「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログです。

「放射能」「被曝」「原発」、日本のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
更に重要なことはメルマガで展開します。

下地准教授と他1人が処分保留で釈放。当然の話が実現され難い3.11.後の世界での朗報。

2012-12-28 20:23:19 | 福島第一原発と放射能

下地准教授と他1人が処分保留で釈放となりました。

まず喜びたいと思います。当然のことですが、当然のことが実現されにくい、3.11.後の世界に僕らはいますから。

ただし、処分保留は、向こう側として、いつでも再逮捕できるぞとエクスキューズ付です。これは、要注意が続くということではあります。暮れのぎりぎりで判断したのでしょう。

学者の会見、東京新聞の記事が決定的になって、大阪地検の検察幹部が起訴を躊躇したと思います。

しかし、いずれにしても、釈放になったのは望ましいことです。元々、不当逮捕ですから。

公安的な感覚で、大学教員を、無理やり逮捕したのが、続かなかったという話です。

こうしたいい加減な逮捕を行ったことは、許すべきではありません。

そして、現在も拘留され、起訴されている人たちがいるのですから、その救援・支援がメインです。


そのうえではっきり言いますが、この警察との不当逮捕話を、いつまでも人権侵害だ、抗議だとやりつづけているのは、百害あって一利もありません。

警察との直接対決は何の意味もありません。逮捕者を増やすだけです。

1/16に本格焼却前の説明会が予定、とにかく年明けからガレキ阻止に向けて動かないと話になりません。

人権問題に拘泥したい方は勝手にしてください。

このブログも、僕も、その問題を行うつもりは全くありません。

優先順位が違いますし、そもそも被曝の問題から、ガレキの問題に取り組んでいる僕は、

警察の不当逮捕というのは、僕の視座の中で重要ではありません。

警察は元々そういう組織体です。不当逮捕なんかいくらでもします。過度に敵対したら、組織防衛的に過剰反応します。

「警察に逮捕されるからガレキ反対といえない」「ビラを配ったら逮捕されるかも。」そうした心理になっている一般市民、お母さんたちも多いです。

何度も言います。左翼運動的な感覚に拘泥したい方は、こちらに関わらないで下さい。

僕はこの問題の本質は、ガレキ阻止しかありません。さらに橋下市長との対峙しかないとおもいます。

この点で、あきらかに不当逮捕問題は、優先順位が低い話です。

左翼、人権的な感覚では、この話にいくら優先順位が高くても、放射能の問題、ガレキの問題を優先しておこなっている僕には、優先順位が高くないです。


特定の人間、しつこく書き込むなら、名前を名乗ってメールしなさい。こういう匿名のいい加減な主張ばかり、年末に読んでいると、さらに、おかしくなります。

優先順位が分からない人間は最悪です。

====================================================

 

【大阪・ガレキ阻止】「放射能汚染ガレキ広域処理差し止め裁判原告団」より 

 

大阪市・大阪府を被告とするガレキ広域処理差し止め裁判を提訴。皆さん、原告になってください。

 

 ご質問はnobiscum@wb4.so-net.ne.jp(小山)

 

 ★提訴は来年1月23日。 

 ★被告は大阪市・大阪府。 

 ★請求する内容を、①放射能汚染ガレキの広域処理の差し止め、②環境権の侵害による損害の賠償(慰謝料)、とする民事訴訟。 

 ★原告団の加入費用は、1人1万円。 

 裁判の目的は、ガレキ広域処理の実行者の責任を追及し,圧力をかけることです。

 また裁判を道具として広域処理反対の運動を拡大することです。 

 詳しくはこちらのURLから,原告団のHPに入ってご覧ください。→ http://garekisaiban.blog.fc2.com/

 

≪誰でも原告になれます≫

 この訴訟は、良い環境を享受する権利が侵害されると感じ、訴訟の費用を負担する人なら、誰でも原告になれます。住所による制限はありません。
  住所による制限はありませんが,焼却場等からの距離や原告の性質(放射性物質に対する影響の大小)が結論を左右する可能性があります。

 




 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 離婚相談を受ける意味がない... | トップ | 甲状腺がんを患う、世田谷「... »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
優先順位 (Unknown)
2012-12-28 21:02:57
私も放射能汚染瓦礫拡散阻止が優先順位1番だと思います。

大阪の瓦礫拡散を何とかして食い止めたいです!

とにかく時間が無い!

焼却が始まってからでは遅いと思います。
Unknown (Unknown)
2012-12-28 21:29:25
木下さんも大変ですね。
 しかし、これを見ているお母さん達の苦悩もまた半端ないものだと思いますよ。
 逃げたい。
 しかし逃げれない。
 私は悲しい。
 逃げたくても逃げれないと諦めているお母さん達が
 たくさんいることが。
 逃げれないから、子どもが病気になることを覚悟しているお母さんがいることが。
 みんな健康で、子どももお母さんもお父さんも元気でいるのが、普通なのに、私は悲しい。
 逃げれない人に逃げてと言えない私も悲しい。
 生きるために逃げて。
 そして子どもを病気にさせないで。
 あなたの子どもはそのままだと死んじゃうよ。
 何か変だと思ったらそのままにしないで。
 なんとかならないから。
 子どもも死ぬけど大人も死ぬんだから、
親なしの子どもを作らないで。
 お願い。
 死なないで。
 生き延びてください。
Unknown (Unknown)
2012-12-28 22:31:23
木下さん
いつも情報をありがとうございます。

久々に明るいニュースで良かったです。
あの女性はまだ拘留中なんでしょうか。
一番家族と一緒に居たい季節に惨い事をしています。

http://mkt5126.seesaa.net/article/310296054.html
これは注意の意味でご覧になってください。
ここまで来てしまっている日本という国に恐怖を感じます。
Unknown (応援します)
2012-12-28 23:18:56
警察との闘いは置いておく。木下さんの選択も応援するべきものと思います。警察と闘うべきと思う人は闘えばいいし。木下さんは木下さんの闘いがありますもんね。なのにそれを置いておくという個人の意見が矢面に立っているだけでああ言われたりして・・木下さんの胸中を思うとつらいです。悔しいです。頑張れなんて言えません。すでにたくさんの脱原発への種をたくさん蒔かれた事と思います。休んだって全然いいと思います。心配です。倒れない事を祈るばかりです。
みきママさん (mm)
2012-12-29 00:04:59
産地気にしない料理家の息子さん入院。。福島や栃木のキャンプにも行ってる。http://ameblo.jp/mamagohann/entry-11436219910.html#cbox
東京電力 アメリカ海軍兵士達に提訴される (雪)
2012-12-29 01:54:33
下地先生の釈放良かったですが、処分保留なんですね。
これからも下地先生を応援したいと思います。

話は変わりますが、アメリカ海軍の兵士達何人かが東京電力を提訴してます。

USSロナルドレーガン空母に配属されていた海軍兵士達は、東日本大震災の救援時に東京電力と日本政府が福島第一から放出されていた放射能の危険性を隠ぺいした為、危険な放射能にさらされたとして提訴したそうです。

東京電力はまだ正式な文書を受理してないのでコメントはできないとのこと。

http://www.bloomberg.com/news/2012-12-27/tokyo-electric-sued-by-u-s-sailors-exposed-to-radiation.html
がれき阻止に協力 (日本救済)
2012-12-29 02:52:42
木下様 ブログを閲覧されている皆様

不当逮捕者の釈放は当たり前ですが、一つ朗報と言うことで気を取り直したいと思います。

私も、まずは『がれき焼却阻止』に尽力するのが先決だと考え、自分なりにできることを始めています。

まずは、安部首相、石原大臣、石破大臣、山本一太大臣にメールやHP投稿を繰り返しています。


安倍内閣会見中に、杉田官房副長官が倒れたのはご存知ですね。原因は低血糖とか低血圧とか言っていましたが、こういう話は今後どんどん増えていくと思います。

東京では、駐中日大使西宮氏が渋谷で突然意識不明になったり、町村氏の心筋梗塞、埼玉県日高市長のがれき焼却後の心不全で死去など、次々と被曝の影響と思われる症状が続いています。

また、山本一太議員は地元群馬県の秘書を突然死で亡くされ、ご自身も壮絶なめまいをこの夏経験しておられます。


こういった方に、身をもって経験された方に、沢山投稿や電話をすれば、活路は開けるのではないかと思っています。

その投稿や電話もむなしく終わるかもしれませんが、それを読んだ秘書や担当者、そして運が良ければ大臣の目にとまる可能性もあります。

自分が救急搬送された者なら、その死を意識する恐怖がわかるはずです。単なるめまいや低血糖の症状とはあきらかにちがうからです。

私は経験しているからわかります。意識はしっかりしているのに、体の筋肉が突然硬直して、体温が感じられなくなり、小刻みに震え、心臓が肺が動かなくなる、という恐怖にかられるのです。

しかし、検査をすると原因不明なのです。

被曝は心臓血管、代謝・内分泌系をかき乱します。
私も最近は脳に異変があり、突然死してもおかしくないと言う思いでかいています。首の後ろから後頭部にかけてぐわ~っと何かが広がり行く感じがして胸が苦しくなり、筋肉がこわばります。原因不明ではありますが、
こうして心筋梗塞や脳梗塞は進むのかな、と思っていいます。

病院関係者が否定して、心筋梗塞なら『心電図』をとればわかる、とか、胸の痛みはそういう感じ方ではないと、言いますが、おそらく、こうして人は突然死するのだと、自分の体だからわかります。

明日がわからない身だからこそ、必死で戦っております。言う事は言うし、真実は訴えていきます。

真実を向かい合わない政治家には、その現実がつきつけられるだけです。

私は安倍首相にまず、がれき焼却の健康被害を訴えました。
文科省と東電が隠し持ってるデータ (コロ)
2012-12-29 02:53:26
http://www.rchoetzlein.com/theory/2011/fukushima-radiation-regional-effects-animation/

茨城が醜い被曝です。
茨城の汚染 (yaeko)
2012-12-29 05:20:35

昨年茨城から避難してきた家族のおかあさんが両腕に無数の吹き出物が出来、真ん中に穴が開いていました「、これでも良くなったのよ穴から膿がでていたの」といっていました、また茨城の鹿島に住んでいる友人の夫が今年の初め2回心筋梗塞で倒れ入院し、友人は目が見えなくなって医者に行ったら原田病と言われステロイド服用していると言っていました。茨城も高濃度に汚染されているのですね
人権=左翼? (澤田一眞)
2012-12-29 07:59:30
ドイツ在住のものです。ドイツ人研究者でドイツ放射線防護協会のフルークヴァイル教授による下地准教授の釈放要求署名の呼びかけによって逮捕事件について詳しく知りました。
 下地さんが釈放になったのは朗報だと私も思います。また、差し迫っている瓦礫焼却の阻止が最優先課題であることも理解した上でのことですが、木下さんの上の文書で少々疑問に思うことを書かせていただきます。
 上の文章ではは左翼と人権擁護思想を同一のもののように取れる箇所がありますが、人権思想に右翼も左翼もなく次元が全然違うレベルの問題だと思うのですがいかがでしょうか。木下さんが書かれているとおり、「学者の会見、東京新聞の記事が決定的になって、大阪地検の検察幹部が起訴を躊躇した」と私も思います。特に憲法学者の方々の記者会見でのお話は憲法の根幹にある人権思想の本質をつくもので警察、検察も反論の余地なく釈放に追い込まれたのではないかと思います。でも、かれら憲法学者を左翼と考える人は誰もいないでしょう。また、最優先事項のがれき償却阻止に取り組む上で下地氏の復帰は何よりも必須のことだったのではないでしょうか。
 私には日本の人権状況の改善に取り組むこととがれき問題に取り組む運動はあれかこれかの二者択一的な関係には決してなく、日本警察や検察ののお粗末な人権感覚をまのあたりするにつけ、同時に取り組むことが遠いようで近道ではないかと思えてなりません。
 
Unknown (Unknown)
2012-12-29 10:38:07
茨城の汚染が酷いのは百も承知。
この奇形はすご過ぎます!
既に紹介されていたらすみません。
 ↓
http://twitpic.com/7ua8vj

汚染されているものを普通に食べられている人は
体内の蓄積が少ないだけです。
ドイツの方へ (木下黄太)
2012-12-29 12:54:58
理想論だし、現実は違います。必要ならメール、スカイプで状況は説明します。
身を守ること (マツダマツコ)
2012-12-29 14:51:24
 こんにちは。もじもじ先生の釈放会見、拝見しました。みなさん、傷だらけですが大阪ならではの屈託のなさで、とりあえず、ほっ。
 下地さんは、普段から逮捕を視野に入れて自らの言動だけでなく、たくさんのつながり作りや、顔や名前、職業などを明示するなどの備えをしたうえで、きちんと考え身を守りつつ抵抗されていたということがわかりました。(もちろん賭けでもあったでしょうが)
 一般人のわたしたちはまず、顔をさらす勇気すら持てないところですが、発言し、行動するには備えは重要であることを認識いたしました。一緒に釈放された北堺141号さんの備えは、日々大切に生きてこられたご家族の(これも速攻、ちがうっ!カナ、笑)理解かな。
 人が立ち上がる時、ほんとうに覚悟が大切ですが、立ち上がる以上はまわりを考えて十分備えようと思いました。
 言葉尻を掬われやすいわたしは捕まったら黙秘しかないなって了解しました。いま、まだ釈放されない方たちはそこらを狙われたのではないかと想像します。みんな人のことを助けたい人たち、すこしでも助けになるように協力したいとアンテナを張ってます。
司法腐敗が問題の根幹 (けん)
2012-12-29 17:23:43
訴訟の原告になるよう呼びかけておられるようですが
今の日本の司法は、素朴な合理性が健全に認められるような
体質になっていません。

おっしゃるように国や警察は元々が権力を振るう存在であるので、
ここに腹を立ててばかりいてもしょーがないのはごもっともです。
しかしそこを牽制する事が本分であるハズの司法が杜撰となれば
話は違ってきます。
今回の拘留延長の件もそうですが、警察との癒着や刑事司法や人権問題
というのは「司法腐敗全体」から見れば氷山の一角に過ぎません。

素朴な合理性から遊離した「司法の常識」の上意下達による押し付けが
今の日本の司法であり、個々の裁判官は最高裁の判例をマントラの
ように唱え、ただ偉い人の言った通りの事を言えば正解の世界です。
そしてその背後には最高裁判所事務総局といった巨大な権力組織が
あるのです。
理想論とは・・・情けない。 (1つ階段を登ってほしい。)
2012-12-29 23:17:23
人権を擁護する。人権が侵害されたら抗議する。
これ、民主主義ならごくふつーの感覚なんですが。。。
 (さすが、多数決が民主主義と教えてる国ですな
 数々の勘違いに、何時気づいてくれるのかなぁ。)

あなたが知っている現実(スカイプやメールで伝える)
現実を公開してもらえませんか?
危ないとか、公開すると手の内が知られるからしないのなら、しかたが無いけど。

なぜ、みんなに伝えないのですか??
そこがわからない。

正直古いです。
人権=左翼とか、親の世代のものでは??
その感覚が私にはわかりません。

平等の思想がまだ根付いていなくて、昔の左翼って言われる人達も民主主義を理解していないです。
(はっきり言って左翼きらいです。)

それにみんなが同じことしても物事は動かない。
社会は、いろんな人が別々の仕事をして成り立っています。1つの事にいろいろなアプローチがあってはじめて物事は完成するのです。

その感覚、他者を大切に思う感覚を身につけて下さい
、お願いしますから。。

これほどの不正裁判が行われている現実を知っているのでしょうか?知っていて裁判とか言うの?
知識人が発言するのは良くて、一般の人には黙ってろて言うの?? モロ左翼的ですな・・・。それ。

両方の声に耳を傾けて、あなたが(バカにしている)人達の声からも真実を見出せますよ、って
言ってるだけなんだけど・・・わからないかなぁ。。

あっ、ただ文句言うバカの事じゃないですよ。
真面目に考えてる一般の人の事です。
すごい知識人が沢山ひそんでいます。その方達の知識も吸収しましょうよ!!

ほんと、2言論は間違ってますよ。
それぞれが、それぞれで、同時に進行でよいのでは?
Unknown (Unknown)
2012-12-29 23:19:41
にんじん・・・。すごいですね。びっくり。
木下さん (澤田一眞)
2012-12-29 23:32:41
けんさんの見解に同意します。
木下さん、日本の司法の問題、そこからくる人権状況を睨まなけれは、今の状況での裁判闘争での成功は難しいということこそ現実ではないでしょうか。
 情報があれば教えてください。
Unknown (Unknown)
2012-12-30 23:06:25
ほんと、2言論は間違ってますよ。
それぞれが、それぞれで、同時に進行でよいのでは?

「①人権問題」と「②瓦礫反対」同時に進行でよいと思います。
しかし、木下さんが①に重点を移す必要はありません。

①に取り組む人たちは、昔からある一定数いますが、
②に取り組む人たちは、本当に少ないのです。

戦力を分散させるわけにいきません。
重要度 (Unknown)
2013-01-03 05:27:40
優先順位は1と2かも知れませんが、どちらも重要度の高いものかも。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。