「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログです。

「放射能」「被曝」「原発」、日本のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開します。

4年以内M7地震想定で「放射能首都」東京の限界。マスク常時防備の都内二十代男性が橋本病発症。

2012-01-24 12:32:10 | 福島第一原発と放射能
 東大の研究グループが、四年以内に東京でのM7想定の地震が起きる可能性は、70パーセントと出してきました。これは、大変な話です。放射性物質でウクライナのキエフレベルには、最低でも汚染されている、「放射能首都」である東京は、大きな地震に襲われる可能性も飛躍的に高まっているということです。僕の取材感覚では、東大のこの想定は、おそらく発表することによって、いろんな社会的影響がおきることを考慮しての発表であることは、間違いないと思います。そうすると、可能性を大きく見積もっての発表ではなく、むしろ最低限の発表をしている可能性があると考えるべきだろうということです。しかも四年という具体年限の状態が言われていることは、直近におきにくいという判断ではなく、直近におきやすい状態が一定の割合であるのではという推測があって、四年の幅まで、想定を広げた場合で、さらに発表による社会的影響を考慮しても、七十パーセントの発生可能性に踏み込んでいるということです。これは、かなり具体的かつ、シリアスな話です。つまり大地震発生可能性の状況はシビアだということです。
 
 つまり四年どころか、たとえば、数ヶ月から一年以内にも、一定割合で大地震が想定され、なおかつ、今現在、放射性物質に高濃度に汚染されているのが東京という街の現実の姿です。ここに、どうして、なぜ住み続けるのかということです。今までのような暮らしが続けられる根幹は、無くなりつつあるのが、地震という要素からもはっきりしてきています。巨大地震がおきる可能性が強まっている、「放射能首都」である東京。住み続けるべきではありませんし、ここに首都を置きつづけることは、間違いであると思います。放射能も大地震も、人間は勝てません。東京はその二重苦が、現実にあるのか、目の前に迫りつつあります。一人でも多くの方が目を見開いて、その現実を認識して欲しいと切望します。猶予はありません。
 
   【連絡事項】岡山で病院を探していて、僕に問い合わせした方、もう一度連絡下さい。

 ある程度被曝しているエリア(首都圏も入ります)の人、特に子ども、妊婦、妊娠可能な女性は、放射性物質の少ない場所に避難すべきだと僕は考えます。優先順位は「避難する」ことです。慢性的に被曝することは避けるべきですから、できる限り早く避難することをすすめます。 

 

 
 さて、この方の話は奈良の講演会でも伺いましたが、ご本人の既往症や遺伝的要素がほぼないこと。現在は関西に移住されていますが、都内で居た五月くらいからは、ゴーグル、N95マスクの常用など最大限の防御にはなさっていること。しかし、三月当初のマスクは通常のものであったこと。都内の居住先が葛飾→青梅も汚染程度が強いエリアでの移住となっていること(ご本人も判断ミスをおっしゃっていました)。この点を踏まえてお読み下さい。しかし、放射能被害が他所事だと思っている人々、特に甘い手判断を繰り返している医師達に警鐘を鳴らしている話です。
  
  
=========================================================
  
  
健康診断にて甲状腺が少し大きい旨を医者から指摘され、その後病院に行きました。関西です。
 
 
⇒結果は、橋本病でした。サイクロブリンとかいう項目が3500超くらいの数値になっており、またAgTbという項目も異常値でした。
⇒腫瘍は特にありませんでした。エコーとエックス線検査まで行い、細胞採集はしておりません。
 
 私は、東京都内では相当に気を使っていたほうでしたが、それでもこのような結果になり、ショックです。女性でもなく、20代の私がなるとは思いませんでした。定期的な検査をかかさず、リスクと相談しながら生きるしかありません。甲状腺がんで済めばいいほう、心筋梗塞や肺がんなどが来ないことを祈ります。
 
放射能被曝で橋本病になったかはわかりません。ただ、もしそうだとすれば、以下のように異常なまでのガードをしていても、健康被害が出てしまった一例に、後々なるのではないかと思います。
 
■基本データ
①年齢20代後半
②既往症なし。タバコ吸わず。
 
■気を付けていたこと
①食事は関西の実家から冷凍した手料理を送ってもらい、水は水道水一度ものまず。
②マスクは5月あたりからはN95を付け始めていた。日が経つにつれ不安になり、マスクを増やし、8月以降には「1枚目:N95、2,4枚目:花粉マスク、3枚目:濡れたガーゼマスク」。
③花粉ゴーグルは3月から移住する11月までずっとつけていた。髪の毛付着防止のため、ニットキャップも3月~11月までずっとつけていた。服に付着しないようにナイロンヤッケの上下も夏以外は全部着ていた。手袋もずっとつけていた。
④服は必ず玄関か外で脱ぎ、靴の裏は毎日洗っていた。服も、外気に触れたものと触れていないものとを分け、洗濯していた。
 
■甘かった点
①3月11日に危険を感じ、関西に避難したが、仕事のため3月20日に帰ってきてしまい、1時間ほど外出した形となったこと。
②3月~ゴールデンウィークまでは花粉マスク1枚か2枚だったこと。
③居住地が3月から7月中旬まで葛飾区、7月中旬~11月中旬までは青梅市近辺だったこと。
 
以上、ご参考頂ければ幸いに存じます。

=======================================================================

 甲状腺の検査を必要ないとクリニックで言われ悩むお母さん達。愚かな医師達の判断と異なり、きちんと検査すると異常が出ている人々の報告は相次いでいます。放射能被害に真剣に対応してくれる医師の情報は、関東東北は勿論、全国でこういう方がいるという情報が、必要です。ご本人や患者さんどちらでもかまいませんので、是非情報提供をお願いいたします。

 

  三月中旬以降、原発事故の放射性物質拡散に関連し、なんらかの健康影響や異変があると思われる方は、その事象をメールで伝えてください。突然死、妊娠、出産に関わらず、医療的な中身に関わる事。また、会社、組織、学校など集団的におきている事を教えてください。極力、僕にメールしてください。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp  

明日は秋田にうかがいます。

2/3から2/5の期間で、島根の出雲や鳥取の米子でも開催を調整しています。

=============================================




「木下黄太 講演会 in 秋田」

日時: 1月25日(水)
      午後6:00開場、午後6:30開演

場所: 秋田大学教育文化学部3号館 3-145教室(別名、60周年記念ホール)

以下の学内地図では、図書館⑱の下、3号館③の左部分一階にあたります。
駐車場が限られており、なるべく秋田駅から徒歩あるいはバスをご利用くだ
さい。自動車の場合、正門から入り、踏切のような検問で守衛室に電話をか
けて指示に従ってください。

http://www.akita-u.ac.jp/honbu/info/in_map.html

資料代: 500円(高校生以下無料)、釣銭のないようにお願いします
参加申し込み: 以下のホームページで行います:

http://akitacity.web.fc2.com/lecture.html

問合せ: 090-6709-9255(かがや)
定員: 250名
主催: 放射能を拡散させない市民の会(秋田県中央)

===============================================

  「放射能汚染とがれき問題を一緒に考えませんか?IN 静岡・伊豆の国市」


放射能防御プロジェクト 木下黄太氏
秋田大学教育文化学部教授 村上東氏


1月26日(木)17時30分開場18時00分開演
~子どもと郷土を守るため~
1部 汚染の実態、給食や内部被曝について、がれき問題
2部 質疑応答


伊豆の国市韮山文化センター大ホール(時代劇場)
伊豆箱根鉄道韮山駅より徒歩5分 大駐車場完備200台
参加費500円 定員500名
※お子様連れの方は2階母子コーナー又はロビーをご利用になれます。


ご予約 save.shizuoka@gmail.com 又はfax 055-944-2010 モリタまで
お名前・参加人数・メールアドレスを明記のうえ上記までご連絡お願い致します。

 

 

====================================

 【木下黄太 講演会 in 渋谷区幡ヶ谷】

-放射能汚染の現状と人体に対する影響

日時  1月28日(土曜日)
開場  17時30分 
開演  18時~20時(質疑応答含む。最大30分の延長を見込んでおります)
場所 渋谷区幡ヶ谷区民会館
参加費:500円

ご予約(お名前、住所、電話番号、参加人数を記入)お問い合わせはメールにてお願いします
nohili@infoseek.jp

四百人を超えるお申込を頂いていますが、限界まで席数を増やしたりして対応いたします。しかし、残席は五十席を下回っているようです。

=========================================

  
【木下黄太講演会 in 大阪・茨木市】

放射能による健康被害を知ろう。震災ガレキについてみんなで考えよう。

日時:2月1日(水)開場18:00 講演会 18:30~20:30

場所:茨木市市民会館(ユーアイホール)1階 ドリームホール

  JR茨木駅・阪急茨木駅より徒歩5分

  地図はこちら 
http://www.ibabun.jp/sub/sub03.htm

参加費:500円(中学生以上) 子連れOK

定員:160名

申し込み:kinoshitatalk@gmail.com

主催:三田(個人)

 
 
 
 
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (62)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高千穂から | トップ | 去年十二月からの一ヶ月間に... »
最近の画像もっと見る

62 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (雪だるま)
2012-01-24 13:42:22
私たちの涙で雪だるまが溶けた。
 チェルノブイリ後7、8年後の子どもたちの作文が50人分載っています。
 是非参考にしてください。
http://yukidarumanonamida.blog.fc2.com/
提案があります (Unknown)
2012-01-24 14:22:37
瓦礫受け入れ反対の意見を自治体に伝える時、次のような話を付け加えてみては
いかがでしょうか?
一例として、

『環境行政のトップの方の名前を教えてもらえますか?もし、瓦礫を受け入れ、
焼却を実施した場合、そのトップの方を汚染拡散を実行した咎(とが)で個人名
でもって追及し、告発します。上役が…とか、市長が…とか、国が…といった弁
明は受け入れられません。焼却作業を指揮した人間を個人として訴追します。
私達一般市民は、強制された被曝に対し、公開法廷における現自治体幹部の責任
を追求していく事でしょう。
現状ではもちろんそんな裁判は到底無理なのは承知しています。しかし将来、10
年後でも20年後であっても、私達はあなたがた責任者の行方を追跡し続け、いず
れ日本に正義と秩序が回復された暁には、汚染拡大の実行者達に対し、その罪に
見合った量刑が下されるよう、働きかけ続けます。』

とか。
放射線感受性 (祈)
2012-01-24 14:23:46
これだけ徹底しているのに・・・信じられない、という気持ちです。
マスクさえしていない人が殆どなのに・・

素人なので単なる推測ですが、やはり身体の弱い人、子ども、年寄りなどから
体調を崩していくのでは、と感じています。
動物の世界と同じですよね。弱い者からやられて行く・・という自然の理。
私も弱い部類です。4月の1ヶ月間は九州に避難したのに、
5月関東に戻った途端、目や喉の粘膜、皮膚のアレルギーの悪化などが
あっという間に出始めました。
8月九州へ再度避難移住をしましたが、その頃には脚の痣も出ていて、もう限界でした。

その避難先でも、熱がずっと続いていて、髪の毛も洗髪の度、普段以上に抜けていました。
身体はだるく、食欲も落ち、避難したのになぜ??とずっと不思議でした。
でも良く良く考えれば、爆発後の最悪の日(3.15)は、外出していてマスクも普通のものでした。
多分、この時に物凄く沢山の放射能を吸い、被ばくしたんだと思います。
病院で、血液検査をしましたが、問題ないとのこと。
やれることは色々しましたが、4ヶ月以上微熱が出たままでした。
宣伝になりたくないので商品名は伏せますが、セシウム排出に効果があると言われるドリンクを
今月から飲み始めて、やっと熱が落ち着きました・・本当に時間がかかります。
もちろん、100人が100人、放射能にやられる訳でもないでしょう。
汚染地に何年住んでいても、ケロッとしている人もいるようですから。
また、吸ってしまったものは仕方ない、と諦めずに出来ることは全てやってみましょう!
健康や命以上に大切なものはこの世にありません。
Unknown (大阪府民)
2012-01-24 14:32:08
私は地震に関しては素人ですが、311以降種々の報道などを総合すると、やはり首都圏が危ないと感じていました。
その理由は、東北地震によって、東北全般の陸側の岩盤が太平洋側へ猛烈な勢いで引き戻されていること、第2に、
東海道側の太平洋側の陸側岩盤は依然として海側からの圧縮によって日本海側へ押し続けられていること、これらに
よって、ちょうどその歪みの中心部が首都圏に当たるからです。もちろん1000年くらいに一度の地殻変動ですから、
その他の地域にも今までに経験のない歪みがたまっており、日本のどこであっても、いつ直下型大地震が起きるかは
分からないのは当然ですが。放射能対策とともに、地震対策もしておきたいと思います。
Unknown (周りの人の目に見える症状回顧)
2012-01-24 15:07:47
都内で働きながら夜はスクールに通うものです。
職場や学校で「身の周りの人」(20~30代中心に60名くらい)にどんな症状が出ていたかまとめます。
春 じんましん1名 顔の紫斑アザ2名(1~2週間で消えていた)
夏 目の下のくま多数 口内炎直らない1名 長期休養1名
秋 なんとなく老けた人「多数」、カラ咳多数
冬 じんましん2名 心臓痛い人1名

直接見聞きした<だけ>でこういう感じですから、知られざる症状者はもっと多いはずで。たとえば下痢とか生理の狂いとか、そういうのはわからないですけどね。目に見える、あるいは本人が会話の中でふと漏らした症状だけで、こんな統計が出ます。

深刻な症状は2~3年後から出てくると思うので、油断せずに食事に気をつけたいと思います。私には現状、関東脱出は無理です。最低1-2年は腹をくくっておく覚悟です。
今朝の「特ダネ」によると (ぶんぶん)
2012-01-24 16:22:17
4年以内M7地震想定って、東大の先生がたが4か月も前に発表されていたらしいですね。
発表、遅すぎ。
政府がどこまでも信用ならないのは私だけでしょうか。
東京が汚染されてるから首都を移す口実にしようとしてる可能性もありますか?
日本も世界もザワザワしてますね。
広島県、100ベクレルを超えないものは受け入れか? (Unknown)
2012-01-24 16:25:05
広島県は1月10日、放射性セシウム濃度が1キロ当たり
100ベクレルを超える廃棄物を受け入れない方針を決めた。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201201110033.html
子がいないのでわかりませんが (Unknown)
2012-01-24 17:19:29
子連れなのに汚染地から逃げない親は「子供が優先度最高ではない」と考えて良いのでしょうか?
 5年くらい前に読んだ行動心理学系の本に「現在の日本は愛情に飢えた人が多い」とありました。
 現代社会の中でないがしろにされ続けた結果、親からタップリ愛された育った人間が極少数になっているといいます。
 愛されないで育った人間は他者を愛する力が乏しいのです。夫は妻を愛する事が出来ず、妻は子を愛することが出来ず、その子もまた・・。と繰り返します。
 十分な愛が得られていないと、女性は母になれずいつまでもメスのまま。子供より自分が第一。夫も父性を持つほど成長せず、自分の娘をメスをみるような目で見て娘の心を傷つける。
 文明の滅びる末期は「性の低年齢化」「汚職」がはびこってくるそうです。本を読んだ当時すでに日本はそういう状況(小学生の援交他)でした。
 子供を守らない親がこれ程多いというのはその本が指摘していた事が事実なのではと改めて思います。軍隊式社会は、人間をスポイルするのだと思います。
先見の明 (るる)
2012-01-24 18:10:53
木下さんの意見に全く同意です。
>『東大のこの想定は、おそらく発表することによって、いろんな社会的影響がおきることを考慮しての発表であることは、間違いないと思います。そうすると、可能性を大きく見積もっての発表ではなく、むしろ最低限の発表をしている可能性があると考えるべきだろうということです。』

今迄の政府のやり方を考えるまでもなく、先見の明を持った木下さんが危惧されている事はごく当然の感覚だと思います。

今私たちが一番に考えなくては行けない事は、
地震>原発>瓦礫焼却>体内汚染>諸症状。
ただ逃げる以外に地震に敵うものはありません。


私も以前地震についてのアメリカの地震観測情報をコメントしましたが、カルトだと批判を受けました。
どうしても、リアルを認めたくない人達がいるのでしょう。
空虚感が残りますが、そういう人達にも地震はリアルにやってきます。

既にご存知かと思いますが、桜島の状況がここ最近更に悪化しているそうです。
http://www.nhk.or.jp/kagoshima3/sakurajima/index.html

(噴火映像)
http://www.youtube.com/watch?v=fxyojuplPJk&feature=mfu_in_order&list=UL


私たちは政府や東大御用学者達にいったいどれだけ騙されて来た事でしょうか。
また、政府の『想定外』に泣かされない為にも、自分たちで想定範囲を調べる事は重要です。
一人でも多くの人に生き延びて欲しい。
 


Unknown (in nagoya)
2012-01-24 18:27:22
東京在住の友人は、二人目は生まない、子供を作らない、と言ってる人多いです。

5年後10年後、関東東北の汚染地区で生活している子供達は一体どうなってしまうか・・。
怖いです


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。