「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログです。

「放射能」「被曝」「原発」、日本のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
更に重要なことはメルマガで展開します。

【輪島・ガレキ阻止】試験焼却をあす強行する可能性。要注意。僕の来年からの体制について。

2012-12-26 04:21:28 | 福島第一原発と放射能

【輪島・ガレキ阻止】

 年末が近づき、僕のところに詳細情報がありませんが、本日午後、美谷町のクリーンセンターにガレキ搬入する可能性があり、あす試験焼却を強行する可能性があるということです。

 美谷町など地元は焼却阻止を強く主張しています。

 とにかく、輪島市への抗議の声を緩めないで下さい。梶市長の強権ぶりは、さらに露骨です。

 

 きょうは、僕の今後の体制について、いくつかお伝えしておきます。

 一年九か月以上、ブログと講演など、現実にこの活動を続けてきましたが、いろんな意味で、活動の限界も大きくなっています。このままの状態では、活動自体の活性化も望めませんし、厳しいことが多いです。

 もちろん、僕自身が至らない点も多々あるとは、思います。しかし、実際に活動を共にしていく人材があまりにも少ないのと、組織的にも資金的にも、そうした構造が形成されていないため(いろんな批判に配慮しすぎて、無理に作ろうとはしませんでした)、おそらくこのままでは維持できないと思います。

 このため、年末年始にいろいろと考慮して、新年は、さまざまな観点で、新しい対応を始めたいと考えています。ある種の再構築は必要不可欠と認識しています。

 いろんな問題を平気でおこす多くの人たちのある一定数が、この放射能防御という御旗にまとわりついているのも事実です。特に、自己顕示欲、自意識過剰なタイプの人間が、放射能防御を自己実現のために、悪用している話は、枚挙に暇がありません。外の敵よりも、うちの敵の方が問題は大きいです。そうした人に限って、考えられないレベルの動機(僕がすぐに認識できないタイプの欲望など)に基づいて、行動していて、この放射能防御という、リアルな戦いを混乱させています。彼らの目的が見えると、あほらしくなります。「こんなレベルの感覚で、こういう話を転がしていたのか。」と。

 ただでさえ、大勢との戦いが厳しい中で、こういう輩が足を引っ張り続けます。僕に対しての外部からの中傷も、あきらかな敵方のみならず、こういう人たちが陰に陽に行っていることも、ほとんどわかっています。いろんな意味で、僕は情報が取れすぎるために、気分がどんどん悪くなります。嘘が見えすぎています。というか、外のどうしようもない人たちよりも、こうしたものの方がたちが悪いです。

 これは、良くも悪くも東京の一線で仕事をしていて、東京しか人生がないと、判断していた僕が、この被ばく状況の中で、得てきたものの大半を東京含めて捨てるしかないと思った感覚とは異なります。そして、僕が懸念する連中は、どうやら違う欲望のために、この被ばく状況を使っているみたいです。

 今まで得られなかった代償をここから得ようと、こういう人たちは、躍起になっています。そこには、まともな意識もなく、まともな方もおりません。無理です。

 なにかまた、分かれ目にいるような気がします。そして、この分かれ目はとても大事と思います。本当にどう転ぶのかは見えませんが、年明け以降、自分の生き方を見直して、周りを再構築できるのか、トライすることになるのは、間違いない話と思います。

 3.11.以降、信頼のできる人間は極端に減少しました。もともと、友達は極端に少なかった僕は、しかし、信頼はしていた人は多かったのですが、それがほとんど消え去りました。まあ、そんなものです。

 大乱世は、人間の本質をさらに露呈させます。その渦に僕も貴女も居つづけています。否応なく。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 溜息しか出ないXmas。吸気被曝を... | トップ | 「疫学データ揃う迄発言するな」... »
最近の画像もっと見る

30 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
<学校保健調査>屋外制限影響か 福島の子に肥満傾向 (Unknown)
2012-12-26 07:26:15
こんな記事がありました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121225-00000062-mai-soci
放射線不安から外出できず、ストレスや運動不足による食欲不振、不眠、肥満が懸念される

食欲不振で肥満?っておかしくないですか?
何か別の病気が隠されていないか、心配です。
福島の子供たち、どうなっているのでしょう。

福島被ばく調査:乳歯保存拒絶の材料探し 検討委に依頼
http://mainichi.jp/select/news/20121219k0000m040142000c.html
これからもご自分の信じる道をすすんで、情報を発信しつづけてください。 (福島県南相馬市出身)
2012-12-26 07:30:59
福島市にすんでいた弟の一人が(いまは南相馬市の実家にもどっております)木下さんの講演に出席してから、木下さんのご活動に注目しておりました。わたしは今結婚してオーストラリア在住、二人の子ども(7才と4才半)を南相馬の実家には少なくとも30年は連れて行けないからと母に宣言いたしました。悲しいことですが。それでも両親は70才ちょっとですから、原子力発電所事故がなかったとしてもせいぜい1年に一回かえってあと10年がいいところでしょう。だからその分これかrの10年、両親が元気なうちにオーストラリアにもっとくるようさそったり、震災直後の10月には知人の空き家をおかりして奈良で1週間ともにすごしたりしました。これから九州や沖縄など私にとって未知の場所を家族皆でおとずれることができるようさがしてゆくつもりです。同時に、日本全国にすでにしのびよっている放射能の危険性をきちんとリアルタイムで認識してゆくつもりです。面識もないし近くにもいないので、お力にはなれないかもしれませんが、わたしのような原発事故地元の人間が木下さんの活動をしっかりみているということをお伝えしたく、メールさせていただきました。よいお年を。
人間の本質 (K市より)
2012-12-26 09:02:35
木下さん、いつもありがとうございます。
そしておつかれさまです。

私などがエラそうに言えることじゃないのですが
木下さんがかなり少数派の人間であることを認識してほしいと思います。一昔二昔前ならまだ多かったかもしれない大事なものを持った人間。
人の本質は有事に試されるのですね。

通常はそのことが間違いだと分っていても、自分にとって損失になることであれば、知らなかったことにしてしまう人がほとんどでしょうし、下手すれば正義感すらもっている人もいるでしょう。

けれども、木下さんが胸に手をあてて、行ってきたことは、誰にでも真似できることではありません。
ときに孤独感に襲われることもあるかもしれませんが、あなたを愛するご家族や、遠くから祈っている存在を忘れないでください。人間としての美しさを誇りにしてください。木下さんの心の灯りがいつもとともっていますようお祈りしています。
応援してます (Unknown)
2012-12-26 11:27:19
3.11以後、世間にはなんとクズ夫の多いことかとびっくりしっぱなしです。そんなクズ夫に足を引っ張られて動けない、奥さん、お母さんを、3.11直後から「そんな夫は捨てて逃げろ」叱咤激励してくれる木下さんは、貴重な存在です。
家庭内の平和なんぞより、命そのもののほうがずっと大事です。


Unknown (Unknown)
2012-12-26 12:03:37
汚染瓦礫や汚染食品の拡散がまだ続いているのですね。
これからは、注意の無い人々や注意の焦点が甘い人々は
中部や西日本でも、突発的な体調不良にみまわれる
確率がますます高まるのでしょう。
Unknown (Unknown)
2012-12-26 12:27:59
木下さんお疲れ様です。木下さんはご自身のご活動に対して成果があまり感じられないようですが、私は木下さんのご活動は少しずつじわじわと浸透していっていると感じます。即効性はないけれど、ゆっくりゆっくりと。人の口から口へと。
日本人の悪い癖は、何があってもすぐ忘れることですが、それを克服し、乗り越えないとこれから先も水俣病や最近では、トンネルの崩落を例に何度も何度も弱者が犠牲になることでしょう。
粘り強い活動が大切と思います。
それにしても、私も含め、最近の日本人はどうしてこうもだらしなくなってしまったのでしょうね。歩いている人を見ても皆猫背気味にダラダラしていますよね。昔の人は、親に、背中がピシッとなるように背中に定規を入れられたりしたそうです。
私も現代日本人の代表のような人間で、自分に甘く、常にダラダラしていてたまにガラス張りの壁に映る自分を見てハッとなります。亡くなった祖父が見たら、もっとシャンとしろと怒鳴られそうです。
まずは自分から変えていかないとだめですね。
広島長崎内部被爆は吸気 (上田一郎)
2012-12-26 12:52:09
名古屋大学名誉教授沢田昭二氏は下記インタビュー動画で広島、長崎の内部被曝は吸気による、と明言されています。

動画URL:


http://www.youtube.com/watch?v=h5gd2JGz7us
福島の子に肥満? (まつ)
2012-12-26 13:23:13
チェルノブイリでは放射線の影響で若年性糖尿病が多く発生したそうですから、その原因を肥満にしようと企んでいるようにも思えます。

相手は幾多の経験から、放射線による健康被害を無いものとすることに長けていますから、先読みして次々とこういう発表を仕掛けて来ることでしょう。

選挙でも不正が行われたフシが有るようですが、こういった報道もいともたやすく出来てしまうのが恐ろしいですね

しかし、肥満になったとしても、その対処法が高放射線量地帯からの避難や疎開ではなく、住み続ける為の方策でしかないことにも戦慄を覚えます。

明日 (ANVD)
2012-12-26 13:49:59
http://s.ameblo.jp/kansai-tokyo-kyuen/entry-11435259312.html
いつもありがとうございます。この場をお借りしてすみません。明日、大阪瓦礫弾圧に関する院内集会が決まりました。どうか多くの仲間にお伝えいただきご参加いただけますように。ご協力お願い致します。
Unknown (Unknown)
2012-12-26 15:26:51
私も震災以降、極端に人付き合いは減りました。減った代わりに本当に信頼できる人とだけの付き合いになり、人付き合いのストレスは減りました。というか減ってわかったのですが、言い方が悪いですが自分にとってどうでもよい人、向こうも自分をどうでもよいと思っている人と無理に付き合っても何も得るものはなく、かえって付き合い続けることによってマイナスになっていたことに気付きました。
大人になってから知り合った人と末永く仲良くしていくことは本当に難しいし、学生時代からの友人のようなものを求めてはいけないですね。大人になってから知り合った人とは、失敗はまず許されません。学生時代からの友人ならば、一回くらい失言をしても流されますが、大人になってからは失言が命とりで、たった一回で距離を置かれてしまうのでヒヤヒヤしながらの付き合いで全く面白くありません。
ちょっとでもズレたことをすると(例えば放射能移住)たちまち頭のおかしな人というレッテルを貼られ、周りから距離を置かれてしまいますね。まるで監獄みたいです。
それでも私は人付き合いの本質がわかっただけでも良かったと思っています。
たよりにしている (猫野馬美)
2012-12-26 15:40:17
木下さんが内戦状態の日本から
いなくなってしまいそうな気がして...
心細いです。

高濃度汚染地帯の東京に行くたびに
起こっている体調不良の事や、
『・・・本当にどう転ぶのかは見えませんが、年明け以降、自分の生き方を見直して、周りを再構築できるのか、・・・』
という
今後の体制についての話を聞いていると、
いよいよ木下さんも
海外へ避難しまうのではないか・・・と
頭の中に不安がよぎってしまいました。
私の考えすぎなら、いいのですけど・・・。

止まらぬ瓦礫焼却の事や
3.11前には、黄色いドラム缶に入っいたはずの
汚染食品が日本中に流通している現実を考えると
安全な海外へ退避されても
仕方ないかなと思ってます・・・が、
海外に移住されたとしても
このブログだけは、ぜひ続けて欲しいです。
私はこのブログを読むのが
毎日の日課、勉強になってます。
これからも宜しくお願いします。


本当にいつも有益な情報を
ありがとうございます。
少し早いですが、
良いお年をお過ごしください。
会員制にされては、、、? (Unknown)
2012-12-26 15:41:46
不愉快に感じてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、
木下さんの資金問題や、貴重な情報を面白半分で茶化されるのを防ぐ為に、
会員登録をしてこちらの身分をはっきりさせ、有料にしてはいかかでしょうか。

木下さんの活動に何らかの支援をさせて頂ければ幸いですし、不必要な輩も減るのではないでしょうか。
やはり、なんの支援もなく活動の継続だけ木下さんにお願いするのは、私たちブログ読者としてあまりにも身勝手ではないでしょうか?
きちんと、木下さんの支援をしてこそお願いできるものだと思います。
対応がおかしい (Unknown)
2012-12-26 16:03:27
びっくりしました。
今まで、何の問題もなかったショップの商品が全然届かないので問い合わせの電話をしたところ、
女性の店員の対応が異様でした。
うまく説明できないですが、

ちゃんと人の話を聞けない
早とちりが多い
間違いに気づくのが遅い
話し方が、おかしい(めんどくさそう)

一見、単なる態度の悪い店と思われるかもしれませんが、今までこのお店はずっと、こんなお店ではありませんでした。メールも、電話も、変です。
ちょっと、今後この店を利用するのはトラブルが続きそうなのでやめることにしました。
なんなのでしょう、この、急に変になっても気づいていない感じは、、、。

本当に、不安になります。
本を出してください。 (tara)
2012-12-26 18:42:50
本当に大乱世と思います。もし可能なら本を出してください。首都圏などの汚染地においても非汚染地においても、今後ますます講演会を主催する人は少なくなることと思います。残念なことですが、エネルギーがなくなっていく状況にあるためです。でも本を読んで広げることはできるので、ぜひこれまでの講演をまとめたような内容の本を今こそ出してくださいますようお願いします。
土壌検査の件 (kimi)
2012-12-26 19:11:11
こんにちは。鹿児島の講演に行った者です。
以前ブログに書かれていた、東京の検査の結果が
とても気になっているのですが、圧力のようなものが
あり公表できないのでしょうか。それとも自分の見落とし
でしょうか。
聞くばかりですみません。
よいお年を。
権力より愛 (自分の人生ドラマをどうプロデュースするか)
2012-12-26 21:43:28
何事に対してもど真剣に向き合い、ぶつかっていく
これは自らを追い込むということでもあります。これはすなわち、困難なことがあっても、そこから逃げずに、真正面から愚直にとりくむ姿勢をもつ、ということ。
むずかしいが、どうしても解決を要する問題に直面した時、その困難さから目をそらして逃げてしまうか、正面切ってそれに立ち向かうことができるか。そこが大きな成功を手にすることができるか否かのわかれ道なのです。

ある方の本の一節です。
けれども、一呼吸一休みも必要だと思います。
いつもありがとうございます。
こんな時こそ人間の尊さが際立ちつのです。 (都内より移住@九州)
2012-12-26 22:34:23
木下さんお疲れ様です。
きっと私たちには計り知れないほどの、ご心痛がおありなのでしょう。
でも、原発事故の恐ろしさも、内部被曝のことも、何も知らなかった人間が、仕事も友人も家も捨て、今九州に移り住んでいるのはこのブログのおかげですよ。

どうか忘れないでください。
バッシングしている愚かな連中の何百倍もの人たちが、木下さんのメッセージを必要としていることを。

あと数年後には安全デマを信じた人たちが、大きな後悔をする事態が訪れるのでしょう。だから必死で訴えてくださるのでしょうね。
とても恐ろしいことです。見ないふりして言い訳を作っている人たちが。。

今年のクリスマスは主人と離ればなれで、友人知人もいず、内部被ばく防御のためにケーキもごちそうもありませんでした。
寂しくないといえばうそになりますけれど、きっとそれ以上の人生の宝をこの移住からもらったんだと思っています。比較にもなりませんが、バンダジェフスキー博士も孤独だったろうと考えていました。

来年の木下さんに望むことはただひとつ。

どうか私たちの前からいなくならないで。ずっと元気で吼え続けてほしい。

心から願っています。

PS:村上さとこさんへこころばかりですが、寄付をさせていただきました。
戦いはまだ始まったばかりです。
応援しています (京都より 32歳主婦)
2012-12-27 00:02:53
初めて読みました。

私は横にいる友達に少しずつ放射能の怖さを伝えようと毎日いろんな事を考えています。どうやったら心に響くのか。去ってしまうかもしれない孤独と闘いながら。でも、その友達の子供の未来がかかっていると思うとやめられないんです。

私も頑張ります。微力ですが。子供達のために。
恐怖感 (大阪と京都の間)
2012-12-27 01:29:41
血行が悪くなって体が冷えると、イライラしたり睡眠が取れなくなったり(眠るのにも体力が必要なので)、疲れやすく、鬱病の傾向に瀕したりします。

と言うのは、私自身がこのところ異常に体が冷えるのです。着込んだり暖房などで外側から温めても、むくみやダルさや筋肉痛を伴う何とも言えない冷えが辛く、運動をしてみたり漢方薬等で対処しているものの、寒くて堪らず、ふと鏡を見ると血の気がないような顔の白さに、自分でギョッとします。こんなことは初めてです。

あと自覚しなくても、大気汚染の影響で肝臓が恒常的に解毒に疲弊しているのが、アルコールに悪酔いしやすいです。

農薬等の毒性も、蓄積されると体を冷やし、かつては農家の主婦の方達の、鬱傾向からの自殺件数が増えたと聞いたことがあります。

本当に本能レベルの実感として、関西の大気も、3.11以前とは、違うバランスになっていると思うのです。

なんとなく、疲れやすくないですか?
あきらめない! (Unknown)
2012-12-27 02:31:16
大阪市が本焼却を1月下旬に決めた
一日の総量100トンなんてのはけた外れ
京都、奈良まで被害が及ぶのに
住民説明会は大阪市民だけ
どう考えても異常な事だらけ
正月は沢山の話す機会が有ります。
大阪市の安全安心を真に受けている人々の洗脳をとくチャンスです

一人でも目覚めて、継続の抗議をしていきたい。
本焼却になっても諦めないこと。
声をあげ続けよう!!子どもを守ろう!!!
諦めた時点で殺される
自然のままで (Unknown)
2012-12-27 07:50:12
木下さん
いつもお疲れ様です。

このブログは既に多くの同じ気持ちの方々の心の拠り所になっている部分があります。

本当に私も心のもやもや、何とも言えない不安を言える人が回りにいません。木下さんのブログには同じ悩みを抱えている方が多いこと、また参考になる話題を提供してくれる方も多く、朝PCをオンにして最初に開けるブログがこちらです。

この放射能防御という当然の事がまるで理解できない人が多く、ポットラックのような集まりにも参加できなくなりました。
孤立感は多くの方が感じられていると思います。
人間は結局は一人です。今後益々心を強く持って生きていく時代に突入すると思っています。

未来の党が分裂状態のニュースは何だか益々気持ちを暗くしてしまいますが。
木下さんの今後のブログの展開を、コメントをしない多くの方々も応援していると思っていますので、無理せずに、よろしくお願いします。
闇はこれに勝たなかった・・ (okama)
2012-12-27 10:00:57
木下さん、ほんとうに、ありがとうございます。
真実な原発事故の現実の情報収集だけでも貴重なものですが、それと同じくらい、木下さんの真実に向き合うというか、ごまかしを逃さない姿勢に、いつも、ハッとさせられてきました。宗教に身を置いている者ですが、神を信じるゆえに、ごまかしが、いい加減さを自他ともに感じます。自分の団体を大きくするということの中に、自己実現、自己顕示欲があるのです。それに気づいて、己を十字架につけることだ、と気づいていながら、やはり、たやすい道をあるいてしまいます。
木下さんが放ってきた光は、小さな光かもしれませんが、小さな光でも暗闇の中では、しっかり輝いていますし、どんなドス黒い巨大な暗闇も、その小さな光を消すことはできません。(新約ヨハネ1:6) やがて、朝日の太陽のように、闇を追い払う時が来ることを信じます。
一滴の水も大河に (etchan)
2012-12-27 10:11:55
集団的無意識という塊があるなら、放射能の被害を認めたくない膨大な量があります。それを指摘されたり表に浮かび上がってくるのを嫌がり封じ込めようとするのが現状です。

そこから飛び出して真実を言っている人は、今の流れは非常に無力に感じられるし、段々疲れてくる頃だと思います。しかし、後20年経って成人した子供達がそれを見ていて社会を変革していく可能性があります。
私たち自身は1滴の水でも集団的無意識に落とし続
けそれが大河になる時が来ます。被害が表に続々と出てくるときです。隠し様も泣く、認めざるを得ないことになります。

大阪で瓦礫が本焼却になろうとも諦めずに声を挙げ続ける意志がとても大切です。私は瓦礫焼却差し止めの原告団に入ります。こんなことは分かりきっています。認めない、大丈夫という潜在的膨大な無意識層、衆愚の意識が文句を言うだけで何もしない、諦める、太古の昔から繰り返されてきたことです。でも、彼らが被害があることを受け入れたとき、流れが変わります。

ともかくも個としての自分を問われています。人は関係なく自分がどうするのか。その集団が流れを造っていきます。だから、私達の無意識の抵抗が大きくなっていく時を諦めずにやり続けます。
木下さんのなさっていることは、そういう1滴を集めることですね。
これから被害が膨大になっていくときを見据えて、人々のためになさってください
Unknown (Unknown)
2012-12-27 11:29:49
私は、他者の命を助けようとされる木下さんの命が一番心配です。
先ずはご自身の健康と心の安らぎを第一優先として考えて頂きたいです。
もう、他人の意見は気にせずに、心の声に耳を傾けて後悔の無い決断をして下さい。
どのような結果になってもいつも応援していますから!

資金面では、会員制メルマガ、本の出版などの他に、有料で海外での講演はどうでしょうか。
今日本で何が起きているのか、真実を知りたい人達は国内より海外の方が多いかもしれません。


放射能汚染瓦礫拡散阻止しましょう! (Unknown)
2012-12-27 12:16:25
大阪府・市は来年1月末より放射能汚染瓦礫処理を始めるようです。
必要性が無い、害のみある広域放射能瓦礫処理を阻止したいです。
本当にこの国の行政府は狂っているとしかいいようがありません!!絶対に許せません!
言動は慎重にしつつ、行動は継続し続けたいです。
Unknown (Unknown)
2012-12-27 14:19:35
こちら大阪市ですが、自宅の空間線量が、試験焼却後に値が乱降下するようになってしまいました。もともとわが家の空間線量はかなり高めで、0、13くらいあるのですが、最近は0、17、ひどいときには0、3に設定してあるアラームも鳴り出す始末です。試験焼却以前は、0、13くらいで安定していて、庭の土壌も汚染はなしですので自然のものと、コンクリート由来?と考えていたのです。
毎日100トンも燃やしたらどうなるの?と思います。
埼玉では焼却を終了したのですよね。大阪市でも燃やす必要はないのでは。被災地では今は燃やしているのでしょうか?
涙が出てきます。
Unknown (宮城県)
2012-12-27 17:49:10
 こちらでも各沿岸部で瓦礫焼却は行われていますが、平均3割ほどしか終わっていません。
 瓦礫拡散はしない方がいいと思いますが、現地で24時間フル回転で燃やし続けてもこの有様です。
カンパ振込先できれば教えてください。 (志舫)
2012-12-27 21:26:17
毎日ほぼ更新されていて有益な貴ブログを、無料で…というのは申し訳ないと思っておりました。7月の大阪此花区の講演会でカンパについてお聞きすれば良かったです。



Unknown (Unknown)
2012-12-28 00:26:20
大阪市在住です。
木下さんの情報発信にいつも感謝しています。
試験焼却後、8歳の長女と3歳の次女が「目が痛い」としきりに言っていました。
特に気にかかる充血もなく、小児科では結膜炎と診断されました。今は治まっています。
そして私自身、思春期から肋間神経痛持ちなのですが(思い出したように、ふと痛む程度)、最近頻度が上がったように感じます。また、気づけば深呼吸をしており、何となく息苦しい感じがします。焼却との因果関係はもちろん分かりませんが、何だか気持ちが悪いです。
どなたかが書いておられたように、室内の線量もやや高めが突然出るようになりました。
本焼却決定を受けて、移住を考えています。
大阪でも、圧倒的に「考えすぎ、神経質」という人が多いです。なかったことにしたい、忘れたい、現状維持したい、という無意識の反応なのでしょうか。
気分が悪い (故郷)
2012-12-28 01:20:48
福島市から送られてきた本をちょっとだけ見ていたら、
下痢をし、お風呂でのぼせました。まさかですよね?

ところで、このニュースご存知ですか?

 四国電力は19日、伊方原発(伊方町)の放射線管理区域内から出たコンクリートや足場材などのゴミについて、放射能汚染のない物は一般の産業廃棄物として処分・再利用をすると発表した。環境の負荷低減を求める国の指示に基づく措置で、来年1月から始める。

 従来は線量の有無にかかわらず、低レベル放射性廃棄物として青森県六ケ所村の施設へ搬出していた。今年5月の国の指示に基づき、判断や取り扱いのマニュアル整備や作業員教育などを進めていた。四電は「管理を厳格に行い、安心していただけるよう努める」としている。【中村敦茂】毎日新聞U+A0

http://mainichi.jp/area/ehime/news/20121220ddlk38040643000c.html

悪いニュースばかり!
日本中、放射能のゴミだらけになりそうですね!

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。