してもムダだょ。で放射能汚染にしてもここでやってる論争はムダに思うな。木下さん等の試みはこれまでの日本の報道に対し一石を投じることになるんですょね。たとえ結果木下さんが間違った情報を出したとしても。だって真実が見えない状況なので木下さんの情報全てを突っ込み入れたり揚げ足とる事が可能なんですょ。木下さんの情報に意見する事は大切に思うのですが、やはり木下さんブログの意義を尊重する中で荒れないよう配慮しコメントする事が大切に思いますょ。気に入らないのならココを見なければいいだけの事さ。テレビや新聞と同じ流れで木下さんを見ると意味ないし。私も木下さんに洗脳されないよう努めてるしw。生身の木下さんにあれしろ、これしろとか言っても不可能だから。それなら自分で調べろと言いたくなるぜ。木下さんブログに俺達料金払ってるわけでないんだ。厚かましいのが居るょ。もう一部の権力者や政治家、マスコミに目隠しされるのはごめんだ!(世界的兆候)という認識が皆さんあるわけだから、ある意味みんな同士だょね。そこんとこ大切にしたいょ。長文すみません。
大体思った通りになっていますね (福島県在住)
2011-05-28 11:20:06
国は基本的に動かない
東電は存続する
集団避難はまだまだ非現実的
結局国は原発推進のまま
メディアも原発問題は相変わらず突っ込んだ取材をしない(四号機の問題とかね)

いくらヒステリックに騒いでも
脱原発の政治家が主流にならない限り世の中は変わらない
原発は危険だから原発で働いている人が職を失おうと
それはしょうがないなどと言っているうちは、所詮脱原発など不可能
原発は一大産業なんだからそれに変わる雇用の受け皿も必要
この不景気な世の中で職を失うことがどれほど大変なことか暇な主婦にはわからないのかも知れません

お金の問題、エネルギーの問題、雇用の問題、資源の問題、政治の問題
全て考慮してそれでも何とかなると世の中が判断しない限り脱原発など幻想です
お! (人類)
2011-05-28 13:04:27
とうとう馬脚を表しましたな(笑)

もう重箱の隅をつつく個人攻撃くらいしか出来ないと解ると、原発維持しか道は無いと論陣を張る訳ですか。そうですかw

人生の選択肢が少ない人も大変ですねえ。

Unknown (Unknown)
2011-05-28 18:15:12
原発推進派の政治屋や東電ら加害者ならいざ知らず
被害者である他人をおとしめたり、その苦悩や苦悶を
矮小化することは、スマートではありません。

小泉以来、誤った意味での「自己責任」が流行するようになったと思います。
ウンザリです。
東京のとりさん (福島県在住)
2011-05-29 00:41:41
ひなぎくさんに関しては何を言っても無駄ですよ
あのばさまには自分の意見がここを代表しているという自負がありますから
だから自分の意見と異なる意見はここには不適当な意見となる


自分は安全圏に子供を低リスクで逃がせる環境にいてそれがしたくても出来ない人にリスク度外視で子供を逃がすべきだ
なんて投稿が出来る無神経な人ですから

主張はまっとうでも貴女に言われたくないと誰もが思うでしょう

あ、俺も似たようなこと言っているかも
だから余計に気にいらないのか
近親憎悪ってやつか
砂上の楼閣 (東京の一市民)
2011-05-29 03:14:42
木下様

最低限、”皆さんが気にされているこの元記事の主婦に会って取材をしたのかどうか。”だけでもはっきりさせて頂けませんでしょうか。
この際、実際にお会いにならなくてもいいです、電話でもメールでもいいです。
取材の裏取りをされていないと思われる記事を垂れ流しても、アンチだろうが、非アンチだろうが、判断の基準になりませんし、”もし裏取りがされていないようでしたら”、木下様は「ジャーナリスト」としてきつい言葉ですが”失格”と私は考えます。

よろしくお願いします。
原発維持? (福島県在住)
2011-05-29 06:34:01
脱原発と叫んでいれば実現出来ると思っているのでしょうか?
代替案の実現性も検討せず
原発は危険で無駄だからなんの問題もなくやめられる、なんて錯覚を持っている人がいる
自然エネルギーにしても都合の良い部分しか見ない

脱原発のためには脱原発を主張する政治家を沢山選出しなければならない
だから非常に時間がかかるし原発のデメリットだけでなくメリットも他のエネルギーと比較して議論する必要がある
少なくともドイツやスイスではそういう議論の末に脱原発を実現したはずだが?
原発のリスクという一面しか見ないで、反原発を叫ぶだけの活動で脱原発など出来ると思っているのでしょうか?
こうやってちょっと反対意見を言うとレッテル貼りをするんではまともな議論など望むのは無理かな?
Unknown (端からオッス)
2011-05-29 11:19:07
福島県在住さんは自意識過剰なだけ。荒らしを喜ぶ子ども。あたり前の事をさも自分の発想のごとく述べる福島県在住の幼さに温かい目を!
原発推進? (日本在住)
2011-05-29 11:40:56
原発は必要と叫んでいれば実現出来ると思っているのでしょうか?
使用済核燃料というゴミの処理案の実現性も検討せず
原発は安全でクリーンだからなんの問題もない、なんて錯覚を持っている人がい

コストにしても都合の良い部分しか見ない

原発推進のためには原発推進を主張する政治家を沢山買収しなければならない
だから非常にカネがかかるし原発のデメリットだけでなくメリットも他のエネル
ギーと比較して議論する機会を封じ込める必要がある
少なくともドイツやスイスではそういう議論の末に脱原発を実現したはずだが?
原発のメリットという捏造された一面しか見ないで、原発推進を叫ぶだけの活動
で原発推進など出来ると思っているのでしょうか?やっぱりカネですか。そうで
すかw
こうやってちょっと反対意見を言うとレッテル貼りをするんではまともな議論など望むのは無理かな?
お願いします (atsuko)
2011-05-29 11:55:44
木下さん、いつもありがとうございます。

原発事故は収束しておりません。
放射能の汚染も広がっています。
その中で各人なりに考え行動を起こしています。
この日本の状況の中でいろいろな各人の現在の悩みや考えや情報や動きを知り、リアルに参考や刺激になるのが木下さんのブログではないでしょうか。
固執するような個人攻撃の流れは終わりにしませんか。
真実を示してほしい (Unknown)
2011-05-29 14:24:14
過去に二度ほど裏取りしてくれと書き込んだアンノウンです。

木下さんは、ひょっとして、
放置しておけばこの項がどんどん下がって誰の目にも触れなくなるだろうから、
このまま放っておけばよいと判断されているのですか?
原発問題の大筋には影響を与えないと判断し無視ですか?

その判断は違うと思いますよ。
「こんなに追いつめられている人がいる」ということで長文の投稿を掲載し、
「ほら、こんなに大変なことになっているんだ。事態は猶予を許さない段階なんだ」
と主張なさったのです。
その主張には大筋で同意していますが、
ただ、その理由付けとして大々的に掲載した投稿の信憑性については、
検証をまったく行っていただけません。
少なくとも第三者の目にはそう見えます。
「とりあえず無視しておきましょう」などという
投稿人とのやりとりなど…ありませんよね?

野菜の産地擬装うんぬんについては、
実際に測定された方の投稿で
その本当のところを知ることができました。
伝聞というものが
いかに正確に伝わりにくいものであるかを改めて思い知らされた気がします。
悪気はなかったにせよ、
結局はひとつの事象が自らの主張に都合の良いようにねじ曲げられ
多くの人に伝わることとなったのです。
別の項にある「関東人が放射性物質をまき散らし関西を汚染している」という趣旨の情報にも

同様の「伝聞の恐ろしさ」が潜んでいるように思えてなりません。

曖昧さの残る「情報」には検証が不可欠です。
自分の思考と合致する情報は無条件に受け入れ、
逆に相容れないものについてはハナから否定にかかる…
そんな極端な反応を示す人が増えているのですから、
なおさらしっかり検証すべきなのです。

木下さん、「追い込まれ続ける主婦の訴え」の記述内容につき、
少なくとも信憑性にかかる検証を行わずに放っておく、
あるいは検証結果を発表しないでいるのは正しい選択ではないと考えます。
検証する必要がないと判断しているのならその旨を理由を付加した上で明記すべきであり、
検証の結果を発表できないのであれば、そのことを正しく伝えるべきです。

あなたは今や、ご自身が好むと好まざるとに関わらず、
多くの人を導いてしまっているのです。
バランス感覚を大事にしましょうよ。
当たり前の事 (福島県在住)
2011-05-29 15:43:36
それがなぜ行われないのでしょうねぇ
ここでは原発は高コストで危険だって主張しか見かけないのだが
他の自然エネルギーや火力の問題点の指摘など見た事がない
偏ってるんですよ

あと荒らし認定ありがとうございます(笑)
しかしまあ、そうやって茶化しても世の中の流れが
原発推進なのは変わらないのだが・・・
資料だけ (KAT)
2011-05-29 18:14:43
http://housyanou.com/picture/image/192031588.jpg

http://ag.riken.jp/u/mon/2011-03-21.gif
http://img52.imageshack.us/img52/9049/70289556.jpg
http://img156.imageshack.us/img156/7789/11330399.jpg

関連資料になると思います。
また色々と。 (フロワ)
2011-05-30 18:31:53
この土日は書き込み控えてのんびり&色々勉強してました。
まぁ、木下さんの書き込みを待ってたんですが。
でも、それもまだ叶わないようですね。

私が「ただのクレーマー」じゃないと分かってくれた方がいらして嬉しいです。

もう一つ、みなさんに精神的なバランスの重要性を訴えている理由をお話しておきます。
ちょっとこれは私にも辛いことですので、書くべきではないと思っていたのですが、この際伝えておきます。
私は大事な人を自殺で失ってます。鬱病でした。何もできませんでした。
数日前にはまたねって別れたのに、何一つ残してくれず、マンションから飛び降りました。
自殺は身内、お世話になった方、自分に関わった全ての人を周りに集めて爆弾で自爆するようなものです。
みんな、死にはしませんが、心はズタズタにされました。
それから私は私なりにそういう精神的な問題を勉強してきたという経緯があるのです。精神病がが憎くて。

ネット上の色々なブログをここ最近見て回っているのですが、震災後1か月ほど経って体調をくずしたと書かれているコメントの中には、自律神経失調症とみられる症状の方もいます。
特に子どもが、という書き込みが多いですが、子どもは親よりもそういう面で弱いので、様々な影響を受けやすいのです。
つい最近、福島県でも子どもがご飯を食べられなくなったので避難を決めたというニュースがありましたよね。

木下さんの最近の記事
警告:東京など首都圏で低線量被曝の症状が子どもたちにおきているという情報
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/945898fc22160543b404a9ca949cefe5
でも、気にしすぎなんじゃないかなーと思うコメント多々有りです。

http://matome.naver.jp/odai/2130672965836667001
このまとめがツイッターで廻ってきましたけど、これも…自律神経失調症や、パニック障害の方が何人かはいると思いますよ。まぁ、大体肋間神経痛らしいですけど。
病状は自律神経失調症で検索してお調べいただければ詳しく分かると思います。

身体に異状が出たとして、身体的な症状を全部調べても何処にも異常がなく、行き止まりになって苦悩しまってる方に、精神病、自律神経失調症の可能性をアナウンスする必要があります。
それを心配しすぎですよで片付ける医者に当たってしまうと、放置してどんどん症状が悪化していくことになります。
それを医療界は避けなければならないと思います。
出来るだけ包括的に考えなければならないんです。
でも、見る限りうまくいってはなさそうですね。
放射能のせいにしたいって意図が見え隠れしてるのがなんとも(苦笑)


>ひなぎくさん
この程度の興奮では疲れませんよー。
本当はもっともっと伝えなきゃいけないと思うんです。

木下さんはめんどうをみきれないと申しますが、この記事や「警告」なる記事を掲載している責任があります。
原発はあくまでリスクであり、それをコントロールするのは政府であり、マスコミであり、木下さんであり、我々なのです。
自分にとって安心できるサイトとかを探せば済むといいますが、もう無理ですよ。
自分が情報を知らないことによって死ぬかも知れない、子どもを死なせてしまうかも知れないという強迫観念がそれを許さないんです。そういう意味では麻薬に近いものかも知れない。
子どもではないからこそ、注意が必要なんです。子どもはよく分かっていませんから。
でも、親のストレスは敏感に感じとって自分のストレスにしてしまいます。そこが注意です。
精神病は気をつけてならないものでもなく、徴候を見逃さずすぐ病院へ行くなどの初期治療が重要です。
崩れたら治せばいいというような簡単なものではないから、私も医療従事者さんも注意して下さいと言っているんですよ。すぐ治るなら自殺しないんですよ…
木下さんが返事してくれるまでは、疲れないと思います(笑)
言われたので返しますよ。お元気で!

>興味深いさん
すいません。煽りだと思っちゃいましたので…ごめんなさい。

私が出した情報は、ネットの検索で簡単に出てきたものです。
なのに木下さんおよび他の方は調べもせず攻撃なさってたという…
何なんでしょうかこの状況は(笑)
誰か木下さんの公演で質問してくれませんかね(笑)

書き方ですか…女性は感情的になっちゃうと素が出るんですよ(笑)
みなさんもヒステリックな書き込みしてますけど、ネットを出て、素の状態でもこんな風になってしまうのは時間の問題なんじゃないかと…
木下さんはそれを制御できるつもりなのでしょうか…

先ほど「原発はあくまでリスクであり、それをコントロールするのは政府であり、マスコミであり、木下さんであり、我々なのです。」と書きましたが、コントロールするどれかに何らかのバイアスが掛かっていた場合、損や被害を被るのは一番下の我々国民です。
マスコミや木下さんは、その中間として、煽りでなく、事実のみを掲載しなければいけないという責任を持ってもらいたいと思います。
だから、この記事の真偽をこれほど皆さん気になさっているんです。
色々仲間割れもありましたが、これに関しては私達の精神問題うんぬんよりも、皆さんの強い熱望があります。今回も東京の一市民さん・真実を示してほしい (Unknown)さんが訴えてます。
どうか、この件だけでもお答えいただけるとみなさん安心すると思うのですが、どうでしょう、木下さん。

>敵
ですね。真の敵は東電と政府。それは良いことだと思います。
でも敵の前に、自分です。
「腹が減っては戦は出来ぬ」
万全の状態で戦い続けましょう。


>東京のとりさん
ありがとうございます。
ありがとうございます。
客観的なのかどうかは分かりませんが、みなさんのためを思って書いてます。
仲間ですよ。仲間が苦しんでるのを黙ってみていられない人がいたんです。
でも、それを多くの仲間はその行動に逆に苦しめられていると思ってしまった。
悲しいことだと今になって思います。


>端からオッスさん
医療従事者さんの意図…みんな当時の周りの反応に惑わされすぎな気が…
みんなをそんな酷い呼ばわりした感じなんてみじんも感じられないんだけどなー
私だったら「この放射能キチ○イ共!」ぐらい言っちゃうかも(笑)
木下さんブログの意義の捉え方の差ですかね。
私はもうちょっとこう…なんとかならんもんかと(笑)


うーん、それ以降は私の知らない荒れ方をしてるのでコメントに困りますが、みなさん力を合わせて生きましょうね。
残念です ((福島県中通り北部在住) )
2011-05-31 13:18:00
ちょっと久しぶりのコメントさせていただきます。
木下さんのブログを知り、初めて読んだ時は色んな意味でビックリしました。
私は原発の情報や状況、周辺地域の情報を求めこのブログを読んでましたが
最近は、自分が求めるものとは方向性が違っているような!?気がしてなりません...
なので、最近しばらく読んでもいませんでした。
> (atsuko)さんの言葉と同じ気持ちです!!
「固執するような個人攻撃の流れは終わりにしませんか」
何の解決にもならないような気がするのは私だけでしょうか?
私は、木下さんを応援してます。(何の力にもなりませんけれど...)
頑張って下さい。
みなさん!
求めるものは、きっと皆同じなんだと思います
力を合わせ生きていきましょう!
本当でした (Unknown)
2011-06-01 22:28:12
前にパニック障害と書き込んだ者です。
今3週間ごとに通院してまして、今日通院日だったので、先生に放射能恐怖症ってあるんですか?と聞いてみました。
先生曰く、そういう名称では呼んでいませんが、放射能への心配しすぎから来る症状の患者さんは確かに増えてますとのこと。
主婦の方がほとんどで、年齢層も幅広いとのことです。

先生は「リスク・コミュニケーション」が重要ですと行っていました。
放射能というリスクとどうつきあっていくか、ということのようです。
今東電や政府の情報が安定してないので、そのコミュニケーションが上手くできなくなっていることも大きな影響を及ぼすらしいです。

先生は癌になるのなんて30年後ぐらいのことですから平均寿命なんで僕は気にしませんけどねと笑っていました(実際の診察でそういっているかどうかは分かりませんけど)

でも小さいお子さんを抱えた奥さんは確かに心配ですと言っていました。
カウンセリングと安定剤などで治療を行うんでしょうかね。そこまでは聞けませんでしたけど。

というわけで、医療従事者さんの言ってたことは、少なくとも私の通っている心療内科では事実でした。
今更で申し訳ないですが、そういうわけですのでお気を付けください。

もうこのコメント見る人も少なそうですけど(笑)
会ってお話を聞きたい!です。 (広美・水戸・6才の母親です)
2011-06-22 23:56:54
読んで驚きました
水戸の小学校では、草むしりだの、砂遊びだの、こんな不安感いっぱいな中、無知過ぎです。ラジオ番組で聞いた京都大学の助教授の話を聞いて以来、自分で市役所や専門に電話をしました。草むしりを怒り、砂遊びをやるなら欠席すると言ったら、延期になりましたが、次にジャガ芋掘りは 早退させますと連絡帳に書けば、延期になりました!と教頭先生からのお電話を頂きました。学校に測定器を借りて下さい!と依頼して届いた様ですが連絡もありません。色々教えて下さい!
たしかにいろいろ有りましたね。 (五円玉)
2011-08-01 20:43:50
あれから数ヶ月たちましたが、余計に日立人のアンポンタンぶり 発揮が、かなり目立ってます。年は関係ないですね。やっぱり日立はバカなんでしょう。 私 日立に住んでるんですが、プライドばっかりで、使えない人間かなり目立っ~
操作されてはいないとおもいます。 (八島)
2011-11-24 14:00:55
今福島市に住んでいます。茨城県はそれほど情報がないのかと驚きました。
私達は高い放射線量に精神的に厳しい状態にはいますが、正確な情報がないというのはもっとつらいことかもしれません。
いわき市のデータでは3月12日急激に放射線量が上がり数時間後にはまた急激に下がりました。
12日は天気が良かったので汚染物質は風で流れていったものと考えられます。
現在高濃度の放射線が観測されている場所は放射能汚染物質を含んだ雨が降った場所です。
久々に読み直してみると (木下黄太)
2013-01-30 13:39:44
こんないいかげんな書込みばかりあったのかと、驚きました。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。