「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログです。

「放射能」「被曝」「原発」、日本のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
更に重要なことはメルマガで展開します。

福島から聞こえてくる突然死と「放射能のせいかも」と口を滑らす医師。網膜剥離は身のまわりで3人目。

2013-11-28 10:16:53 | 福島第一原発と放射能

福島からは、そこにまだ住んでいる方や避難者から、断片的に情報は寄せられます。

「友人が先だって眼科を受診したら、入院になり翌日緊急手術をしました。病名は『網膜剥離』です。私の周りで3人目。」

こういうおかしなことがおきていても、そのことを考えないようにする感覚が強まっているのが被曝地の実体です。

つぎの様な厳しい事案もあったことが、今になって聞こえてきます。福島市の40代女性の話です。

===================================================

 フクイチ事故後、空気が高濃度汚染され始まった2011年3月15日から 食料や水を得るためにスーパーや給水の列に並び、 帰ってくると「被曝した 、被曝した」と言っていました。急性の症状はなかったものの、(今思うと被曝の影響で免疫が落っこちてしまったのか)2011年4月に突然具合が悪くなり、数日間風邪のような症状がありました。その後、突然倒れたので、救急車で運ばれて病院で様々な検査したが、結果は「異常なし」であった。その日は、病院で点滴を受けて自宅へ帰ってきた。 

 ところが、その翌日になり急逝しました。搬送された病院では、死因を特定するために 検死を行った。その結果は、『急性心筋梗塞』であった。医師が解剖の所見を親族に説明している時に、「放射能のせいかも…」と口を滑らせのを亡くなった娘さんの親が聞いたのです。因みに、亡くなった女性には心臓疾患の既往症はありませんでした。

 後日私は、死因は内部被曝によるものであると推理して、事故後早い段階でマスコミが報じた放射性物質降下土壌沈着量を記録しておきました。2011年5月15日の「朝日新聞」によると、3月19日の福島市で採取した土壌はCs134+Cs137合計27650Bq/Kg(1797250Bq/m2)と出ていました。

===================================================

突然死の話は五月雨式に聞こえてくる感覚の様です。

浜通りで親戚が働く会社の50代管理職2名が入院後心筋梗塞で死亡。 石を投げれば、若死に当たる確率が高くなってきたような気がする。」

更に、帰還を奨めるような感覚が強まっていて、現実をあきらかに直視したがらないのは、議会でもにたようなものらしいです。政治の不在を強く感じるしかありません。郡山市の市議会。

====================================================

11月のあたまに、わが避難先に郡山市より送られて来た市議会だより。
17人の議員の中で、甲状腺検査に触れたのは議員1人だけでした。
福島原発のことに触れた方2人、そのうちのひとりは市長が逃げたというデマを否定する内容で、また
除染に触れた方が1人という感じでした。唖然。

以下、市議会だよりの内容をそのまま書き写した物です。

こおりやま市議会だより 平成25年9月定例会 市政一般質問
郡山の未来をつくる会 駒崎ゆき子議員
甲状腺検査の二次検査の結果等について
(問)本市の二次検査の終了者は前回より増え90人であるが、その結果は。また、前回の公表結果では、一次検査を受診できなかった市内の子どもが約1万人いたが、その後の受診状況と結果は。
(答)二次検査の結果は、本格検査の対象者が36人、保険診療の対象者が54人で、このうち・「悪性」又は「悪性疑い」が8人であった。また、本年7月31日現在、新たな一次検査の受診者数は192人となっている。結果が確定している30人は、結節や嚢胞を認めなかったA1判定14人、5ミリ以下の結節や20ミリ以下の嚢胞を認めたA2判定15人、5.1ミリ以上の結節や20.1ミリ以上の嚢胞を認めたB判定1人、直ちに二次検査を要するC判定者はいない。

====================================================

 政治の不在といえば、秘密保護法案の話で、安倍総理が「菅政権があきらかにすべきSPEEDIを隠した。政府が間違った」という趣旨の回答が、まだ気になっています。

 これは一般論的に考えると、国民多数の生命・健康を守るのに、最も緊急に必要とされて公開が急務の情報さえ、政府が秘密としてしまったということを話しているのです。こんな基本的かつ最低限の緊急対応を要求される事象さえ、政府が判断を誤ったという事です。

 「民主党・菅政権でミスをしているが、自民党ではありえない。」こう言いたいのかもしれません。これは、二つの観点から誤りです。

 一つは、政府というのが、政治家以外の圧倒的多数が官僚で占められている日本は、その構成員が大きく変わりません。政権交代しても、アメリカのように政府部内の人間が大きく入れ替わることはありません。つまり、民主党政権の下で働いていた役人が首にならずに、そのまま自民党政権下で働いている訳です。この役人たちは、こうしたミスを自らがしたか、見逃したかは別にして、つまり故意か不作為かはともかく、そのマイナスを止められない人達であることは間違いありません。そうすると、現行政権下における政府でも、同様の別のミスは起きる可能性が、一定以上ありうると考えるのが、通常の推測では蓋然性が高いです。つまり、似た様な別のミスをして、伝えるべき情報を間違って隠蔽し、秘密にしてしまい、国民に不利益を被らせる可能性が十分にあり得ます。だって、携っているのが殆ど同じ人々ですから。

 二つ目は、どうして菅政権で失敗した判断が、安倍政権なら失敗しないのかという説明がわかりません。ある人が失敗したことは、別の人にもおこりうるから、その失敗の前例を見て、失敗を回避するために、なにか手順や手段を設けているというなら、失敗を回避できるようになっているとはじめて言えると思います。 しかし、政権の判断によるミスについて、それをどのように回避すべきなのかという議論を自民党でしているという話さえ、僕は寡聞にして知りません。もしかしたら、何か適切な事を為さっているのなら、ご教授頂きたいほどです。

 というよりも、汚染水問題でさえ、嘘の話をオリンピック招致の場で、国際社会に平然とする総理大臣が、己の判断が誤る可能性を考慮して、それを回避するための何か手段を作っているとは、なかなか思えないものですが。。。

 その自民党は、自民党の議員連盟「婚活・街コン推進議連」の設立されたそうです。婚活や街コンを議員が政策として進める為に。

 すいませんが、その前にやることは腐るほどあるでしょう。どこまで狂っていくのかと思います。戦時中の「産めよ増やせよ」とまるで似た様な光景ですが、更に下劣かもしれません。


=============================================

 

【12/6(金) 木下黄太 講演&ウクライナ報告会 IN 台北】   

 

 

☆12月6日(金) 午後1時半開場、2時開演

会場が地下から11階に更に変更。開催施設も当初からは変わっています。再度確認を。 

 

☆会場 富邦福安紀念館大樓 11F大會議室  (台北市大安區仁愛路四段258號)  

 

☆日本人向けの参加申込&問い合わせ⇒wildrose.tpe@gmail.com

 

 (お名前、連絡先、人数などを必ず明記して下さい。宜しくお願いします。) 

 

 ☆参加費:無料(主催団体の意向) 

 

 ☆主催:主婦聯盟環境保護基金會       協賛媽媽監督核電廠聯盟

 

 問合せ:(02)2368-6211 主婦聯盟基金會秘書處 

 

☆後援:「放射能防御プロジェクトアジア」、「バンダジェフスキー講演プロジェクト」

 

 

 

===================================================

 

 国内で東京の次は熊本報告会。

 

 【12/8(日)午前  木下黄太ウクライナ報告会in熊本】

 

  場所:熊本市総合体育館・青年会館 

 

 熊本市中央区出水2-7-1 青年会館は体育館内に有ります。 

 

  受付開始:9時~ 講演開始:9時半~

 

  申込⇒http://kokucheese.com/event/index/127077/ 

 

  参加費:1,000円  

 

※駐車場、当日、運動大会有るため有りません。

※市内から無料直通バスが出ます ※託児を予定しています。詳細はお待ちください 

 

 問合せ⇒ 070-5273-1409しおのや 

 

------------------------------------------------------------------------- 

 

福岡は熊本の同日夜開催。糸島や佐賀からも来やすい場所で開催!

 

   【12/8(日)夜 木下黄太ウクライナ報告会in福岡】

 

  ◆開場:18:15/開演:18:45(終演:20:45予定) 

 

  ◆会場:福岡市西部地域交流センター「さいとぴあ」1階多目的ホール 

 

   (福岡市西区大字女原607-1/ JR筑肥線「九大学研都市駅」徒歩1分)  

 

 ◆参加費:1,000円   

 

 ◆参加予約方法:「こくちーず」より申込み (*入場方法は当日先着順)  

 

    申込⇒http://kokucheese.com/event/index/125331/  

 

◆託児あり:要予約、定員になり次第締め切り  

 

 託児のメール予約アドレス⇒rdp-child@goo.jp  

 

 託児料金/お子様1名につき800円前後予定  

 

 ご希望の方は、件名「12/8託児予約」、保護者氏名、当日連絡が取れる携帯番号、お子様の名前(ひらがな)、年齢、性別、アレルギー有無、をメールでお知らせ下さい。このアドレスから数日内に返信しますので、受信できるよう設定の確認をお願いします。必要事項に漏れがあると予約完了となりませんのでご注意下さい。    

 

 ----------------------------------------------------------------------

 

近畿も同日2会場で開催。 神戸会場は現在予約で150席満員となりました。

 

      【12/15(日)午前 木下黄太 ウクライナ報告会 in 神戸】 

 

  ◆満員の為、キャンセルが出た場合には、随時申込可能です。適宜、ご確認を。⇒http://kokucheese.com/event/index/126541/  


大津でのみ琵琶湖付近廃棄事案も話をします。

 

    【12/15(日)夜 木下黄太 ウクライナ報告会 in 大津】 

 ◆日時 12月15日(日)開場 19:00 開演 19:15(~21:15予定) 

 

 開始時刻が若干ずれ込むかもしれません。 

 

◆会場 旧大津公会堂 ホール (滋賀県大津市)

◆要予約⇒ http://kokucheese.com/event/index/126546/ 

 

◆参加費 1000円  

 

※当日現金でお支払い下さい。座席のいらない幼児は無料です。 

 

 ※座席指定はありません。 

 

 ◆託児はありません。 

◇会場までのアクセス ⇒http://www.kyu-otsukoukaidou.jp/access.html 
・京阪電鉄「浜大津駅」より徒歩1分 
・JR琵琶湖線(JR東海道線)「大津駅」より徒歩約15分 
・名神高速「大津IC」より車で約5分



 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 違和感。 | トップ | 大阪ガレキで不当判決。キエ... »
最近の画像もっと見る

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。