「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログです。

「放射能」「被曝」「原発」、日本のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開します。

福島第一原発敷地内で「地割れ、水蒸気が噴出している」情報。再爆発の懸念も。

2011-08-15 10:36:30 | 福島第一原発と放射能

 元々、僕に入っていた情報は、8月上旬の話です。夜の九時ごろにおきたこと。福島第一原発の作業員よりつぎの趣旨でメールで情報が地元関係者に届いたという事です。その内容は、「敷地内に​ある地割れから水蒸気が噴出。周りが真っ白になり、作業員が一時退避した。地下で反応しているようだ。風向きでそちらの線量に注意して」​。作業員から自分の知人へ心配して伝えている文脈です。僕としては、この情報の精査を続けていましたが、ようやく、政府内の情報源より「構内の​地面から水蒸気が出ているとは聞いていて懸念している」との話があ​りました。完全な原因は不明ですが、作業員の情報と中身がかぶりましたので、この情報を公にしました。元々の作業員情報には、格納容器に近い場所で、何箇所か地割れがあって、そこから水蒸気が吹き出てくる状態が、恒常的ではないのですが、おきているということも伝わってきています。さらに、10,000ミリシーベルトの箇所も東電の発表と違い、六ヶ所もあるということも伝えてきています。

 この情報のニュアンスとしては、再爆発への懸念という要素が含ま​れている事も皆さんには、十分に理解していただけると思います。メルトスルーした核燃料の所在が断定でき​ない中で、再爆発への懸念という感覚が、政府内部でも実は存在している​事だけはお伝えします。その背景には、東電、保安院、経産省の不明​瞭な説明が政府内部でも続いているという事です。補足しますが、再爆発の可能性が高まっているというよりも、その懸念が​続いているという事ですから。説明がおかしいと、内部でも納得してい​ない人がいるということです。おかしな事象がおきていれば、さら​にそう思うのは、ある意味当然の事と僕は思います。水蒸気が噴出している現象が、どこまでの危険度を示すものなのか、過去にまるで類例がないだけに、僕にも想定がたちません。

 万が一のことを考えると地下で、何らかの爆発がおきる想定は不可欠ですし、何らかの爆発事象がおきたら、遠方に逃げるしか回避の方法はありません。地下のどのポイントに核燃料があるのかで影響は違います。燃料の所在が不確定なため、とにかく爆発事象がおきたら、地元は極力遠方、風向きと反対側へ逃げることを考えます。首都圏の皆さんは、いち早く西に逃げる。無理なら目張りをして、立てこもるしかありません。逃げられる人は逃げることが最優先です。逃げるための準備、ガソリンを満タンにしておく事などは、ブログを見ている皆さんはいつもそうしていらっしゃると思いますが、確認をしてください。

 もちろん、爆発事象につながらないことを切に願いますが、願っても現実は変化するとは限りません。六十六回目の敗戦記念日にこの話を書きながら、自分の心の中はずっともやもやしています。

「追記」

 問い合わせの多い、港区内の超有名中学校は、具体的には麻布中の情報ではありません。勿論、港区内の学校は多かれ少なかれ、放射性物質に一定量汚染されていますが。僕は都内の、比較的裕福な人々の層が、自分たちの既得権益とそれにまつわる社会的関係を優先して、緊急事態への対応を、早急かつ具体的に実行していないことは、本当に馬鹿げた話だとおもいます。社会的パワーがあるはずなのに、それよりも見栄を優先する感覚は僕には滑稽です。子供の健康や命よりそうしたことを優先する人々を、僕は心の底から軽蔑します。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (61)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加工食品の問い合わせまとめ②... | トップ | 福島県知人男性3人(三、四十... »
最近の画像もっと見る

61 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
放射能はいらない (shin)
2011-08-15 12:53:30
チェルノブイリ事故の時に日本の人々が(インターネットがもっと普及していて)もっと真剣に考えていたらこんな状況にはなっていなかったかもしれない。以下の警告ドキュメンタリがすでに20数年前にあったのだ。

放射能はいらない
ttp://vimeo.com/21914049

頭にhをつけて動画URLとしてアクセスしてください
Unknown (ガイガーマン)
2011-08-15 14:28:27
木下様
いつも貴重な情報をありがとうございます

もし、この水蒸気が本当に出てたとして
そして最悪の事態が起こってしまったとしたら。

その時もまた政府は直ちに人体に影響は無いと繰り返すばかりなのでしょうか?
それとも、正しい情報を発信して適切な避難方法などをアナウンスするのでしょうか?
皆さんはどう思いますか?

ツイッターで情報は本当だった (ひみこ)
2011-08-15 14:46:25
ツイッターで8月始めころ同じ内容の書き込みをみました。
ツイッターを見たときは半信半疑でしたが、地下にメルトアウトしているのだから、地下水に接触すればありうるかもしれないと思うようになりました。
敷地も地盤沈下して地割れもあるでしょうし考えられない事象ではないなと。
木下さんの記事を今日見るまではどうなのだろうと悶々と考えていました。

最近フクイチのライブカメラで閃光と白煙の情報が多く、線量も首都圏では高いので心配していました。
水蒸気爆発の可能性もあるということでしょうか。

もう一度避難準備を確認して、何が起きても冷静に行動出来るよう心がけます。

情報ありがとうございます。
なぜ テレビ報道されないの (むろふし 神奈川)
2011-08-15 17:03:21
今月5~6日頃、モニタリングポストでセシウム2種が数ヵ月ぶりに検出された。原因は地割れによるこれでしたか?超恐ろしい。地下で小規模な水素爆発が進行していると思うと、寒気がします。テレビ報道されないこと自体、とても恐ろしい。すべてが隠され続けているよう、安心できません。
異常です。 (tea)
2011-08-15 17:17:53
福島第一で現在何が起こっているのか、またどういう状態になっているのか、最近は全く報道されないこの状況は異常です。

まるで原発事故、放射能のことを忘れてしまったような日本の社会にはますます苛立ちを感じます。

アラフォーやアラサー雑誌も主に子供がいる母親達が読者だというのに二子玉川マダムや秋のエア買い等とファッションのことばかりで一体全体、頭がおかしいのではないかと思います。

私はまさに避難する前は二子玉川や成城でランチしてましたが(お金持ちではないです。経済的にギリギリで避難してます。)、もう今やファッションどころじゃないです。

避難する5月初めまで成城や二子玉川で大きなブランドバッグを持つ裕福そうな新生児を抱いたお母さんに何度「避難されたらいかがですか!?」と声をかけたい衝動にかられたことか!?危機管理なさすぎです。

やはり日本は異常です。市民がこうだからメディアもだめなのです。報道については中国や北朝鮮のことを批判できないですよ。本当ならば政府、東電はライブで刻一刻、福島第一の状況を詳細にわたってネットやテレビで発信すべきです。先進国なら普通そうしますよ。事故にあった新幹線を土に埋めてまた掘り出した中国を笑えないです。

ところで木下さん、どうか怒りや苛立ちのストレスでお体をこわさないよう気をつけてくださいね。応援してます。



Unknown (Unknown)
2011-08-15 17:28:32
もし、フクイチで最悪な水蒸気爆発が再発しても、政府発表は、ただちに健康に影響はない。を繰り返します。 人命より経済(利権)を優先する政策を変えない限りは、何度爆発しても同じでしょう。内部被爆に関しても同じ事です。
爆発したら汚染が計り知れない (むろふし 神奈川)
2011-08-15 17:42:20
できることなら、夢であってほしい。危険な3号機を含む4機が連鎖して吹っ飛んだとしたら、東京圏はおろか関西圏も、避難対象になるでしょう。さらに心配なことに、この原発の施設に約2.000トンもの使用済み核燃料が貯蔵されているプールが併設されている。地震による電源喪失で、ここも一体どうなったのかも、わかっていません。事実を隠さず公表すべきではないでしょうか?
8日の午後10時でしょうか (kikimimi)
2011-08-15 18:43:13
いつも拝見させていただいております。貴重な情報、ありがとうございます。私は、柏在住です。8日の午後10時ごろ駅でバスを待っている間、手持ちのシンチの値が激しく動いているので不審に思っていました。風が吹いているときは、動くには動くのですが、それにしても1μSvは驚きました。東風が吹いていましたので、上記の情報と符合するのではないでしょうか。もう、人の手に負えないということがはっきりしています。燃料が燃え尽きるまで、この状態が続くということですね。我々にできることは、近い将来やってくる次の地震で原発が同様のことになり、住めるところがなくならないよう、今稼働中の原発をすぐに止めることです。止めても、崩壊熱がしばらく残りますから、冷やせなくなった時点で終わりです。止めた上に、最悪の事態でも冷やせるように改良もしなければなりません。泊は、それを稼働させるというのですから異常な判断です。「欲しがりません勝つまでは」、「一億総火の玉」と同じような「みんなで被曝しましょう。」という空気が怖いです。
廃棄物がどんどんたまる (高野)
2011-08-15 19:01:21
ブルームバーグの英語版サイトで、8月3日にイギリスから30メートルトンの核廃棄物を載せた貨物船がむつ小川原港へ向けて出航したとの記事があります。30メートルトンがどのくらいの量か想像もつかないのですが、六ヶ所の貯蔵可能量はは3千トンで、すでに9割以上いっぱいだそうです。日本は毎年1千トンの廃棄物を出すので、それを貯蔵するスペースがあと合計12年でいっぱいになるので、その時点で原子炉を廃止しなければならない、という河野氏の意見も紹介されていますが、12年待つ間に何が起こるか分かりません。日本のような地震国に原発や貯蔵庫をたくさん造るのも狂っていると思いますが、どちらにしても核廃棄物は地球上のどこかを彷徨うわけで、これ以上の人的災害や環境汚染をもたらすものはありません。また、今やもう常識と言うか、日本の再処理や高速炉といった技術も安全性や経済性の視点から見てまったく意味を成さないとの科学者の意見も紹介されています。早く方向転換をすべきだと痛感します。
再爆発でもしたら この世の終わり (むろふし 神奈川)
2011-08-15 19:10:41
8月5~6日東京のモニタリングポストでセシウム134と137が数ヵ月ぶりに検出され、その5日後大阪でも検出されたらしい。これが福島で起きた水蒸気噴出によるものの可能性が大ですね。今現在1~4号機の建屋の下で何が起ころうとしているのか、誰にもわからない状態に国民が置かれています。さらに使用済み核燃料が約2.000t共用プールに保管されているもよう。これも実態はわかりません。地震による電源喪失で冷却不能になっていたはずなのに・・・?燃料棒にダメージなかったのかな?なにもかもわからないことだらけ、大爆発したら関東圏内も危険、避難することになり、日本も終わりです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事