「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログです。

「放射能」「被曝」「原発」、日本のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
更に重要なことはメルマガで展開します。

How can we persuade people around you ?

2011-12-26 12:11:48 | 福島第一原発と放射能

 

How can we persuade people around you who are threatened by—but trying not to face—the brutal reality?

 

The issue of the national distribution of radioactively contaminated debris currently opposed by residents in Shimada-shi (Shizuoka Pref.) revealed Minister Hosono’s adamant egoism. Mr.Hosono’s pressure on Shimada-shi to accept the contaminated Fukushima debris despite the protest is illogical and emotional. Mr. Hosono seems to try so hard to defeat the protest of Shimada-shi’s citizens so that he can break through the protest of nuclear waste distribution all over Japan. Mr. Hosono does not appear concerned with the life-threatening danger and unrecoverable contamination from nuclear waste incineration. Ignorant volunteers who are misled by the media and the government are now volunteering to clean up the contaminated areas without proper equipment or even wearing a respirator. And these ignorant people are the ones who would like to accept nuclear waste all over Japan, believing that is to “help” Fukushima and Tohoku. We have to continuously oppose this kind of craziness and insanity based on ignorance. (As common sense, nuclear waste should be handled with utmost care and never should be burned to prevent the escape of contaminated byproducts.)

Voluntary Soil contamination test among civilians

1.     Shugakuin, Kyoto – private vegetable field 10cm from the field. Cesium137  3.5Bq/Kg

2.     Mishima station area, Shizuoka pref.               Cesium(total)  40Bq/kg   Strontium90  2Bq/kg

It is daunting that the Strontium Cesium ratio is 1:20. We should be aware that wherever Cesium is, Strontium often exists in an appriximately 1/20 ratio.

 

I just finished a presentation (regarding the danger of radiation and the recommendation to evacuate) in Toyosu, Koto-ku, Tokyo. I was very alarmed by the responses of the people. They seemed so relaxed despite of the high level of contamination in Toyosu, where there is a large trash incinerator. Toyosu is in the Tokyo bay area about 250km away from Fukushima, near central Tokyo.

They came all the way on Christmas Sunday to listen to an unpleasant presentation about where they live. Therefore I suppose they feel alarmed—but on the contrary, they seemed so relaxed. (Tokyo already accepted nuclear debris and started incinerating in Toyosu, using the incinerated material as landfill in Tokyo bay adjacent to it.)

Even in Hyogo Prefecture, which has not yet accepted nuclear debris and is 600km away from Fukushima, I felt very intense, alarming responses from audience. So I was a little puzzled.

A mother came to talk to me after the presentation and told me that she is starting to feel sick and have lumps in her body. She says she was told it is not cancer and is so relieved. I was confused. Of course it is great that it is NOT cancer.  But something that should not happen is happening to her and her children. Yet she seemed she did not want to face that “something strange” is happening to her. This is the second time I felt this way (puzzled). First was in Kashiwa, Chiba, which is also a “hot spot” in the Kanto area near Tokyo.

They came to talk to me as they are worried, but they seem not to face it or deal with it. It really worries me.

Another woman just kept sobbing while she was talking to me. All I could do was listen to her. She said “I am also puzzled by the weird atmosphere in Kashiwa” (where she lives and a “hot spot”). “I would like to evacuate but I cannot, as I am trapped in the community. Sometimes I just have to admit I cannot even think of what is going on.” She is also experiencing strange symptoms in her body and feeling very scared, but whenever she thinks how difficult it is to evacuate in real life, she just does not want to face it. She is torn and confused between her instinct telling her something wrong is happening and the weird atmosphere (nobody seems to care) around her. That explained the reason of her crying.

I thought that was the key to the atmosphere at the presentation in Toyosu today that made me feel puzzled.

I think this incident could explain the nature of human beings. When the crisis is too big to accept for us, there are only very few people who can handle that issue and take action against it. Probably, though very cruel and sad to admit, most people do not know how to deal with too big issues happening to them.

When the contamination level is so high, they feel so threatened and obviously very scared. But most people cannot handle that crisis. Some people are mentally cornered, some just burst into tears and others have to control themselves through inconsistent and illogical thinking and talking. After all, they cannot—or try not to—face the reality, even though it directly affects their own and their children’s health.

I also contemplate: can a human being who dares to stay in a contaminated area stay as one’s normal self? It is widely known that radiation causes various neurological or mental damage. Quite simply, I doubt if people in contaminated areas 24/7 are able to keep their mental health.

Since my whole goal of this blog is to persuade people around me to evacuate from contaminated areas as soon as possible, this became an imminent issue for me recently: “Can we persuade or talk logically with people who began avoiding facing the reality?”. I suspect some percentage of people staying in Tokyo have similar issues. They might be caught in the same trap as people who are trapped in hot spots.

I have someone who is very special for me, still not leaving Tokyo. I tried hard to persuade her but in vain. She cannot answer my question why she dares to stay there. I begged her to leave and told her, “I am going to regret for the rest of my life if you are in any way hurt because of not evacuating and staying here any longer. I also will have to blame myself that I failed to persuade you”. She replied, “It is not your fault, so you have no reason to regret or blame yourself”.

There is no logical Q&A here. And I do not know how I can persuade her. It frustrates me and worries me so much.

I am sure many of you are having similar issues and feeling the same way. There is a wall between us and them. How can we break through this wall?

Maybe we need more people who voluntary evacuate. If more people go, others might follow.

Today on Christmas day, I am thinking and thinking how I can make her change her mind to make her leave from the area I think is not safe.

 Anyone in a contaminated area (including the Tokyo area), especially children, pregnant women or women who may become pregnant, should evacuate to an area of less radioactive contamination. The top priority is to evacuate as soon as you can. Continuous radiation exposure should be avoided at all costs.

 

下記の記事の緊急英訳です。英語サイトとは別の方がニューヨークで翻訳。現地はクリスマスのまだ深夜かもしれません。ありがとうございます。

危機感がありながらも、現実から目を背け始めた大切な人を、僕も、あなたも、説得できるのだろうか。

2011-12-25 23:59:15 | 福島第一原発

ジャンル:
ウェブログ
コメント (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【緊急】北海道の苫小牧市が... | トップ | 【危険】汚染車両で被曝、歩... »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
振り向けば北朝鮮 (Unknown)
2011-12-26 13:40:54

カナダの医学誌に
「事故以来 嘘をつき続け…その対応はチェルノブイリ時のソ連以下」と酷評(真実ですが)されてしまった日本政府

振り向けば北朝鮮と中国しかいない現状 政治家として以前に人として恥ずかしくないのだろうか?

政治家や東電幹部の家族は そんな父親をどう思っているのだろう? 私なら耐えられないけど 人でなしの子も やはり人でなしなんだろうか?

Stop nuclear debris around Mt.Fuji (patriot)
2011-12-26 15:07:55
This is a petition sent to UNESCO from civilians in Mt. Fuji area (Nuclear debris distribution is about to happen all over Japan. Please help this important issue heard!)

富士山瓦礫拡散阻止プロジェクトからユネスコに充てられた英文書を見つけたので添付します。

政府が独断で住民の声を無視して放射性物質を拡散させている経緯、一刻の猶予もないことをA42枚で全て書いてあります。


宛先と文面を微調整すれば、海外の団体で瓦礫拡散に対して圧力をかけられるところがあれば、定型文書として利用できるかと思います(使うときはくれぐれも名称(と特化された箇所)部分を修正するよう気を付けてください)。

Re: Petition to suspend application of Mt. Fuji for World Heritage recognition due to
proposed nuclear waste disposal and contamination

This is an urgent citizens’ request to suspend or withdraw the application of
Mt. Fuji as a World Heritage candidate due to potential nuclear contamination from
proposed radioactive waste disposal proximate to the Mt. Fuji site though a non-
transparent process without meaningful environmental impact review.

The government of Japan has started to distribute radioactive waste from
Fukushima & Tohoku throughout Japan to be burned in local burning facilities, starting in Tokyo in November 2011.

The determination to do this was made largely in secret and only recently became public, driving citizen protests.
Other prefectures have been ordered to follow suit and accept radioactive waste.

Shizuoka and Yamanashi prefecture, where Mt. Fuji is located, and its municipal
governments announced recently that would accept the radioactive waste .

As a matter of common sense, nuclear waste should be handled with utmost care in restricted areas, and distribution of this highly toxic material is both prohibited
and illegal.

But the government itself is departing from its own prior laws and practice,
without meaningful public participation or environmental review, and is now engaging
in distribution of the waste throughout Japan, including around Mt. Fuji, under the name of “helping Fukushima”.

This reckless behavior threatens the sensitive
groundwater and habitat around the Mt. Fuji site.

Many citizens have been outraged and have been protesting since this practice was recently revealed and publicized.

However, Japanese authorities have either ignored protests or threatened citizens to “shut up”.

The waste distribution is being handled as a government controlled, non-transparent project, and the Mt. Fuji site and adjacent areas will be subject to contamination by radioactive waste and byproducts from burning of contaminated debris without any meaningful
environmental impact study.

As residents of Shizuoka and Yamanashi, we have done everything we could in vain to protect Mt. Fuji, but we are in a desperate situation.

The Japanese government deeply respects international organizations such as UNESCO, even though they ignore
citizen concerns!

You have the power to protect Mt. Fuji and surrounding areas. WE NEED YOUR HELP!

The government has applied to UNESCO for world heritage status for Mt.Fuji.

If UNESCO announces a rejection or suspension of the application because of this anticipated potential nuclear contamination in and around Mt. Fuji without environmental impact studies or citizen participation, it will have a major influence on the Japanese government and municipal decisions to reconsider these waste disposal plans.

Mt. Fuji is a symbol of Japan and an environmental treasure for the world.

We urge UNESCO to investigate this matter and voice concerns, so that proper study can
be made of the environmental impact BEFORE waste is disposed near Mt. Fuji.


Please let us know if we can provide you
anything else you may need to move forward. We would very much appreciate if you
give us a response.

Sincerely yours,

From people in Yamanashi/Shizuoka prefectures, Japan

The Project to Protect Mt. Fuji from Nuclear Contamination
感謝 (るる)
2011-12-26 15:58:32
素晴らしいです、早速この訳された木下さんの訴えかけを、私の反瓦礫焼却協力レターの貴重な資料として使わせて頂きます。
ニューヨークの同志の方、有り難うございました。深く感謝致します。

木下様、事後報告で申し訳ありませんが、私の制作したレターに木下様の英語版ブログもリファレンスとして使わせて頂きました。又、木下様の事もブレイブジャーナリストとして紹介させて頂きました。

海外は今ホリデー中なので大きな反応はございませんが、先日、テキサスの発言力のある著名人の東京事務局からかなり手厳しい反応が返ってきました。
簡略に説明致します。
○他県は知らないが、東京都での瓦礫焼却は放射線は付着していない若しくは規定内レベルなので問題ではない
○そもそもの前提が間違っており、ただの瓦礫を焼却する事に
危険性は無い
○偏った内容や特定のソースで物事を判断するのは大変危険な行為である
○確実な証拠が無い限り、討論する事は無意味
○冷温停止状態などの真実は闇の中なので真意はわからない

等、やはりマスコミ報道を妄信している状態でした。
しかし、諦めずに今でもメールのやり取りは続いています。

以前、皆様にレター拡散の協力をお願いしましたが、このような手厳しい反応が返ってきて、嫌な想いをさせてしまうかもしれません。ですので、こちらは私一人で闘っていきたいと思います。あの際は思慮に欠ける事をお願いしてしまい失礼致しました。


危機感がありながらも、現実から目を背けた大切な人達に
私はいったいどのようにして説得が出来るのだろうか..。
この言葉、自問自答が続いています。
時間がない、頑張らなくては。



沼津市 (Unknown)
2011-12-26 20:36:17
沼津市が一月にがれきを試しで燃やしてみるそうです。安全だとわかったら受け入れたいらしい…。


どうか全国の皆様、反対してください!

お願いします!!!
るるさんへ (inori(千葉から関西へ母子避難中))
2011-12-26 22:06:33
「危機感がありながらも~」の記事にコメントしておきましたので、
どうか見てください。

海外の方にも拡散していただきたいビデオのリンクを貼りました。
英語字幕のついた広瀬隆氏の講演記録です。
(既出かもしれませんが)

ヘルプ!
るるさんの力、必要です。
希望を捨てないで
みんなで力を合わせて
せめて子どもだけでも守ろうよ!

人間どうせ死ぬのはわかっているけど、
私はまだ諦めたくない。
諦めないぞ!
ねえ、みんな。

子どもたち、青年のみなさんも見ていますか?
私たち大人のこと、もうとっくに信用できないかもしれないけど
とにかくがんばる。
ほんとにごめんね。
あなたたちには何の罪もない。

なんの統計も必要ない。
子どもに罪がないこと
遺伝子を傷つけること
このふたつだけは確かなこと。

ありがとうございます。 (tea)
2011-12-26 22:10:04
翻訳、ありがとうございます。英文の情報をできる限り海外の友人知人にも拡散させていただきます。

しかし、るるさん(いつもありがとうございます)のコメントによるテキサスの著名人の反応を読むと..やはり敵はとてつもなく大きく感じます。

そもそも世界のほとんどの先進国は原発推進であるため今回の福島原発事故についても海外のメディアもかなり過小評価な報道だと感じます。自分達に火の粉がふりかからないように。

すなわち私達は巨大な権力に対して立ち向かっているのであり、とてつもなく険しい道を歩まなくてはいけないということです。しかしひとりの力は小さくても寄って集まれば強力になります。皆さん頑張りましょう。

Unknown (Unknown)
2011-12-27 00:13:28
・山形県
既に震災瓦礫を受け入れて焼却を開始している「山形県」。
放射線モニタリング情報(平成23年12月21日9時~12月22日9時採取)によると、「山形市」の定時降下物から放射性セシウムが134、137をあわせて41MBq/km2検出されている。
47都道府県で21日~22日の降下物から放射性セシウムが検出されているのは「山形市」と「福島市」だけで、山形市は福島市の2.9MBq/km2よりも多く、約14倍。

・高知県
国は瓦礫の放射性セシウムの濃度が1キロ当たり100ベクレル以下であれば被爆の問題はないなどとして、全国知事会などを通じて各都道府県に協力を呼びかけている。
16日の高知県議会で、尾崎知事は受け入れのための様々な基準作りや安全な取り扱いの指針など前提条件が整った上で「協力する」と前向きな姿勢を示した。
inori(千葉から関西へ母子避難中)さん (るる)
2011-12-27 00:45:19
広瀬隆氏の英訳映像ものごく有効だと思います。
私もこちらは、第2のカードとして用意していました。
でも、もし又何か使えそうな資料をお気づきになりましら教えて下さい。ありがたい事です。

taeさん、そうですね..それは私も感じています。
でも、例え敵がどれだけ大きな権力であっても駄目なものは駄目、そう叫びたい。行く道は険しくても、歩んだ道跡に花が咲く様に。子供達だけでも絶対に守らなくては。
確かに一人の力は微力です、でもこうやって種まきをする事で何かを変えるきっかけになるかもしれない。
皆さん、諦めないで頑張っていきましょう。


チャップリンの史上最高のスピーチ 前編 (チョビ)
2011-12-27 01:39:23
ペーストです。
チャップリンの映画「独裁者」のスピーチの部分です。
YouTubeでも見れます。

“THE BEST SPEECH EVE R MADE” 「史上最高のスピーチ 」 I’m sorry but I don’t want to be an Emper or U+2013that’s not my business U+2013I don’t want to rule or conquer anyone. I should like to he lp everyone if possible, Jew, gentile, black ma n, white.

申し訳ないが、私は皇帝などなりたくない。 それは私には関わりのないことだ。 誰も 支配も征服もしたくない。できれることなら 皆を助けたい、ユダヤ人も、ユダヤ人以外も 、黒人も、白人も。

We all want to help one another, human bein gs are like that. We all want to live by each other’s happiness, not by each other’s mis ery. We don’t want to hate and despise one another.

私たちは皆、助け合いたいのだ。 人間とは そういうものなんだ。 私たちは皆、他人の 不幸ではなく、お互いの幸福と寄り添って生 きたいのだ。 私たちは憎み合ったり、見下 し合ったりなどしたくないのだ。

In this world there is room for everyone and the earth is rich and can provide for everyon e. The way of life can be free and beautiful. But we have lost the way. Greed has pois oned men’s souls U+2013has barricaded the worl d with hate; has goose-stepped us into mis ery and bloodshed.

この世界には、全人類が暮らせるだけの場所 があり、大地は豊かで、皆に恵みを与えてく れる。 人生の生き方は自由で美しい。 し かし、私たちは生き方を見失ってしまったの だ。 欲が人の魂を毒し、憎しみと共に世界 を閉鎖し、不幸、惨劇へと私たちを行進させ た。

We have developed speed but we have shut ourselves in: machinery that gives abundance has left us in want.

私たちはスピードを開発したが、それによっ て自分自身を孤立させた。 ゆとりを与えて くれる機械により、貧困を作り上げた。

Our knowledge has made us cynical, our clev erness hard and unkind. We think too much a nd feel too little: More than machinery we ne ed humanity; More than cleverness we need kindness and gentleness. Without these quali ties, life will be violent and all will be lost.

知識は私たちを皮肉にし、知恵は私たちを冷 たく、薄情にした。 私たちは考え過ぎで、 感じなく過ぎる。 機械よりも、私たちには 人類愛が必要なのだ。 賢さよりも、優しさ や思いやりが必要なのだ。 そういう感情な しには、世の中は暴力で満ち、全てが失われ てしまう。

The aeroplane and the radio have brought us closer together. The very nature of these inve ntions cries out for the goodness in men, crie s out for universal brotherhood for the unity of us all.

飛行機やラジオが私たちの距離を縮めてくれ た。 そんな発明の本質は人間の良心に呼び かけ、世界がひとつになることを呼びかける 。

Even now my voice is reaching millions throu ghout the world, millions of despairing men, women and little children, victims of a system that makes men torture and imprison innoce nt people.

今も、私の声は世界中の何百万人もの人々の もとに、絶望した男性達、女性達、子供達、 罪のない人達を拷問し、投獄する組織の犠牲 者のもとに届いている。

To those who can hear me I say “Do not des pair”. The misery that is now upon us is bu t the passing of greed, the bitterness of men who fear the way of human progress: the h ate of men will pass and dictators die and th e power they took from the people, will retur n to the people and so long as men die [now] liberty will never perish…

私の声が聞こえる人達に言う、「絶望しては いけない」。 私たちに覆いかぶさっている 不幸は、単に過ぎ去る欲であり、人間の進歩 を恐れる者の嫌悪なのだ。 憎しみは消え去 り、独裁者たちは死に絶え、人々から奪いと られた権力は、人々のもとに返されるだろう 。 決して人間が永遠には生きることがない ように、自由も滅びることもない。

チャップリンの史上最高のスピーチ 後編 (チョビ)
2011-12-27 01:43:36
Soldiers don’t give yourselves to brutes, m en who despise you and enslave you who re giment your lives, tell you what to do, what to think and what to feel, who drill you, diet you ,treat you as cattle, as cannon fodder.

兵士たちよ。 獣たちに身を託してはいけな い。 君たちを見下し、奴隷にし、人生を操 る者たちは、君たちが何をし、何を考え、何 を感じるかを指図し、そして、君たちを仕込 み、食べ物を制限する者たちは、君たちを家 畜として、単なるコマとして扱うのだ。

Don’t give yourselves to these unnatural me n, machine men, with machine minds and ma chine hearts. You are not machines. You are not cattle. You are men. You have the love of humanity in your hearts. You don’t hate o nly the unloved hate. Only the unloved and t he unnatural.

そんな自然に反する者たち、機械のマインド 、機械の心を持った機械人間たちに、身を託 してはいけない。 君たちは機械じゃない。 君たちは家畜じゃない。 君たちは人間だ 。 君たちは心に人類愛を持った人間だ。 憎んではいけない。 愛されない者だけが憎 むのだ。 愛されず、自然に反する者だけだ 。

Soldiers don’t fight for slavery, fight for lib erty. In the seventeenth chapter of Saint Luke it is written ”the kingdom of God is within man ”U+FFFDnot one man, nor a group of men but i n all men in you.

兵士よ。 奴隷を作るために闘うな。 自由 のために闘え。 『ルカによる福音書』の1 7章に、「神の国は人間の中にある」と書か れている。 一人の人間ではなく、一部の人 間でもなく、全ての人間の中なのだ。 君た ちの中になんだ。

You, the people have the power, the power t o create machines, the power to create happi ness. You the people have the power to make life free and beautiful, to make this life a won derful adventure.

君たち、人々は、機械を作り上げる力、幸福 を作り上げる力があるんだ。 君たち、人々 は人生を自由に、美しいものに、この人生を 素晴らしい冒険にする力を持っているんだ。

Then in the name of democracy let’s use th at power let us all unite. Let us fight for a ne w world, a decent world that will give men a c hance to work, that will give you the future a nd old age and security.

だから、民主国家の名のもとに、その力を使 おうではないか。 皆でひとつになろう。 新しい世界のために、皆が雇用の機会を与え られる、君たちが未来を与えられる、老後に 安定を与えてくれる、常識のある世界のため に闘おう。

By the promise of these things, brutes have ri sen to power, but they lie. They do not fulfil t heir promise, they never will. Dictators free t hemselves but they enslave the people.

そんな約束をしながら獣たちも権力を伸ばし てきたが、奴らを嘘をつく。 約束を果たさ ない。 これからも果たしはしないだろう。 独裁者たちは自分たちを自由し、人々を奴 隷にする。

Now let us fight to fulfil that promise. Let us f ight to free the world, to do away with nation al barriers, do away with greed, with hate and intolerance.

今こそ、約束を実現させるために闘おう。 世界を自由にするために、国境のバリアを失 くすために、憎しみと耐え切れない苦しみと 一緒に貪欲を失くすために闘おう。

Let us fight for a world of reason, a world wh ere science and progress will lead to all men ’s happiness. Soldiers in the name of de mocracy, let us all unite!

理性のある世界のために、科学と進歩が全人 類の幸福へと導いてくれる世界のために闘お う。 兵士たちよ。 民主国家の名のもとに 、皆でひとつになろう。

Charles Spencer Chaplin, Jr.


今、世界中の人々が政府と戦っています。

日本も他人事では無いと思います。

私は明るい未来の為に、希望を持って戦います。
るるさまへ (海外避難母子)
2011-12-27 08:57:57
「テキサスの発言力のある著名人の東京事務局」ですが、この方、アメリカ人ですか?それとも日本人ですか(これはただの好奇心からの質問)?

無視、ではなくこういう答えが頭ごなしにすぐ返ってくるということは、意図的に政府・マスコミと同じ言葉を書いていると思います。

「現在の政府の瓦礫受入れ時の基準値」「償却した場合に発生する放射性物質の予想レベル」を実際の数値をあげて反論することが必要ですが、私は言ってもダメな人間はスルーして(労力の無駄なので)他をあたるタイプです。

この手の答えに反論するためには数値、出展、データは大事です。基準値を決めた政府の人間も馬鹿ではない(というよりもみみっちい事柄については極めて頭脳がいい)ので、反論するにはこのデータを常に手元においておくのも戦法です。だって明らかに政府の基準値は異常ですから。

しかし、今我々がやろうとしているのは「麻薬の売人やその組織人」に対して「麻薬の危険性と廃絶を訴える」レベルのことだと認識してかかったほうがいいかもしれないですね。
一笑に付されるべきだめもとの闘いなのです。

彼らも危険なのわかってて(あるいは見ないふりして)やってるんですから。(そもそも核汚染に関しては東電・政府はじめ損害保険会社だって「免責」事項になっているのです。はじめから逃げ切る準備万端なのです。)

我々は人間として誠実な心を持った人々を少しでも動かして大きな流れを作るしかないのです。

嫌な思いは沢山すると思いますが、負けずに、そして地道に良心をもってやっていきましょう。
沼津市に電話しました (関西)
2011-12-27 11:03:40
沼津市のクリーンセンターに電話しました。今の所話は無く、島田市の話では?と言われました。どうなのでしょう?
Dr. Helen Caldicott (アメリカの医師(平沼百合))
2011-12-27 16:25:25
るるさん、Dr. Caldicottには、コンタクトを取られましたか?

私は、正直言って、政治家や国際メディアへのコンタクトで結果が得られるか分からないと思うので、一体どうアプローチしようかと考えていました。 Dr. Caldicottが下記のリンクの記事にコメントされてるのを見て、私もコメントを残しました。 不本意ながらフェイスブックのアカウントを作らなければいけなかったのですが、Dr. Caldicottへメッセージも送りました。

http://www.bellona.org/english_import_area/international/russia/envirorights/info_access/29685?fb_comment_id=fbc_10150120398967651_19735061_10150425508967651#f1ddce42474154a

木下さんの活動、英訳ブログ、そしてこの英訳記事を紹介しました。

彼女のように、ずっと福島の避難を呼びかけ続けている方と繋がるのも、一つの方法かと思います。 ちなみに、他の記事のコメントで紹介した、がれき受け入れ自治体一覧&マップは、ベラルーシ出身の知り合いが、Dr. Caldicottのフェイスブックに載ってたけど知ってる? と教えてくれたものです。  

http://one-world.happy-net.jp/ukeire/
コメント2の日本語訳 (愛国者)
2011-12-27 18:32:39
コメント2
Stop nuclear debris around Mt.Fuji (patriot)

の日本語訳

(富士山瓦礫拡散阻止プロジェクトから、ユネスコへ送ったファックスの内容)

「放射性瓦礫による核汚染拡大を実行するなら“富士山の世界遺産登録は受け付けない”」とのユネスコ勧告を求める請願書

日本の市民から緊急の訴え
きちんとした環境アセスメントもなく、不透明なやり方で拙速に決定された富士山周辺への放射性瓦礫の拡散。これが実行されれば富士山周辺の核物質による汚染は必定です。
こうした放射性物質拡散をするつもりなら、ユネスコは「富士山の世界遺産登録は受け付けない」と、公言してほしいのです。

日本政府は、福島・東北由来の放射性廃棄物を焼却によって日本中にばら撒き始めました。皮切りは今年11月の東京の焼却施設での放射性瓦礫の焼却です。

東京での焼却は(これほどの重要事項なのに)、その大部分は秘密裏に決定され、市民の抗議の声に押されてようやくその内容が少しずつ明らかになってきました。
他の自治体は、東京の受け入れに続き、放射性瓦礫を受け入れよと強制されています。

富士山を抱く山梨県と静岡県及びこの県下の市町村も、つい先頃、放射性瓦礫を受け入れるつもりだと言明しました。
核廃棄物の処理は、限定された管理区域で最大限の注意を払ってなされるべきこと、一般常識から考えてもこれはごく当然のことです。極めて毒性が高いこれらの物質を拡散する行為は、法で禁じられた違法行為です。

しかし日本政府自ら、こうした当然の前例も慣習も覆してしまいました。市民の意見を聞いて決定に反映させることも、環境アセスメントも全くなされぬままに。

政府は「痛みを分かち合い福島を救おう!」との合言葉で、富士山周辺を含め、日本中に放射性瓦礫を拡散する行為を現在実行に移しました。

こうした無謀な行為は、富士山周辺の地下水やそこに生息する動植物の命を脅かします。
こうした実態が明らかになるや、多くの市民が「とんでもない!」と立ち上がり抗議を続けてきました。
しかし日本政府や瓦礫拡散を実行する人たちは、抗議は無視し「黙れ!」と市民を脅す始末です。

瓦礫焼却や拡散を実行しているのは政府の息がかかった、不透明な団体(プロジェクト)です。環境に及ぼす影響を調査もせずに瓦礫を焼却すれば、放射性物質他(毒性ある)副産物が浮遊し、その結果、富士山周辺が核物質の汚染にさらされます。

我々は山梨・静岡、両県の住民として、放射性瓦礫焼却による汚染をなんとか防ごうと手を尽くしましたが、奏功せず今や事態は、絶体絶命の絶望的な状況です。

しかし、日本政府は、このように国民や市民の意見は抹殺の一途ですが、伝統的にユネスコのような国際組織の意見には弱く、必ず尊重して耳を傾けるはずです。

つまりユネスコは今、富士山周辺を核汚染から守る力を持っている。どうにもならなくなった我々にはユネスコの助けがどうしても必要です。

日本政府はユネスコに富士山の一部の世界遺産登録を既に申請済みです。

ユネスコには上記の(環境アセスぬき、市民の意見抹殺の)、瓦礫焼却による富士山周辺の汚染の懸念に配慮し「世界遺産登録申請を却下し、留保する」と公言してほしい。
ユネスコの公言は、放射性瓦礫拡散行為への重大な懸念として、日本政府や富士山周辺自治の受け入れ決定の見直しに向けた再考を促すはずです。

富士山は日本の象徴であるのみならず、世界の自然にとっても大きな宝であるはずです。

富士山周辺で瓦礫焼却が始まる前に、環境アセスメントがきちんとなされるよう、ユネスコがこの瓦礫焼却の事実関係について調査し、懸念の声をあげて下さるよう我々は強く要望します。

ユネスコが上記の行為をするために、もし必要なことやものがあればどうかおっしゃって下さい。
お返事をいただければ大変ありがたいです。

山梨・静岡両県の住民
「及び富士山を核汚染から守るプジェクト」の賛同者
感謝と希望 (るる)
2011-12-28 00:18:58
(すみません、長文になります。不要と思われる方はどうぞスキップしてください)


海外避難母子さま

彼はアメリカ人ですが政治家ではありません。彼は日本の社会問題等を何年もかけyou tubeなどで訴えてきた、日本を愛する一般人です。視聴者数は既に何万件以上になり、そのほとんどが日本人でファンも多く、先般来日もされたようです。
彼はディベート力も優れている方なので、際どい題材にも臆する事無く、発言されています。
そういった意味では、頭の固い政治家達よりよほど有効な方だと思いました。
もし彼がこの件に耳を貸して下されば、日本の無関心な一部の層が動いてくれるのではないかと。
彼のダイレクトコンタクト先は掲載されていませんでしたので、東京と大阪の事務局に英文を送付し、彼に送付して下さる様にお願いしました。

結果、散々な反応がきた訳ですが、例え反対意見であっても無視やおざなりの返答ではなく、真摯に対応された返事に実は私は喜んでいます。

私は以前から、現地(AUS)で核の元締めとするウラン採掘停止要請書をジュリアギラード首相に出し続けていますが、おざなり返答、ぬかに釘状態ですので、こういった意思のある反対文には正直、希望の光がみえるのです。
それだけ真剣に考えて下さったと言う事ですからね。

私にとって、向かう敵がどれだけ大きくてもするべき事は一つなので、これが私のライフワークだと思っています。
それに実際あまりたいした事はしていませんので。
でも、お互い健康には気をつけなくてはいけませんよね、頑張りましょう。

もちろん、私もデータ(ドイツ医師、先般記者会見の大阪の医師達、スモルニコワ医師らの発言)や、瓦礫焼却後の濃度が33倍に高まる事を知らなかったと言う橋下市長の読売新聞の記事、東京のある区を例にあげた都民一人あたりの瓦礫焼却後の被爆量などの計算式等のリソーシーズを提出しました。
それらを、一気に初めのコンタクトで見せてしまうと、(読んでもくれないとも思いますし)相手はむきになり今度は原発推進派の出している、とんでも論を突き返してきます。
こうなっては不毛な討論になっていまうので、私はまず相手に興味を持って、少しでも心を開いてもらうように心がけています。でもこれも、大変難しい事ですよね。

もし参考にされたいという事でしたら、メールのやり取りを匿名でお出しする事は私は構わないのですが、その辺りの法律はどうなのでしょうか..。


アメリカの医師(平沼百合)さま

Dr. Caldicottは知りませんでした。さっそくウェブをチェックしてコンタクトしてみようと思います。有り難うございます。こうやって、それぞれ違ったフィールドの方達から情報を貰えるのは助かります。

私のフィールドで言えば、インドはヨガのグルやその関係者達、アメリカはローフード学校の校長などへレターを送りました。どちらもLove&Peace繋がりですからね。
環境家では著名なところでDavid Suzuki氏、他Michio Kaku氏、その他各団体数十件程にコンタクトしています。

確かに、大手マスメディアには大きなアクションは望めませんよね。しかし、こちらは日本と違い市民団体が大きな力を持っています。
例えば数年前、クジラ捕鯨への大きなプロテスタントがありました。当時、私は日系企業に勤めていましたが、よく市民グループや新聞社から電話があり、会社の意見=日本の意見の様なスタンスで質問され困惑したのを覚えています。
更には、銀行で行員からも普通に『日本人は何故クジラを食べるのか?それに対しどう思っているのか』等質問をされたくらいです。

その様に当事者意識を持って生きている市民達が、この瓦礫焼却が如何に自分たちに害を及ぼすのか、仮にそれが北半球での出来事ととらえられても、環境破壊を進めている事実に気づき声を上げ始めれば、大局の流れを変えられるのではと期待しています。その為にはやはりマスメディアの協力が必要になります、諦めないで地道にプッシュしていくつもりです。


皆様、

10年以上前の話になりますが、此処オーストラリアにpangaea resorseceという会社を介して高濃度核廃棄物が持ち込まれようとしました。
この時も、影では利権にまみれる裏の社会が渦巻いていました。しかし、市民が一丸となって抗議活動、市民権を行使しそれを阻止しした実例があります。

いくら相手が巨大凶悪であろうと、全市民が勇気をもって立ち上がれば打ち勝つ事はできるのです。
そういった奇跡は世界中に溢れ出ています。
どうか日本の固執した考え方に縛られないで、心を自由にして下さい。

先ずは他人にどう思われるかを気にするのではなく、自分自身が正しいと思った事を貫く、その姿勢が国をも変えていくのだと思います。

日々の汚染との闘いは、本当に大変な事だろうと思います。
しかし、諦めないで、希望をもって、一緒に闘っていきましょう。絶対に諦めません。





るるさまへ (アメリカの医師(平沼百合))
2011-12-28 04:22:38
Dr. Caldicottは、オーストラリアの医師で、ずーーっと反原発運動をされている方です。 彼女の情報ネットワークでここの活動が言及されれば、多くの、同じ気持ちを持つ人達の目に留まることになります。 福島第一原発事故後すぐに、福島からの避難を呼びかけられています。 

もしも差し支えなければ、テキサスの人からのメールや、るるさんが発信されたメールなどを、私の方へ送って頂けないでしょうか? 名前のハイパーリンクをクリックしたら、私が関わっているサイトに飛び、そこにコンタクト先が載っています。 まわりくどくて、ごめんなさい。 そのサイトの元である研究者の方が、自分のメルマガのメールリストの人に、年明けにまとめた情報を送っても良い、と言われてるので、私から彼女へ送れるまとめがあると助かります。 かなり多数の、意識が高い読者をお持ちの方です。 よろしくお願いします。
語学が堪能な方々へ (ぽむ)
2011-12-28 09:00:36
木下さんのブログを英訳してくださった方、ありがとうございました。
最近知ったのですがこちらのブログ(福島に住む女性の方が綴っておられます)
http://blogs.yahoo.co.jp/kmasa924/archive/2011/12/27
も英語かドイツ語のできる方に翻訳していただいて世界の人に見てもらえればいいのにと思っているのですが・・・。
心ない誹謗中傷や体の不調に耐えて頑張っておられ、何よりも真実に近いブログと感じています。記事を読むと、ご本人もたくさんの人に声が届くことを望んでおられます。
アメリカの医師(平沼百合)さまへ (るる)
2011-12-28 09:20:49
私はどの団体にも属さず、特に反原発運動のみに力を注いできた者ではありませんので、そのような有名な反原発家のお医者様を存じ上げませんでした。教えて頂きありがとうございます。

何をどのくらい続けてきたかといった時間も大切な事ですが、何よりもパッションが大切な事だと思っています。
福島からの避難を呼びかけ続けているその様な意識の高い方でしたら、既に私が英文で提案したようなアイディアはお持ちかもしれませんね。
失礼の無い様に過去の記事も読んだ上で、コンタクトしてみようと思います。

そして、テキサスの方の事務局や、その他の活動のメールのやり取りを貴方様へ転送する件ですが、その前に御ブログを一読させて頂きました。
拝見させて頂きました所、御ブログには
放射線に関する影響や食生活、放射能防護作用のあるサプリメントの販売、などといった役立つ情報を発信されております。
しかし、そこには私の意図している核廃絶、今回の事で言えば、瓦礫焼却の阻止といった内容の貴方様の言葉が
残念ながら私には全く見受けられませんでした。

もう一つ疑問に思ったのですが、御ブログのサイト元の研究者と言う方は、ブログ中で著者と紹介されている
Ingrid Naiman氏の事でしょうか?
どちらにしても、そういった方のダイレクトコンタクト先は、著者紹介の欄を見ましても確認できませんでした。
どこか見落としていましたでしょうか。

調べましたところ、同姓同名の以下の様なウェブサイトが検索されました。

http://ingridnaiman.com/index.html

こちらも有益な情報+それに関係したビジネス(ハーブなどのサプリメントの販売)がメインのウェブの様に私は解釈いたしました。(解釈に不足がありましたら、すみません)
ですので、この方の意識の高いとされるメルマガの読者に、私の発信したメールのやり取りなどを流して頂いた所で、何のお役にも立てないと思います。もし、貴方様が私の英文レターのみを使っての訴えかけをされたいと言う事でしたら、どうぞご遠慮なくお願い致します。


それに、法律云々の前に、例え匿名であったとしても個人とのメールのやり取りを第三者に転送する事は、やはりルール違反だと思いますので、どうしてもという事でしたら、相手に許可を得た上でのお話になります事をご了承ください。

ご希望に添えず申し訳ございませんが、ご理解の程宜しくお願い致します。
貴方様の、今後の益々のご活躍をお祈り致します。


るるさまへ (アメリカの医師(平沼百合))
2011-12-28 14:43:13
私の意図が明確でなく、申し訳ありません。 私の名前とリンクしているサイトは、3月18日から私が翻訳を始め、4月に、イングリッド・ネイマン先生の情報の翻訳サイトとして立ち上げられたものです。 彼女は、チェルノブイリの被害者などを、ドイツで治療した事もある方なので、知識はお持ちなのですが、50位のサイトを運営されており、情報を簡潔に見れる場所がありません。 私の名前とリンクしているサイトの英語版の方へ行かれたら、放射能防御に関する英語のエッセイがたくさんあります。 分かりにくくてすみません。 確かに、商品は販売してられます。 そのため、URLをコメントの中に入れるのは、遠慮させて頂いてます。 なお、私はただの翻訳者のため、商品からの利益など、一切ございません。 薬事法などの壁もあり、情報をばらまく立場にもなく、なかなか難しいのです。

私が関わってる翻訳サイトの方は、彼女の情報とその他の私が有益であると判断した情報を翻訳してあります。 私が作ったのではなく、HP作りの経験が豊富なネイマン先生が作って下さり、私が新ページをアップしたい時は、メールで送り、それをコピペして下さると言う、非常に回りくどいやり方で、私が自分で管理できるわけではありません。

正直に書きますと、瓦礫受け入れ拒否や脱原発など、情報としては、今でも毎日数時間ネットを見て、情報収集しておりますが、それをサイトに反映できる立場におりません。 あまりこちらでは書きたくない理由で、どういう風にアプローチするか、模索中でした。 私の性格からして、地道な活動をしている、と言うのもあります。 さらに、サイトの更新などに関しては、本業が忙しかった事もあり、また、他にも翻訳したりしていた事があり、個人的に燃え尽きてしまっていた、とも言えます。

ネイマン先生のスタンスとその読者層に関しては、私の言葉を信じて頂くしかありません。 大学卒でState Departmentから戦時中のベトナムへの派遣を志願されたと言う経歴の持ち主で、色んな分野に詳しく、顔も広い方です。 るるさまが参照されたサイトからは、分かり難いと思います。

るるさまが発信されたメールのやり取りをそのまま流すと言うよりは、できるだけ全体像を把握して、簡潔なものを発信できるように、私からの情報と合わせて、提示できれば、と思っておりました。

なお、テキサスの方からのメールに関しては、るるさまの言われる通りです。 せめて、どなただったのか分かれば、と思いました。 あまり権力層の話をこちらでしたくないのですが、表面だけでは分からないような事がたくさんあるようで、そういう意味でも、味方に見えてそうでない人もいるのでは、と思います。

こういった事は、本来、こちらのコメント欄での投稿は遠慮したいので、できればるるさまからご連絡をいただければ、と思った次第です。 私へのコンタクトは、サイトの左下に、連絡フォームがあります。 私事で恐縮ですが、私もヨガを20年位しているので、るるさまには親近感を感じておりました。
るるさまへ追伸 (アメリカの医師(平沼百合))
2011-12-29 00:41:14
先のコメントで、Dr. Caldicottがコメントを残された記事に、自分もコメントしたと書きましたが、自分でチェックしたら出てませんでした。

私のコメントが反映されてるのは、このリンクです。

http://www.bellona.org/english_import_area/international/russia/envirorights/info_access/29685?fb_comment_id=fbc_10150120398967651_19735061_10150425508967651#f35dc0d3045300a

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。